ゴルフ理論で100%満足!の飛距離アップ、スコア―アップが実現

ゴルフと日焼け

 

ゴルファーには紫外線から肌を守る手入れが必要

 

毎日のスキンケアでアミノ酸を使うと、肌本来のチカラが引き出され、ハリのある肌になります。

 

角層の中にある天然の保湿因子として重要なのがアミノ酸です。

 

表皮の細胞が死んで角層になるときに、細胞内のタンパク質が分解してアミノ酸となって角層に供給されます。
肌の天然保湿因子の約半分はアミノ酸とアミノ酸のひとつであるグルタミン酸からできるピロリドンカルボン酸(PCA)です。

 

野外スポーツで長時間直接赤外線を浴びるゴルフでは、この対策を抉ることが重要です。

 

日焼けした肌をそのままにしていませんか?急性の日焼けはやけどと一緒です。強い紫外線を浴びると急激に活性酸素が生じます。活性酸素は『体を酸化』(=体をサビさせてしまう)ので、シミ・シワ・老化、場合によってはガンなどの怖い病気の原因になることもあります。

 

日焼け後は、活性酸素を抑える(=抗酸化)ことがポイントなのです!クールダウンの後は刺激の少ない化粧水をたっぷり補給してあげましょう。
紫外線は3種類に分けることができます。UVーA波、UV-B波、UV-C波の3種類で、そのうちA、B波が地球に届いてきます。
 紫外線

 

そのうち、UVBは、皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害で、日焼けを起こすと、皮膚がんの原因になります。
一方、UVAは、B波ほど有害ではありませんが、長時間浴びた場合は同じように、細胞を傷つ健康被害の原因となります。

 

窓ガ ラス や雲を通過して皮膚の奥深くまで届くことから、しわやたるみなどの「肌の老化」を引き起こす原因になります。
そしてどちらもいわゆる「日焼け」の原因となります。

 

人体にとって有害である紫外線を浴びると、体を守るために活性酸素が発生。肌に直接紫外線を浴びると特に強力な活性酸素が生まれます。

 

その防止策は、アミノ酸の力で角層に十分な水分補給で肌のうるおいを保つことです。
更に、紫外線から肌を守る日焼けクリームの使用が効果的になります。

 

日焼けクリーム

ゴルフシーズンにあたる4~9月、皮膚がん、白内障の発生率が高くなる赤外線対策の必須グッズ7選をCeacK!

 

 

 

戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約キャンペーン ゴルフルール