アイアンのインパクト

インパクト

理想のインパクト

 

インパクトの基本的考えは、ダウンスイングとフォロースルーの通過点と考えてください。何故なら、インパクトの瞬間はクラブコントロールが効かないからです。

 

インパクトの良し悪しは、ほぼダウンスイングで決まりますが、インパクトではボールの赤道より下の部分に、ヘッドを鋭角に打ち下すイメージをしっかりと持っことが重要になります。

 

ヘッドをボールの中心より下に打ち込むことで、ボールを打った直後にシャフトの最下点を迎え、ボールはフェース上に長く留まり、正確な方向とスピンの効いた強い弾道を打つことができます。
(ターフを取って打つ)
 グーグルとデータ提供者
アイアンとターフ

 

クラブをボールに鋭角に入れるには
ダウンスイングでも説明した通り、コック状態をインパクト直前まで解かない(レイトヒッティング)ことです。これは、アドレスで構えたハンドファーストのスタイルをインパクトで再現することになります。

 

右の写真の様に、インパクト直前にはグリップの位置がボールより左側にきてハンドンドファーストのスタイルになるのが、理想のインパクトです。

グーグルとデータ提供者

アイアンとターフ

インパクトでは、アドレス時の姿勢(前傾姿勢)を崩さず、ボールと体の距離を変えないことが、最も重要になります。

 

ダウンスイングからインパクトのイメージは、コック状態で右肘をたたんだまま腰で押し込むイメージでおこない、ヘッドの重みで遠心力が働き、ヘッドは芝の抵抗を受けず、抜けの良いスイングになます。

 

インパクトで、ハンドファーストを作る時の注意点は、アドレスでのフェース向きが最初から正しくなっていなければなりません。
グリップの位置がボールより前にくるため、構えたフェースが開きやすくなります。

 

アドレスでは、フェースラインは目標に対して直角になるように構えて、手首でフェースの向きを調整するのではなく、フェースの向きを決めてから、左手、次に右グリップすれは、正しい方向のフェース角度がつくれます。

 

ハンドファーストで正しいフェース角は、インパクトでクラブのロフトが正確に行え球の捉まりの良い、番手通り飛距離を打つことが出来ます。

 

初心者が起こしやすいミスは、インパクトで頭がボールの右サイドに残れば、スイングの回転軸が左側に倒れることなく、コンパクトがスイングが可能になりますが、ヘッドアップや力み早打ちによって、この回転軸が大きく左に傾くと、インパクトで体とボールの距離に狂いが生じ、ヘッドの芯でインパクトできず、ミスショットの原因になります。

 

さらに、打った後ボールの行方を気にして、無意識にボールを目で追うことで、打ち急ぎやインパクトで体が伸びたり浮いてしまい、トップしたり、ダフリの原因になります。スイング中はアドレスの姿勢を維持してスイングできるようにしてください。

 

初心者の多くが、起こしやすいミスに、インパクトでボールを直接強く叩こうとするあまり、上体に力が入ることです、上体の力みは腕に向かい、タメの出来ないインパクトになります。
この様な初心者には、インパクトを点で捉えることをせず、インパクトゾーンを長くイメージすれば改善できます。インパクト後のヘッドを直ぐ上げるのでなく、低く長くするイメージでも改善できますから、是非試してください。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スイング理論に戻る

 



 

 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

アイアンスイング理論に戻る

 

 

年末予約

関連ページ

アドレスの取り方
アドレスの取り方はスイングの基本です。正しいアドレスで理想のスイング軌道ができヘッドスピードを高め、正確なショットを打つことができます。間違ったアドレスはゴルフの上達を妨げ、楽しいはずのゴルフ生活を台無しにしてしまいます。
テークバックの取り方
クラブを正確にテークバックするには、左肩を中心にワンピースに行うことです。 下半身を安定させ下から上の捻転を作ることです。
トップスイング
アイアンの場合、トップの位置はスリークオター程度がベストです。それ以上のオーバースイングは、右肩サイドが伸び、前傾姿勢をキープできなくなり、体の上下動が起こりミスショットに繋がります。
ダウンスイング
アイアンの打ち方の基本は、ダウンブローに打つことです。ではどのようにすればダウンブローに打つことができるのでしょうか。ダウンスイングで回転速度を上げるためには、コックした手首はそのままにして、クラブヘッドと回転軸(背骨)との距離を短く(慣性モーメントを最小に)したまま、回転運動を開始しに回転速度を上げます。
フォロースルー
アドレスからフィニッシュまで一連の流れの中で、フィニッシュまで綺麗に振りぬくことが基本です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール