上達にはポジティブ・シンプルでタフになる

タフなゴルフはポジティブ・シンプル

トータルバランス

 

 

タフなゴルフはポジティブ・シンプル

 

初心者のゴルファーが、ミスの連鎖を起こし、スコアーを大きく崩す原因に、経験の浅さやスキルの未熟以外に、心理的なプレッシャーによる崩れがあります。

 

このようなことが、朝一ショットで見かける光景です。

 

どんなに経験豊かなゴルファーでも、この朝一番のティーショットは緊張するものです。

 

不幸にして朝一ショットでOBを打ってしまい、「自分はなんて馬鹿なんだろう」もうこれで今日一日のラウンドがダメだとがっかりしてしまいます。

 

でも、プロでもOBするんだと考えれば、今の自分の実力から仕方ないと楽天的「ポジティブ」に考える方が、その後のプレイーに悪影響を及ぼさないことが、いろんなスポーツ心理学からも証明されているのです。

 

犯したミスをシンプルに肯定的に考える方が良い方向に向いていくのです。

 

プロでもOBを打つのだ

 

ミスショットから上達に繋がる

 

プレイヤーすべてがプレッシャーを感じているのだ

 

つまり、自分のミスを責めたり、自分自身を否定しないことで、楽天的にミスをとらえる事が、いい方向に向いていくことになるのです。

 

ゴルフはメンタルなスポーツとよく言われますが、タフなゴルフをするには、プレッシャーになれ平常心でプレーできるよuに、集中力を高める習慣を身につけることdす。

 

ミスショットの原因を悪い方向に考えず、肯定的・楽天的な考え方で、その後のプレーに悪影響を及ぼさないようにする発想が大切なんです。

 

 

 



線


診断ドアー

料金はかかりません


飛距離不足・曲がるはクラブのアンマッチ


診断ドアー


当サイトAEA&Dでは、最新AIを駆使して、皆様の悩みを解決すべく、無料クラブクリニックを開始しました。

振動数理論・重量理論特許であなたが満足できる有益な情報を提要いたします。






このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

診断ドアー


 

ゴルフの心理学に戻る

関連ページ

ルーティン
.ゴルフの世界で集中力を高める方法の中に「ルーテイン」と言う方法があります。 このルーテインは同じ動作を繰り返すことを意味し、望ましい動作をするために行う習慣や行動のことです。スポーツにおいては、試合でパフォーマンスを行う前に取り入れられることが多いです。
マインドコントロール
.スポーツの世界で集中力を高める方法の中に「マインドコントロール」と言う方法があります。ゴルフはマインドのスポーツと言われています。精神状態がプレーに直結しやすいスポーツなのです。心の安定をはかり、必要な強い精神力を引き出す方法としてマインドコントロールがあげられます。
イメージトレーニング
イメージトレーニングは.起こり得る場面、場合、対処方法などを、頭の中で考え、慣れておくこと。つまり、想像すればするほど、それを現実に起きた体験だと理解し、経験が積まれるというわけです。人間は、経験を繰り返すほど、体が慣れてきて対応力が付くと同時に、自分に自信が付きます。
プレッシャーをプラス志向に
.このプレッシャーを悪者扱いにするのでなく、無我夢中に打つ事だけに集中すれば意外と上手くいくケースを経験されて事があると思います。これはプレッシャーをプラス志向に変えることです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト