プレッシャーをプラス志向に

プレッシャーのプラス志向に

 

 

ゴルフ場

 

 

プレッシャーのマイナス志向をプラス志向に

 

ゴルフのプレーはプレッシャーとの戦いといえます。

 

朝一のテイーショットはうまく打てるか、OBを打たないかなど、体の筋肉が硬直し、精神的にも大きなプレッシャーがかかつてきます。

 

このプレッシャーに負け上手くいかないことも多いのがゴルフです。

 

このプレッシャーを悪者扱いにするのでなく、無我夢中に打つ事だけに集中する方向に転換すれば、意外と上手くいくケースを経験されて方もあると思います。

 

例えば、このパットが入れば、念願の100切れを達成できると、いろんな雑念が頭をよぎりプレッシャーを感じた時、無我夢中で打ったパットが意外とと入るケースがあります。

 

これは、100を切れるなどと考えずにプレーすれば、集中力から緊張感が逆にいい方向に向かい、プレッシャーをプラスに転換できるのです。

 

プレッシャーをマイナス志向からプラスに転換する能力が、実は人間には「向上性」といって、「よりよく生きる」という脳のプログラムが存在します。

 

プレッシャーがかかって一旦“ひずみ”が出ると、人間の脳はそのひずみを回復させよプレッシャーをプラスに転換う、よりよく生きていこうとします。

 

そういうプログラムが発達しているから、プレッシャーを感じる期間はあっても、その期間を越えたときにより強い自分に生まれ変われるわけです。

 

ゴルフのプレッシャーがかかって一旦“ひずみ”が出る、これらの”ひずみ”が迷いから起こる雑念、緊張から起こる筋肉の緊張です。

 

このひずみや緊張感は、つまりマイナス志向をプラス志向に変える方法の一つとして、ショットの時に、集中力を高めるルーティがあります。

 

このルーティンは、一定の動作手順で、チェックポイントを自動化させ外部から雑念を取り除くことができ良いショットの確立が高められ行為になります。

 

このような方向で、プレッシャーをプラス志向に変換する経験が、ここ一番の強い精神力ができるのです。

 

 

ヘッドスピードから自分に合うシャフトの振動数、重量を知りたい方や、使用クラブが合っているかどうか詳しく調べたい方は、、
こちらから無料クラブ診断を 続きを読む・・・・・・

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

診断ドアー


 

 

ゴルフの心理学に戻る

関連ページ

ルーティン
.ゴルフの世界で集中力を高める方法の中に「ルーテイン」と言う方法があります。 このルーテインは同じ動作を繰り返すことを意味し、望ましい動作をするために行う習慣や行動のことです。スポーツにおいては、試合でパフォーマンスを行う前に取り入れられることが多いです。
マインドコントロール
.スポーツの世界で集中力を高める方法の中に「マインドコントロール」と言う方法があります。ゴルフはマインドのスポーツと言われています。精神状態がプレーに直結しやすいスポーツなのです。心の安定をはかり、必要な強い精神力を引き出す方法としてマインドコントロールがあげられます。
イメージトレーニング
イメージトレーニングは.起こり得る場面、場合、対処方法などを、頭の中で考え、慣れておくこと。つまり、想像すればするほど、それを現実に起きた体験だと理解し、経験が積まれるというわけです。人間は、経験を繰り返すほど、体が慣れてきて対応力が付くと同時に、自分に自信が付きます。
上達にはポジティブ・シンプルでタフになる
. 初心者のゴルファーが、ミスの連鎖を起こし、スコアーを大きく崩す原因に、経験の浅さやスキルの未熟以外に、心理的なプレッシャーによる崩れがあります。このようなプレッシャーを楽観的にとらえることでいいプレーが可能になるのです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト