硬すぎるアイアンの落とし穴

ゴルフ豆辞典 硬すぎるアイアンの落とし穴

 

 

シューズ特価

 

商品紹介:メンズアイアンセットはこちらから


 

目   次

 

シャフトが硬すぎるアイアンの落とし穴


硬すぎない適正なクラブ重量のフロー


ショートゲームでの硬いシャフトのリスク


重すぎるアイアンのリスク


オーバースペックしない最適振動数


カテゴリー別ゴルフ場


 

 

 

シャフトが硬くなればなるほどクラブは重くなる

硬すぎるシャフトの落とし穴

 

シャフトの硬さとインパクトのメカニズムを理解することです。

 

トップスイングでクラブを切り返しすことで、上に向かってきたシャフトは、逆に下の方向に向かいシナリを起こします。

 

ダウンスイングで発生したシャフトのシナリはトップから反転、直進方向に向かい、エネルギーを増していきます。この時シャフトが最大のエネルギを持つ地点は、シャフトのシナリが元の状態に復元した時になります。

 

このシャフトの最大のエネルギーを貯めた時に、ボールをインパクトすることが、最も正確なショットを打てる瞬間で、それはシャフトのシナリ最下点の理論になります。

 

このシャフトの最下点が、いわゆるシャフトのタイミングになり、シャフトが硬すぎればタイミングの速くなり、逆にシャフトが柔らかすぎればインパクトのタイミングが遅くなります。

 

このシャフトのタイミングが合ってこそ、クラブに仕事をしてもらえるのです。

 

硬すぎる重いシャフトでは、シャフトの最下点のタイミングが速くなり、インパクトでスイングスピードとシャフトの復元スピードが合わず、シャフトの最下点がインパクト直前になりフェースが開いてインパクトでしてしまいます。

 

ところが、インパクトは瞬間的な動作で、クラブのコントロールが出来ませんが、人間は本能的にタイミング合そうと、腕を優先して使うことで手打ちのスイングになります。

 

以下の表を参考にしてください。

 

使いやすシャフトが38インチでRの振動数300cpmのシャフトと、同じ38インチで硬めのシャフトSで振動数320cpmのシャフトのシナリ速度を秒で捉えた数値です。

 

RシャフトとSシャフトでは0.004秒違うことがわかります。高速でスイングする0.004秒は大きなタイミングの違いになるのです。

 

 

シャフトの硬さ

シャフト復元時間

タイミング

適合

R/300cpm

0.05秒

S/320cpm

0.046秒

速い

×

 

優しいキャビティアイアンはこちらから


 

 

下の図は、シャフトがインパクトし反転する瞬間のヘッドの動きで、シャフトの硬さがヘッドスピードに一致するのがA地点になります。

 

Bはシャフトが硬すぎるため、シャフトの最下点がインパクトより手前で迎え、逆に、Cはシャフトが軟らかいためインパクト後にシャフトの最下点が来てしまい、B,Cどちらも共に最下点を正しく迎える事が出来ないシャフトのシナリになります。
シャフト最下点図
グラフ
Bのように、硬すぎるシャフトを使うと、シャフトのしなりの復元がすでに終息する時点でのインパクトになり、シナリを感じない事で、自分の体や腕をしならせて打とうとしてしまいます。

 

そのためスイングに力が入り軸が飛行方向にぶれてしまい、ヘッドスピード不足でシャフトのシナリを活かず十分ボールにスピンがかかりません。その結果球も上がらず、スライス系の球筋で方向も不安定になります。

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

人間は本能的に対応する能力があります。重いと感じるとどうしても両肩に力が入り、ダウンスイングで右肩を前に突き出して打とうとします。

 

結果アウトサイドのスイング軌道になり、スライス系の球を打ってしまいます。また逆に無理やり右肩を押さえて打とうとすれば、今度は右肩が下がりすぎ、クラブヘッドが早く降り手前の芝に打ち込むダフリになります。

 

また、体に力が入ればダウンスイングで両膝が伸びボールの頭をたたくトップを打つことになります。

 

さらに、硬いシャフトは基本的にはトルク(シャフトのネジレ)が小さくなります。このネジレが小さい分ヘッドスピードが不足すると、インパクトでのヘッド返り(開閉)が鈍くなり、フェースが戻りきらず開いた状態でインパクトしやすくなり、スライスボールが出るのは当たり前のことです。

 

その結果、スライスを嫌いインパクトで無理やりリストターンを使い、左に真っすぐ引っ掛けてしまうのも、硬いクラブを使用した場合、芯でとらえた時に出やすい典型的な球筋です。

 

 

golf5sumersale

 

適正重量より15g以上重い場合

ロングアイアン

ミドルアイアン

ショートアイアン

トップが多い

芯に当たらない

距離は出ない

トップ ダフリが出る

スライス

距離が出ない

左に引っ掛け

低スピン・低弾道

球が止まらない

以上上記の症状は、シャフトのシナリのタイミングがヘッドスピードに比べて早すぎることが合わない原因です。また、重いクラブ程スイング中の遠心力の強さから全体のリズムも安定しなくなります。
このリズムは重さからくるウエイト移動がスムースに行えないことでスインのリズムが上手く取れないことです。

 

 

以下の表は38インチの5アイアンがR(300cpm)とS(320cpm)のシャフトの硬さの違いで起こる、インパクトのタイミングを計算した数値で、シャフト重量が15gが重くなった状態と理解してください。

 

シャフトスペック

振動数

インパクト(秒)

タイミング

自分に合う R

300cpm

0.05

硬めの S

320cpm

0.046

早い

タイミングが早くなれば、フェースが開きスライスやコスリ球が出やすくなります。また、重さからの力みで、体が起きればフェースの上向き状態でボールを捕らえることからヘッドのエッジでボールの頭を叩くトップが出て飛距離ロスします。

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

逆に、軟らかすぎるシャフトでは、シャフトの最下点がインパクト後に来るため、インパクトのタイミングが遅くなり、最大のシャフトスピードがオフセンターヒットでフェースがカブル状態になり、、インパクトでロフトが基準より立つてしまうので、低い弾道のフック系の球がでやすくなります。

 

いくら高性能なクラブを使用しても、シャフトの硬さが自分のスイングスピードに合わなければ、上達を妨げ、自分の理想のパフォーマンスを引き出すことはできません。

 

シャフトの硬さの違いは、最下点の違いで起こる、タイミングの違いでミスショットが発生するばかりか、シャフトの重さはウエイト移動がスムースに行えないことからスイングのリズムが狂い、トップ・ダフリなどのミスショットで出やすくなります。

 

スイングとクラブフィッティングの両方があってこそ、タイミングとリズムの合った正しいスイングが作れ、ゴルフ上達の道がひらけるのであって、合わないクラブで練習することは、百害あつて一利なしという事になります。

 



商品紹介:メンズウエッジはこちらから


 

また、シャフトの硬さの違いは、上級者よりアベレージゴルファーの方が影響を受けやすくなります。上級者の場合、感覚的にシャフトの硬さを認識してシャフトのシナリにスイングを合す能力がありますが、アマチュアゴルファーにはそのような対応ができるスキルを伴わないからです。

 

その為にも、初心者やアイアンの苦手な方は、シャフトのスペックで見栄を張りオーバースペックのクラブの使用は慎み、自分が無理なくスイングできるシャフトを選ぶ必要があります。

 

ツアープロがハードなスペックを使うのは決して見栄ではなく、理由があります。それには、硬いシャフトを使用するメリットがあり、それを使いこなせるスキルを備えているからです。

 

硬いシャフトを使うメリットは、重さで生まれる慣性モーメントを利用して、フェースのブレを出来るだけ小さく出来る事で、球の曲がりを極力抑えるためです。

 

また、インパクトでのフェースの開閉が少ないことから、インテンションナルに球を打ち分けるのに好都合になるからです。

 

ボールケース

ナイキゴルフシューズが最大50%OFF!

 

 

 

シャフトとライ角度

 

アイアンシャフトの硬さ以外でインパクトの開閉に大きく影響するのがライ角になります。

 

アイアンのライ角は、ウッドと違いヘッドを地面に直接打ち込むことで、方向に大きな影響をあたえます。そのためこのライ角はシャフトの硬さにに大きく影響されます。

 

正しいアイアンのソールの使い方は、インパクトでヘッドのソール部分が地面に対して均等に接触することです。当然ヘッドが地面から受ける衝撃の大きさで、ヘッドの開閉に影響を受けるために硬めのシャフトでヘッドのブレを抑えることになります。

 

だだし、シャフトが硬すぎれば、地面から受ける衝撃でヘッドが戻され、ヘッドが返りきらないインパクトになります。

 

ライ角度を正しく使えず開いたフラットな状態でインパクトしてしまい、結果スライス系の球筋になるのです。

 

 

優しいアイアン 振動数対応クラブ 人気売れ筋商品

Aデザイン ゴルフ Aグラインド ハイブリッド アイアン単品 NSプロ 950GH スチールシャフト A DESIGN GOLF GRIND HYBRID 振動数対応クラブ

Aデザインアイアン振動数

 

 

 

 

硬すぎない適正なクラブ重量のフロー

 

では、ずばりアマチュアが選ぶべきフレックスはどれか。

 

それは、現状のスイングスピードからシャフトの硬さとクラブの重量の適正を知ることです。

 

それは、シャフトの硬さはシャフト重量になり、適正なシャフトの硬さはイコール適正クラブ重量と言えます。

 

以下の表はクラブの重量フローになります。重量フローはスイングのしやすで、すべての番手を同じリズムでスイングできる数値になります。

 

例えば、振りやすいドラアーバーとスイングしにくいアイアンでは、必ずこの重量フローが一致していないからです。

 

重量フローの違いは、シャフトの硬さ(cpm)も同時に合っていないことです。

 

グラフはコンピューターで重量フローの分析表でクラブの長さが長くなれば、クラブの総重量は軽くなる法則です。

 

紫の線が、斜めの一直線になってるのが分かります。これがクラブ重量フローが正しく設定できていることになり、すべての番手の振りやすさが統一出来ていることになります。

 

 

さらに、ドライバーの重量でこの直線の傾斜が多少変化していきます。それが以下の表になります。

 

ドライバーが軽いクラブは重量フローの傾斜が緩やかで、重いクラブほど傾斜は急になります。

 

これは、非力な女性ゴルファーやシニアのゴルファーに適するのは緩やかなラインになり、ハードヒッターほどこのラインの傾斜が急になることです。

 

 

45インチドライバー

38インチアイアン

1wと5Iの重量差

270g

353g

83g

280g

368g

88g

290g

383g

93g

300g

398g

98g

310g

413g

103g

320g

428g

108g

 

上の表から、ウッドの重量率は0.5インチ刻みで約5~7g増、アイアンの重量は0.5インチ刻みで約6~8g増加していきます。
この増加は、ヘッド重量の増加でクラブの長さが短くなるにつれて、比例して増加していきます。

 

この重量増はクラブの長さが短くなればバランスが軽くなる分の増加で、バランスの統一をする目的で増えるのです。

 

そのことから、重量フローはすべてのクラブバランスの統一と言えます。

 

クラブセットの中で、サンドウエッジは重量フローラインとは別に捉える必要があります。

 

サンドウエッジは主に砂の中や、アプローチで使用しある程度重いクラブの方が扱いやすくなります。

 

また、フルスイングするクラブではないことから、使用アイアンラインより15g前後重くする方が使いやすくなります。

 

ヘッドスピード41m/s前後のゴルファー向きアイアンセット

 




 

 

市販のクラブのフレックスはメーカごとに異なり、また、同じスペックのシャフトでも硬さに幅があり、、正確無比の振動数でのシャフト選択が最も自分のクラブ選択には適していると思われます。

 

ゴルフと言うスポーツは野球やテニスの様に、高速で飛んで向かって来る球を打つのでなく、止まっているボールを打つスポーツです。

 

そのことから、ボールの飛距離や弾道は、スイングの影響を直接受け、硬すぎるシャフトではフェースが開いてインパクトしてしまい、しっかり球を捕まえられずミスにつながるのです。

 

確かに、シャフトが硬い場合、トルクも当然少ないことで、方向性の安定には繋がりますが、重すぎる事のリスクがスイングに悪影響を及ぼしヘッドスピードの低下やスイング軌道がアウトサイドに繋がりやすい事も事実です。

 

また、重すぎるシャフトではインパクトからフォロースルーにかけて、フォロースルーが大きくとれません。すなわち、インパクト後のヘッドの加速ができないことです。

 

硬すぎるシャフトのインパクトは、ボールを強く打たなといけないことから、インパクト後の円軌道が小さくなりインパクトゾーンが小さくなります。

 

加速度はヘッドスピード×腕の長さ になることから、インパクト後右腕が飛行方向に真っすぐ伸びなければなりません

 

このインパクト後の右手が伸びることで、フォロースルーが大きく円を描き、上の加速度の方程式の腕の長さから加速度が増すのです。

 

これからも、インパクトゾーンの小さく硬すぎるアイアンは、飛距離やミスショットに繋がることが理解できると思います。

 

ヘッドスピード43m/sのセミハードゴルファー向きアイアンセット

 

見栄を張らずオーバーースペックにならないように、初心者は特に、球の捕まりの良く、無理なく球も上がる打ちやすい、アンダースペックのクラブからスタートして、スイングを作る方が大切になります

 

特に合わないクラブの使用でアマチュアゴルファーがグリーンの近くから、大たたきする傾向が良くみられます。クラブが短いため、使いやすさでミスの原因を自分のスイングと勘違いしてしまいます。

 

 

少し硬めのアイアンは、シャフト重量も重くなりますが、方向性重視からはベストチョイスになりますが、非力なゴルファーや女性ゴルファーなどは、少し硬めのシャフトの場合でも、カーボン装着アイアンであればクラブ全体の重量も軽く、ヘッドスピードも出やすく振りやすいやさしいクラブになります。

 

特にアイアンが苦手なゴルファーには、カーボンシャフトの硬めのクラブはお勧めです。

 


上

 

 

 

 

 


初心者クラブ

初心者のお得クラブ・バックなどのセットの一覧はこちらから

 

 

硬いシャフト使用でショートゲームで落とし穴

 

ドライバーで今日一番のナイスショット、残りショートアイアンでピンそばと期待を込めて打ったショットがグリーン上を転がり奥のラフまで。。。

 

結果 パー狙いがホールアウトしてみれば、ダブルボギーと最悪の結果で精神的に落ち込む、,このような事を経験されているゴルファーは多いと思います。

 

ショートアイアンは、ピンまでの距離と方向性を正確に打ち分けるのが大切です。強く打ちこまないとヒットしないシャフトの硬いショートアイアンは、早打ちの原因になりトップ、ダフリが出やすくなります。

 

また、インパクトでボールの球離れが早く、フェースの転がりで発生する、バックスピンが不足になり、グリーン上で逆にオーバースピンでボールを止めることができません。

 

実際このようなゴルファーがおられました。

 

これはシャフトが硬すぎる場合、起こりやすい現象です。以前、ある有名プロの使用クラブと同じモデルのアイアンを買われ意気揚々とゴルフ場へ、ところがショートゲームで大たたき、意気消沈され相談に来られた経験があります。

 

そのクラブをチェックしたところ、この方には鉄棒でスイングするようなシャフトの硬さでした。

 

そこで、7,8,9 pwを約15cpm軟らかく15gクラブを軽くし、シャフトのシナリを感じられる程度に調整してみました。(振動数で15cpmはXからSの硬さに変えた値になります)

 

早速、コースで使用82の自己最高スコア―を記録され、これまでは自分のスウイングや技術面がダメだ、と諦めておられたのですが、今では一番得意なクラブになり、グリーン周りでは仲間を驚かせていると楽しく話されていました。

 

アイアン人気商品・イチオシ商品リストはこちらから


 

それでは、どうしてこのような結果になるのでしょうか。これは、回転軸がクラブの硬さと重さで起こる遠心力に耐え切れず、インパクトで回転軸が左側にズレ、右脇が開きクラブが体から離れることでフェースが開いてインパクトするアウトサイド軌道になります。

 

また、硬く重すぎるクラブでは、一番遠いヘッドからスイングが始まり、慣性モーメントがヘッド側に移動してしまいます。その結果、ダウンスイングで右グリップのコックが早く解けてしまい、インパクト直前まで手首のリスト(コック)を維持できないことです。

 

結果、アウトサイドの軌道になり、フェースの開きを取り戻そうと、右手首で強くインパクトするようになります。

 

これでは、インパクトで左に引っ掛けるボールを打ってしまいます。硬い、重いシャフトではいい当たりをしても、ボールが左にでるのは正しい結果と理解してください。

 

硬いシャフトで重いクラブは、重さに負けてヘッドスピードもかえって出なくなり、しっかり球を捕まえることが出来なくなるのです。

 

ゆったりスイングするには、ヘッドの重み感じるシャフトの硬さと、遠心力に比例する適正クラブ重量にすることで、回転軸をしっかり安定させて自分のスイングリズムでスイングが可能になります

 

ショートアイアンが合うかどうかの判断は、残り100y前後を自分のリズムで球をシッカリヒットできれば良し、力が入らないと打てないようだと合わないクラブと判断してください。

 

 

 

アイアン・飛距離重視の人気商品・イチオシ商品リストはこちらから


 

 

硬い重いクラブのリスク

 

正確な距離や正確なショットを打つには、スウイングリズムはゆったり行い、ヘッドの重みを感じてスイングできるのがベストです。

 

硬く重いクラブでは、正確な距離感を出せず、また軟らかいスイングもできず、強くヒットしないとヘッドの芯でボールを打てないことです。

 

芯でインパクトするにはフェースも飛行方向に直角になる必要があります。ところが、重いクラブは必然的にトルクも小さくインパクトでフェースの再現が出にないと体感、自然に力が入ってしまうのです。

 

強くヒットしたボールはフェースでボールを捕える時間が短く、ショートアイアンでバックスピンが十分にかからず、クリーンにボールを乗せても、グリーン上で球がオーバースピン状態で、ボールは止まらずグリーンオバーしてしまいます。

 

ショートアイアンは、ボールをグリーン上でいかに止めるかが、ショートアイアンの醍醐味です。

 

重すぎるクラブはスイングの流れが、アップ、ダウンを起こしやすくスイング軌道の上下動でトップダフリの要因になります。

 

また重すぎるアイアンは、ダウンスイングがヘッドから始まり、パワーアングル(コック)が早くほどけます。

 

その結果、右肩が飛行線より前に出てしまいアウトサイドの軌動になり、カット打ちでスライスやヒッカケの原因にもなります。

 

パターヘッド


 

アイアンは飛ばすクラブでなく、番手ごとで正確に距離を刻むクラブです。

 

特に、シートアイアンは高弾道でスピンの効いたボールでグリーンで止める球を打たなければなりません。グリーンオバーで球は止まらず、返しの難しいアプローチが残ることでスコア―メイクが難しくなります。

バックスピン2

バックスピン2


そこで、スピンの効いたボールを打つには、フェース面で長くボールと捕える必要があります。硬いシャフトでは、ボールに当たる前に、シャフトの最下点か来るためボールをしっかり捕えることが出来なくなり、球離れが早くスピンの効かないボールになってしまいます。

 

自分に合ったシャフトでは、シャフトの最下点がボールを打った直後にくるため、強くヘッドを入れることでスピン量が増え、インパクト時間が長くフェースにボールが長く留まるため、スピンの効いた高弾道の球を打てることになります。

バックスピンを多く掛けるにはインパクトを強く打たなければなりません。そのためにはシャフトの最下点がヘッドスピードに一致させることです

 

優しいキャビティアイアンはこちらから




31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】Check!



 

アイアンでは、高弾道の球を打つには、インパクトでヘッドがボールに鋭角に入いる、ダウンブローで打つ必要があります。

 

そのためには、右手首のコックをインパクトまで我慢出来る適正なシャフトの硬さと、クラブ重量が必要になる訳です。

 

硬すぎるクラブや重いクラブでは、力みが出た手打ちのスイングになり、インパクトでヘッドがボールに鋭角に入る、ダウンブローにスイング出来なくなります。

 

また、硬すぎるシャフトは、クラブが体から離れやすく、リズムの良い、調和の取れたスウイングが出来ず、次第にリズムを壊してしまいますので注意してください。

 

硬すぎるシャフトの落とし穴とは、強く打たないと芯でボールを捕えられず、芯で打てたとしても、バックスピン量が少なく、グリーンにオンしても球が止まらない。
このバックスピンの減少の原因は、硬い重いシャフトのインパクトは点で、フェース面を縦に大きく使い、ボールに十分なスピンを掛けれないことです。

 

強く打たないとミートできないシャフトの場合は、自分に合ったシャフトの硬さと重量に調整されることをお勧めします。

 

シャフトメーカーの商品紹介はこちらから

シャフトスピーダー


 

硬すぎや重すぎるクラブで起こりやす現象

 

クラブの重さを感じて、手首でクラブを上げるテークバックになりやすく、インパクトで手打ちのスイングになります。

 

この手打ちのスイングは上半身と下半身のリズムがバラバラで、スイングで大切なウエイト移動がスムースにいかないことです。

 

その結果、下記の様々なミスを誘発するのです。

 

重いクラブを持ちあげる場合、テークバックで両膝が立ち正しい前傾姿勢が崩れ、ダウンスイングでアップ、ダウンが起こりやすく、正しいスイング軌道の再現が出来ない。

 

硬く重いクラブは、当然シャフトのネジレが小さいため、ヘッドの回転力(慣性モーメント)が小さくなるため、球の捕まえが悪くなりスライス系の弾道になります。

 

アドレスから上体に力みが生まれ、関節や筋肉を上手く使えないことからヘッドスピードが上がらないため、ボールの捕まりが悪くインパクトのヘッドのヌケが鈍くなります。

 

打球の飛んだ方向の結果に合わせたスタンスを取ってしまい、正しいアドレスが取れなくなり正しいスイングが身につかない。

 

インパクト後のクラブのヌケが不十分になり、フォロスルーで左肘が引けて、インパクト直後のヘッドの加速ができなくなり飛距離が伸びなくなります。

 

ダウンスイングでリリースが上手く行えず、ヘッドから先に落ちることで、ヒットゾーンが狭くなりスピン量が不足で球が上がらない

 

等が上げられます。

 

この様な症状でリズムよくスイング出来ない場合、クラブの総重量を10~29g程度軽くするか、シャフトの硬さを1ランク軟らかくすることで、球が捕まり、やさしく打てるクラブに修正できます。

 

シャフト交換で対応される場合は、修正前に必ずクラブのデータを取行うことが大切です。

 

上

 

 

 

 

商品紹介:メンズアイアンセットはこちらから


 

オーバースペックしない5アイアンの最適CPM

 

ドライバーのヘッドスピードやドライバーの飛距離から5アイアンのシャフトの硬さの参考資料です。

ヘッドスピードと5アイアンの最適振動数

ドライバー45インチでのヘッドスピードに比例したシャフトの長さ 38インチの最適振動数

38m/s

39m/s

40m/s

41m/s

280cpm ±3

290cpm ±3

300cpm ±3

306cpm ±3

42m/s

43m/s

44m./s

45m/s

311cpm ±3

316cpm ±3

321cpm ±3

326cpm ±3

46m/s

48m/s

49m/s

50m/s以上

331cpm ±3

331cpm ±3

336cpm ±3

340cpm ±3

 

 

自分のヘッドスピードに比較してオーバースペックかどうか調べてください(参考資料)

シャフトCPM

フレックス

ヘッドスピード

280cpm

A

36m/s前後<

290cpm

Rの柔らか目

38m/s前後

300cpm

R

40m/s前後

310cpm

SR

43m/s前後

320cpm

S

45m/s前後

330cpm

X

48m/s以上

 



商品紹介:メンズウエッジはこちらから


 

振動数と市販クラブスペック比較

 

シャフトスペック

 

参考数値の見方
R 240cpmは240~249cpmの範囲で、240cpmはRの柔らめ、245cpmはRで、249cpmはRの硬めと捉えてください。
他のスペックも同様にとらえてください

reshaft1

 

280cpm、290cpmの場合はカーボンシャフトか軽量ステイ―ルの対応になります。
300cpm~320cpmの場合は日本シャフトやツルーテンパーの軽量シャフトで対応。
320cpm以上の場合はやツルーテンパーのダイナミックゴールドが対象になります。

 

また、最適クラブ重量について、最適クラブ重量で記事にしているように、シャフトの硬さとシャフトの重さは比例しており、シャフトの硬さを合すことで最適クラブ重量を合すことになります。

 

 

シャフト重量

ヘッドスピード

70g台前後 軽い

38m/s

80g台前後 少し軽い

38m/s

90g台前後 平均的

40m/s

100g台前後 やや重い

43m/s

110g台前後 かなり重い

45m/s

120g前後台 超重い

48s/m以上

 

 

 

 

 

関連参考記事

 

ヘッドスピードから最適振動数はこちらから

 

適正クラブ重量かこちらから

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

関連記事

 

悩みや、ゴルフ上達に必読
ゴルフの基礎を学ぶ   

 

シャフト理論にリンク
クラブ適正重量にリンク 
スイング理論にリンク

 

上

 

 

 



 

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス

ドライバー

フェアウエー

ユーィテリテ

アイアンセット

セットクラブ

単品アイアン

単品ウエッジ

パター

中古クラブ

シューズ

バック

Mウエアー

Lウエアー

ボール

グローブ

ヘッドカバー

盛暑・UV対策

防寒小物

グリップメンテナンス

ゴルフ練習機

ラウンド用小物

日傘


OUTLET

ブランド一覧



 

 

ゴルフ豆情報に戻る

関連ページ

初心者のラウンドスコアーの目安
、初心者が同伴者や周りの流れに迷惑を掛けないでラウンドする目安を紹介しましょう。 スコアーとは、1ラウインド18ホールをゴルフクラブでボールを打ち、カップインするまで打数の少なさを競うスポーツです。 始めてのゴルフ場デビューや、またはデビュー間もない超初心者のスコアは、120から160というのが一般的なスコアーになります。
ゴルフボールの基礎知識
ボールの大きさは直径 42.67cm以上、 重さが45.93g以下、 に決められ、デンプルは270~450個になります。 この、デンプルはボールを高弾道に安定した方向打つには欠かすことのできない構造で、ボールが空気中を飛ぶ時、ボールの進行方向の後ろに低気圧部分は発生し、ボールの加速の減速の要因になります。
パーシモンウッドとチタンウッドの比較
パーシモンウッドからチタンウッドへの進化は、素材の軽量化がもたらした、運動量の増加になります。 この変化について解説していきます。
ドライバーヘッドの間違いのない選択
現在のドライバーにおいても、大きなヘッド460㏄と小さいヘッド420㏄に分けることができます。 この大きさの違いで、ドライバーの特長が変わってきます。 そのことから、シャフトの選択も含めて間違いのないマッチングをすることが重要です。
シャフトの種類と特性
シャフトの素材にはいろいろの素材が存在しますが、比弾性、比強度においてもカーボンシャフトが突起しています。 カーボンシャフトがクラブシャフトの主流になる所以です。
ヘッドスピード別ゴルフボールの選び方
ゴルフボールの選び方のポイントは、自分のヘッドスピードに最適なボールのコンプレッション(硬さ)に合わせて選ぶ方法と、飛距離重視が方向性重視で選ぶ方法です。
ヘッドバランスの鉛の貼り方
使い慣れたクラブのバランスが合わなくなる場合があります。スキル向上や体力低下からくるクラブのバランスが合わなくなります。新しクラブを購入する前に、バランスの調整で問題を解決できる場合があります。 そのような場合、ヘッドに鉛の貼るわけですが、その貼り方について解説します。
グリップの劣化で起こる問題点
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
アイアンのスコアーラインの意義
アイアンのスコアーライン(溝)の役目とは。 この溝はボールがフェースにコンタクトした時、溝でボールにスピンを作るのが基本です。 この溝は雨の日や深いラフから打つ場合に大きな役目を持ち、その役目を解説します。
シャフトの役割・重要性
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
シャフトの硬さはスイングのタイミング
ダウンスイングでおこりる、複雑なシャフトの動きは、シナリ(硬さ)とトルク(シャフトのネジレ)で、その知識を得ることで、シャフト選択のミスを減らし、理想のスイングを行う重要な要素になるのです。
シャフト重量はスイングのリズム
軽いクラブは、トップスイングで間が取れず、スイングリズムが早くなり切り返しが早く手打ちのスイングになりがちです。 重すぎるクラブは、トップスイングでの間は取れますが、切り返しのリズムが遅れ、かつダウンスイングで力が入りクラブを落とすスイングになります
クラブの重量フローの重要性
クラブの重量フローはスイングのリズムの上でとても重要な要素です。この重量フローは振りやすさの数値で、使用クラブのすべてが、重量管理されているのが重要で、特にウッド、アイアンのセッテングには欠かせないく、ドライバーとアイアンを同じフィーリングでスイングするポイントになります。
ヤードとメータの換算数値
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
クラブ スペック
ゴルフクラブには、ウッド(柿木パーシモン・メタル・カーボン・特殊鋼)とアイアン(軟鉄・ステンレス・特殊鋼)などがありますが、特にウッドは現在チタン系が主流で、他の素材は姿を消しました。それはシャフトやグリップの軽量化で軽く強い資材(チタン)を用いたヘッドの大型化が可能になりました。
ハンドダウンとハンドアップ
アドレスの取り方でミスの出やすい構えに、ハンドダウン・ハンドアップを挙げることができます。 それぞれも、メリット、デメリットについて解説します。
飛びの3要素
飛びの3要素は「ボールの初速、ボールの飛び出し角度、ボールのスピン量」でこの数値が適合できた条件で最大の飛距離が生まれることです。
飛距離アップできる有効打点
飛距離アップする方法に有効打点をうまく利用する方法です。ウッドヘッドの低重心率の低いクラブでインパクトでバッツスピン量を減らしロングドライブが可能になるのです。これは縦のギア効果をうまく利用て高弾道で強いボールを打つことができます。
ダウンブロー・アッパーブローとレベルブローの違い
スイング軌道は大きく分類すれば、ドライバーのようにティーアップした状態ではアッパーブローに、アイアンのように地面にあるボールを直接打つ場合はダウンブローに打つ事が一般的です。しかしアイアンヘッドは近年キャビティアイアンが中心で、レベルブローの打ち方が最もミスのリスクの少ないスイングになります。
飛距離を伸ばし正確に打つ回転軸の作り方
スイングは回転軸を中心に、体と腕を使った回転運動になりますから、軸が安定しなければ腕の振りが効果的に行えず、ヘッドスピードは上がらないのは当然で、スイング軌道もスイングするごとに異なり、安定した再現ができなくなります。
ドアースイングの解消
ドアースイングとは、 スイングは下半身と上半身で起こるネジレ(捻転)を、インパクト直前に一気に開放することで、クラブのスピードを上げそのエネルギーをボールに伝達し遠くに打つことです。
スイングの再現性
ゴルフスイングにおける再現性とは、アドレスからフィニッシュまでのスイング軌道を、再び全く同じ要素や要因の条件を整えて、まったく同じスイングができる性質のことです。
バランスの良い構え
アドレスで体とボールの距離はどの程度に取ればいいのか、、どの様にクラブを上げたら(テークバック)いいのか、、またどのようにクラブ振ればいいのかなど、ではないでしょうか。 これらは、バランス良く構えることで可能になります
シャフトの基本知識
、シャフト理論では、シャフトの各機能がインパクトでボールにどのような影響を与えるのか又、その機能の役割がスイングにどのように有効性を作るのかについて説明していきます。
ボールが失速する原因
ボールが失速す多くの場合、ボールを高弾道にするボールのバックスピン量が不足しているからです。このバックスピンを効率よく起こすには、シャフトが硬すぎたり、重すぎたりすることによる、ヘッドスピード不足が原因になります
グリップピングの基本
ゴルフスイングインでクラブと体の唯一の接点になるグリップは、飛距離や方向性に大きな影響をあたえます。グリップには重さ、太さ、素材でそれぞれ影響が変わってきます。その具体的な変化について詳しく解説していきます。
飛距離アップできるグリップ
飛距離アップするには、グリップの握り方を工夫すことで飛躍的に改善できます。ヘッドスピードを上げるコックを作りやすくする握り方、で初心者のかたでも簡単にすぐにできる方法の一つです。 そこで、飛距離アップできる手首使った、単純な例を持って紹介しましょう。
ボールの曲がる原因はグリップ
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
飛距離アップは両足のウエイト移動
スイング軌道は角度を持った円軌道になります。 スイング中両足は地面に対して踏み込みの動作が起こり、バックスイングで右足を踏み込んだ反動でクラブを振り上げ、ダウンスイングでは左足をグンと踏み込んでダウンをスタートしたら、確実に飛距離は伸びることになります。
飛距離アップできる右足の使い方
ダウンスイングでの右足の使い方は、スイング軸の安定やヘッドスピードをアップできる重要な要素になります。 ダウンスイングからインパクトにかけて、右足のフットワークはヘッドスピードを上げるポイントです。
ゴルフが変わるグリップで左親指の使い方
グリップの握り方は、野球のように両手でわしつかみでなく、指で握るフィンガーグリップと手の平で握るパームグリップがあります。 両手のわしつかみは強く握れる反面、手の甲が移動しやすく、フェース面をボールに正面衝突させるゴルフには不向きといえます。 例えば、かなずちで釘を叩く場合、わしつかみで釘を打つより、かなずちの枝を親指で押さえて打つ方が、安定して釘を打つことができます。
ティ―ショットではヘッドを芝から浮かす
ドライバーのティ―アップは芝生から少しヘッドを浮かしてアドレスを取る。 手打ちや、力みを取、スイングの再現性を高める効果があります。
やさしいインパクト
インパクトを点のような短い時間でボールを捕えるより、ゾーンのような長い時間でボールを捕える方が、はるかにやさしいインパクトになる事は 誰の意でも理解できることです。
クラブを短く持つメリット、デメリット
初心者が、スコアーを縮める方法の一つに、スイングやクラブでなく、グリップを少し短く持つことで、意外と大きなメリットが生まれます。 ドライバーやアイアンを、グリップ一杯に握ってスイングすると、ボールをより遠くに飛ばせると思っているゴルファーが結構おられますが、意外と飛ばない場合も多く、むしろ、逆の結果の場合も少なくありません。
クラブの力でヘッドスピードを上げる方法
クラブの力を利用してヘッドスピードを上げることができます。その方法には3つの方法があります。 第1はクラブの長さを長くする。第2はクラブの総重量を軽くする方法、第3はシャフトを柔らかくする方法で、詳しくその理由を解説していきます。
飛距離アップできるフォロースルー
飛距離はインパクトのミート効率を上げボール初速度をあげることです。この初速度をさらに向上させるにはフォロースルーをしっかり行うことでインパクト後の遠心力を高め伸びのある弾道を打つことが出来ます。
フットワークで飛距離アップ
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
アドレスで右を向く
スタンスを取る時、ターゲットラインとスタンスラインが平行にならず、クロスしている状態になるからです。この原因と修正方法について解説。
アドレスで左を向く
正しいアドレスがゴルフの基本です。 左を向いた状態では、スイング軌道はアウトサイドで、飛距離や方向に重大なミスを起こす要因になります。左を向いてしまうにはその原因があります。 その原因と修正方法について解説します。
スイングの正しい回転軸の作り方
アドレスで体の軸は背骨になります。 この背骨はスイングの軸になり、スイング中安定している事がヘッドスピードを速め、スイング軌道を正しく導くためには必要不可欠になります。 つまり、ゴルフのスイング作りの基本です。
スイングの遠心力と向心力
スイングで遠心力が大きく働けば、ボールの飛距離は伸び、その分向心力も大きくなります。この向心力とは、 円運動するということは中心方向に向心加速度が働いているということです。そして加速度が働くということは力が働いているということです。その力のことが「向心力」になります。
体重移動とスエ―の違い
ゴルフ理論の物理的見地から体重移動は意識して行うものではありません。 スイングは自分の体の回転軸を作り、その体の回転で自然にクラブを振る行為です。
正しいスイングは前傾姿勢から
アドレスで下半身の安定は、両膝を折、体の重心を安定させてスイングを行いますが、ダウンスイング中、この両膝が伸びてしまえば、当然ボールと体の距離は長くなり、正しいスイングの再現は出来なくなります。アドレスの前傾姿勢を崩さずスイングすることが重要。
スイング軸と理想の体重移動
コンパクトなスイングを行う意味は、スイングする時、軸を動かさず体の回転でスイングをすることです。 スイング軸の無駄な移動は、スイングスピードを落とすばかりか、スイング軌道がスイングごとにまちまちで、不安定なゴルフになってっしまいます。
シンプルなスイングの作り方
シンプルなスイングとは、回転運動をスムースに行うことです。 つまり、バックスイングで腕の動作、肩の回転動作、腰の動作を同じリズムで、一体感を持たせて行うことで生まれます
スイングの主役は左手
スイング軌道の主役は、左肩を支点とした、左手になります。車で例えればハンドル役になるのです。 スイングを二等分すれば、アドレスからインパクト直前とインパクトからフォロースルーに大きく分けることができます。 このアドレスからインパクト直前までが、ハンドルでインパクトからフィニッシュまでがアクセルと考えると、右手はこのアクセル部分にあたります。
ウッドを真っすぐ打つ方法
ドライバーのように、距離を打つクラブで真っすぐ打つには条件があります。クラブすべてに言えることですが、真っすぐ打つための、正しくアドレスが取れているかどうかです。 ティ―アップしたボールに、スタンス、腰、両肩、クラブの構え、フェース向きがすべてターゲット対し、平行になっているが、ポイントになります。
ボールはなぜ曲がる
ボールが曲がる理由は、スイング軌道とインパクトでのフェース向きが原因でおこります。 その矯正方法について解説していきます。
大型ヘッドの落とし穴
大型ヘッドは、スイートスポットが広くボールを芯で捕えやすく、又ボールの曲がりも少なく、飛距離が出る、がうたい文句の定番になっています。 しかし、意外なところに落とし穴があります。それはスライスに悩むことです。
フックフェースとオープンフェースの違い
フックフェースとオープンフェースフェース角とは、ウッド系クラブに関する数値で、水平な地面にソールがピタリと着くようにクラブを固定し、シャフトを地面と垂直にした時に、そのシャフトの中心線を通る面とフェースが作る角度がフェース角度になります。
トルクと球筋
スイング中の起こるシャフト全体のネジレはトルクと呼ばれ、インパクト時のフェース向きを決定する要素で、球の方向や球の曲がりに大きく影響してきます。
飛距離をのばす打ちだし角度
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
上手なフェースコントロール
ボールに対して正しくヘッドフェースを導くことがフェースコントロールの意味で、インパクトの瞬間は一瞬の出来事から、一般ゴルファーや初心者にでは、インパクトでは意識的にクラブのフェースをコントロールする事は、不可能になります。
スイング軌道と球筋
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
スイング軌道で飛距離を伸ばす
スイング軌道を上手く利用して、飛距離を稼ぐ方法があります。それは、ロフトを最大限に生かし効率良く球をインパクトすることで、その方法について解説します。
ドライバーで芯を外して飛ばす
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
OBを打たない方法
初心者から上級者にいたるまで、誰でも、OBを打ってしまいます。しかし、プロや上級者は、アマチュアゴルファーに比べて、比較にならない程OBの数が少ない事がわかります。 それは、OBを出さないコース戦略がしっかりしているからです。
風がフォローの時低い球を打たない
多くのゴルファーがフォローの時、風の影響を受けやすい高弾道の球より、風の影響を受けない低弾道を選ぶのを良くみかけますが、これでは十分な飛距離を打つことができません。
アゲインストとフォローの打ち方
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
ウッドとアイアンの打ち方の違い
ドライバーとアイアンの打ち方の違い ドライバーとアイアンの打ち方は1つであると考えてください。その方が、スイングはシンプルにできます。ウッドクラブは払う打ち方でややアッパースイングで、一方アイアンはダウンブローで上からボールをたたくイメージになります。
アッパーブロー・レベルブローの違い
スイング軌道は大きく分類すれば、ドライバーのようにティーアップしたボールを打つアッパーブロー、アイアンのように地面にあるボールを直接打つ場合はダウンブローに打ち方が一般的です。 上の2通りのスイング軌道と別に、ドライバーやアイアンの両方に活用できるのがレベルブローになります。
フェアウエーのティ―アップの打ち方
打ち方は、アイアンやドライバーとも異なり、上下の動き【アッパー ダウンスイング】があるスイング軌道ではなく、クラブの最下点でボールをインパクトして、払い打つようなフラットなスイングイメージで打ちます。
フェアウエーでトップする
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
アームローテイションとボデーターン
アームローテイションもボデーターンもインパクトでボールを打つスタイルと考えてください。 このインパクトのスタイルの長所、短所を解説、自分に合うスタイルを選らんでください。
レイトヒッティングのコツ【ポイント】
スイングでレートヒッテングは飛距離、方向性に大きく関連してきます。 ヘッドスピードを上げるうえで、ダウンスイングでのタメは必要不可欠で、是非身につけることが、ゴルフの上達にポイントになります。
シャフトの最下点
スイングにおいて、シャフトの最下点はグリップエンドからヘッドまでの距離が最も長く、かつシャフトが曲がりから復元される地点をいいます。 この地点がエネルギーを最大に放出するタイミングになります。
理想のアドレス
初心者、経験者にかかわらず、最初の段階から正しいスイングの基本を身につけることは、後のスキルアップに大きく影響します。 そのためには、まず正しいアドレスから正しいティークバックができるように学んでください。 その為に、具体的にアドレスでの重要なポイントを解説します。
理想のテークバック
ティークバックはゴルファーが一番悩む問題の一つです。アドレスを安定させ体の回転からシンプルなテークバックの解説をいたします。飛距離アップ、方向性の向上には大切なテークバックの取り方です。
理想のトップ
理想のトップポジションのスタイルはインパクトの成否を決める重要な部分です。 左膝はあまり前に折らず,,下半身を安定させ左肩を回転させながら徐々に体重も右ひざの上で置くことです.。 .
理想のダウンスウイング
トップからの切り替えしの、ダウンスイングは下半身を安定させ、腰のリードで左腕を体にまきつけるイメージで両脇を絞めてコンパクトに行うことです。
理想のインパクトとフォロースル
インパクト後のフォロースルーはスウイングウ全体でもっと重要なファクターでボールスピードアップや方向性の向上に大きな役目を果たします。
上手なアームローテイションの作り方
アームローテイションは、球の捕まりの向上、スライスの矯正などに効果があります。フェースターンの動きには、腕の動きで行うアームローテイションと手首をひねるリストローテイション(リストターン)がありますが、理想のアームローテイションはこの両方の動きを同調して行うことが、大切になります。
アイアンセットの調和が重要
アイアンは複数本数で構成されています。 角番手のクラブ機能の調和はスコアーメイクに大きく影響をあたえます。その為にも、CPM管理と重量管理はアイアンセットの生命戦で、その方法について解説します。
スチールシャフトとカーボンシャフトの違い
スチールシャフトとカーボンシャフトの選択は、シャフトの重さが基準になります。 スチールシャフト、カーボンシャフトのメリット、デメリットをシャフトの重さや、シャフトのシナリ、トルクから解説します。
アイアンシャフトのステップ【節】
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
距離の出るアイアンヘッド
アイアンで大きめのキャビティアイアンは大きい分、慣性力が大きくなるため、打点の少しのズレでも強い球で飛距離が伸び、直進力が落ちません
飛び系アイアンと一般的アイアン
飛び系アイアンと方向重視のアイアンの違いはロフトの違いで分けることができます。 特にアイアンの飛距離不足で悩むゴルファーは、ロフトが立つているストロングロフトの使用がお勧めです。自分に合うストロングロフトのアイアンの選択はグリーン攻略のマネージメントを容易し飛距離不足の解消を容易に行えます。
軟鉄鍛造と鋳造アイアンの違い
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
アイアンのソール幅の選び方
ソール幅は、広いソールと狭いソールの2タイプで、主にキャビティアイアンは広く、マッスルタイプ、スコッチタイプは狭く設計されています。 何故アイアンのソールが広い、狭い幅があるのでしょうか? そのメリットとデメリットについて解説します。
ロングアイアンがスライス・ショートアイアンがフックの理由
ショートアイアンはロフトが少ないことで球の捕まりが悪く、逆にショートアイアンはロフトが大きいことから球の捕まり良すぎてフックすると、理解している方がほとんどではないでしょうか。 もちろん、ロフトの大きさから球の捕まりが良い、悪いに影響することもありますが、最も大きな原因はフェースプログレーション値(FP値)が主な要因になるのです。
アイアンで距離の出るインパクト
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
アイアンのライン出し
アイアンのライン出しは、飛距離で求めるのでなく、確実にグリーンオンさせるショットのことです。 また、ショートホールで確実にグリーンに乗せる打ち方になります。 そのポイントを解説します。
アイアンでフェードの打ち方
フェードを打つ構え方は、通常よりもオープンスタンスにしてください。 ボールの位置はスタンス中央で、まず、ボールの位置は通常のまま構えて、それからスタンスをオープンスタンスにするのがポイントです。こうすると自然にボールが体の中央寄りになりますが、それがフェードボールを打つ、正しいボールの位置になります。
アイアンで高弾道の打ち方
アイアンで高弾道に球を打つには、シャフトとスイングの両面で考える必要があります。 シャフトでは自分に合うシャフトの硬さ、クラブ重量でスイングではダウンブローにスイングする必要あります。そこで、クラブ、スイングの両面で解説していきます。
アイアンでドローの打ち方
ドローボールは、打球が強く、ランも良く出るので、しっかりミートして打てば飛距離は伸びます。 ドローを打つ構え方は、通常よりもクローズドスタンスにしてください。スイング軌道はアウトサイドでフェース向きはターゲット対して直角に構えるがポイントです。 クローズドスタンスの取り方は、ボールの位置は通常のまま構えて、右足を後ろに引いて、クローズドスタンスにするのがポイントです。
アイアンでバックスピンのかけ方
アイアンのバックスピンとは、ボールに時計まわりと反対の回転を与えることで、ボールが落下してからの転がりを、抑えるボールの回転のことを言います。
アイアンで速いグリーンの攻め方
アイアンで速いグリーンの攻略方法は、高弾道の球で、スピンを効かせた打ち方がもとめられます。 手打ちでなく、体の捻転を十分使ったダウンブローのスイングでバックスピンを掛ける打ち方になります。迷いなく果敢に攻める事がです。
アイアンのコント―ロールショット
アイアンのコントロールショットはスイングの軌道を小さく安定させることです。つまりコンパクトなスイングに徹することです。 コンパクトなスイングとは、クラブを短く持ってスイングすることが、一番コントロールがやりやすい打ち方になります。
アイアンのフック矯正
シャフトには先端部分のチップとグリップ側のバット部分があります。シャフト先端部分をカットする事でシャフトの硬さを微調整することができます。その方法と効果を説明します。
アイアン・シャフトでスライス矯正
アイアンでスライスに悩む方は、一度クラブの重さやシャフトの硬さをチエックすることで、意外と解決の方法を見つけることができます。 そのチエックの方法を解説していきます。
ショートホールの砲台グリーンの打ち方
ショートホールでの砲台グリーンは高弾道でボールを上から落とす打ち方が求められます。 砲台グリーンからボールを落とすことは、2打目の返しのショットが難しく大たたきすることに繋がるからです。 そのようにならないの注意点について解説します。
打ち上げのショートホール
アドレスで目線を上側に置くと、ダウンスイングで右サイドにウエイトが残りやすく、右肩が下がりフェースが寝やすくフェースが開いてスライスになります。 また、ボールを上げようと手首ですくい上げるスイングは、引っ掛けや飛距離不足の原因になります。
ショートホールで大叩きする
ショートホールのティーショットのミスは致命的な結果を迎えてしまいます。 ショートアイアンヘッドの構造上の特徴を理解することや、ティーアップ方法でOBやバンカーに入れる リスクを回避できるのです。
打ち上げのホール
ティーアップで打ち上げのフェアウエーを視野に入れると、どうしても目線や意識が高いところに誘導されてしまいます。目線は平行にスイングは上げようとすくい打ちしないこと。
打ち下しのホール
打ち下しのフェアウエーを視野に入れると、どうしても目線や意識が低いところに誘導されてしまいます アドレスの目線は下にせず、少し上目の標的に置いてください。通常のアドレス通り体重は均等で構えてください。
つま先下がりの打ち方
つま先下がりの打ち方はアドレスの体重はつま先の置きスウイングプレートはアップライトに引きます。足場は不安定でフルスウイングはミスショットを引き起おこします。クラブを少し短めに力まないことです。
つま先上がりの打ち方
つま先上がりのアドレスはかがとにウエイトを置き、ボールとの間隔をやや広く取り、スウイングプレートはフラットに目標を右側に置くのが基本。
左足上がりの打ち方
実際、コースでは平らな部分、左足上がり、左足下がり、つま先上がり、つま先下が の4つのステージがあります。ここでは左足上がりの基本を解説しています。アドレスは斜面に対して平行に、体重移動は行わない、目標は右に取るなどです。
左足下がり打ち方
実際、コースでは平らな部分、左足上がり、左足下がり、つま先上がり、つま先下が の4つのステージがあります。ここでは左足下がりがりの基本を解説しています。アドレスは斜面に対して平行に、体重移動は行わない、目標はに左に置いてください。
シャフトの粘り系、弾き系の違い
シナリの粘りに関する2種類のタイプがあります。 この2種類とは、弾き系シャフトと粘り系シャフトになります。 まず、粘り系シャフトの場合、ダウンスイングでシャフトの切り返しが粘っこく起こり、シナリを感じやすいシャフトになります。弾き系タイプは、粘り系シャフトとは反対に、ダウンスイングでシャフトシナリが一気に復元を起こすため、比較的レイトヒッティングできるハードヒッター向きです。
軟らかいシャフトの落とし穴
シャフトが柔らかすぎると自分が納得いくスウイングをしてもにフック系の球筋になり、スウイングの修正を無意識に行い結果スウイングを壊してしまいます。
アイアンでフライヤーの落とし穴
フライヤーとは、特に深いラフからのショットでインパクトする時、フェースとボールの間に芝生が絡み、ボールに十分なオーバースピンがかからず飛びすぎる現象です。 また、芝生が濡れている場合も同様、水の膜がフェースに張り、十分なバックスピンがかからず同様の飛びすぎの現象が起こります。
フェアウエーグラスバンカーの打ち方
フェアウエーのクボミ「草のバンカー」です。 通常バンカーと言われると砂を思い浮かべますが、グラスバンカーはコースのくぼ地に深いラフをあしらった障害物です。 深さや形はコースによって様々ですが、深さ4mにも及ぶグラスバンカーもあります。 このハザード内ではバンカーではないため、ソールしても罰則はなく、比較的打ち方は自由にできます。
バンカーショットの打ち方
バンカーショットの打ち方の基本は、オープンスタンス、オープンフェースでソールのバンスを利用して打ちます。 バンカーからの距離の合わせ方はスタンス幅とフェースの開き具合、振り幅で調整します。
アプローチ攻略
グリーンまで100y切ったショットはスコア―メイクには欠かせない重要事項です。距離を合わそうと多くのことを考え、逆にスイング出来なくなります。そんな時の解決方法。
砲台グリーンの攻略
砲台グリーンの攻略方法について、ボールの位置からピンまでの距離感をつかむことです。また、エッジからピンまでの距離によって、使用クラブが異なつてきます。その違いについて解説します。
ウエッジの悩み
プレー中のウエッジのミスから考えてみて下さい。 インパクト時に地面から突き上げられるウエッジは バンスの摩耗や傷が多くみられ、バンスの丸みんが高かすぎる、バンスの幅が広すぎ、バンス角が大きすぎ、が主な原因として考えられます。
バンカーで左足下がり
バンカーショットの中でも、左足下がりを苦手にしているゴルファーが結構たくさんおられます。 でも、基本の打ち方をマスターすれば、バンカーからの脱出はそう難しいショットではありません。 斜面があるから、難易度が高いと思いがちですが、斜面に喧嘩しないスイングをするだけです
バンカーで左足上がり
左足上がりのスイング軌道はスクープ(バンカーの傾斜)に打つのが基本です。つまり、傾斜に沿ったスイング軌道でスイングを行うことです。
バンカーでつま先上がり
バンカーショットの中でも、比較的な難易度の高いショットになります。 スタンスはつま先だけに力を入れず、足全体にウエイトを置き、砂の中にスタンスをしっかり取り、クラブは体とボールの距離が短くなる分、短く持つのが基本です。
バンカーでつま先下がり
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
バンカー目玉からの脱出
バンカーの中でも難易度の高いショットです。 バンカーから出す事が一番で距離などは考えずに思い切って打ち込むことです。
ディポットからの脱出方法
デポットとはアイアンショットでターフを取って打った後に出来るクボミで大抵の場合は砂が入れられていますが、運悪く沈んだボールになってしまつた場合のことをいいます。この様な場合の対処方法を解説。
グリーンまわり下りアプローチ
フラットな所で打ちなれているので下り坂のアプローチは繊細なタッチが求められて難易度の高いショットになります。一番重要な事は斜面にさかわらず斜面に沿ってアドレスすることです。
チップショットをダフらない
時に、に芝が逆目のライでは、ダフリのミスが出やすくなります。ウェッジがヒール側から接地してしまうと、ヘッドが返りきらずミスショットが出やすくなります。 そのためには、ヒールを浮かせてトウ側で打つようにすることです。
グリーン周りのクラブ選択
グリーン回りのアプローチで何が何でもウエッジを使うアマチュアゴルファーを多くみかけますが、芝の状況を良く見極め、リスクの少ないクラブ選択がスコアーアップに繋がるのです。
シックリこないパター編
ドライバー アイアン アプローチがうまくいき、ピンそば1メートルにつけ、絶対入れたいパターの場面はよくあります。ところが、パターに自信のない方は、どうしても力が入り右に外してしまい、その結果、緊張がとけスコア―が崩れていくゴルファーを多く見かけます。でも意外とパターが原因かも。。。
右にプッシュするパター
パターはヘッドのソールがスクープソールになっています。そのスクープソールが大きすぎるとパッテングで正しくストロークできたと思っていても知らないうちにインパクトでフェースが開き右にプッシュしてしまう訳です
左にヒッカケやすいパター
自分でイメージしたラインより左にヒッカケてしまうパターの原因にも、パター自体の問題点とパターのスイングから起こる原因の2点があります。 ヒッカケの結果には必ずその原因が考えられます。 その主な原因を解説、きっときずく点があると思いますから、参考に修正を行いヒッカケの矯正を行ってください。
使いやすいパター
自分に合った打ちやすいパターを見つけるのは結構難題です。パター程個性が出るクラブはありません。そこで、ご自身のパッテングフォームにパターを合わせるのが一番良いのではないでしょうか。まず、自分のパッテングフォームがリストを使ってその強さ加減で距離感を出すのか、コックを使わずストロークでその振り幅の大きさで距離感を出すのかでヘッド形状が決まってきます。
パターにロフト角がついている意義
パターも他のクラブ同様、ロフトが必要です。 グリーンの上に止まるボールに、順回転を与えるのには、程度なロフトがないと順回転が起こらないからです。その結果、距離が出なく、球にサイドスピンが起こりボールを真っすぐ打てなくなるからです。
パターの慣性モーメント
パターにも他のクラブと同様に慣性モーメントがあります。芯を外して打った場合、ボールの転がりや、曲がりはこの慣性モーメントが大きく影響してきます。
ショートパットを外さない
ショートパットをミスしな方法は、ストローク中はでは体の軸を動かさないことです。 それには、パットテングでグリップエンドが常にお腹のオヘソ当たりを指すイメージで行えば回転軸が動くことはありません
短いパットはシッカリ握る
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
パッテングの二度打ち
2度打ちの理論的な原因は、ボールが転がる速度よりも、パターヘッドの速度が早くなっているためです。 ヘッドとボールの速さ等速度で動いていれば2度打つことはあり得ないことです。
ロングパットの距離感
ロングパットを上手く打つには、ターゲットは、カップではなく、カップを中心とした半径1mの大きな円にすることも重要です。目標を大きくとることで、“方向性”より“距離感”に集中できるからです。
オープンかスクエアースタンスのどちらが
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
練習パッテングはロングパットから
練習グリーンではロングパットかショートパット、どちらに比重を置いて練習を行うことは、その日のスコアを大きく左右すると言っても過言ではありません。 そこでロングパットが需要な意味を持つことを解説します。
フォロースルーは小さく?大きく?
フォロースルーはスイングの過程で大きな役割をしています。つまり、スイングの良し悪しを決定づける要素です。飛距離や方向性を決めるこのフォロースルーが大きい方かいいのか、小さい方がいいのかを解説します。
フォロースルーの重要性
フォロースルーはスイングの過程で大きな役割をしています。つまり、スイングの良し悪しを決定づける要素です。飛距離や方向性を決めるこのフォロースルーは最中段階のフニッシュをきれいに取る条件になります。
パターはアッパーかダウンブローか?
パターのストロークの仕方にはアッパーがいいのかダウンブローがいいのか?ついて解説していきます。
方向性が安定しない
パターヘッドを「真っすぐ引いて、真っすぐ出す」打ち方では、意識を強く持って行えばヘッドを真っすぐ引け、ボールに当たるまでは真っすぐおこなえますが、必ずヘッドは内側に返ります。これが方向性を悪くし、ヒッカケの原因になるのです。
ラインの狙いは直線か曲線か
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
距離で前傾姿勢を変える
ロングパットとショートパットで、前傾姿勢の角度を浅くしたり深くしたり、どちらが正しいのか正解はありませんが、その都度角度を調整してパットする方が距離感を合わせやすいのが一般的です。
グリーンエッジからの寄せ
パターを使うかウエッジを使うかの判断基準はどのようにすれば良いのかは、グリーン面までの距離と芝の長さになります。特に芝が長いときはグリーン面までの距離が短くても、抵抗が読めないのでウェッジを使ったほうが良い選択肢になります。
トウを浮かすかヒールを浮かすか
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
傾斜のラインを読む方法
グリーンによっては、周囲の景色の錯覚で、上っているのか下っているかがわかりにくいグリーンがあります。 そんなときは、ボールとカップを結んだラインの真横からチエックをするのがもっともわかりやすい位置になります。
スパインて?
シャフトのスパインは製造段階で起こる硬さのバラツキで飛距離や方向性に影響をあたえます。このスパインは背骨の意味で一番硬い部分を指しシャフト交換時にはこの硬い部分を飛行方向に合わせて挿入する事がシャフトの特性を生かせます。
ギア効果
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
スイングウエイトの計算方法
スイングウエイトの測定を自宅で簡単に測定する方法です。重量測定器とメジャーがあればスイングウエイト換算表に合わせて自分のクラブウエイトを調べてください。
池越え、谷越えでトップ・ダフリ
自信を持ってショットするのが第1です。「池に入れるんじゃないか」「谷に落とすんじゃないかと」と不安を持ってのショットは余分な力が入りトップ、ダフリの原因になります。 次に池や谷をキャリーで十分超えるクラブの選択が大切です。ピンを気にせずグリーンを大きな面で捉え、まずはグリーンオンさせる事です。
林からの脱出
ゴルフプレーで誰もが経験する林の中から脱出方法はボールの確認、スウイングできるかどうか、脱出できる空間があるか、など冷静に判断し高リスクを取らないことです、
深いラフから脱出
深いラフからの脱出方法。ボールが浮いてる状態 ボールが少し沈んでいるが見える状態、ほとんどボールが見えない状態の場合があります。サンドウエッジで鋭角にダウンスウイングするのが基本です。
雨が飛距離に及ぼす影響
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。
雨の中でのルール・トラブル
雨の中のプレーに対する雨具の用意、プレー中の注意点、雨のなかで遭遇するルールについて解説します。
風の中のプレー対策
ゴルフ場での風の影響はプレーヤを悩ます要因の一つです。 そこで、風の対策を心がけることで、スコアーメイクに大きく影響するのです。 特に、ラウンド中に突然、風が強くなってクラブ選択や打ち方で、戸惑い思い通りにいかないプレーを、経験されたゴルファーも多いとおもわれます。 そのような場合の「風対策」についてご紹介します。
素振りのやり方と効果
ゴルフの練習を練習場にいかないで練習する方法として、素振りによる方法があります。 ゴルフ場で、ティ―アップする前の素振りと実際のスイングとがあまりのも違うゴルファーの方をよく見かけることがあります。 ではなぜ素振りと実際のスイングで、このようにスイングに違いが出てくるのでしょうか。
リシャフトとスリーブの効果
リシャフトをする場合の注意点とスリープについて
飛距離アップの向心力と遠心力
飛距離アップにはクラブを振る速さが求められますが、この速く振る行為はインパクトでグリップがヘッドを追い抜くことで、ヘッドの加速度が大きくなり、グリップ側に大きな向心力が働くことになります。 この向心力はイコール遠心力でこの原理について解説していきます。
直ドラの打ち方
「直ドラの打ち方」は状況次第では実戦での武器となるので、覚えておいて損はないと思われます。 通常、ドライバーショットはティアップして打ちますが、直ドラの場合は地面から打つので、ボール位置は、いつもの「左足かかと前」よりも右寄りにセットします。
ドライバーで低い球を打つ
ドライバーのティ―ショットで風に強いアゲインストや極端な打ち下しの場合、ドライバーで低い球でフェアウエーをキープすることがスコアーメイクに繋がります。低い球を打つにはボールの位置やスイング方法が異なってきます。そのポイントを開設します。
ユーテリテウッド選択の4大要素
ユーテリテウッドの選び方で重要なファクターにを4つ挙げることができます。 この4つの要素はユーテリテを断然打ちやすくなるためのポイントで、ロングアイアンの悩みを解決できます。
手の平にできる豆とスイング
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。
体が硬いゴルファーのスイング
スイングの基本は、トップスイングで下半身と上半身のネジレから捻転を作る事ですが、体の硬い方には、トップスイングでエネルギーを貯めた捻転を作るにはとてもきつい動作になります。 このような状態でのスイングは遠心力を活用した大きなスイングワークを作る必要があります。
打ちっぱなし(練習場)の効果的練習法
ただ、ボールの数を多く打つことではなく、一打ごとにしっかりと意味を持たせてボールを打つことが重要です。練習を効果的に行うには、打席でボールの位置、スイングのイメージ、ボールの弾道と言うように、その結果を分析して練習を積み重ねることです。つまり、練習に目的を持つことで、スイングの工夫方法が理解でき、練習を重ねることで上達速度が変わってきます。
スイングスピードを上げるコック
スイングスピードを上げるには、体の軸を中心として投入したエネルギーをツーレバーで効率よく使いことです。 このツーレバーとは、左腕とシャフトを意味し、スイング中の左肩を回転の中心に左腕とクラブの二つからなるシステムの慣性モーメントを活用することです。
ティーアップの高さ
ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト