ヘッドスピードを上げるアドレス理論(ドライバー編

ドライバーのスイング理論



 

 

 

目   次

 

ドライバーで飛距離アップと正確なショット


理想のアドレスとは


理想のアドレスの取り方のポイント


ゴルフクラブメーカー


 

xxio

こちらから

 

 

 

 

ドライバーで飛距離アップと正確なショット

 

ゴルフのスイングにおいては、ゴルフクラブ同様、ゴルファー人一人の個性があり、自分のフィーリングに合うスイングを目指すことは大切なことです。

 

ただ言えることは、自分のフィーリングを進化させ、自分に合うスイングを作るには、どの様にスイングすれば、ボールが遠くに飛ばせ、正確なショットを打てるのか、最低限必要なスイングの知識を身に付けてこそ、次にこう打てばさらにいいショットが打てる理屈がわかるのです。

 

ここで、ゴルフスイングは野球やテニスと違い、高速で飛んでくる球に反応して打つのでなく、地上に止まっているボールを打つことです。

 

野球の様に90度のエリアに打ち返すのでなく、出来る限り狙った位置にボールを打たなくてはなりません。

 

つまり、ゴルフの場合のヒィテングポイントは、非常に小さいことがわかります。例えば、ストレートにボールを打つことは3つの条件が揃って初めて目標に向かてまっぐ打てるのです。

 

その3つとは、インパクトでフェースが目標に対して真っすぐ向いている、スイング軌道がインパクト時ストレートになっている、フェースの中心つまり芯でボールを打つ、この3つが揃って初めてストレートの球を打つことが出来るのです。

 

この様に考えるとストレートにボールを打つ難しさが理解できると思います。これは、静止しているボールを打つ難しさです。

 

つまり、静止したボールを打つ場合、スイングの影響がすぐ結果になってボールに現れることです。

 

ヘッドスピードとミート率は飛距離に、スイング軌道によるインパクトのフェース向きは方向性に、フェースの芯で打てるかどうかは飛距離と方向性と難しい要素が一杯スイングには潜んでいるのです。

 

ただ、スイングは一連の流れで行うもので、スイングにおける体の使い方や、筋肉の使い方にはお互い連動しており、このメカニズムを覚えることで上の3つの課題は解消でき、飛距離アップや方向性の安定に繋がります。

 

その為にも、正しいスイングをするためのメカニズムを知ることで、初めて理想のスイングが出来る事を理解してください。

 

下のスイング理論では、アドレスからフォロースルーまでの各ポジションで、有効な体の使い方、やクラブの扱いについて詳しく解説しています。
基礎から学んだ知識で、自分に最適なスイングで飛距離アップや安定した方向にボールが打てるノウハウを吸収してください。

 

上

 

 

理想のアドレス理論

 

アドレスはゴルフのスタートラインです。アドレスが正しく構えられなければ、その後の、スイングをリズム良く振れず、ボールを芯で捕えることはできません。

 

アドレスはスイングのスタートで、スイングを行う流れのイメージを持って行うことが大切です。体の軸を中心に体を回転させますが、左腕、左肩で回転を始めるイメージを持ってください。スイング軌道を作るのは右腕でなく、左腕でスイングを開始する意識を持ってアドレスを行ってください。

 

まず、アドレスの最も大切なことは、前傾姿勢の取りかたになります。もし間違った悪い姿勢のまま、スイングを続けてしまうと、矯正するのが大変で、最初からしっかりポイントを押さえておく事が重要です。

 

また、多くのゴルファーがアドレスに入る時、簡単にスタンスを決定しスイングを開始しますが、ティ―グラウンドやフェアウエーは何時も練習している練習場とは違い、左右前後に傾斜がある場合もあり、目標に対して正しい方向に構えているとは限りません。

 

せっかくナイスショットを打ても、結果ミスショットに繋がるのは、この様な原因で起こるのです。

 

そのため、アドレスに入る前に、必ず低い視線で傾斜の状態を確認の上、目標に対して正しいスタンスを取ることを必ず心掛け手ください。

 

ティ―グラウンドではティ―マーク内では、ボールを自由に置くことができますから、フラットな面を探してティ―アップするよう注意してください。

 

アドレス

 

ドライバーのティ―ショットは、まず両足をそろえてティ―アップしたボールにフェースの向きが、ターゲットラインに直角になる様に、次に、左足、右足の順に開きスタンスを決めてください。

 

この時、左かがとの延長線上にボールがくるのを確認します。この時スタンスはボールの飛行に平行になる様に、正しくセットして腰、両肩も同じ様に平行に構えます。

 

アイアンのテーショットの場合、ティ―アップは芝生の高さにあわせ、低い位置でアップするのが基準になります。アイアンのインパクトはダウンブローに打ち込むため、ボールの位置は体のセンターに置くのが一般的です。

 

最後に、アドレスのスタンスを決め、自分が打ちたい方向に、体が正しく向いて立っているかどうか確認してください。
確認の方法として、左肩がターゲットの左側に正しく向いているかをチエックしてください。

 

せっかく正しいスウイングが出来ても、スタンスの位置が目標に平行になっていない場合、クラブの軌道はアウトサイドやインサイドの軌道になり結果ミスショットの原因になるからです。

 

もう一つアドレスで大切なことは、アドレスの構え全体のことです。両膝を少し折、前傾姿勢で構えることです。この前傾姿勢はスイングの上下動を抑え、スイング軌道を正しく行う上でとても重要になってきます。

 

スウイング理論はアドレス時の前傾姿勢や正しいスタンスを取っている状態で成り立っのです。

 

特集超お買い得ゴルフアイテムキャンペーン一覧

 

クラブ最新情報

最新情報はこちらから

 

 

上

 

 

正しいアドレスで構えるチェクポイント

 

下の写真に記されている番号で解説
 グーグルとデータ提供者
アドレス
 
1)両肩は目標に対して平行に合わせて、体全体の力は抜いて構えるのがポイントです。特に右肩が前に出やすくなるので、絶体右肩を突き出さないように!

 

右肩が前に突き出ることは、左肩が開いた状態になり、スイング軌道はアウトサイド・インのスイング軌道になります。

下矢印

 

2)右肩が出る原因は、ドライバーでアドレスをする時、ボールを左サイドに置くことで右手のグリップが遠くなり、両肩を平行に構えると右手グリッピングが握りづらくなります。
この場合は、少し右肩を下げてグリップを握るようにしてください。
これで、両肩が目標に対して平行になり正しくアドレスできます。

 

両腕の力は抜いて構えてください。特に右腕は関節部分を少し上を向く程度に構えると、ティークバッでコックを作るのがスムースに行え、理想のバックスイングができます。

 

下矢印

 

3)スウイングの軸は背骨をスイングの軸とイメージして前傾姿勢で構えてください。少しお尻を突き出せば背骨が真っすぐになります。背骨を真っすぐすることで角運動の回転速度の効率が高まり、理想のスイングプレートでヘッドスピードを上げる事ができます。

 

下矢印

 

4)ボヂィーターンで打つには両腕をリラックスし、グリップはあまり強く握る必要はありません。アドレスのグリップエンドがおへその高さの位置辺りが理想で、グリップは左太ももの内側に来るようにしてください。

 

あまり極端なハンドアップ、ハンドダウンは取らないでください。また、グリッエンドと体との間隔は、こぶし2個か2個半程度最適で、実際素振りのスイングを行い、インパクトでクラブが詰まる状態にならない程度の間隔を取るようにしてください。

 

ハンドダウンはスイング軌道がフラットになり過ぎ、インパクトでヘッドの遅れで、スライスになり易くなります。

 

ハンドアップはスイング軌道がアップライト過ぎになり、インパクトでヘッドフェースがカブリやすくフックが出やすくなります。

ハンドファースト

アイアンはスイングそのものが、ダウンブローに打つためボールの位置はセンターに置き、アドレスでは、グリップの位置がヘッドより前にくる、ハンドファーストの構えになります。

下矢印

 

 

 

5)アドレスの前傾姿勢は、両膝を少し曲げて余裕をもたせて力は抜いてください。両膝の曲角度は一定で少し曲げる程度で内側に絞りこむイメージでアドレスをしてください。

 

両膝に力が入り過ぎると、テークバックでスムースな膝の動作が出来ず、左の膝が折れ左肩が落ちる原因になります。この場合、バックスインで回転軸が飛行方向に倒れ、オーバースイングや体の上下動が大きくなるなどで、芯でボールを捕えにくくなりミスショットが出やすくなります。

 

両足は逆八の字に取ることをお勧めします。左足はダウンスイングで体の回転がスムースに行えるよう、少し大きめに開いて構えても良いかもしれません。

 

ドライバーの場合、アイアンの様に極端なハンドファーストは逆効果になります。ドライバーのスイング軌道はアッパー気味、アイアンのスイング軌道はダウンブローで異なりますから注意しましょう。

下矢印

 

6)ドライバーのティーアップのボール位置はスタンスの左かがと延線上にセットしてください。
これは、ドライバーのインパクトはヘッドが少し上向き状態でボールを捕まえるアッパースイングが理想です。その位置が体のセンターより左の位置に当たるため、左かがと延線上にティ―アップする事になります。

 

アドレスでは、グリップの先がボールより少し左サイドに来る、少しハンドファーストの構えを取ることをお勧めします。

 

スタンスでの体重配分は右55% 左45%程度が理想です。

 

 

関連記事

 

マーク無駄のない上達への体の使い方

 

マーク無駄のないアドレス

 

 

 



 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

上

 

トップページに戻る

 

 

 

クラブメーカーリンク

 

ブリヂストン

ダンロップ

キャロウェイ

テーラーメイド

タイトリスト

ピン

ミズノ

ヤマハ

ヨネックス

オデッセイ

オノフ

フォンテーン

プロギア

本間ゴルフ

クリーブランド

キャメロン

マルマン

WOSS

T.PMLLS

他メーカー

 

クラブメーカーリンク

ゴルフクラブ

ドライバー
ドライバー

フェアウエーウッド

フェアウエーウッド

ユーテリチィー

ユーテリチィー

アイアンセット

アイアンセット

単品アイアン

単品アイアン

ウエッジ

ウエッジ

パター

クラブセット

クラブセット

シャフトパーツ

ゴルフシャフト

ゴルフシャフト

スリーブ

スリーブ

グリップ

</td

ウエイト・レンジ

ウエイレンジト

クラブリペアー品

リペアー用品

ゴルフウエア―

ポロシャツ

ポロシャツ

アウター

アウター

セータトレーナー

ベスト

ベスト

パンツ

サカートワンピース

アンダーウエア

アンダーウエア―

レインウエア―

帽子

帽子

靴下

サングラス

時計

時計

ベルト

ベルト

ウエア―小物

お買い得セット

お買い得セット

ラウンド用品・ボール

ゴルフボール

ゴルフボール

グローブ

グローブ

距離測定機

距離測定機

マーカー

マーカー

テイー

テイ―

グリーンフォーク

グリーンフォーク

パターカバーホルダー

ホルダー

タオル

タオル

傘

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ

ラウンド小物入れ

ラウンドコ小物入れ

ゴルフバックケース

キャヂィーバック

キャヂィーバック

トートバッグ

トートバッグ

リュックバック

リュクバック

クラブケース

クラブケース

シューズケース

シューズケース

トラベルカバー

トラベルカバー

ヘッドカバー

ヘッドカバー

ラウンドバック

ラウンドバック

ゴルフボールケース

ゴルフボールケース

ボトルホルダー

ボトルホルダー

ポーチ小物入れ

ポーチ小物入れ

バックアクセサリー

バックアクセサリー

ボストンバック

ボストンバック

シューズ

ゴルフシューズ

ゴルフシューズ

他のシューズ

その他のシューズ

スパイク鋲

スパイク鋲

シューズケース

シューズケース

シューケアー

シューケアー

ゴルフアクセサリー

サポートグッツ

サポートグッツ

時計

時計

コンペ景品

コンペ景品

書籍

書籍

ビデオ・DVD

ビデオ

カレンダー

カレンダー

ゴルフ練習器具

ショット練習機

ショット練習機

スウイング分析機

スウイング分析機

パター練習機

パター練習機

アプローチ練習機

パター練習機

アプローチ練習機

アプローチ練習機

ネットゲージ

ネットゲージ

フィットネス

スナックゴルフ

スナックゴルフ

 

 

飛距離アップのスイング理論へ戻る

年末予約

関連ページ

テークバック理論
理想のスイングを行うための準備段階です。 アドレスで作った前傾姿勢を崩さずテークバックを始めます。下半身は安定させ、膝から下の動きは最小限に抑えて、左腕とクラブをワンピースして左肩を回すのがコツです。
トップ理論
理想のトップは、ダウンスイングでリリースがしやす腕、腰、クラブの位置が重要です。 左肩は90度、腰の回転45度が理想で、この肩と腰の回転率の位相(違い)がダウンスイングのヘッスピードを上げるパワーになります。
ダウンスイング理論
トップからダウンスイングの切り替えしのポイントは、トップでためたネジレを一度止め、テークバックで上から下(左肩、腕 腰)の順に作ったネジレを、ダウンスイングではその逆に下(腰、左腕、肩)から上にネジレをほどく事になります。
インパクト理論
ヘッドを走らせるイメージを持つことです。電車の中に立っている自分をクラブヘッドと思ってください。突然電車が急停車したとすると、あなたは進行方向に倒れていきます。つまり、止めるイメージがヘッドを走らせるのです。
フォロースルー理論
アマチュアゴルファーの多くが、インパクトまでの重要性は理解できていますが、意外とフォロースルーが大切な事に気づいていません。 フォロスルーはヘッドをさらに加速でき、きれいなフィニッショをつくります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール