ゴルフ理論で飛距離アップ、スコア―アップが実現!

シャフトのフレックスと振動数

シャフトのフレックスと振動数の違い

 

シャフト選択で重要な要素は、シャフトの硬さと重さの選択方法を間違わないことです。

 

シャフトの硬さの本質を、ほとんどのゴルファーが理解されていないのが現実です。

 

では、一般のフレックスのきめからに、どこが問題なのか検証してみましょう。

 

シャフトのフレックスと振動数
上のシャフトの60-S はシャフトの重さが60g台でシャフトの硬さのフレックスがSになります。

 

一般的なシャフトのフレックスの決め方は、素材の硬さであって、シナリの硬さではないことです。

 

その素材の硬さに一定の負荷をかけた場合に、シャフトのシナリ幅(ABOUT)で決めていることです。

 

一般市販シャフトのフレックスが以下の表になります。

 

 

トータルバランス

 

 

シャフトの最も大切なファクターはインパクトのタイミングで、1000分1の世界です。

 

一般ゴルファーでドライバーのスイングの場合、42m/s(1秒のヘッドの速度)で、ヘッドがインパクトしていることです。

 

この1000分1は、インパクトのタイミングで大きな影響がでます。シャフトの硬さを幅で表示することには、一般ゴルファーのシャフト選択を難しくしいるのです。

 

このようのシャフトの硬さの基準【JIS】がないのは、ゴルフシャフトだけではないでしょうか?

 

スイングのタイミングは振動数

 

振動数はシャフトの素材の硬さでなく、シャフトの素材や長さで変化するシナリを測定した値です。

 

この数値がcpmで表現され、1分間で何回シャフトがしなったかで、数値が大きいほど硬く、少ないほど柔らかいシャフトになります。さらに、この振動数からインパクトまでのシャフトの復元時間が分かり、シャフトそのもののタイミングを知ることができます。

 

例えば 45インチのRシャフトは、長さを46インチにしても同じRの硬さになりますが、振動数でとらえると45インチで250cpmのシャフトは242cpmと8cpm柔らかくなることです。

 

これは、R,45インチのクラブが1インチ長くすれば、タイミングが同じでないこと意味するのです。このタイミングの違いは飛距離、方向性に大きく関係することから、シャフトの硬さはCPMでとらえるのが正しい事が理解でいると思います。

 

一般のフレックスも、シャフト選択の基準として参考にできますが、硬さの基準をより正確にとらえるには振動数で行なう方が理にかなっているのです。

 

 

一般シャフトフレックスと振動数

 

シャフトメーカのフレックスの問題点は各メーカ、各ブランドで統一されていないのが現実です。

 

下の表は当社比で参考資料です。
長さ45インチ

トータルバランス

 

 

【参考資料】

 

すべてのクラブのタイミング・リズムの統一には、シャフトの絶対硬度の調整がポイントになります

関連ページ

シャフト理論の定義
ゴルフの上達はゴルフ理論でシャフトとスイングのメカニズムを理解することから。
クラブが先か?スイングが先か?
ゴルフは18ホールをいかに少ない打数で、ボールをカップに入れるかを争うゲームです。 そこで長年に渡り議論されている、スイングが先か?道具が先か?の議論です。 もちろん、クラブもスイング共に重要であることには違いはありませんが、この議論を長年のゴルフ歴史を振り返ることで、この問題点をひも解くポイントがが見つかります
シャフトの役割と基礎知識
ゴルフの話題と言うとどうしてもクラブヘッドに関心が集まりますが、ゴルフクラブに大きな要素としてシャフトがあり、むしろシャフトより重要な役割を果たしているといえます。 その理由はシャフトはスイングに直接影響を与えるものだからです。ヘッドがボールに影響を与えるものであれば、シャフトはスイングを決める重大な要因になるからです。
シャフトの重要性とメカニズム
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフト選択の3つのポイント
ゴルフ上達にはクラブ選択が欠かせません。あらゆるスポ―ツ゚に科学的分析が取り入れられ道具でも目覚ましい進化が認められます。ゴルフシャフトも飛距離や方向性において画期的な進化を遂げてきました。ここでは、シャフト選択の重要なポイントを解説します。 .
シャフト測定の問題点
シャフトの硬さの測定には静止的測定と動的測定があります。シャフトの硬さを正確に知る事は、飛距離アップや正確なショットなど色んな悩みの原因を解決できます。それには、静止的測定の問題点が存在します。この問題点をゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフト固有振動数の定義
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。それにはシャフトの振動数を理解し、無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフトの絶対硬度
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフトのタイミングのメカニズム
シャフトのタイミングは直接飛距離、方向性に大きな影響をあたえます。このタイミングとはシャフトのシナリの時間であり、ヘッドスピードに比例関係にあります。シナリのメカニズムを知ることで自分に合うクラブの選択が明確になってきます。
シャフトとヘッドスピードの一致
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
ミート効率で飛距離アップ
飛距離アップにはボール初速を上げることで可能になります。このボール初速を上げるにはインパクトでミート率を上げるです。ヘッドスピードが速いからと言う理由で飛距離が出ることにはならないのです。
正確な方向に打つミート効率
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフトの キックポイントの役割
シャフトには振動数と共にシャフトのキックポイントとトルクがあり、ゴルフには重要なファクターです。キックポイントは弾道の高低やスイングスタイルに、トルクはインパクトのヘッドの返りに影響をあたえます。
シャフトのトルクとヘッドスピード
シャフトはインパクトにかけて、複雑な動きをします。 それは、シャフトの本来の性質である直進性のシナリです。このシナリはシャフトの硬さになりますが、それとば別に直進性のシナリに同調するようにシャフトにはネジレがおこります。このねじれがトルクです。
シャフトの振動数
シャフトはダウンスイングでヘッド重量と体の回転の加速でシナリを起こします。 このシナリは一定の固有の速度で元の状態に復元特性を持っています。 このシャフトの特性は振動数で表現できヘッドスピードに大きく関係しています。
シャフト重量と重量フロー
ゴルフで重要なスイングのリズムは、スイングスピードに適したクラブ重量、すなわちシャフト重量でリズムよくスイングできることになります。 クラブの構成要素の中でシャフト重量の重さが最も重要でえヘッドスピードに密接に関係してきます。 また、このシャフト重量は、ウッドとアイアンの重量フローが正しくないとリズムが狂い、ミスショットを打つ原因になるのです。
メーカシャフト情報
シャフト選択の方法の一つとして、シャフト重量も大きなファクターです。 シャフト重量はクラブ総重量と比例し、シャフトの硬さ、トルクと比例していきます。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト