女性・ドライバーで飛距離を出す打ち方

ドライバーで飛距離を出す【女性ゴルファー向け】

 

 

 

 

飛距離のアップは力まず遠心力を利用

 

女性ゴルファーの悩みの多くやは、ドライバーで飛距離を伸ばないことが挙げることができます。

 

しかし、ドライバーを飛ばそうとするあまり、力んではかえってヘッドスピードはあがりません。

 

ゴルフは飛ばそうと思えば思うほど、飛ばないスポーツです。力を入れれば入れるほど筋肉が硬直して、スイングスピードがあがらず、かえって球が曲がりミスが出るのがゴルフです。

 

この力みを解消する一つの方法として、ルーチーン素振りは非常に効果的でヘッドスピードが向上します。

 

連続して素振りをすることで、意外とスイングの不安がなくなり、ミスのでないナイスショットが打てます。

 

【素振りでのポイント】

 

素振りを行う場合、インパクト後に力を入れて行うことです。ダウンスイングでは力を抜き、インパクト直後にスイングスピードが上がる素振りが有効です。

 

インパクト後の力を入れる意味は、インパクト後クラブを閉じる、左サイドに振り抜くことです。

 

特に女性は、男性に比べ非力ですが、体のしなやかさは男性より優れており、やわらかいシャフトのシナリをともに上手く利用することです。

 

iron

 

飛距離を伸ばすには、体の柔軟性とシャフトのシナリでおこる遠心力でボールを遠くに打つことができます。

 

左に振り抜くイメージは、トップスイングで右手グリップを外し、左腕1本だけでだけでスイングしてください。左に振り抜くイメージが分かると思います。

 

その練習がある程度できれば、左腕1本でクラブを振り、実際ボールを打ってみることです。最初はボールに当たらないと思いますが、徐々にボールに当たるようになります。

 

その時、ボールに当てるだけで、飛距離を出す必要はありません。

 

但し、手でクラブを振るのでなく、十分上半身を回転させておこないます。下半身を緩めて行えば効果が軽減するからです。

 

左腕の使い方を理解されたなら、今度は右手の使い方になります。

 

結論から言えば、飛距離を出すには最後は右手の使い方で決まるのです。

 

例を挙げて見ましょう。ボールを投げる時、右手首が伸びた状態では、ボールを投げることができないはずです。

 

つまり、右手首が曲がってないとボールを投げることができないのです。ボールをなげるための手首のリストが必要になるのです。

 

ゴルフの場合の右手首の使い方とは以下の写真の状態をさします。

 

右手首

 

この右手首のリストは、トップスイングの左手首のスタイルがが飛距離を伸ばすげ原動量になるのです。

 

トップスイングで左手グリップの位置を変えることで、インパクトのヘッドの返りが強く出来飛距離アップつなります。

 

トップで左手首が手のひら側に折れているとフェースが閉じた状態ですが、このままの向きでダウンスイングに入っていくと、リストターンが強力に行えフェースが閉じてインパクトを迎えることになり、ややフック気味の強い球が打てるのです。

 

遠心力を利用できるリストの注意点は、スイング中の体幹を安定させることでより効果におこなえます。その意味で少しスタンスを広めにしてください。

 

この体幹が安定すると、クラブヘッドが地面に対して直角になるタイミングで、リストを使いヘッドがグリップを追い越すイメージえを共に感じるようになり、遠心力でヘッドの加速ができます。

 

渋野日向子プロも使用パウンドグリップ

初心者バナー

グーグルとその情報提供者

 

優しい女性用ドライバーはこちらを参照

 

 

 

 

球が上がらない

 

打ったボールが上がらないと飛距離を求めるのは絶望といえます。

 

大抵の女性ゴルファーは、ドライバーで球が上がらず、低い弾道でゴロのような球で距離が出ないのではないでしょうか。

 

では、どうしてボールが上がらないのか、理由は球を上げようと意識が強すぎて、手でヘッドを操作しヘッドの芯でボールを打つことが出来ないからです。

 

もし、芯でボールを捕らえることができたら、ヘッドにはロフトがついているためボールは自然にあがるのです。

 

芯でボールを打つには、ダウンスイングからインパクトまで体を浮かさないことです。その事で、インパクト後グラブヘッドを低く長く出すイメージでフォロスルーを行えます。

 

結果、インパクトゾーンを長く使え、遠心力を有効でボールを押さえたインパクトが取れ、女性の最大の敵、スライス防止にも効果があります。

 

体全体で回転し、クラブのスイング軌道はややフラットに行い、ボールを横から叩くことです。腕を先行させるスイングはクラブが上から下りやすくなり、ヘッドが鋭角にコンタクトしてボールが上がらなくなります。

 

インパクトでボールの前後を真っすぐ打つことでインパクトゾーンも長くできるのです。

 

芯に当てる練習方法

 

いきなりフルスイングで練習せず、まず、自分の背骨を中心に小さい振り幅で、芯で打てる練習を続けてください。徐々に芯でボールを捕えれれるようになれは、振幅を段々大きくすることです。

 

芯でボールを打てない原因は、テークバックを手であげることが挙げることができます。テ―クバックを行う際、始動30cmは必ず体と腕を同調させて行うことです。

 

テークバックを手で上げることは、自由度が増し上げやすい反面、安定したスイングクラブの再現ができません。

 

体のネジレ(背中の背骨を中心に)でテークバックを行うことで、スイングの再現性が高まるのです。

 

女性ゴルファーは、男性に比べ体が柔らかい分、スイングの軸がぶれていることが原因です。遠くに飛ばそうと、体を大きく使い過ぎて飛ばそうとする意識で体が左に突っ込み過ぎインパクトでクラブヘッドが上からおりて、ロフトが生かせず低いボールで飛距離はでません。

 

また、スイングが大きくなりオーバースイングでダウンスイングのタイミングが取れず芯を外してしまうのです。

 

 

上の写真からも、両膝、両足はほぼアドレスの状態で維持されており、腰から上をねじるように心がけてください。

 

スイング中両足は地面からあまり離さず行えば、体幹もずれずクラブの重み感じてスイングすることができます。

 

この体幹の安定は、ヘッドのスイングワークを大きく使え、飛距離のための遠心力でヘッドの加速が大きくなります。

 

遠心力を感じれるスイングはダウンスイング、インパクトにかけて、グリップが体のセンターもしくはクラブが地面に直角になる、瞬間ヘッドがグリップ追い越すイメージでスイング出来れば必ず遠心力を最大につかえるのです。

 

特集 ゴルフキャンペーン一覧
グーグルとその情報提供者

 

又、スイング中にクラブの重み感じることは、スイングの遠心力をうまく利用でき飛距離を伸ばすことができます。

 

体の突っ込み過ぎを直す練習方法

 

アドレスの前傾姿勢をトップスイングまで変えないことです。

 

トップまで体が伸びない様にバックスイングすれば、ダフリやテンプラのリスクが大幅に軽減できます。

 

前傾姿勢が崩れると、インパクトで体が浮き、クラブヘッドの遅れから、インパクトでフェースが開き、スライスの原因になります。

 

テークバックでは、30㎝程度クラブを真っすぐ引くことで、体が起きるスイングには解消できます。

 

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集

 

ロングドライブの打ち方

 

私見ですが、女性ゴルファーの指導で確実に飛距離アップの実例を説明します。

 

ドライバーの飛距離が160y程度から190yに伸びた実例です。

 

これは、女性がスライスを打つのは球をしっかり捕まえていないからで、しっかり球を捕まえるフック系のボールに変えることです。

 

これは、ただグリップとスタンスとフィニッシュの意識の3点で、特に技術的な指導はしていません。

 

アドレスでは、まず目線は高くして構えてください。

 

次に以下のポイントを確実に実行してください。

 

グリップ
ボールの位置は、左かがとの延線上にティ―アップはやや高めにし、左手のグリップの手の甲が上を向くフックグリップにしてください

 

スタンス
通常のスタンスを取、右足を半歩後ろに引いたクローズスタンスにしてください。

 

ヘッドフェースは目標に対して直角にして、スタンスに平行にアドレスをとることです。これで体は右方向に、フェースは目標に向くことになります。

 

アドレスではフェースが少しかぶっているフックフェースになるはずです。

 

スタンス

 

初心者バナー

 

 

フィニッシュ
フォロースルーはできるだけ低く長くボールを押し出すイメージで、フィニッシュはグリップが頭の横に来るぐらいハイフィニシュをイメージしてください。

 

フォロスルーを長く取るには、ダウンスイング、インパクトで体を飛行方向に突っ込まないことです。体の回転で腕をふるイメージで体幹は維持できます。
手打ちは厳禁です。

 

このスイングはボールをしっかり捕まえるフックの弾道を打つことができ、さらに、フィニッシュを高くすることで強い球を打つことができます。

 

この3点を確実に行ってみてはいかがでしょうか。確実に飛距離アップの実現につながります。

 

そのためにクラブは、シャフトが柔らか目、クラブも軽め、ロフトは高ロフトを使うことで効果が高まります。

 

 

女性のヘッドスピードと対応クラブ

 

女性のヘッドスピードと対応クラブ

20~27m/s

28~33m/s

34~37m/s

38m/s~

LL

遅い

一般的

少し速い

速い

女性用クラブ

女性用クラブ

女性・男性シニア

男性用

 

 

体力タイプからのクラブシャフトの硬さを選ぶ

非力な女性

120y

200cpm

LL

普通の女性

150y

210cpm

少し体力のある女性

175y

220cpm

体力に自信のある女性

190y

230cpm

 

 

体力から最適ロフトを選ぶ
体力非力な女性 13度以上
一般的な女性 12度~12.5度
体力に自信のある女性 11度~11.5度

 

 

体力から最適クラブ重量を選ぶ
 

ドライバー重量

5アイアン重量

体力に自信がない 255g~270g 320g~340g
体力に自信がある 270g~290g 340g~365g

 

 

 

商品紹介:レディース用クラブセットはこちらから



商品紹介:レヂィース用ドライバーはこちらから


 

商品紹介:レヂィース用フェアウエーウッドはこちらから


 

商品紹介:レディー用ユーティリティはこちらから


 

商品紹介:レヂィースアイアンはこちらから


 

 

 

 

 

 

レディースクラブ

ゴルフクラブ

ゴルフシューズ


ゴルフボール

ゴルフバック
ゴルフウエアー

ゴルフグローブ

夏対策グッズ

防寒小物

ヘッドカバー

ラウンド用小物

ゴルフマーカー

パラソル

 

 

 

上手くなる練習方法に戻る

 

 

女性クラブ選択に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

シューズ特価




関連ページ

女性のスイング基本
女性ゴルファーの上達のためのアドレスの基本を解説
女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性ゴルファーがヘッドスピードを上げる練習方法
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性・ドライバーで球が上がらない
女性ドライバーが飛ばない原因は、ボールが上がらないことです。低い弾道やゴロを打って飛距離が出ないのは当然といえます。ロフトを生かしミート率を上げることが解決方法になります。
女性・フェアウエーウッド打ち方
女性ゴルファーの多くは男性に比べ非力で、芝の上にあるボールを直接打つフェアウエーウッドを苦手にしています。その非力をカバーして確実に飛距離を稼ぎ、ミスしないフェアウエーウッドについて解説します。
女性・ユーティリテショット打ち方編
グリーン直接狙うユーティリテクラブはアイアンに代わり距離とボールをグリーンで止める女性ゴルファーには無くてはならないクラブです。 スコアーメイクにはユーティリテの打ち方を覚えることです。
女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方
女性ゴルファーが苦手なショットにバンカーショットが挙げることができます。 これは女性の非力からバンカーショットがうまく打てないことが主な原因です。非力な女性でも簡単にバンカーからの脱出方法を解説していきます。
女性ゴルファー・パターの基本
女性ゴルファーが上達するのに必要なパターの練習方法をアドレス、ストロークの仕方などについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト