フェアウエーウッドの選択

フェアウエーウッドの選択

 

メニュー

 

自分に合うフェアウエーウッドの組み合わせ

 

ドライバーを基準としたフェアウエーウッドの最適重量

 

 


フェアウエー画像

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得。(第2597789号)、大手ゴルフクラブメーカ、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

 

自分に合うフェアウエーウッドの組み合わせ

 

フェアウエーウッドはドライバーに次ぐ飛ばせるクラブですが、異なる点はティーアップしていないボールを打つことです。

 

ドライバーのヘッドの容積460cc(最大値)に比べてヘッド容量の190㏄前後と小ぶりになりますが、低重心で高弾道の球が打て、場合によってはドライバーより飛ぶ場合があります。

 

例えば、スプーンの場合190ccで低重心で高弾道であっても重心が前重心でスピンが少ないことがその理由です。

 

フェアウエーウッドの選択の基本は、自分の普段通りのスイングで球が上がるクラブの選択が絶対条件になります。

 

そのため、フェアウエークラブの組み合わせはハードヒッターの場合3W、5Wで、ヘッドスピードの速くない方では5W 7Wの組み合わせが理想になります。

 

特に初心者やヘッドスピードの少ない方は、3Wはロフトが立っている関係で打ちこなすのが難しいクラブです。

 

そのため、比較的球の上りやすい5Wと7Wの組み合わせがお勧めです。

 


ゴルフ5 Pick UP All Item




ゴルフウエアーキャンペーン情報はこちらから

 

そこで、ハードヒッターには小ぶりのヘッド、一般ゴルファーには優しく打てるフェアウェイウッドはできるだけ大型ヘッドのほうがミスが少ないく飛距離を伸ばしやすくなります。

 

大型ヘッドはスイートエリアが広くてミスヒットに寛容です。また大型ヘッドは左右の慣性モーメントが大きい分インパクトでヘッドのブレが小さく、ボールの曲がり比較的少ないメリットがあるからです。

 

また、フェースの高さが低い(シャローフェース)のモデルのほうが、重心が低くなり低重心で球が上がりやすい性能を備えています。

 

ヘッド形状

 

フェース角も地面の上にあるボールを打つことから、フェースが開きやすくなるため、少しフックフェースのヘッドでヘッドの返りを良くし、球の捕まりの良いヘッドを選ぶことです。

 

次に、フェアウェイウッド選択の重要なポイントにクラブの総重量があります。

 

 

商品紹介:メンズフェアウエーウッドはこちらから

 

ドライバーを基準としたフェアウエーウッドの最適重量

 

フェアウエーの場合、ドライバーに比べてヘッド容積が、3Wで平均180cc程度になり、かなり小ぶりになり、バランスを取るためヘッド素材は、軽いチタン素材でなく、ステンレスの合金が使用されています。最近ではチタンの合金の使用ヘッドがみられるようになってきています。

 

その結果、3Wの平均ヘッド単体の重量は211g前後に、5Wの平均ヘッド重量は216g、7Wの平均重量は221g前後になります。

 

 

男性、女性のヘッド重量と体積

男性  番手

重さ・体積

女性  番手

重さ・体積

3W

211g  180

3W

198g  215

5W

216g  175

5W

203g  215

7W

221g  170

7W

208g  200

最近のファウエーウッドの傾向として、軽量でヘッドの大型化がみられますが、無理なく球を上げ、やさしくスイングする点からヘッドの大型モデル選択はベターです。

 

特に、大きめのヘッドは左右慣性モーメントが大きくなり、ヘッドのブレを抑え、安定した方向性を確保できると思います。

 

特に他のフェアウエーウッドと違い3Wはロフトも15°前後と難しいクラブであることから、シャフトがやわらめで、重量の余り重くない、フェース高の低いシャローフェースの選択は3Wの苦手な方には、やさしく打てるクラブになります。

 

一方、しっかり強い弾道の球を打ちたい方は、デープフェースでシャフトが硬めのフェアウエーウッドが最適ヘッドといえます。

 

ただ、軽めのフェアウエーウッドの場合でも、やはり、ドライバーより重めで、硬めのシャフトのクラブにする事を忘れずにいてください。

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集



メニュー

 

ドライバーと3Wの適正クラブ重量のセッテンング例

 

ヘッドスピード41mc前後で45インチのドライバーを使用している方の、42.5インチの3Wの適正クラブ重量は以下の通りになります。

 

ドライバー
200g(ヘッド重量)+ 50g()+ 50g(グリップ)  
 = 300g(クラブ総重量)

ヘッド重量

シャフト重量

グリップ重量

クラブ総重量

200g

50g

50g

300g

適性3Wのセッテング方法
210g(ヘッド重量)+ 55g()+ 50g(グリップ)  
 = 315g(クラブ総重量)

ヘッド重量

シャフト重量

グリップ重量

クラブ総重量

210g

55g

50g

315g

適性5Wのセッテング方法

ヘッド重量

シャフト重量

グリップ重量

クラブ総重量

215g

55g

50g

320g

適性7Wのセッテング方法

ヘッド重量

シャフト重量

グリップ重量

クラブ総重量

220g

55g

50g

325g

 

以上のように、3Wの最適クラブ重量はドラーバーより重く設定、シャフトもドライバーのシャフトより硬くするのがポイントで振動数で管理するなら、ドライバー45インチに合わせていえば、約12cpm高い振動数がマッチングするシャフトの硬さになります。

 

また5Wの最適クラブ重量は3Wより5g以上重くなり、シャフトの硬さ(cpm)も3Wより約0.5インチ短くなるため4cpm前後硬くなります。

 

ドライバーに比べてシャフトの長さは短くなりますが、ドライバーに比べ各フェアウエーウッドの番手順に総重量は重く、シャフトも硬くなるのが正しいフェアウエーの組み合わせ方法です。

 

【関連参考記事】

 

軽量タイプのスプーン(300g以下)のクラブの商品紹介

 

標準スプーン(301~329g)のクラブの商品紹介

 

ハードヒッタースプーン(330g以上)のクラブの商品紹介

 

ボールの上がらないゴルファー向きフェアウエーウッド

 

ボールが上がらない・スライスに悩みゴルファーには先調子シャフトのフェアウエーウッド


ロフト画像が21度以上でシャフトも短いミート率が向上して球を上げやすいフェアウエーウッド

 

 

 

 

マーク

 

ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

初心者向けドライバー 軽量ドライバー 標準対応ドライバー ハードヒッタ向きドライバー
アベレージ向きアイアン スタンダード向きアイアン セミハード向くアイアン ハードヒッター向きアイアン



楽天ゴルフショップ

アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。



 

 


ボールケース

お買い得商品が満載・USモデル特集!


 

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

自分に合うクラブに戻る

 

 

メニュー

松山選手マスターズ優勝!!

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト