ゴルフの悩みQ&A【ウッド・アイアン・パター】

ゴルフの悩み【ウッド・アイアンパター原因・解決法】

 

ゴルフ悩み

 

 

 

ゴルフの悩みQ&A【ウッド・アイアン・パター】

 

ゴルフで悩みのないゴルファーはプロ、アマを問わず誰もおられないのではないでしょうか。
レベルに応じて、すべてのゴルファーは多かれ少なかれ悩みを持っています。しかし、悩みの結果は、何か原因があるから起こる訳で、大切な事は、その原因が技術的問題か道具による問題かを、しっかり分けて考えることが、問題解決には大切です。
このページでは、ウッド・アイアン・アプロ―チ・パターの悩みの主な原因と解決方法について詳しく解説しています。

 

その為、記事の中では、原因をスイングとクラブを併記しております。また、ゴルフ豆情報にも関連記事がありますから是非参考にしてください。

 

「Dr.GolsysのQ&A」では、個別に応じて、ゴルフに関する質問ができます。今まで聞けなかったゴルフの悩みや素朴な疑問を質問することですべてここで解決できます。
悩み相談室

 

 

ウッド悩み

アイアン悩み

アプローチ・バンカー悩み

パター悩み

 

 

 

ドライバー・ウッドの悩み

 

基本的悩み アドレス
ダウンスイング 飛距離・方向性
バックスイング トップスイング
インパクト トップスイング
ドライバー・ウッド

 

基本的な悩み

 

ゴルフQAクラブが先か?スイングが先か?  
ゴルフQA練習上で打てるにコースで打てない   
ゴルフQAドライバーのシャフト交換はどうする
ゴルフQA合うクラブ・シャフトが分からない
ゴルフQAヘッドスピードを上げ飛距離アップの条件
ゴルフQA打ち上げ、打ち下ろしのホールでスライス、フックが出る
ゴルフQAドロボールとーフェードボールの違い
ゴルフQA風がフォローでも距離が伸びない
ゴルフQAクラブの相性の重要性は
ゴルフQAシャフトのトルクに選び方は
ゴルフQA早打ち、打ち急ぎの直し方
ゴルフQAスイングのリズムが分からない
ゴルフQAボールの初速は速いが飛ばない
ゴルフQAフィニッシュを綺麗に決めたい
ゴルフQA林の中からの脱出方法は
ゴルフQA初心者、中級者、上級者のクラブ選択は振動数・重量から
ゴルフQAゴルフを上手くなりたい
ゴルフQAウッドの中でどうしても合わないクラブがある
ゴルフQA距離のあるミドルホールの打ち方は

 

アドレスの悩み

 

ゴルフQAアドレスのボールの置く位置は
ゴルフQAアドレスでボールと体の間隔は?
ゴルフQA自分に合うスタンス幅は
ゴルフQAドライバーを曲げない前傾姿勢の取り方

 

ダウンスイングで腰の使い方

 

ゴルフQA腰の切り方が分からない
ゴルフQAインパクトで腰の回転が止まる
ゴルフQAダウンスイングでシャフトのタメ(シナリ)を作るには
ゴルフQA左腕リードのダウンスインスイングの仕方は
ゴルフQA左腕と体の一体化のつくりかたは
ゴルフQAダウンスイングの右腕の使い方が分からない
ゴルフQAダウンスイングを上手く行うには
ゴルフQA腰のリードでスライスが出る
ゴルフQA腰のリードのスイングは上半身のネジレから

 

飛距離アップや方向性のスイング軸

 

ゴルフQAぶれないスイング軸とは
ゴルフQAドライバーのスイング軸は
ゴルフQA左サイドに壁を作りたい
ゴルフQAヘッドアップを直すには

 

テークバック、バックスイングの悩み

 

ゴルフQA手でクラブを上げる癖が直らない
ゴルフQAバックスイングで体が起き上がる(伸びる)
ゴルフQAバックスイングで左腕が曲がる(折れる)
ゴルフQAバックスイングは右足にウエイト貯める
ゴルフQAスイングで力を抜くには
ゴルフQAスイングのテンポは速い方が良い、遅い方が良いか
ゴルフQAアウトサイドインのスイングを直したい
ゴルフQAインサイドアウトのスイングを直したい
ゴルフQAテークバック・バックスイングでコックの作り方は

 

トップスイングの悩み

 

ゴルフQAトップスイングで手首が折れる
ゴルフQA深いトップの捻転の作り方
ゴルフQAトップスイングで右脇が空く
ゴルフQAトップスイングで背中が反り返る
ゴルフQAトップスイングの切り返しが分からない
ゴルフQAトップスイングで左肩が十分回らない

 

インパクトの悩み

 

ゴルフQAインパクトでもっとヘッドを走らせたい
ゴルフQAトゥでインパクトする
ゴルフQAインパクトの打感が悪い
ゴルフQAインパクトで体がスエーする

 

 

ドライバー・ウッドの悩み

 

ゴルフQA朝一のドライバーがスライスに
ゴルフQAドライバーが飛ばない5要因と修正方法
ゴルフQAドライバーの球筋を高弾道に
ゴルフQAドライバーの球筋を低弾道に
ゴルフQAドライバーが飛ばない(距離が伸びない)
ゴルフQAドライバーヘッドの重さの違いで起こるメリット・デメリット
ゴルフQAドライバーの腕の使い方は
ゴルフQA大型ヘッドのドライバーでスライス・ヒッカケが出る
ゴルフQAドライバーが上手く打てるににアイアンが上手く打てない
ゴルフQAドライバーのテンプラの原因は
ゴルフQAドライバーでヒールで打ってしまう
ゴルフQAドライバーでボールが吹き上がる
ゴルフQAドライバーで左右に球が散る
ゴルフQAドライバーで振り遅れる
ゴルフQA長尺ドライバーの打ち方は
ゴルフQA自分に合うドライバーの長さは?
ゴルフQAドライバーショットを芯で打てない
ゴルフQAドライバーで理想のドロをー打ちたい
ゴルフQAドライバーで理想のフェードボールを打ちたい
ゴルフQAドライバーでゴロが出る
ゴルフQAドライバーでプッシュアウトが出る
ゴルフQAドライバーでスライスを直したい
ゴルフQAドライバーでフックを直したい
ゴルフQAドライバーでチーピンが出る
ゴルフQA以前ほどドライバーが飛ばなくなった
ゴルフQAドライバーで体重移動の方法は
ゴルフQAドライバーで当たり負けする
ゴルフQA軽量ドラーバーは飛距離が出る?
ゴルフQAドライバーで後30y飛ばしたい
ゴルフQAフェアウエーウッドが苦手である
ゴルフQAフェアウエーウッドでゴロやトップを打ってしまう
ゴルフQAフェアウエーウッドで球が上がらない
ゴルフQAフェアウエーウッド球が球が曲がる
ゴルフQAフェアウエー・ユーティリティウッドがスライスする
ゴルフQAフェアウエー・ユーティリティウッドがフックする
ゴルフQAフェアウエーウッドでバンカー内の使い方
ゴルフQAユーティリティウッドで球が上がらない
ゴルフQAユーティリティウッドでボールの頭を叩く
ゴルフQAユーティリティウッドが苦手で上手くなるには
ゴルフQAフェアウエーウッドとユーティリティのセッテング方法は

 

 

アイアンの悩み

 

基本的悩み アドレス
方向性・弾道 スイング
飛距離

 

基本的な悩み

 

ゴルフQAアイアンのハンドファーストの必要性と構え方は
ゴルフQAアイアンが苦手である
ゴルフQAアイアンで確実にグリーンを狙う
ゴルフQA打ちやすいアイアンセットとは
ゴルフQA幅広アイアンの打ち方
ゴルフQAアイアンのシャフト交換でシャフトの選び方
ゴルフQAアイアンのテイーアップの仕方
ゴルフQAアイアンのテイーアップの高さは

 

アドレスの取り方

 

ゴルフQAアドレスで正しく構える8カ条は

 

 

 

 

方向性・弾道の悩み

 

ゴルフQAアイアンでフックが出る
ゴルフQAアイアンでスライスが出る
ゴルフQAアイアンのフェースの合わせ方が分からない
ゴルフQAアイアンは少し重めのクラブ?
ゴルフQAアイアンで球が上がらない
ゴルフQAアイアンで球が上がりすぎる
ゴルフQAアイアンで球が左右に散る
ゴルフQAアイアンでハンドファーストでスライスがでる
ゴルフQAアイアンで低い球を打ちたい
ゴルフQAアイアンで高弾道の球を打ちたい
ゴルフQAショートアイアンで引っかける

 

 

 

スイングの悩み

 

ゴルフQAアイアンのトップの位置が分からない
ゴルフQAアイアンのカットスイングを直したい
ゴルフQAアイアンのダウンスイングが上手く取れない
ゴルフQAアイアンでダウンブローの打ち方
ゴルフQAアイアンのコスリ球を直したい
ゴルフQAアイアンでハーフトップを連発
ゴルフQAアイアンでトップ、ダフリで悩む
ゴルフQAアイアンのパンチショットの打ち方は
ゴルフQAアイアンのチップショットの打ち方
ゴルフQAショートアイアンのダフリ、トップで悩む
ゴルフQAアイアンですくい上げのスイングになる
ゴルフQAアイアンのダウンスイングは?

 

 

距離の悩み

 

ゴルフQAアイアンで距離が出ない
ゴルフQAショートアイアンで距離がでない
ゴルフQAショートホールの打ち上げの距離感は
ゴルフQAショートホールの打ち下ろしの距離感は
ゴルフQAアイアンで強い球を打ちたい
ゴルフQA番手を変えても距離が変わらない

 

 

 

アプローチの悩み

 

一般的な悩み

 

ゴルフQAランニングアプローチを1ピンに寄せる打ち方
ゴルフQA寄せワンを確実に行うには
ゴルフQAアプローチでトップ・ダフリがでる
ゴルフQAアプローチがいつもショートする
ゴルフQA2段グリーンのアプローチの打ち方
ゴルフQAアプローチでを低い球でボールを止めるには
ゴルフQAアプローチでワンクッションを入れた打ち方
ゴルフQAグリーン周りからのアプローチで迷ってしまう
ゴルフQAバンカー越えのアプローチは
ゴルフQA短いアプローチでシャンクする

 

 

傾斜のアプローチの悩み

 

ゴルフQA左足下がりのアプローチでトップ・ダフリがでる
ゴルフQA左足上がりのアプローチでダフリ・距離が合わない
ゴルフQAつま先上りのアプローチの打ち方
ゴルフQAつま先下がりのアプローチの打ち方
ゴルフQA砲台グリーン手前の斜面でダフリが出る

 

ラフからの悩み

 

ゴルフQA深いラフからのクラブ選択は
ゴルフQA深いラフからの打ち方

 

 

 

バンカーの悩み

 

バンカーの悩み

 

ゴルフQAバンカーショットが苦手
ゴルフQAバンカーショットでボールが右に出る
ゴルフQAバンカーショットでボールが左に出る
ゴルフQA目玉のバンカーショットの打ち方は
ゴルフQA自分に合うウエッジは

 

 

傾斜のあるバンカーの悩み

 

ゴルフQA左足下がりのバンカーでダフる
ゴルフQA左足上りのバンカーショットが苦手
ゴルフQAつま先上りのバンカーショットの打ち方
ゴルフQAつま先下がりのバンカーショットの打ち方

 

 

パットの悩み

 

ゴルフQAパター練習マットでは入るが本番で外してしまう
ゴルフQAパットの距離感が分からない
ゴルフQAロングパットはファーストパットで決まる?
ゴルフQAストロークの取り方は
ゴルフQAパットを芯で打つには
ゴルフQA上り下りのパットの打ち方は
ゴルフQA上り下りの距離感のつかみ方は
ゴルフQAショートパットが苦手
ゴルフQA*ロングパットが苦手
ゴルフQA下りのパットが苦手
ゴルフQA球の転がりを良くしたい
ゴルフQA重いパターと軽いパターの違い
ゴルフQAパターグリップは太めか、細めか?
ゴルフQAグリーンの芝の順目、逆目の見方は?
ゴルフQA上り下りのパッテングの打ち方の違い

 

 

 

 

 

パター画像

 

 

 

 

 

 

メニューに戻る

 

 

 


トップページに戻る

 

 

 

 

<

ゴルフの悩みQ&A【ウッド・アイアン・パター】記事一覧

クラブが先か?スイングが先か?

ゴルフを始めてする時、誰でも自分に合うクラブはと・・・・不安になるはずです。スイングした時クラブがボールに当たるのか?前に飛ぶのか?無意識に不安なるはずです。このことは、自分の現状のスイングに適した優しく打てるクラブを求めていることです。クラブかスイングかの課題は、ゴルフの歴史からでも読み取ることが...

≫続きを読む

 

スランプの脱出方法は?

グーグルとその情報提供者スランプの原因が疲れスランプになる大きな要因のひとつに体の疲れがあります。体が疲れてくると、体の回転不足でパワー不足が起こり飛距離が落ち、スイングがアウトサイドインの軌道になりやすくなります。その結果、、スライス系のボールが出やすくなります。この状態では、飛ばそうと体に力が入...

≫続きを読む

 

フェアウエーウッド・ユーティリティウッドでスライスが出る

フェアウエー・ユーティリティウッドでスライスがでるインパクトで右肩が下がるフェアウエー・ユーティリティウッドでスライスが出る原因は、インパクトでフェースが開くことです。また、初心者に多いスライスは、芝の上にあるボールを上げようと、アオリ打ちで右肩が下がることで、スライスだけでなくダフリやトップもでて...

≫続きを読む

 

フェアウエーウッド・ユーティリティウッドでフックする

フェアウエーウッド・ユーティリティウッドでフックが出る原因フェアウエー・ユーティリティウッドでフックが出る原因は、インパクトでフェースが左を向いているか、球の捕まりが良く過ぎる場合におこります。また、フェアウエー・ユーティリティウッド・のヘッドはドライバーに比べ小さくなることで、重心深度が浅い事から...

≫続きを読む

 

ドライバーのスイング軸の作り方【動画解説】

ドライバーのスイング軸の基本ドライバーだけでなくスイングにおいて、飛距離重視のスイング軸と方向性を安定させるスイング軸の作り方があります。後者の、方向性重視のアイアンの場合、左足軸のスイング軸で、ドライバーのように飛距離重視の場合のスイング軸は右足スイング軸が中心になります。もちろんどちらを重視する...

≫続きを読む

 

腰の切り方がわからない【ダウンスイング】

腰の切り方がわからない運動連鎖で腰を切る腰の始動方法のポイント腰を切る練習方法ダウンスイングの腰の切り方がわからない腰を切るとはどのようなスイングゴルフスイングで良く耳にする言葉が、ダウンスイングで「腰を切れ」とゴルフ教室や先輩にアドバイスを受けたり、色んなゴルフ情報誌から学んだ方は以外多いのではな...

≫続きを読む

 

インパクトで腰の回転が止まる

腰の回転が止まることで起こるミスインパクトで腰の回転がとまれば、様ようなミスショットを引き起こします。腰が止まれば、腕の振りが優先して手首が返りヘッドが左にターンすることで、ひっつかけたり、グリップが先行すればフェースが開いてスライスを打つことになります。また、腰の回転がとまれば体が伸びあがり、フェ...

≫続きを読む

 

ぶれないスイング軸とは

ぶれないスイング軸はゴルフの基本中の基本ゴルフ上達の基本のなかで、最も重要なファクターはスイング軸の作り方です。このスイング軸を正しく理解し、行えるゴルファーのほとんどはローハンディーのライセンスを手に入れる事でしょう。まずは、図を持ってスイング軸がぶれずにテークバック、バックスイングを行える方法に...

≫続きを読む

 

朝一ショットがいつもスライスする

朝一ショットがいつもスライスする朝一ミスショット防止のストレッチ朝一ショットでスライスを打たないメンタルスライスの出ないアドレスの取り方朝一ショットを成功させるスイングクラブが原因でスライスを修正朝一ショットがいつもスライスするラウンドの1番最初の朝一ショットや、昼休憩をはさんだ最初のティ―ショット...

≫続きを読む

 

アドレスでボールの位置【ドラーバーからアイアン】

ドライバーのボール位置フェアウエー・ユテリティーウッドのボール位置アイアン・ウエッジのボール位置ドライバーは左足かがと延線上、フェアウエー・UTはセンターからボール1~2個程度左に、ミドルアイアン以上はセンターに置くのが基本ですアドレスでのボールの置く位置ゴルフボールの置く位置の定義はありませんが、...

≫続きを読む

 

アドレスで体とボールの間隔は

グーグルとその情報提供者アドレスで体とボールの間隔は基本的には、この間隔が絶対という定義はありませんが、基準を微調整して自分に合う距離感を決めてください。その基準とは、上の写真で示すように、肩から垂直に手を下げたあたりが理想のグリップの位置になります。当然クラブの長さの違いがありますが、おおよそこの...

≫続きを読む

 

自分に合うスタンス幅は

広めにスタンスを取る、狭めにスタンスを取るスタンス幅を両足のポジションで調整理想のスタンス幅の決め方実際ラウンドでのスタンス幅の応用編広めにスタンスを取る、狭めにスタンスを取るスタンス幅の大きさは、回転軸や体重移動に関係し、直接スイングに影響してきます。ゴルフクラブは45インチから35インチまで、長...

≫続きを読む

 

バックスイングは右足にウエイト

バックスイングの基本は右サイドに体重を乗せるスイングでバックスイングが正しく取れないことは、ミスショットに直結すると言えます。テークバックでウエイトを右サイドに乗せる意味は、右足内側にウエイトを掛ける表現が正しい言い方になります。上の写真Aの様に、ウエイトを右足内側に掛けることで、スイング軸が右傾斜...

≫続きを読む

 

スイングで力を抜く方法は

スイングで力を抜く方法が分からない力を抜くポイント力みにくいスイングは体の使い方スイングで力を抜く方法が分からないゴルフのスイングは、クラブのシャフトのしなりを利用してボールを飛ばすわけですが、このシナリを利用するには、身体や腕が力んでスイングすれば筋肉が硬くなりクラブの特性を活かすことができません...

≫続きを読む

 

スイングテンポは速い方、遅い方が良いのか?

スイングテンポは速い方が良いか遅い方が良いかスイングテンポの速さとスイングリズム自分に合うスイングテンポの見つけ方スイング軌道がアウトサイドのゴルファーはゆっくりスイングすればインサイドから振りやすい!スイングテンポは速い方、遅い方が良いのかは、個人差があり、ここで重要なことは、普段スイングしている...

≫続きを読む

 

手でクラブ上げる癖が直らない

スイングの始動はグリップエンドと胸(左肩とヘッドの位置を変えずに)を同時に回転さると、手上げや手首の折れないテークバックで左肩が自然に回る!手でクラブを上げる原因と結果手首を使えないテークバック手首を使えなくする練習方法動画で理想のテークバック・バックスイングのポイントを見る手でクラブを上げる結果と...

≫続きを読む

 

アウトサイドインのスイングを直したい

アウトサイドインのスイングを直したいアドレスが原因でアウトサイドスイングで手でクラブを上げる事が原因スイングの力みで起こるアウトサイドクラブが原因でアウトサイドアウトサイドインのスイング軌道に修正アウトサイドのスイングは、インパクトの左肩の位置が重要ですゴルファーなら誰でも知っているイギリスのマキュ...

≫続きを読む

 

インサイドアウトのスイングを直したい

インサイドアウトのスイングを直したいアドレスが原因インサイドアウトの原因は、ダウンスイングをインサイドからクラブをおろし、インパクト後フォローは体から遠いとこと(アウト)に振るスイング軌道になります。最初にチェックしなければならないのは、アドレスの段階でインサイドアウトに振りやすいアドレスをしている...

≫続きを読む

 

トップの手首の折れが直らない

トップポジションで手首が折れる手首の折れの原因はグリップ手首の折れの原因はテークバック左手甲が甲側に折れる原因左手甲が手の平側の折れる原因オーバースイングによる手首の折れスイングプレートがアップライトすぎる手首の折れの修正プロのスイング動画からスキルを学ぶトップポジションで手首が折れるトップの手首の...

≫続きを読む

 

トップスイングの切り返しが分からない

トップスイングの切り返しが分からないトップからの切り返しトップスイングの切り返しが分からないトップからの切り返しは、インパクトの成否を決める大きな要素です。このトップの切り返しはバックスイングからダウンスイングの切り返しの部分で、スイングの動きが反対方向に反転する重要な時間帯です。問題は、この手の悩...

≫続きを読む

 

シャフトのタメ(シナリ)を作る

スイングでシャフトでタメを作るにはスイングでシャフトのタメを大きくするにはシャフトの特性を活用してタメを作るスイングでタメを作るタメを作る腰、腕、クラブの回転の時間差アドレスで体とボールの間隔結論:タメを作るスイングでタメをつくりたいゴルフ上達や飛距離を伸ばす最も大切なファクターの一つに、シャフトの...

≫続きを読む

 

体と腕の一体感が出来ない

腕と体を一体感するアドレスの取り方手でクラブを担ぎ上げないスイング軸を意識するアドレスでヘッドを浮かすまとめ腕と体の一体感が出来ないバランスの良いアドレスゴルフスイングは体と腕が連動していてこそ、ワンピースに力ず良いスイングできることになります。スイングで腕,、体、クラブの回転がバラバラでは、体と腕...

≫続きを読む

 

バックスイングで体が起き上がる

バックスイングで体が伸びあがるゴルフを始めた方に多いのが、バックスイングで体が起き上がることで、癖になれば上達の弊害になることです。体が伸びあがることは、アドレスで構えた前傾角度をキープできないことで、体とボールの距離感が狂い、ボールの頭を叩きやすくインパクトでフェースが開きやすくなることです。更に...

≫続きを読む

 

ヘッドアップを直したい【原因と修正】

ヘッドアップの原因ヘッドアップできないスイングの回転軸スイングの回転軸を安定させればヘッドアップは起こらないヘッドアップの原因と直す方法ヘッドアップの矯正方法は頭を動かさない意識をすることでなく、ヘッドアップできないスイングをすることです。ヘッドアップとルックアップは同じ様な用語ですが、内容的には異...

≫続きを読む

 

練習場で打てるがコースで打てない

練習場では打ててコースで打てないコースで打つための練習法ボールを直接打つ練習が大切練習場では打ててコースで打てない練習場で打てるのにコースに出ると打てない、自信を持って臨んだのに、どうしてかわからない。初心者の多くの方が、実際コースでは練習場の様に打てなく、ミスの繰り返しを経験された方が、多くおられ...

≫続きを読む

 

ドライバーのシャフト交換をどのように?

シャフト交換する目的をしっかり持ち、使用クラブのシャフトの硬さ、重さ、長さを参考にドライバーのシャフト交換を完璧に行うにはドライバーのシャフト交換どうすれば?ドライバーのシャフト交換をしたいと思う場合は、その理由があるはずです。新商品が出たとか、仲間の使うシャフトが良く飛ぶとか、使用クラブに疑問を持...

≫続きを読む

 

深いトップの捻転の作り方

ヘッドスピードを上げる深いトップスイングの作り方深い捻転【ネジレ】と左肩の位置理論トップスイングで捻転【ネジレ】が出来ない原因は?深いトップスイングの理想の捻転【ネジレを作る】方法左肩を水平に右ひざの上に回転ヘッドスピードを上げる深いトップスイングの作り方ゴルフスイングはスイング軸を中心に回転するこ...

≫続きを読む

 

左肩が入らない【十分回らない】

テークバックで左肩が入らない【回らない】手でクラブを上げると左肩は入らない【回らない】左肩が入らない原因は体重移動の方法が間違っているアドレスから左肩が入るウエイトの移動左肩を入れるスイングの回転軸の作り方左肩を回す方法テークバックで左肩が回らない飛距離の出ない、ボールが曲がるゴルファーの多くの共通...

≫続きを読む

 

トップで右脇が開いてしまう【原因と修正法】

トップスイングで右脇が開く原因トップスイングで右脇が開くとトップで右肘が開かないスイングトップスイングで右脇が開く原因正しいスイング軌道はスイング軸を中心に対してほぼ直角に近いきれいな角度を持った円軌道が理想です。右脇が開いたトップスイングになる方のスイング軌道は、テークバックからターゲットラインよ...

≫続きを読む

 

トップで背中が反り返る

トップで背中が反る現象と問題点手でクラブを操作することでウエイト移動に問題ヘッドアップと回転軸の関係背中が反らない回転軸トップで背中が反り返る原因トップで背中が反る現象と問題点ビギナーや女性ゴルファーに多く見られる、トップスイングで反りかえる原因の多くの場合、腕だけを大きく回せばその回転のパワーでヘ...

≫続きを読む

 

ドライバーの球筋を高弾道にしたい

ドライバーの球筋を高弾道にするには高弾道を打つシャフト高弾道を打つウッドヘッド高弾道を打つアイアンヘッド高弾道の球を打つウッドスイング高弾道を打つウッドヘッドの有効打点高弾道の球を打つアイアンスイングゴルフクラブメーカードライバーの球筋を高弾道にしたいドライバーで1ヤードでも飛ばしたいのはゴルファー...

≫続きを読む

 

ドライバーでボールを曲げない前傾姿勢とは

ドライバーでボールを曲げない前傾姿勢アドレスでの前傾姿勢は、ボールに正しくコンタクトできるライ角度が重要です。ボールの高低は弾道はロフト、方向性はライ角で、このライ角度はスイング軌道できまります。このスイング軌道はアドレスでの前傾角度で、深ければアップライトでボールはフックしやすく、浅ければフラット...

≫続きを読む

 

ドライバーが飛ばない5つの要因と修正

ドライバーが飛ばない原因・道具ゴルフはテイーショットで1ヤードでも飛距離を伸ばすことで、次のショットの負担を減らし、スコアーの向上に繋がります。そこで、ドライバーが飛ばない主な原因を挙げ、その解決方法を探ってみます。飛距離を伸ばす一番の方法はミート率を上げて、インパクト後のボール初速度を向上させるこ...

≫続きを読む

 

ドライバーヘッドの重さの違いのメリット・デメリット

ヘッド重量とスイングの関係ヘッド重量とスイングの関係においてメリットとデメリットが存在します。重いヘッドを軽いヘッドと同様に振れる条件で以下の事が言えます。メリットとして飛距離が伸びる⇒重いヘッドで軽いヘッドと同様にスイングできれば、直進性の強いボールを打て飛距離伸びることです。重いヘッドはボールに...

≫続きを読む

 

ドライバー腕の使い方

ドライバーで腕の使い方アドレスでの腕の使い方下の写真で腕を正しく使う、大前提は腕をただ正しく振れるスイング軸を作ることです。少しお尻を引いた、背筋が真っすぐ伸びた前傾姿勢をとることです。次にアドレス時の両腕の位置が重要です。後から見た両腕が1本のように見えています。これは、両腕がターゲットの対して平...

≫続きを読む

 

ドライバーの球筋を低弾道にしたい

ドライバーで低弾道の球を打ちたいスイングで低弾道の打ち方アイアンで低弾道のボールを打つ低弾道を打ちやすいクラブドライバーで低弾道の球を打ちたいゴルフはコースや自然の影響から、高弾道と低弾道の球を打ち分ければ、コース戦略の幅が増え攻撃的なゴルフができます。ゴルフで低弾道のボールは、風の強い日や、ボール...

≫続きを読む

 

大型ヘッドでヒッカケ、スライスが出る

大型ヘッドでヒッカケ、スライスが出てる大型ヘッドのヒッカケ、プッシュの防止大型ヘッドでヒッカケ、スライスが出て悩んでいる期待して購入した大型でシャローヘッドタイプのドライバー。このクラブのテーマが、やさしさ・直進性に重きを置かれることで、期待して実際打ってみたが、スライスがよく出るので修正しようとイ...

≫続きを読む

 

ドライバーはうまく打てるがアイアンが上手く打てない

ドライバーが打てるがアイアンをうまく打てないドライバーのスイングプレートはフラットアイアンのスイングプレートはアップライトシャフトの絶対硬度や重量フローが合ってないドライバーが打てるがアイアンをうまく打てないドライバーが上手く打てるのに、アイアンがどうも苦手なゴルファーが意外と多くおられます。ドライ...

≫続きを読む

 

ドライバーのテンプラで悩む

ドライバーのテンプラが出て悩むスイング軌道が鋭角すぎるスイング軌道がアッパー過ぎるドライバーでテンプラが出て悩むドライバーでテンプラとは、下の写真からヘッドの上層部のクラウンと呼ばれる部分でインパクトすることで、ボールがほぼ真上に飛び飛距離が出ない球筋です。このことから、テンプラはスイング軌道がアッ...

≫続きを読む

 

ドライバーでヒール打ちになる

ドライバーがヒール打ちになるドライバーはやはり飛距離と方向性が求められますが、ドライバーがヒールで打ってしまうゴルファーは、飛距離不足や方向性の不安定、場合によってはOBのリスクもあります。芯を外したヒールのインパクトは、打感も悪くボールも上がらず、ヘッドスピードの割には飛ばないことです。左に低い弾...

≫続きを読む

 

ドライバーで球が吹きあがる

ドライバーで球が吹きあがるアドレスでのポイントティーアップの高さロフト角とスイング軌道スイングスピードとシャフトスイングが原因で吹き上がる球の吹きあがりを押さえる方法ウッドで球が吹きあがるドライバーで吹き上がる原因は、バックスピン量の多さにあります。ドライバーの基本はレベル、アッパースイングで、アイ...

≫続きを読む

 

ドライバ―で球が左右に曲がりる

ドライバ―でボールが左右に曲がるグリップが原因で左右に曲がるスイングによる原因 スイング軸が不安定スイングによる原因 手だけでクラブを上げるスイングによる原因 トップスイングの左手首のコッククラブによる原因左右の曲がりを防止する方法左右の曲がりを防止する方法ドライバ―でボールが左右に曲がるドライバー...

≫続きを読む

 

ドライバーで振り遅れる

ドライバーが振り遅れる原因振り遅れの原因はシャフトの硬さ振り遅れの原因がクラブの重さ振り遅れの原因がクラブの長さ振り遅れがの原因がスイング振り遅れの原因が腕の使い方フェースが開かないスイング軸ドライバーが振り遅れる原因ドライバーの振り遅れの原因と矯正情報が多くでていますが、野球の場合、時速140km...

≫続きを読む

 

左腕リードのスイングがわからない

1)左腕リードは下半身と体重移動2)左腕リードが出来ない原因 3)トップの切り替えしの間 4)左腕リードの理想のトップ手首 5)左腕リードのチエックポイント 6)左腕リードの練習法 7)左腕リードと適正クラブ重量 左腕リードのスイングが分からない左腕リードのスインウはゴルフの基本で、車で例えれば、左...

≫続きを読む

 

左腕の一体感はどうして作る

左腕の一体感の作り方左腕の一体感を作るポイント・アドレス左腕の一体感を作るポイント・テークバック左腕の一体感を作るポイント・インパクト左腕の一体感を作るポイント・練習法左腕の一体感の作り方一体感とは、スイングをリズムよく行なうことで、回転を始動させる左腕の使い方に掛かってきます。無駄な体の使い方では...

≫続きを読む

 

右腕の使い方が分からない

右腕の使い方ゴルフは車の表現で左腕はハンドル、右腕はエンジンに例えられます。つまり、右腕はスイングのエンジンでパワーの源になります。まず、右腕を上手く使う上でアドレスが重要になります。左腕でテークバック、バックスイングを行うには右腕を張っていてはスムーズに行えません。右腕は右肘の力を抜いて、内側に折...

≫続きを読む

 

バックスイングで左腕が折れたり曲がる

バックスイングで左腕が折れる左腕が折れる原因にアドレス手首に力が入れるバックスイングで左腕が折れる左腕の折れや曲がりは、コックのタイミングや肩の回転不足で手打ちで飛距離不足、方向性の不安化に繋がります。また、スイングのパワー不足になり、飛距離が出ない、インパクトのタイミングが合わない原因になります。...

≫続きを読む

 

テークバックでコックの作り方が分からない

テークバックバックでコックの作り方が分からないスイングのコックは飛距離を伸ばしたり、スイング軌道を安定させるにはとても重要な要素になります。ゴルフスイングのテークバックは、アドレスで静止した体を最初に始動させる最も重要動作になります。動きの止まった状態から、動き始める時、必ず力が入るのは当然といえま...

≫続きを読む

 

長尺ドライバーを上手く打ちたい

長尺ドライバーを上手く打つポイントまずクラブが長くなればなるほど、遠心力が大きく働き、スイングアークも当然大きくなり、ヘッドスピードがアップすることです。長尺クラブはシャフトが長くなる分、最も効果的に手っ取り早くヘッドスピードを上げ、飛距離を伸ばすことができます。長さと運動量の増加率は45インチを4...

≫続きを読む

 

自分に合うドライバーの長さは?

自分に合うクラブの長さは?一般的にはクラブの長さが1インチ伸びれは、ヘッドスピードが1m/s程度上がり、距離にして7y前後伸びることになりますが、これは同じようにスイング出来たらの条件がつきます。つまり、理論上、ドライバーは長いほうがヘッドスピードが上がり、ヘッドスピードが上がればボール初速が上がっ...

≫続きを読む

 

左サイドに壁を作りたい

左サイドにスイングの壁を作るスイング軸スイング中の体重移動左サイドに壁を作るリリースポイント(アームローテイション)左サイドにスイングの壁を作りたいスイングで左サイドに壁を作ることが、飛距離アップと正確な方向に打ち出せる要因になります。これは、左サイドに壁を作ることでインパクトでヘッドの切り返しでヘ...

≫続きを読む

 

スイングの正しい体重移動の方法

スイングの正しい体重移動の方法スイングの正しい体重移動解説図スイングの正しい体重移動の方法スイング中の正しい体重移動は両足内側の幅内で、スイング軸を中心に回転で起こる体重移動になります。飛距離が出ないゴルファーの共通の原因は「間違った体重移動」や「体重移動のタイミングの悪さ」があげられます。むろん、...

≫続きを読む

 

ドライバーショットが芯に当たらない

ドライバーショットが芯に当たらないドライバーショットで芯で打てない原因は、インパクトでフェースのトゥ、ヒール、フェースの上、下の部分でインパクトしているからです。これらの原因は基本的なアドレスの取り方に問題があるからです。ヒールで打つ原因は、アドレスでボールをヒール側に置く過ぎている場合で、クラウン...

≫続きを読む

 

打ち上げ、打ち下ろしでスライス・フックに悩む

打ち上げ・打ち下ろしでスライス・フックが出る日本のゴルフ場は欧米のような平地でフラットなコースではなく、日本の地形上、丘陵コースや山岳コースが多く、打ち下ろしや打ち上げホールが存在しています。この起伏の多いゴルフ場では、少しのミスでも大きなミスに繋がり、スコアーを大きく崩してしまいます。そこで、この...

≫続きを読む

 

フィニッシュをきれいに決めたい

フィニッシュをきれいに決めたいグーグルとその情報提供者アマチュアゴルファーの多くはフィニッシュを大切に考えていない傾向があります。フィニッシュはスイングプレートの完結を意味しており、正しいスイングを行った結果として現われるだけでなく、フォロースルーはインパクト後のヘッドの加速を行う大切な要因や方向性...

≫続きを読む

 

飛距離を伸ばすヘッドスピードを上げる条件

飛距離をもっと伸ばす方法シャフトで飛距離アップできるシャフトを長くする事で飛距離アップクラブを重くすることで飛距離アップスイングでヘッドスピード上げてる飛距離をもっと伸ばす方法飛距離を伸ばす方法は、ボールの初速度を上げることが絶対条件になります。そのボール初速の向上には、自分に適したクラブの使用と、...

≫続きを読む

 

ボール初速は速いが飛ばない

ボール初速は速いが飛ばないスイング軌道も正しく、飛距離を出せる芯でボールを捕え、ミート効率も高く、ボールの初速も完璧に近い状態であるにも関わらず、ボールが思った程飛ばないゴルファーがおられます。。確かに、飛距離を出す条件として、ミート率のボール初速やボールの飛び出し角度、ボールのスピン量が重要である...

≫続きを読む

 

インパクトでもっとヘッドを走らせたい

インパクトでヘッドを走らす方法インパクトでヘッドスピードアップにはスイング軸ヘッドを走らせるフォロースルーインパクトでヘッドを走らす方法インパクトでヘッドを走らせる方法を、一つの例を上げて、そのメカニズムを説明していきます。電車に乗った時、急にブレーキがかかると、体が前のめりになり、進行方向に重力が...

≫続きを読む

 

距離の長いミドルホールのティ―ショット

緩やかな登りのタフなミドルの攻略緩やかな登り、左ドッグレッグのタフなミドルホールで398Y パー4。左サイドは、林で奥は崖になっています。赤のラインでショートカットの林越えを狙うには、260y打たないと越えません。このラインで成功すれば、残り60y前後でバディーが狙えるポジションになります。赤のライ...

≫続きを読む

 

ドローボールとフェードボールの違い

ドローボールがフェードより飛ぶメカニズム持ち球が一番飛ぶドローボールがフェードより飛ぶ理由ゴルフボールの表面にはデンプルと呼ばれる凹凸が施されています。これば、ボールの揚力や方向性の安定には必要不可欠で、ボールの球筋を決めるのに大きな要因になります。実際、ヘッドでヒットしたボールはフェース面の抵抗で...

≫続きを読む

 

ドライバーで理想のドローボールを打ちたい

理想のドローボールの打ち方ドローボールを打つスタンスの取り方ドローボールを打つアドレス・腕の使い方初心者が簡単にドローを打つ方法ドローボールを打つための適合クラブドローボールの打ち方グ―グルとその提供者ドライバーでコントロールの利いたドローボールを打ちたい。ゴルファーの誰しもが、インテンショナルなド...

≫続きを読む

 

ドライバーで理想のフェードボールを打ちたい

フェードボールの打ち方フェードボールを打つスイングフェードを打つアドレスとスイングフェードボールが打ちやすいクラブフェードボールの打ち方コントロールの利いたフェードーボールを打ちたい。フェードボールを打つ原理が以下の図ですスイング軌道はターゲットラインに対してアウトサイドインになります。アドレスでは...

≫続きを読む

 

ダウンスイングが上手くできない

ダウンスイングが上手くできない原因ダウンスイングを身につけるにはダウンスイングはトップの切り返しがポイントダウンスイングを上手くできる練習方法ダウンスイングが上手くできない原因ダウンブローが上手く出来ないことは、クラブが外からはいることで、腰の回転と腕の回転がマッチングできないことです。結論から先に...

≫続きを読む

 

ドライバーでゴロがよくでる

ドライバーでゴロが出るアドレスが原因でゴロスイングが原因でゴロがでるクラブ・シャフトが原因でゴロドライバーショットがゴロになる初心者がドライバーで悩む球筋にスライス、てんぷら、と球が上がらないゴロを打ってしまう悩みを持つゴルファーが結構おられます。スライスは、ボールが飛び出したあと右に大きくにカーブ...

≫続きを読む

 

ドライバーでプッシュが止まらない

ドライバーでプッシュが止まらない・アドレスが原因スイングが原因でプッシュが出るクラブヘッドが原因でプッシュプッシュの修正ドライバーでプッシュが止まらない最近のドライバーはクラブが長く、ヘッドの大型化が主流になってきました。その結果、ミスヒットに強い半面振り遅れから、プッシュやプッシュスライスに悩むゴ...

≫続きを読む

 

ドライバーでスライスを直したい

ドライバースライスになる原因ドライバーのシャフトが原因シャフトやヘッドが原因のスライス矯正ドライバーのスイングが原因スイングが原因のスライス矯正お勧めのスライスしにくいドライバースライスに悩んでいる初心者が最初に”悩み”を持つのはドライバ―のスライスではないでしょうか?ゴルフを始めた方なら、必ず通る...

≫続きを読む

 

ドライバーのフックを直したい

ドライバーのフックを直すシャフトが原因でフックと修正スイングが原因でフックと修正アドレスが原因でフックするお勧めのフックしにくいドライバーフックを直したいフックの原因はインパクトでフェースが左に向いたり、カブル状態でインパクトすることで、ボールの打ち出方向は真っすぐで途中から大きく左行く場合と、初め...

≫続きを読む

 

ドライバーのチーピンで悩んでいる

チーピンの原因と対処方法手打ちのスイングで起こるはチーピン中・上級者やフッカーゴルファーが打つチーピンチーピンを直す対処方法体の回転で行なうスイングでチーピン防止クラブが原因で起こるチーピンチーピンの原因と対処方法初心者や一般ゴルファーが、突然チーピンに襲われることはよくあります。ドライバーショット...

≫続きを読む

 

以前ほどボールが飛ばなくなった【シニアゴルファー】

ドライバーで飛距離が伸びればゴルフはさらに楽しくなります。飛距離ダウンをクラブで伸ばせるドライバーを紹介!シニアーゴルファーの飛距離が以前より落ちた飛距離が以前ほど飛ばなくなったシャフトを少し軟らかくする効果クラブ総重量を軽くする効果ヘッドのロフトを上げる効果シャフトを長くする効果スイングで飛距離ア...

≫続きを読む

 

ドラーバーであと30ヤード飛距離を伸ばす

ドライバーであと30ヤード飛距離を伸ばす方法シャフトCPMから飛距離アップクラブ重量、クラブ長と飛距離スイングから飛距離アップ大型ヘッドで飛距離アップ飛距離をのばせる軽量ドライバーあと30ヤード飛距離を伸ばす方法あと30ヤード伸ばすことは、大変難しいことですが可能性は捨てないでください。では、どのよ...

≫続きを読む

 

ドライバーのスイング軸の重要性

ドライバーの方向性はスイング軸ドライバーの方向の安定はシャフト全ての番手の調和の重要性メーカリンク・開催特集ドライバーの方向性を安定させるスイング軸ドライバーの方向性の安定と飛距離アップを追究するのはすべてのプロ、アマチュアゴルファーの永遠の課題です。しかし、飛距離と方向性の安定は難易度の高い技術が...

≫続きを読む

 

フォローの風でも飛距離が出ない

風がフォローでも飛距離が出ない風がフォローでも飛距離が伸びないのには、それなりの原因があるからです。風がフォローの時には、普段より飛距離が伸びるのが当然です。しかし、中には飛距離があまり伸びず悩む方がおられます。フォローを利用して飛距離を出す絶対条件は、弾道を高くして、風に乗せることです。インパクト...

≫続きを読む

 

クラブの相性の重要性

相性の悪いクラブを使用をすれば合わないクラブの代表格と言えば、自分のスイングにシャフトの硬さとクラブの重さの不一致があげられます。その他には、ヘッド形状、シャフトの長さ、自分の好みなどが挙げららますか、自分に合わない原因の多くははシャフトの硬さとクラブの重さではないでしょうか。これは重さからくるスイ...

≫続きを読む

 

合うクラブ・シャフトがわからない

合うシャフト選択合うクラブヘッドと合うシャフトの選び方の定義使用クラブ・シャフトの分析から合うクラブ・シャフトは最適振動数と最適重量スイングリズムとシャフトの特性シャフト選択を経てヘッドの機能・特性の選択ドライバーと各番手シャフトの重量管理合うクラブ・シャフトメーカの情報サイトメーカのクラブ情報から...

≫続きを読む

 

合うウエッジがわからない

合わないウエッジの悩み苦手なウェッジの選択はバンス角の大きい大き目のウエッジを選択アイアンとウエッジの重量合わないウエッジの悩みウエッジの苦手な方に多く見られる共通点があります。グリーン周りからのアプローチとして使う場合、それは、ボールを上げようと、手首でクラブを上げる事で、コックを早く使ったバック...

≫続きを読む

 

トルクの選び方が分からない

トルクの正しい選び方トルクがスイングに必要な意義トルクの値とヘッドスピードトルクの正しい選び方スイング中のシャフトは複雑な動きをします。この動きは、シャフトの先に装着されているヘッド重量で起こる回転のシナリで、トルクと呼ばれるシャフトのネジレの単位になります。下の写真からシャフトの中心の延線上にヘッ...

≫続きを読む

 

ランニングアプローチを1ピンに寄せる打ち方

アドレスのスタンスの取り方距離感と使用クラブアプローチのスイング深いラフ・傾斜のアプローチボールの落下地点の芝目、傾斜ランニングアプローチを1ピン以内に寄せる方法グリーン回りのアプローチには大きく分けて、8,9、PWで転がすランニングアプローチ、SWでボールを上げて行うピッチエンドランがあります。こ...

≫続きを読む

 

フェアウエーが苦手である

アドレスの基本ボールの位置スイングの基本フェアウエーウッドが苦手がシャフトによる原因フェアウエーの理想のスイングは払い打ちシャフトによる苦手意識解消フェアウエーウッドのソールを利用したトラブルからの脱出ゴルフで苦手なクラブは、一旦基本的な部分を見直すことが苦手を解消する唯一の方法です。フェアウエーが...

≫続きを読む

 

フェアウエーウッドでゴロやトップが出る

フェアウエーウッドでゴロやスライスの原因ゴロやスライスの出ないスイングフェアウエーウッドでゴロやスライスフェアウエーウッドは芝の上のあるボールを直接打つクラブで、少しでもグリーンに近づけたい飛距離を必要とするクラブです。一般的なゴルファーなら、ラウンドすれば必ず数回程度は必ず使用するクラブです。ゴロ...

≫続きを読む

 

フェアウエーウッドで球が上がらない

フェアウエーウッドで球が上がらないシャフトが硬すぎてボールが上がらないフェアウエーウッドで球が上がらないフェアウエーウッドはクラブも長く、ロフトも小さく、また地面にあるボールを直接打つわけで難易度の高いクラブに思えますが、ポイントをつかめば逆やさしいクラブになります。フェアウエーで球が上がらない原因...

≫続きを読む

 

フェアウエーウッドで球が曲がる

フェアウエーウッドを正確に打てないウッドの中でも、フェアウエーウッドは直接芝生のボールを打つことが、ほとんどではないでしょうか。その為、ボールを上げようと、意識しすぎないことです。何故なら、フェアウエーウッドのロフトは大きく、普通に打てば自然と球は上がるはずです。球が曲がるゴルファーの多くは、ボール...

≫続きを読む

 

FW/UTのセッテング方法は

FWとUTのセッテング術フェアウーウッドとユーテリティをどの様に組み合わせるかは、コースで結果を出す上で結構重要なポイントになります。現在のクラブは飛び系のクラブが主流で、特にユーテリティクラブが一般化することで、以前のクラブセッテング方法が大きく変化してきました。つまりドラーバーとアイアンの間を埋...

≫続きを読む

 

ユーティリティウッドで球が上がらない

シャフトが原因で球が上がらない/修正方法スイングが原因でボールが上がらない/修正方法ボールが上がらない方向けのユーティリティウッドはこちらからユーティリィーウッドで球が上がらない基本的にはスイングはウッドからアイアンまで同じでスイングを変える必要はなく、イメージの違いがあるだけです。ユーティリティが...

≫続きを読む

 

ユーティリティウッドでボールの頭を叩く

ユーティリティでボールの頭を叩くスイング・頭を叩かないためにクラブを短く持つスイングが原因で頭を叩くスイングのリズムを変えないクラブが問題が原因でボールの頭を叩くドライバーに適合できるユーティリティウッドで重量まとめユーティリティでボールの頭を叩くユーティリティウッドはロングアイアンでヘッドスピード...

≫続きを読む

 

ユーティリティが苦手で上手くなる方法

ユーティリティが苦手で打てない原因ユーティリティでトップ・ダフリの原因と解決法ユーティリティを上手く打てるスイングユーティリティのフェースの合わせ方とアドレスクラブが原因で苦手・修正方法ユーティリティーが苦手ユーティリティは、ウッドタイプとアイアンタイプの2種類があります。どちらを選ぶかの定義はあり...

≫続きを読む

 

フェアウェーバンカーでウッドの使い方

フェアウェーバンカーから確実に脱出する方法フェアウエーではOB救済のためと、戦略上の障害としてフェアウエーバンカーがあります。フェアウエーバンカーからはグリーンまでの距離が結構残り、どうしても飛距離が求められる場合が多いとおもいます。使用クラブの選択が重要まず、考える事は距離を出さないといけない場合...

≫続きを読む

 

林の中からの脱出方法

林の中からウッドを使って脱出ラウンド中、フックやスライスで球が、林の中に入ってしまった場合の対処方法。まず、球の位置を確認して状況を把握してください。スイングできるか、球を抜くスペースがあるか、などを考えスイングの方法や使用クラブの選択をしなくてはなりません。林の中にボールが入る場合、木の枝や葉っぱ...

≫続きを読む

 

アイアンが苦手である

アイアンが苦手な要因シャフトが原因で苦手ヘッドタイプで苦手意識スイングが原因で苦手苦手解消の方法アイアンが苦手な方向きの、スライスしにくいやさしいアイアンアイアンが苦手であるクラブセットの中で一番本数の多いクラブはアイアンになります。アイアンは複数の番手がある様に、打つ距離を考え選択して使用するクラ...

≫続きを読む

 

アイアンで確実にグリーンオン【90を切る】

アイアンで確実にグリーンオン【90を切る方法】アイアンは基本的には直接グリーンオンさせるクラブで、100,や90を切るためには、正確な距離と方向性のショットを打たなくてはなりません。そのためには、距離については使用クラブ、番手の選択、方向性についてはインパクトを常にシャフトの最下点で打ち、フェース向...

≫続きを読む

 

打ちやすいアイアンセットとは

打ちやすいアイアンセット打ちやすいアイアンセットの定義は、すべての番手がタイミング良く、またリズム良くスイングできるアイアンセットです。各番手のリズムが異なったり、タイミングが取りずらいクラブは、あなたのスイングが悪いのではなく、クラブに問題がある場合が考えられます。良いアイアンセットとは、振動数管...

≫続きを読む

 

幅広アイアンの打ち方

幅広アイアンの打ち方初心者やシニアーで、どちらかと言えば非力なゴルファーには、ワイドソールのアイアンはボールを捉まえやすく、高弾道の球が打ちやすいアイアンです。このワイドソールの特徴は、ソール幅が広いことで重心が低くなり、ボールが上がりやすくトップ、ダフルのリスクを大幅に軽減できることです。中級者や...

≫続きを読む

 

アイアンでスライスが出る

アイアンでスライスが出て悩むスライスはインパクトでフェースは開いてインパクトすることで、原因は多岐にわたります。記事の中から、どのような原因でスライスを打つのか検証してください。スライスの原因は、クラブの不一致、スイングの両面から考える必要があります。クラブの不一致でスライスシャフトの硬さはインパク...

≫続きを読む

 

アイアンの正しいアドレス8カ条?

アイアンの正しいアドレス8カ条は?アイアンのミスの原因が、意外とアドレスの取り方が間違っている場合が多いことです。そのためには、スタンス、グリップ、スタンス幅、前傾姿勢、ボールの位置、ハンドファースト、ライ角、フェースの合わせ方の8項目をチエックするのが鉄則です。スタンスゴルフ練習上では、目標を合わ...

≫続きを読む

 

アイアンのフェースの合わせかたが分からない

アイアンフェースの合わせ方打ちたい弾道にアイアンフェースの合わせ方リーディングエッジ ・トップブレード・ヘッド重心の3タイプフェースを安定させるグリップ前傾姿勢でフェース【ライ角】が変わるスイングタイプとフェースの合わせ方傾斜面からのフェースの合わせ方基本はリーデングエッジを目標に対して直角に!アイ...

≫続きを読む

 

アイアンでフックが出る

アイアンでフックで悩むクラブの不一致でフックになる柔らかい・軽量シャフトで起こるリスクアドレス・スイングその他の要因でフック手で主導するスイングが原因でフックアイアンでフックで悩むフックはインパクトでフェースが被ることが原因でおこります。フックもスライス同様、初心者から中級者が一度は悩む球筋で、大き...

≫続きを読む

 

アイアンのトップの位置が分からない

アイアンのトップの位置がわからないアドレスの前傾姿勢に対して、前傾姿勢角度のオンプレーンで行えば、トップの位置を自然に確認できます。オンプレーンより高くなれば、アップライトでトップスイングではフェースが閉じやすく、フラットになればフェースが開きやすくなります。オンプレーンではフェースは45度程度で正...

≫続きを読む

 

アイアンは少し重めのクラブ?

アイアンは少し重めのクラブが?ウッドはティ―アップしたボールを直接打つわけですが、アイアンは芝の上にあるボールを打ちます。又ドライバーは飛距離を求めますが、アイアンは正確な方向と距離が求められます。アイアンスイング軌道はクラブが短い分、アップライトでダウンスイングで、クラブヘッドはボールに対して鋭角...

≫続きを読む

 

アイアンのシャフト交換でシャフトの選び方?

アイアンのシャフト交換でシャフトの選び方使用アイアンクラブが合わなくなり、シャフト交換する場合のポイントについて。アイアンのシャフト交換の場合、すべての番手のハーモニーが大切で、シャフトの硬さ、重さを合すことが大前提になります。次にアイアンのシャフトの硬さと重さを自分のヘッドスピードに合わすのが良い...

≫続きを読む

 

アイアンでカットスイングが直らない

アイアンでカット打ちが直らないアドレスの取り方体重移動が不十分カットスイングになる右グリップの使い方とテークバックカットスイングの矯正方法クラブが原因でアウトサイド正しいアドレスと正確なリバースピポットアイアンでカット打ちが直らないカットスイングの特徴はターゲットラインに対してクラブ軌道がアウトサイ...

≫続きを読む

 

アイアンのダウンスイングは?

アイアンでダウンスイングが上手くできないダウンスイングを上手く行なうトップトップスイングの捻転の解き方ダウンスイングを上手くできるポイントと練習方法アイアンでダウンスイングが上手くできないアイアンのダウンスイングが上手くできないゴルファーのほとんどは、アウトサイドインのスイング軌道で、クラブが体から...

≫続きを読む

 

アイアンでハンドファーストの必要性

アイアンのアドレスの基本はハンドファースト本当のハンドファーストの構えとはハンドファーストのメカニズム優しいアイアンはノーマルハンドアイアンのアドレスはハンドファーストスイングで何故ハンドファーストで構える必要があるのか?その理由は、アドレスはインパクトの再現を現す姿勢をとることが重要です。ほとんど...

≫続きを読む

 

アイアンでダウンブローの打ち方

グーグルとその情報者アイアンのダウンブローアイアンのダウンブローの打ち方とは、ボールを打った後ターフを取る打ち方です。インパクトでの感触は良く、芯を食った打感で直進性の強い、飛距離もアップ、スピンの効いた打球でグリーン上で球が止めやすくなります。ダウンブローとは【フェースのロフトを立ててボールを上か...

≫続きを読む

 

アイアンで飛距離が出ない

アイアンで飛距離出ない訳シャフトの最下点でインパクトスイングで距離が出ない原因手打ちによるヘッドスピード不足スイングで飛距離アップを図るクラブで飛距離アップを図るアイアンショットの距離が出ないアイアンで飛距離出ない訳アイアンショットの飛距離はドライバーと同様、ヘッドスピードに大きく影響されます。ヘッ...

≫続きを読む

 

アイアンでこすり球の矯正

ミドルアイアンでこすり球が直らないこすり球の原因と矯正シャフトで起こるこすり球ミドルアイアンでこすり球が直らないアイアンのこすり球は、右に力のないスライス系の打球です。こすり球の場合、ミドルアイアンの5アイアン、7アイアンの距離の差が余りなく、多くの場合カットスイングが原因と見られます。どうして距離...

≫続きを読む

 

アイアンのティ―アップの仕方

アイアンのティ―アップの注意点アイアンのヘッド形状でテイーの仕方が変わります。低重心やビックキャビティアイアンタイプ低重心やビックキャビティアイアンタイプの場合は、ダウンスイングはどちらかと言えば、緩やかな入射角度でインパクトを迎え、テイーアップの高さは芝らか少し高めのにしてください。ショートホール...

≫続きを読む

 

アイアンで球が上がらない

アイアンで球が上がらないスイングが原因で球が上がらないスイング軌道をレベルブローにクラブが原因で球が上がらない球を上げるスイートスポットアイアンで球が上がらないアイアンでグリーンを狙ったショットが、イメージ通りの球が打てず、低い弾道で手前のバンカーや池に入ってしまう経験をされた事も多いと思います。や...

≫続きを読む

 

アイアンで球が上がりすぎる

アイアンで球が上がりすぎて飛ばないスイング軌道でボールが高く上がるボールが上がり過ぎるインパクトのフェース角ロフト角の飛距離と理論値と実際値ボールの上がりすぎを抑える打ち方アイアンで球が上がりすぎて飛ばないアイアンでグリーンを狙ったショットが、イメージ通りの球が打てず、ボールが上がりすぎ距離をショー...

≫続きを読む

 

アイアンでハーフトップを連発する

アイアンで連発するハーフトップとはスイングが原因でハーフトップハーフトップの原因と修正クラブが原因でハーフトップアイアンでハーフトップを連発するアイアンのハーフトップはスイングとクラブの両方の原因でおこります。ハーフトップはヘッドがボールとコンタクトする時、ボールの赤道より上の位置でインパクトするこ...

≫続きを読む

 

アイアンのトップ、ダフリで悩む

アイアンのダフリ・トップスイングが原因でダフリスイングが原因でトップトップ、ダフリの解決法トップ、ダフリをなくすスイングシャフトが原因でトップ・ダフリアイアンのダフリ・トップで悩んでいるアイアンはドライバーのティーショットの様に、浮いているボールを打つのでなく、芝の上にあるボールを直接打つことでスイ...

≫続きを読む

 

アイアンでパンチショットの打ち方は

パンチショットを使うシチュエーションアプローチでのパンチショットアイアンでパンチショット気味の低い球を打つパンチ ショットを打つには、スタンスに対しやや右寄りにボールを置き、こうすることでロフト角が立ち球の軌道を低くすることができ、向かい風にも強いショットとなります。テークバックでは、左手首の背屈に...

≫続きを読む

 

アイアンのチップショットの打ち方

アイアンのチップショットの打ち方チップ ショットとは、グリーンの外からグリーンオンを狙って打つアプローチショットの一種です。このグリーン回りからのアプローチで、ボールのある場所がベアーグラウンドや芝の薄いライや砂が沢山まかれている、通常のアプローチではトップやダフリが出やすい状況の打ち方になります。...

≫続きを読む

 

ショートアイアンでダフリ・トップで悩む

ショートアイアンでダフリ・トップトップ・ダフリはトップスイングの手首の角度インパクトで距離の調整/上半身の力みスイング中の前傾姿勢の崩れトップ・ダフリの原因は力みスイング中のバランス腕の使い方まとめショートアイアンでダフリ・トプに悩んでいる2打目でグリーンを外したり、ロングホールの第3打で残り100...

≫続きを読む

 

ショートアイアンの距離が出ない

ショートアイアンで距離がでない原因が薄いインパクトインパクトで手首が折れる・フェースが開くトップスイングの切り返しインパクト後のヘッドの加速ショートアイアンで距離がでない原因が薄いインパクトショートアイアンで距離が出ない要素に、当たりが薄い、ミート率が悪い、などがスイング軌道の取り方に問題がある場合...

≫続きを読む

 

アイアンで球が左右に散る

アイアンのスイングが原因で左右に散るシャフトが原因で球が左右に散る⁠アイアンのスイングで球が左右に散るアドレスのフェース向き練習上では球が安定して打てるのに、コースでは球が左右に散るゴルファーの大抵は、アドレスでフェース向きが安定しないことです。このフェース向きが安定しない原因は、フェアウーが平坦で...

≫続きを読む

 

アイアンのハンドファーストでスライスが出る

アイアンのハンドファーストでスライスでるまず、ファンドファーストの定義とは!そもそもハンドファーストとはグリップをボールより左側に倒して構える方法になります。 インパクトのかたちをアドレスでつくることで、ボールよりもグリップが先行してインパクトすることを指します。ハンドファーストの特徴は、ダフリやト...

≫続きを読む

 

すくい上げのスイングを直したい

すくい上げのスイングボールをすくい上げる原因すくい上げの手打ちスイングは解決は基本に戻るすくい上が出来ないスイングすくい上げをスイングの矯正方法すくい上げのスイング初心者、特にアイアンにおいて球を上げようとする意識が強く、クラブをアッパーに振る傾向があります。常識的に考えてみて、ボールは芝生の上にあ...

≫続きを読む

 

アイアンで低い球を打ちたい

アイアンで低い球を打ちたいゴルフは自然を相手にするスポーツで、その日の天候やコースのレイアウト上どうしても低い押さえの効いたボールを打たなければいけない場面があります。風の強い場合、特にアゲインストや横からの吹付が強い場合や、バックスピンの効いたボールがかえって飛距離を大きくロスしたり、曲がりが大き...

≫続きを読む

 

アイアンのテイーアップの高さ

グーグルとその情報提供者アイアンのティーアップの高さティーアップーの高さについて、ドラーバー、アイアンクラブに共通して言える事は、高くティーアップすると球の捕まりが良くなり、球筋が高くなったり、左へ行きやすくなります。また、逆に低くティアップすると球の捕まりが悪く、球筋が低くなったり、右へ行きやすく...

≫続きを読む

 

ショートアイアンで引っ掛けが出る

ショートアイアンヘッドの構造が原因アドレスが原因スイングが原因左に引っかけるスイングの矯正ショートアイアンで引っ掛ける残り100y前後や、ショートホールのティーショットのミスは致命的でバーディーチャンスを逃し大たたきの原因になります。一番多いミスは、グリーンを狙ったショートアイアンを引っ掛けてしまい...

≫続きを読む

 

ショートホールの打ち下しの距離感

ショートホールの打ち下しの距離感ショートホールでは、打ち下しや打ち上げのコースがあり、初心者や一般ゴルファーが何番で打てば良いのか迷う場面があります。通常のコースでは、1ラウンド18ホールの場合のイン、アウトで各2ホールで合計4ホール、カップまでの距離も100~180y前後の短いショートホールが存在...

≫続きを読む

 

ショートホール打ち上げの距離

ショートホールの打ち上げの距離感が分からない日本のゴルフ場は、丘陵・山岳コースが多いため、ピンのフラッグしか見えないような打ち上げのホールや崖の下に打つような打ち下ろしのホールなど急激なアップダウンのあるゴルフコースも珍しくありません。このように、高低差のあるコース、特にショートホールの打ち上げでは...

≫続きを読む

 

トゥ側でインパクトしてしまう

トゥでインパクトの原因がシャフトトゥでインパクトの原因がスイングトゥでインパクトする問題を解消トウでインパクトしてしまうウッド、アイアンのトウ部分でボールを打ってしまう。これは、ネック側でヒットしてしまうシャンクと全く逆で、原因も同じく逆の現因でおこります。トウ部分でインパクトする原因は、アドレス時...

≫続きを読む

 

インパクトで(芯に当たらず)打感が悪い

芯に当たらず打感が悪いドラーバーのテイーアップが原因で起こる芯で打つシャフトの硬さ・重さヘッドが原因で打感が悪い芯で打つ適正クラブ重量芯で打つヘッド機能ウッドで打感をよくするスイングアイアンで打感よくするスインググリップの握り方で打感が悪くなる芯に当たらず打感が悪い打感の悪い原因はスイング軌道がアウ...

≫続きを読む

 

インパクトで体が伸びあがる

インパクトで体が伸びる【起き上がる】前傾姿勢を維持して伸びあがり【起き上がる】防止クラブで前傾姿勢をキープ伸びあがりを押さえる練習方法グーグルとその情報提供者インパクトで体が伸びる【起き上がる】ゴルフスイングで大切な要素のトップの一つに、インパクトで体が浮いてしまうことです。体が伸びると言う事は、ダ...

≫続きを読む

 

インパクトで体がスエ―する

インパクトで体がスエ―するのが止まらないダウンスイングでスエ―する原因の多くは、テークバック、バックスイングで必要以上に右に体重を乗せすぎる、下半身の両膝が右に流れてしまい、ダウンスイングでボールと強く叩こうと力むと、今度は両膝が左に流れるのが原因です。膝が右に体が動けば、ダウンスイングでウエイト移...

≫続きを読む

 

アイアンで強い球を打ちたい

アイアンで強い球を打ちたい強いボールを打つには、インパクトで両肩が開かない強い球を打つアームローテイション/股関節の使い方アイアンで強い球を打ちたいアドレスの基本クリップは基本的にストロンググリップで、アドレス時は強く握らないようにしてください。アドレスではオープンスタンスを取らず、ハンドファースト...

≫続きを読む

 

番手を変えても距離がかわらない

シャッフトによる原因ヘッドのロフトによる原因使用クラブのオーバースペックに問題アドレス・スイングによる原因練習不足とスイング軌道シャフトによる原因で番手別距離が変わらない例えば、7番アイアンで打った距離と、8番アイアンで打った距離が変わらないことがあります。この場合は、次のことが原因と考えられます。...

≫続きを読む

 

初心者、中級者、上級者のクラブ選択は振動数・重量から

初心者、中級者、上級者のクラブ選択の定義初心者のクラブ選択基準は中級者のクラブ選択基準は上級者のクラブ選択基準はデータからシャフトcpmとクラブ重量選ぶスイングの特徴にシャフト特性のタイプを合す弾道、球筋あわせにヘッドを選択初心者、中級者、上級者に合うメーカクラブ情報初心者、中級者、上級者のクラブ選...

≫続きを読む

 

スイングのリズムがわからない

スイングのリズムがうまく取れないスイングのリズムが、わからないゴルファーの大半は、ショットに自信がないゴルファーではないでしょうか。リズムを作るには、ティーアップする前からフィニッシュをするまでの、流れが大切です。自信のないショットを打とうとすれば、緊張や、力みが生まれ、当然良いリズムでスイングでき...

≫続きを読む

 

ゴルフをうまくなりたい

ゴルフをうまくなりたい近年、全てのスポーツにおいて科学的指導がアスリートに行われています。その理由は科学的分析で得られたデータを基に改良や改善を行う事で著しい進化を可能にするからです。ゴルフにおいてスイング、道具の進化は科学の英知で大きく進歩し、その力はクラブの素材開発でプロや一般のゴルファーにも未...

≫続きを読む

 

寄せワンを確実に行うには

寄せワンの打ち方を知りたい寄せワンを確実に行うにはバンカー越えや障害物があり、球を上げるアプローチスイング軌道の取り方,寄せワンを確実に行うにはグリーンの近くまでボールを運び、カップインまで大たたきするゴルファーは沢山おられます。2打目でクリーンエッジまで運びここで往査すれば、精神的にも落ち込んでし...

≫続きを読む

 

アプローチでトップ・ダフリが出る

アプローチでトップ・ダフリが出る手首の使いすぎスイング中の前傾姿勢振り子の原理でミスしない振り幅アプローチでミスの出やすいクラブアプローチでトップ・ダフリが出るテークバックを手首のリストで行なうアプローチのトップやダフリのミスをなくす方法。初心者のアプローチのミスの原因はダフリ、トップがほどんどを占...

≫続きを読む

 

左足下がりのアプローチでトップ・ダフリがでる

グーグルとその情報提供者左足下がりのアプロ―チでトップ、ダフリに悩む左足下がりのアプローチでトップやダフリが良くでる原因は、アドレスとボールの位置がポイントになります。まず、左足下がりの正しい打ち方は、アドレスで、スイング軌道が斜面に沿ってスムースに行えるよう、斜面に対して膝 腰 肩は平行になる様に...

≫続きを読む

 

左足上がりのアプローチでダフリ・距離が合わない

グーグルとその情報提供者左足上がりの打ち方左足上がりのアプローチでダフリが出る原因の多くは、スイング軌道が斜面と喧嘩する場合が多く見られます。そのためには、まずアドレスを正しく構えることが出来るかどうか重要です。アドレスでクラブを短く持ち、極端なハンドファーストでなくややハンドファーストに取ります。...

≫続きを読む

 

つま先上がりのアプロー

つま先上がりのアプローチでミスが続くグリーンを狙ったボールが右に曲がり、グリーンサイドのつま先上がりの斜面で、3打目がの残ってしまう事がよくあります。このようなつま先上がりのライからの打ち方の基本を説明します。まず、ボールの落ちた地点の状態から、クラブ選択が重要なポイントになります。ボールを上げるか...

≫続きを読む

 

つま先下がりのアプローチ

グーグルとその情報提供者つま先下がりのアプローチでミスグリーンを狙ったボールを左にヒッカケてグリーン手前のつま先下がりのラインにボールが止まった。つま先下がりのアプローチでミスの原因は、スイング軌道の再現が上手くできていない場合です。それには、ボールと体の距離間を変えずスイングすること、また、傾斜に...

≫続きを読む

 

深いラフからのアプロ―チ

深いラフから簡単に脱出できるアプローチ距離のある深いラフからの打ち方/使用クラブ比較的深いラフで、ボールの半分程度沈んでいる場合、スイングはクラブを短く持ち、コンパクトにスイングすることが大切です。ラフからの脱出にはインパクトを強く行うために両脇を閉めて、クラブを体から離さずスイング【手打ちでなく体...

≫続きを読む

 

アプローチをいつもショートする

アプローチをショートする理由アプローチをショートしないスイングアプローチで距離に出し方距離が出ない手打ちグリーンの落とし場所を読むアプローチでショートするアマチュアゴルファーのアプローチのミスは、大抵ショートする場合が多いといえます。このショートの原因は、手首を使いすぎでロフトが寝すぎたり、インパク...

≫続きを読む

 

2段グリーンのアプローチ打ち方?

2段グリーンのアプローチの打ち方残り30y程度の上りの2段グリーンを攻める場合の重要なファクターはクラブ選択になります。当然、難易度の高いアプローチで距離感のつかみ方が難しいことです。このような、2段グリーンの場合、アマチュアゴルファーの悩みはどのようなクラブ選択をすればいいのか悩む方が多いと思いま...

≫続きを読む

 

低い球でボールを止めたい(30Y)

30y程度を低い球でボールを止める方法100y程度を低い球を打つ30y程度を低い球でボールを止める方法ショートゲームで、ボールの落とし場所からピンまで下りラインを残す場合、ボールがグリーン上で止まる打ち方を覚える事がスコアーメイクに大きく影響します。初心者の多くは、ピンを大きくオーバーしてしまい、2...

≫続きを読む

 

アプローチでワンクッション入れる打ち方は

アプローチでワンクッション概要ワンクッションアプローチのスイング使用クラブの選択アプローチでワンクッション概要グリーン回りからのワンクッションアプローチとは、アプローチショット(ピッチングエンドラン】の種類と一つになりますが、難易度の高い場合に使うショットの一つになります。ピンがグリーンエッジの近く...

≫続きを読む

 

バンカーショットが苦手

バンカーショットが苦手であるバンカーショットはバンスを上手く使いこなすバンカーショットのアドレスバンカーショットのテークバックバンカーショットが苦手であるバンカーショットを1回で出す3つのポイント【1】アドレス時の手首の角度ハンドファーストの構えを取らず、ハンドダウンで構えてください。これはバンカー...

≫続きを読む

 

バンカーショットが右に出る

バンカーショットが右ばかり出るバンカーショットを打っても右にばかり飛び出し、それを気にするあまり、バンカーでダフリで悩むゴルファーも結構おられます。バンカーショットは砂の中にあるボールを直接打つのでなく、ボールの手前にヘッドを打ち込みその砂のエクスプロ―ジョンで砂とボールを打ち出すショットです。その...

≫続きを読む

 

バンカーショットが左に出る

バンカーショットが低く左に出るアドレスが原因一番多い間違いが、アドレスの構え方でおこります。通常、バンカーショットはフェースを開いてソールのバンスを使い脱出する打ち方になります。バンカーショットは、砂の中でヘッドの開閉は絶対におこないません。つまりフェースは開いた状態で砂のエクスプロージョンで打ち出...

≫続きを読む

 

左足下がりのバンカーでダフリる

グーグルとその情報提供者>左足下がりのバンカーショットでダフリがでる原因バンカーショットの中でも、左足下がりを苦手にしてゴルファーの多くが、通常のオープンスタンスでアドレスを取っていませんか。通常のバンカーショットのアドレスのオープンスタンスでは、右サイドが高くなるため、インパクトの前にヘッドが砂に...

≫続きを読む

 

左足上がりのバンカーショットが苦手

グーグルとその情報提供者左足上がりのバンカーショットでダフリがでる左足上りのバンカーショットが苦手でダフリの出るゴルファーは、オープンスタンスで左足体重になっているため、ヘッドが砂にめり込むのが原因です。左足上がりのスイング軌道はスクープ(バンカーの傾斜)に打つのが基本です。つまり、傾斜に沿ったスイ...

≫続きを読む

 

つま先上がりのバンカーショットでミス

つま先上がりのバンカーショットの打ち方がわからないつま先上がりのバンカーショットは体の正面が高くなっている状況です。これはボールと体の距離が近くなり、体を突っこむスイングではヘッドのトウ側が砂にめり込み、ダフリが出やすい状況になります。そのため、バンカー内のスタンスはつま先だけに力を入れず、足全体に...

≫続きを読む

 

つま先下がりのバンカーショットでミス

つま先下がりのバンカーショットの打ち方がわからないつま先下がりのバンカーショットは体とボールの距離が長くなるため、つま先体重で膝を深く折り、下半身を砂の中で安定させてください。スタンスは、オープンスタンスでスイング軌道はアップライトの軌道になります。前下がりの場合、体とボールの距離は通常の距離より長...

≫続きを読む

 

目玉のバンカーショットでボールが出せない

バンカー内で球が目玉に!何回も打ってしまうまずバンカー内で目玉状態のボールを確認し、脱出の方向を決めなければなりません。バンカー内でボールが目玉になった場合、通常のバンカーショットに比べて、かなり強く打ち込まないと脱出は難しくなります。強く打ち込むため、インパクトでヘッドは砂に潜ってしまいますから、...

≫続きを読む

 

砲台グリーン手前の傾斜でダフリがでる

砲台グリーン手前の傾斜でいつもダフリが出るグリーンエッジからピンまで距離が近い場合グリーンエッジからピンまで距離がある場合砲台グリーン手前の傾斜でいつもダフリが出る目線より高いグリーンや砲台グリーンでいつもダフル!グーグルとその情報提供者上りのグリ―ンや砲台グリーンのアプローチで、いつもザックリショ...

≫続きを読む

 

パッテングの距離感で悩む

パッテングの距離感のつかみ方距離感の決め方目の錯覚からスライス、フックラインは大きめに打つグリーン上で同伴者のラインを確認パッテングの距離感で悩むパターの正しい打ち方パッテングには距離と方向の想像力が必要になります。距離感と方向性のどちらも大事ですが、届かないパッティングは方向が合っても絶対に入りま...

≫続きを読む

 

ロングパットはファーストパットで決まる

15y・20yの距離感をつかめば3パットは解消!ロングパットのファーストパットが重要な訳一般ゴルファーがピンを直接狙いショットしても、なかなかピンに寄るショットを打てないのが現実ではないでしょうか。せっかくグリーンオンしたが、結果、ピンまで長い距離のロングパットを残してしまった場合、一般ゴルファーの...

≫続きを読む

 

ストロークの取り方がわからない

パターのストロークの方法が分からないパッテングの基礎からまず理解してください。パッテングは要するに、インパトでクラブフェースが正しくスクエアーに戻れば、どのような打ち方でもいいわけですが、やはりフェースをスクエアーに戻してボールを打つための理論があります。この理論は、人間の体を動かすための法則で、自...

≫続きを読む

 

パットを芯で打つ方法

パットを芯で打つ方法この芯で捕えることが、距離感を正確に身に着け、ライン通りにボールを打てるのです。パターの上手、下手はスコアーに大きく影響します、初心者や一般ゴルファーのスコアーの4、5割近くはパター数で占められています。それほど、パターの打数はスコアーと直結しているのです。プロの場合の平均パット...

≫続きを読む

 

上り下りのパット術

下りのパット・上りのパットを上手く打つ術下りのパットを上手く打つ理論下りの速いラインは、難易度の高いパッテングで、距離感を掴むのが非常に難しく、カップを何メートルもオーバーし、返しのパットをは外したり、最悪の場合カップを行ったり来たりしてしまいます。この距離感の狂いは、目の錯覚が原因でおこります。ボ...

≫続きを読む

 

パットで上り下りの距離感

距離を正確に打つ3つポイントグリーン上で、登り、下り、平坦なパッテングであっても、パターヘッドの芯でインパクトできないと、打つ度に距離が変わってしまっては、カップインは偶然の結果になります。そこで、上り下りの距離を正確に打つポイント1は、ストローク中はスイング軸を絶対に動かさないように意識して、下半...

≫続きを読む

 

ショートパットが苦手

ショートパットが苦手で外すショートパットを打つストロークの注意ショートパットが苦手で入らない1m以内のショートパットを苦手で悩んでいる方の原因はいくつかあげることができます。ショートパットの苦手な方は(入れなければ)と意識が強く、体か硬直して、普段通りにストロークが行えないからです。ただ、この苦手意...

≫続きを読む

 

下りのパットが苦手

下りのパットを確実に打つ下りのパターの外し方下りの距離感で錯覚下りのパットを確実に特に傾斜のある下りのパットはプロでさえ3パットの危険をはらんだ難易度の高いパッテングになります。何故か、例えば上りのパットはボールを強く打てるため、ボールは傾斜に余り影響されませんが、下りのパターはボールを余り強く打て...

≫続きを読む

 

パターでフックライン、スライスラインの打ち方

パターのスライスライン・フックラインの打ち方アドレスでボールの位置を変えるアドレスのウエイトの置き方グリップの仕方でインパクトのイメージを持つストロークの取り方曲がりのラインで3パットしない外し方ボールの位置を変え、両手グリップの強弱に変化を!パターでスライスライン・フックラインの打ち方ゴルファーに...

≫続きを読む

 

パターの球の転がりを良くしたい

球の転がりはヘッドの自然な開閉球の転がりを良くする打ち方インパクトはシャフトの最下点ボールの位置をチェックロフトを正しく使用ボールの転がりを縦回転にする芯でボールの腹を打つパターの名手と呼ばれるゴルファーは球の転がりが良いのが特長です。球の転がりはヘッドの自然な開閉パッティングのストロークでは、アド...

≫続きを読む

 

重いパターと軽いパターの違い

重いパターと軽いパターでの慣性力の違い重いパターの特徴軽いパターの特徴重いパターと軽いパターでの慣性力の違いパターの重さは個人により、また、時代によりその重さの基準は法則化は出来ませんが、市販のパター重量は400g~650g内で、市販の大半のパター重量は450g~550gに設定されています。適正クラ...

≫続きを読む

 

パターグリップは太目か細目が良いのか?

太目のグリップはフック・引っ掛けの出やすい方に 細目のグリップはスライスラインに出やすい方にパターグリップは太目か細目が合うのか分からないパターグリップの太さは、大きく“太め”“普通”“細め”に分けられますが、それぞれに合うヘッドと合わないヘッドがあります。。細いグリップは、握りやすく、軽くて振りや...

≫続きを読む

 

グリーンの芝の順目、逆目の見方がわからない

高麗グリーンとベントグリーンの芝の違い芝の順目逆目の見極め方の基本高麗グリーンとベントグリーンの芝の違いグリーンの芝の状態を知る事で、いかに少ない打数でパットをおえるがスコアーアップに直結します。日本のゴルフ場の場合、グリーンの芝種の多くはベント芝かコーライ芝が使用されています。コーライグリーンは葉...

≫続きを読む

 

グリ―ン周りからのアプローチを迷う

パターの寄せはウエッジに比べ多くの要素が絡むアプローチと違い、単純な距離感の計算だけで済みリスクが少ない!グリーンの周りからパターの打ち方グリーンの外からカップに寄せる方法として、ウエッジで寄せる方法とパターで寄せる方法の2通りがあります。ウエッジでの寄せは高さ+キャリー+スピン+転がりなどの要素を...

≫続きを読む

 

上り下りのパッテングの打ち方の違い

上がり下りのパッテングの打ち方で悩むグリーン上のパットは、平坦なラインが残ることは少なく、上り下りのラインがどうしても残ってしまいます。プロの場合も含め、一般ゴルファーんの多くは、下りのパットはカップをオーバーしてしまい、逆に上りのパットはカップにとどかずショートしてしまいのが常です。これは、ボール...

≫続きを読む

 

ウッドの中でどうしても合わないクラブがある

ウッドの中でどうしても合わないクラブが?⁠実際のデータを使い説明いたします。どうしてもウッド中での1本がしっくりこないクラブ、このように使いずらいクラブの場合、データを取れば簡単に原因を把握できます。上のグラフはシャフトの動的硬さグラフに表しています。同じリズム、タイミングはブルーの太いラインになり...

≫続きを読む

 

バンカー越えのアプロ―チ

バンカー越えグリーンに打つアプローチバンカーに入れてしまう原因グリーンオーバーする原因バンカー越えのショットでグリーンに打つアプローチ特にピンとバンカーが近い場面、前のバンカーにいれてはいけない、オーバーしてグリーンを外さないか、の不安からミスするのが一般的な原因ですが、この不安を取り除く事が重要で...

≫続きを読む

 

パターが練習マットで入るが本場で外れる

練習マットでは入るが本場のグリーンでショートする「パットを制する事は世界を制す」ウオーター・トラビスパットの重要性を述べた格言ですが、一般的には、パット数は、スコアの実に40~50%前後を占めます。それほど、パターの占める割合は大きく、100切りを目標とされているゴルファーには、パターの克服がこの目...

≫続きを読む

 

短いアプローチ【グリーン周り】でシャンクが出る

グリーン周りなどの短いアプローチでシャンクが出る20~50ヤード程度の短いアプローチだけシャンクが頻発する!アプローチのシャンクはインパクトでフェースが開く事が原因で歯に当たればトップ、ネックに当たればシャンクになります。そこでフェースが開く多くの原因はアドレス・テークバックです。アドレス・テークバ...

≫続きを読む

 

軽量ドライバーは飛距離アップできるか?

軽量ドライバーと重いドライバー近年ゴルフクラブは、素材の進歩で画期的に軽量化が計られてきました。一般的に言って、ドライバーで280g前後が軽量クラブ、300gが重いクラブに分類できます。これは、ゴルフクラブヘッド190g~200gの範囲で製作されており、シャフトの軽量化で280gと非常に軽いドライバ...

≫続きを読む

 

ドライバーで当たり負けする

ドライバーで当たり負けするドラーバーで当たり負けするとよく言いますが、シンプルに表現すれば、インパクトで芯を外すことで、ヘッドの抜けの悪いインパクトを行った場合です。この抜けの悪さは、インパクトでフェースが開きヘッドターン不足でおこり、そのほとんどがスイングや使用クラブの不適合から起こるのです。普段...

≫続きを読む

 

腰のリードでスイングするとスライスに悩む

腰のリードでスイングしてもスライスが出る?ダウンスイングで腰のリードで行っているのも関わらずスライスを打ってしまうことがあります。トップからフィニッシュにいたるまで、地面に対して角度を持った角運動で、体の中心の腰のリードでスイングするのは、当然の正しいスイング理論になります。そのように腰のリードでス...

≫続きを読む

 

腰の回転は上半身のネジレから

腰の回転は上半身のネジレから初心者は腰の切り方が分からない、中級者の多くは腰の切り方が間違っているゴルファーが以外に多いことです。テークバックからバックスイングにかけて腰の使い方は、スイングの上半身のネジレ【捻転】を作る上では必要不可欠な要素です。さらに、ダウンスイングでスイング軌道やウエイト移動を...

≫続きを読む

 

早打ち・打ち急ぎの修正

早打ち・打ち急ぎを直したい早打ち・打ち急ぎのすべて、トップスイングの切り返しが早いことが原因です。良くスイングは1,2,3のリズムでスイングするのですが、早打ち・打ち急ぎはこの2が抜けることです。これは、トップスイングの間が取れず、上半身と下半身が同時に回るスイングでスイング軌道がアウトサイドインで...

≫続きを読む

 

ラフからのクラブ選択

ラフからのクラブ選択ラフからのクラブ選択のミスは大きな怪我の元になります。ライの状態を注意深く観察して、クラブ選択をする必要があります。ラフの芝が比較的短めで、芝目も順目であれば、どのクラブの使用も可能ですが、ボールの沈み具合や、芝目によっては距離を考えたクラブ選択は出来なくなります。当然クラブ選択...

≫続きを読む

 

確実に10打縮めるテクニック

確実に10打減らす方法は、スタート前の準備、テイーショット、アプローチ、パターの分野で1打でもミスを減らすことです。ダブルボギーをボギーにトリプルボギーダブルボギーにすればいいのです。更に練習でのナイスショットが50%以下のクラブは入れない使わないを徹底してください、3Wとかロングアイアンは抜いてく...

≫続きを読む

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト