シャフト理論

飛距離アップのポイントはシャフト理論

 

 

ゴルフシャフト

 

 

飛距離アップできるシャフト理論

 

シャフト理論は、ゴルフクラブの話題と言えばクラブヘッドに関心が集まりがちですが、ゴルフクラブにとって、むしろヘッドより重要な役割を果たしているのがシャフトといえます。

 

その理由は、シャフトがスイングを決める最大の要因になるかで、つまりシャフトの硬さや、重さ、長さ、シャフトの特性が直接ボールの飛距離や弾道に大きな影響を与えるからです。

 

そのことから、ゴルフスイングを正しく行うにもシャフト理論を理解することが、とても重要で上達の早道です。

 

 

クラブか・スイングが先か?

シャフトの役割と基礎知識
シャフトの重要性とメカニズム 正しいシャフト選択
シャフト測定方法の問題点 シャフト固有振動数
シャフトの絶対硬度 シャフトとヘッドスピード
飛距離とミート率 インパクトのミート効率
シャフトのシナリ スチール・カーボシャフト
シャフトのキックポイント シャフトトルク
シャフトのタイミング シャフト振動数
シャフト重量フォロー 硬いシャフト・柔らかいシャフト
シャフトを長くする・短くする シャフトメーカの振動数・重量情報

 

 

 

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

 

 

楽天ゴルフ

アマゾンゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

ブランド別ゴルフクラブはこちらから

ロフト角とヘッドスピード

 

 

メーカ別シャフト装着はクラブこちらから

グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト

 

aaa

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト

 

 

ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

グリップ

GPSナビ

コンペ用品

その他

 

人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。

 


 

 

 

ラウンド中のコース戦略のための対応やクラブ選択についての情報

 

難し状況での打ち方

 

 

 

キャンペーン

コンペ予約

ショートコース

海外予約

地域別ゴルフ場検索

北海道

青森

岩手

宮城

秋田

山形

福島

茨木

栃木

群馬

埼玉

千葉

東京

神奈川

山梨

長野

静岡

新潟

岐阜

愛知

三重

富山

石川

福井

滋賀

京都

大阪

兵庫

奈良

和歌山

鳥取

島根

岡山

広島

山口

徳島

愛媛

高知

福岡

佐賀

長崎

熊本

大分

宮崎

鹿児島

沖縄

全国ゴルフ練習場検索

 

 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る

 

 

シャフト理論記事一覧

シャフト理論の定義

シャフト理論の定義と物理的理論の理解シャフトで飛距離アップ、方向性を安定させるメカニズム当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手...

≫続きを読む

 

クラブが先か?スイングが先か?

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野において...

≫続きを読む

 

シャフトの役割と基礎知識

シャフト理論の定義シャフトによる飛距離アップ・方向安定のメカニズムシャフトの種類の役割と重要性カーボンシャフトの特徴と製造工程アイアンステールシャフトの特徴と製造工程シャフトの特性粘り系・弾き系最新メーカシャフト情報を見る当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量...

≫続きを読む

 

シャフトの重要性とメカニズム

シャフトで飛距離アップ、方向性安定のメカニズムシャフトの重要性とその役割シャフトで飛距離アップ、方向性安定のメカニズム当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FM...

≫続きを読む

 

シャフト選択のポイント

シャフト選択のポイントシャフトの硬さ、振動数【cpm】・トルク・コックポイントシャフトの硬さに適合ヘッド機能無理なくスイングできるクラブ重量当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597...

≫続きを読む

 

シャフト測定の問題点

現状、メーカー表示のシャフトスペックの問題点静止学的測定方法振動数による動的測定方法長さで起こるシャフトの硬さの変化静止状態で起こるバランスの問題点当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第...

≫続きを読む

 

シャフトの振動数の定義

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野において...

≫続きを読む

 

固有振動と長さ、バランスの関係

固有振動数が長さとバランスで変化する定義固有振動数は字のごとくシャフトの持っている固有の硬さで、異なる負荷を加えてもシャフトのシナリ(波長の時間)は変化せず、振動数の値は変わりません。例えば260cpmのシャフトを異なったヘッドスピード(40m/c 45m/c 50m/cのスピード)でスイングしても...

≫続きを読む

 

シャフトの絶対硬度

シャフトの絶対硬度の持つ意義絶対硬度の実例振動数を管理できる絶対硬度絶対硬度の振動数とインパクトのタイミング当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズ...

≫続きを読む

 

シャフトのタイミングのメカニズム

シャフトのタイミングのメカニズムとはシャフトタイミングと固有振動数シャフトのタイミングと時間シャフトのタイミングに影響を与えるキックポイント当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597...

≫続きを読む

 

シャフトとヘッドスピードの一致

シャフトとヘッドスピードの一致は重要不一致で起こる問題点シャフトとヘッドスピード一致と打ち出し角ゴルフクラブメーカー当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMR...

≫続きを読む

 

ミート効率で飛距離アップ

飛距離アップ、正確なショットはミート率で決まります。ミート効率を上げボール初速を高める方法のメカニズムを理解することが重要!ミート率を上げて飛距離アップミート効率の算出方法と飛距離ミート率を高めるスイングゴルフクラブメーカー当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重...

≫続きを読む

 

シャフトのスイートスポット

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野において...

≫続きを読む

 

ミート効率を高めるシャフト振動数とライ角

ヘッドスピードと適合シャフトで正確な方向性振動数とライ角の重要性はヘッドスピードのミート率ヘッドスピードと振動数の不一致で起こる問題シャフトの硬さとインパクト時のライ角度データから読み取るシャフトの硬さとライ角度の関連シャフト不一致を波動から見たスライス フックの原因当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラ...

≫続きを読む

 

シャフトの キックポイントの役割

キックポイントの役割先調子、中調子、元調子シャフトの弾道とその特徴キックポイントの特徴からシャフトを弾き系と粘り系に分類キックポイントの総論当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597...

≫続きを読む

 

シャフトのトルクとヘッドスピード

シャフトのトルクの役割カーボンシャフトとトルクシャフトのトルク値と適応傾向シャフトのスパインシャフトのゆがみシャフトトルク測定法当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、...

≫続きを読む

 

シャフトの振動数

シャフトの持つ振動数固有振動とシャフトのタイミングシャフトの振動数と長さヘッドスピードとドライバーの最適振動数当サイト筆者は、日本で最初にゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明、特許出願しその後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789...

≫続きを読む

 

シャフトのシナリ理論

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野において...

≫続きを読む

 

シャフトのフレックスと振動数

シャフトのフレックスと振動数の違いスイングのタイミングは振動数一般シャフトフレックスと振動数当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、...

≫続きを読む

 

スチールシャフトとカーボンシャフトの違い

カーボンシャフトとステールシャフトの違いカーボンシャフトの特徴スチールシャフトの特徴シャフトは重さとしなりが重要カーボンシャフトとステールシャフトの違い(アイアン)ゴルフスイングはシャフトの素材、性能により大きく影響されます。スチールシャフトとカーボンシャフトでは、平均50g程度シャフト重量が異なり...

≫続きを読む

 

シャフト重量と重量フロー

yahooゴルフ用品コーナークラブ重量とシャフト重量シャフト重量と振動数シャフト重量フローウェッジの重量フロードライバーとフェアウエー、ユーティリティの重量フロードライバーシャフト重量を基準にしたFw Ut アイアンシャフト重量当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並び...

≫続きを読む

 

重いシャフトと軽いシャフトのメリット・デメリット

重い(硬い)シャフトと軽い(柔らかい)シャフトのメリット・デメリット柔らかいシャフトと硬いシャフトの違い「シャフトがスイングを作る」と言われていますが、シャフトの硬さや重さはスイング作りにとても重要なファクターです。実際柔らか過ぎたり、硬すぎるシャフトにはメリットデメリットがありますが、それには自分...

≫続きを読む

 

シャフトを長くする、短くする

シャフトを長くする飛距離を伸ばしたい人にはシャフトの長さを調整することで、効果が出やすくなります。特にドライバーで飛距離を伸ばしたい人はヘッドだけでなくシャフトの長さをチエックすることが重要です。それは、シャフトはヘッドスピードやミート率、初速、スピン量などはシャフトの性能により大きく左右されること...

≫続きを読む

 

シャフトメーカー情報

グラファイトデザインシャフトのスペック資料ツアーAD シャフト振動数データはこちらからフジクラシャフトのスペック資料フジクラシャフトの振動数と重量データはこちらから三菱シャフトのスペック資料三菱シャフトの振動数と重量データはこちらからATTASシャフトのスペック資料ATTASシャフトの振動数と重量デ...

≫続きを読む

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト