ドライバーのスイング理論

ドライバーのスイング理論


メニュー

 

 

動画からスイング理論をまずご覧い頂き、重要なポイントを読み取ってください。動画参照はこちらから、、

 

 

 

ドライバーで飛距離アップと正確なショット

 

ゴルフのスイングにおいては、ゴルフクラブ同様、ゴルファー人一人の個性があり、自分のフィーリングに合うスイングを目指すことは大切なことです。

 

ただ言えることは、自分のフィーリングを進化させ、自分に合うスイングを作るには、どの様にスイングすれば、ボールが遠くに飛ばせ、正確なショットを打てるのか、最低限必要なスイングの知識を身に付けてこそ、次にこう打てばさらにいいショットが打てる理屈がわかるのです。

 

ここで、ゴルフスイングは野球やテニスと違い、高速で飛んでくる球に反応して打つのでなく、地上に止まっているボールを打つことです。

 

野球の様に90度のエリアに打ち返すのでなく、出来る限り狙った位置にボールを打たなくてはなりません。

 

つまり、ゴルフの場合のヒィテングポイントは、非常に小さいことがわかります。例えば、ストレートにボールを打つことは3つの条件が揃って初めて目標に向かて真っすぐ打てるのです。

 

その3つとは、インパクトでフェースが目標に対して真っすぐ向いている、スイング軌道がインパクト時ストレートになっている、フェースの中心つまり芯でボールを打つ、この3つが揃って初めてストレートの球を打つことが出来るのです。

 

この様に考えるとストレートにボールを打つ難しさが理解できると思います。これは、静止しているボールを打つ難しさです。

 

つまり、静止したボールを打つ場合、スイングの影響がすぐ結果になってボールに現れることです。

 

ヘッドスピードとボールのミート率は飛距離に、スイング軌道によるインパクトのフェース向きは方向性に、フェースの芯で打てるかどうかは飛距離と方向性と、難しい要素が一杯スイングには潜んでいるのです。

 

ただ、スイングは一連の流れで行うもので、スイングにおける体の使い方や、筋肉の使い方にはお互い連動しており、このメカニズムを覚えることで上の3つの課題は解消でき、飛距離アップや方向性の安定に繋がります。

 

その為にも、正しいスイングをするためのメカニズムを知ることで、初めて理想のスイングが出来る事を理解してください。

 

下のスイング理論では、アドレスからフォロースルーまでの各ポジションで、有効な体の使い方やクラブの扱いについて詳しく解説しています。

 

基礎から学んだ知識で、自分に最適なスイングで飛距離アップや安定した方向にボールが打てるノウハウを吸収してください。

 

 

グラブとバック

 

 

ヘッドスピードを上げるスイング理論

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライバーのスイング理論記事一覧

#ドライバー・理想のアドレス

理想のアドレスとはアドレスの前傾姿勢スタンスの取り方アドレスのボールの位置アドレスのグリップ位置正しいアドレスのチェックポイント理想のアドレス理論アドレスはゴルフスイングのスタートラインです。アドレスが正しく構えられなければ、その後の、スイングをリズム良く振れず、ボールを芯で捕えることはできません。...

≫続きを読む

 

#ドライバ―のテークバック理論

テークバック理論テークバックの各部位テークバックからバックスイングの各部位ゴルフクラブメーカーアドレスでは両肩の力を抜いて、スイング軸を意識してテークバック、バックスイングをおこないます。その場合の注意点は、スイング軸に対して両肩の回転が90度の角度を持つことが、スイング軌道の再現性の安定につながり...

≫続きを読む

 

#ドライバーの理想のトップスイング理論

トップスイングの理論とはトップの各部位ゴルフクラブメーカードライバーの理想のトップスイング理想のトップスイングはアドレスから腕の使い方、肩の使い方が出来てこそ理想のトップスイングが可能になることです。理想のトップスイングは,、ダウンスイングでリリースがしやす下半身の安定と腕、腰、クラブの位置が重要で...

≫続きを読む

 

#ダウンスイング理論

ダウンスイング理論とはヘッドスピード上げる慣性モーメントダウンスイングの各部位ゴルフクラブメーカートップからダウンスイングダウンスイングの理論正しいトップを作ることが力強いダウンスイングを行える必須条件になります。トップからダウンスイングの切り替えしのポイントは、トップで溜められたたネジレを一度止め...

≫続きを読む

 

インパクト理論

理想のインパクトの取り方理想のインパクトは、ダウンスイングで体のネジレからシャフトに溜めたエネルギーをヘッドを通して効率良くボールに伝えることになります。ダウンスイングはボールだけを強く叩く意識をせず、長いインパクトゾーンを想定してインパクト後はクラブヘッドを低く長く出し、フォロースルーに繋げること...

≫続きを読む

 

ヘッドスピードを加速するフォロースルー

フォロースルーの加速で理想のフィニッシュを作るインパクトの延線上がフォロースルーフォロースルー・フィニッシュは正しいアームローテイションまとめフォロースルーの加速で理想のフィニッシュを作る最初に、フォロースルーの重要性は2点でです。ダウンスイングの要素にヘッドのスピードを加速させるか、減速させるかで...

≫続きを読む

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト