シャフトが合わない原因

シャフトが合わない原因

 

診断ドアー


メニュー

 

 

メニュー

 

マッチしたシャフトはスイングを作る

 

シャフトのミスマッチで起こるミスショット

 

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得。(第2597789号)、大手ゴルフクラブメーカ、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

クラブのシャフトがスイングを作る

 

近年、スポーツ界の道具において科学的進歩には目を見張るもがあります。

 

ゴルフの道具においても、科学や物理の進歩の貢献により、新素材の開発で画期的な進歩を遂げてきました。

 

ゴルフは年齢にかかわらず、どなたでも行えますが、れっきとしたスポーツでスイング、道具もこの理論で目覚ましい進化を遂げてまいりました。

 

昔に比べ驚く程の飛距離の伸び、スイングの効率など目を見張るものばかりです。これらは、何故の原因,を、さらに改善したい願望により科学的、物理的理論を基に答えを導いた積み重ねの結果です。

 

当サイトはゴルフ理論でクラブ選定方法の特許を平成8年に取得(第2597789号)。日本で初めて振動数理論,重量管理理論を提案、富士通FMシリーズで、ブリヂストン、マミヤOP、サムソンなどに、情報を提供し、この分野においては日本のシャフト業界のパイオニアとして貢献してまいりました。

 

当サイトでは、ゴルフ理論で初心者の方や、スキル向上を図るゴルファーの方に、結果から原因を理論的に理解していただき、クラブの選び方、理想のスイング作りの分野で、迷いや、悩みを解決できるよう解説しています。

 

このカテゴリーでは、特許のデータを基本に問題点を提起し、解決の方法を理論的に説明していきます。

 

興味のある、気になる記事を是非、ご覧いただきお役にたてる事を確信し記事にしております。

 


 

まず、自分では正しいスイングをしているのに、どうもシックリこないクラブがあるに気づかれるゴルファーもおられるはずです。

 

そんな時、なぜシックリこないのかがわからなく、一般のゴルファーはショットの結果から、どうしての疑問が湧くのではないでしょうか。

 

その原因を、多くのゴルファーの使用クラブを分析た結果、シャフトの硬さやクラブの重量が微妙に合わないために、飛距離や方向に大きく影響することがわかります。

 

クラブの合う合わない原因は、シャフトによる場合が結構関係してきます。その理由はシャフトはクラブの中で唯一動的な動きをするからです。

 

このインパクトの瞬間は1万分の数秒で、自分でコントロールできず、シャフトのシナリの影響が顕著に出てしまうことです。

 

このシャフトの動的な動きが、スイングを作ると言っても過言ではありません。ボールに与えるエネルギーを導くのはヘッドでなくシャフトになるからです。

 

正確にインパクトするには、シャフトの硬さやクラブ重量、トルクが密接に関係してきます。

 

そこで、自分の、悩みに当てはめて、シャフトの硬さと重さを比較してください。必ず、原因がわかり解決の手段が見えてきます。

 

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さには3パターン

 

ヘッドスピードとシャフト復元スピードが一致してパワーが合体

パターン 1
justインパクト

ヘッドスピードとシャフトタイミングが一致して、インパクトのフェース面が正面でボールえお捉える事で、球筋はストレートで飛距離も伸び、方向も安定する

このようなパターンの場合、シャフトの復元タイミングとスイングスピードが合っていることになります。また、クラブ重量はシャフト重量と比例し、スイング中最大の質量が回転軸に集中できスイングのブレがなく安定します。

 

ヘッドスピードとシャフト復元スピードが不一致でパワーの合体が出来ない

 

パターン 2
ネック2

 

ヘッドスピードに比べシャフトのタイミングが速すぎ、インパクトでフェースが開いてスライス、飛距離はロスする

このようなパターンの場合、シャフトの復元タイミングがスイングスピードより早すぎることでボールにあたる直前でシャフトの最下点を迎えることです。結果シャフトのパワーを十分使うことが出来なくなります。また、クラブ重量はシャフト重量が重すぎ、スイング中最大の質量がスイング軸に集中できす、ヘッド側に慣性モーメントがが働きスイングが不安定になります。

 

 

 

ヘッドスピードとシャフト復元スピードが不一致でパワーの合体が出来ない

 

パターン 3
ネック2

 

ヘッドスピードに比べシャフトのタイミング遅く、フェースがカブリ、飛距離は出るが、フックで低弾道になる

 

このようなパターンの場合、シャフトの復元タイミングが遅く、インパクト直後で迎えます。結果シャフトのパワーを十分使えますが、インパクトのタイミングが遅くフェエースがカブル状態で方向性が不安定化します。また、クラブ重量はシャフト重量が軽く、スイング中最大の質量が回転軸に集中です、スイング軸側に慣性モーメントがが働きスイングが不安定になります。

 

シャフトのタイミングに影響する特性も合わせてチエックすることです。

 

上の3パターンを弊社のAIを駆使した分析システムで分析すると以下の通りになります。
上の記事で説明しているように、クラブでは動的な動きはシャフトのみになります。

 

そこで、シャフトの復元「シナリ速度」を時間経過で表すと以下の表になります。

 

 

シャフトの硬さ

シャフト復元時間

タイミング

適合

パターン 3 240cpm

0.0625秒

遅い

×

パターン 1 250cpm

0.06秒

パターン 2 260cpm

0.057秒

速い

×

 

また、この特性とは、シャフトの粘り系、弾き系でスイングのリズムを決めるファクターの一つになるからです。

 

 

 

 

 

 



診断ドアー

間違いだらけのクラブ選び、飛距離アップ、スコアーアップはAIを駆使したSEA&Dで、無料診断受付中!

 

 

合わないシャフトで起こるミス

 

コックの作り方

 

合わないシャフトの原因を明確にするため、従来のメーカのシャフトの硬さ表示のA,R,S,Xではなく、シャフトの復元スピードである振動数(cpm)を用いて解説します。メーカのシャフトスペックRやSの硬さでは、シャフトの復元スピードを時間に置き換え明確にすることが出来ないことから、シャフトのシナリ速度を時間で捕えることの出来る振動数の採用で説明していきます。

 

justインパクト
ドライバーでスライスがでて、いい当たりがヒッカケてしまう

 

justインパクト
ドライバーでフックが出て止まらない

 

justインパクト
ロングアイアンがどうしても打てない

 

justインパクト
ミドルアイアンでスライスが出る

 

justインパクト
ショートアイアンがシックリこなく苦手

 

justインパクト
アイアンで番手どおりの距離が打てない

 

 


今がおススメ・旬のキャンペーン特集


シャフトが合わない原因記事一覧

ドライバーでスライスが出る

ドライバーでスライスがでるスイング軌道ヘッド・シャフトが原因でスライススライスの原因がトルクシャフトのシナリのメカニズムクラブ重量が原因でスライススライスしずらいヘッドモデルシャフトの特性を生かしスライス防止スライスさせないスイング当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論...

≫続きを読む

 

ドライバーでフックが止まらない

ドライバーでフックがでるスイング軌道ヘッド・シャフトが原因でフックシャフトが柔らかすぎる場合クラブ重量が軽すぎシャフトのシナリのメカニズムフックしずらいオープンフェースのモデルスイングが原因でスライス当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元...

≫続きを読む

 

ロングアイアンが打てない

ログアイアンの特徴と打てない原因ロングアイアンを打ちこなすスイングシャフトのシナリのメカニズム当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして...

≫続きを読む

 

ミドルアイアンでスライスがでる

ミドルアイアンのスライスとシャフトのアンマッチシャフトのタイミングの違いで起こるスライスシャフトのシナリのメカニズムその他の原因【スタンス、ボール位置、フェース向き、前傾姿勢、グリップ】当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後...

≫続きを読む

 

ショートアイアンがシックリこない

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカマミヤOPに情報提供、この分...

≫続きを読む

 

アイアンの距離が合わない

距離が一定しない原因がシャフトシャフトのシナリのメカニズムインパクトでボールをすくい上げることが原因正確に距離を刻むアドレスのスタンス当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789...

≫続きを読む

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト