ゴルフ理論で100%満足!の飛距離アップ、スコア―アップが実現

ゴルフ心理学

 

 

グラブとバック

 

 

ゴルフの心理学 1 ルーテイー
ゴルフの心理学 2 マインドコントロール

ゴルフの心理学 3 イメージトレーニング
ゴルフの心理学 4 上達にはポジティブでシンプルでタフになる
ゴルフの心理学 5 プレッシャーをプラス志向
ゴルフの心理学 6 難しホールで複数の欲を持たない

 

 

 

メニュー

ゴルフ場予約・一人予約・コンペ予約・海外予約・キャンペーン・ショートコース

 

ゴルフ心理学記事一覧

ルーティン

ルーティンとはスポーツの世界で集中力を高める方法の中に「ルーテイン」と言う方法があります。このルーテインは同じ動作を繰り返すことを意味し、望ましい動作をするために行う習慣や行動のことです。スポーツにおいては、試合でパフォーマンスを行う前に取り入れられることが多いです。例えば 野球の一郎選手の打席での...

≫続きを読む

 

マインドコントロール

マインドコントロールとはゴルフはマインドのスポーツと言われています。精神状態がプレーに直結しやすいスポーツなのです。心の安定をはかり、必要な強い精神力を引き出す方法としてマインドコントロールがあげられます。そのため、多くのプロゴルファーは感情をコントロールするさまざまな方法を活用しています。最近では...

≫続きを読む

 

イメージトレーニング

イメージトレーニングとは最近、明らかになった脳の特性「脳は現実と想像を区別できない」という事実があります。この脳の特性を生かしたトレーニングがイメージトレーニングです。この、脳の特性を理解すれば、「経験」「想像」が実体験を重ねていることになります。つまり、空想でも実体験出来ていることになるのです。こ...

≫続きを読む

 

上達にはポジティブ・シンプルでタフになる

タフなゴルフはポジティブ・シンプル初心者のゴルファーが、ミスの連鎖を起こし、スコアーを大きく崩す原因に、経験の浅さやスキルの未熟以外に、心理的なプレッシャーによる崩れがあります。このようなことが、朝一ショットで見かける光景です。どんなに経験豊かなゴルファーでも、この朝一番のティーショットは緊張するも...

≫続きを読む

 

プレッシャーをプラス志向に

プレッシャーのマイナス志向をプラス志向にゴルフのプレーはプレッシャーとの戦いといえます。朝一のテイーショットはうまく打てるか、OBを打たないかなど、体の筋肉が硬直し、精神的にも大きなプレッシャーがかかつてきます。このプレッシャーに負け上手くいかないことも多いのがゴルフです。このプレッシャーを悪者扱い...

≫続きを読む

 

難しいホールは複数の欲を持たない

欲を複数持たず、1本に絞るゴルフは心理面の影響を強く受けるスポーツです。ラウンドで実際プレーする時間はほんの僅かで、考える時間が多くあるのがゴルフです。歩きながら、ああすればいいか、こうすればいいか等、考える時間が多く、その分欲を多く抱いてしまいます。そこで、アマチュアの多くが、ホールでテイーアップ...

≫続きを読む

 

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト