アイアンの選択

アイアンの選択

 

メニュー

 

自分に合うアイアンの選択

 

アイアン素材・ソール幅・ロフト・セッティング

 

シャフトの振動数と重さ

 

アイアンシャフトの振動数管理【調和】

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さ【5アイアン・7アイアン】

 

 

メニュー

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得。(第2597789号)、大手ゴルフクラブメーカ、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

 

 

自分に合うアイアンの選択

 

ドライバーと違い、アイアンは地面の上にあるボールを打つことが多く、ダフり、トップといった大きなミスが出やすいため、初心者がアイアンに苦手なイメージを持っているゴルファーが多くおられます。

 

アイアンは直接グリーンを狙うクラブとしてスコアーメイクに大きく影響を与えるクラブになりますが、ソール面が薄く重心深度の浅いことから、ボールを上げようとミスの出やすいクラブです。

 

その意味で自分に合うアイアンクラブを選ぶことがラウンドを楽しくプレーすることが出来ます。

 

まず、自分に合うアイアンの選び方で一番注意する点は、ドライバーの流れからアイアンを選択することです。

 

具体的には、重量フローがきっちり管理されているかどうかです。この重量管理がされていることで、シャフトの硬さ(振動数)も自然と管理できることになります。

 

ゴルフのラウンドは、ドライバーとアイアンの両方を使い分けプレーします。ドライバーとアイアンの機能が異なればよいパフォーマンスを行えないと理解してください。

 

 

 

メニュー

 

 

アイアンヘッドの素材

 

一般的に軟鉄を使って鍛造製法によって作られた軟鉄鍛造モデル(フォージド)は打った時の手に伝わる感触(打感)がやわらかく、アイアンの打感にこだわるゴルファー向きです。
また、軟鉄の素材はライ角が自由に調整できる利点があります。

 

一方鋳造アイアンは、複雑な設計が可能で複合の素材を組み合わせたアイアンヘッドで、操作性より打ちやすさ求めるゴルファー向きになります。

 

鍛造アイアン売れ筋商品はこちらから参照

 

鋳造アイアン売れ筋商品はこちらから参照

 

ミスを抑えるキャビティアイアンはこちらを参照

 

構えやすくボールの捕まえやすくアイアンを苦手とされるゴルファーに

 

NSプロの850GHやゼロスなど軽量系のスチールシャフト装着アイアンです。
スイングしやすくヘッドスピードを上げる軽量ステールシャフト

 

 

 

クラブの番手

 

アイアンクラブは現在5番から9番アイアン、PWの6本セットが一般的で、以前は3番、4番アイアンが主流でしたが、一般ゴルファーには打ちずらいロングアイアンはあまり使用されなくり、その番手の代替えクラブとしてユーティリティクラブの普及が進み5番からPWの6本セットが主流になりました。

 

アイアンの番手は、数字が大きくなるほどクラブの長さが短く、ロフト角が大きくなり、飛ぶ距離も短くなります。またクラブ重量も短くなるほど重くなります。

 

ヘッドモデルタイプ

 

キャビテーアイアン

キャビテーアイアン


 

 

上の写真で示されるように、アイアンのヘッド形状は、「マッスルバック」、「キャビティバック」、「中空」の3タイプに分けられ、特に最近のキャビティバックは技術革新でよりバックフェースが深くえぐれたやさしい「ポケットキャビティ」や、強い弾道を打つハーフキャビティタイプまで多種多様になってきています

 

項目名1 重心 弾道 ソール幅 難易度
マッスル

高い

低い

薄い

難しい

キャビティ

低い

高い

厚い

優しい

 

アイアン選びにおいてのヘッド形状は「マッスルバックのアイアンは難しく、キャビティは優しい」ということだけ覚えておけばOKです。

 

キャビティアイアン売れ筋商品はこちらから参照

 

マッスルタイプアイアン売れ筋商品はこちらから参照

 

アイアンのソール幅

 

ソール幅

一般的にソールが広いアイアンは、重心が低くなりボールも上がりやすく、少々ダフリ気味のインパクトでも広いソール効果で、芝の上を滑りダフりやトップなどのミスにも強く、やさしいクラブになります。

 

その分、フェードボールやドローボールを打つなどには不向きで、操舵性が悪いクラブと言えます。

 

反対にソールが狭いアイアンは、弾道の打ち分けがしやすい操作性の高いクラブとなりますが、ソール部分が薄いことで重心が高く、ボールが上がりにくく、ミスの許容範囲が狭いため、曲がりやすく難しいクラブになります。スイング軌道が安定したゴルファー向きになります。

 

楽に簡単なクラブでゴルフをしたいと考えている場合は、ソールが広いキャビティアイアンの選択をお勧めします。

 

逆に、ボールをコントロールしてコースを攻めたいと考えている場合は、ソールが狭いアイアンを選ぶのが良いでしょう。

 

優しいアイアン 振動数対応クラブ 人気売れ筋商品

Aデザイン ゴルフ Aグラインド ハイブリッド アイアン単品 NSプロ 950GH スチールシャフト A DESIGN GOLF GRIND HYBRID 振動数対応クラブ

Aデザインアイアン振動数

 

ロフト

 

アイアン選びの重要な要素の1つはロフト角です。ただ、アイアンのロフト角は何度にしなければならないと決められているものではありません。5アイアンで23度もあれば27度というようにモデルにより違てきます。

 

番手ごとにロフトが4度ずつ異なる設定が一般的で、番手ごとに10ヤード~15ヤードぐらい距離が変わり、ラウンドでは残り距離に応じて、距離をコントロールするスイングより、自分に無理のないフルスイングで打てる番手を選ぶことがスコアをまとめるポイントです。

 

以下の表は5~PWアイアン標準ロフトになります。

5アイアンは現行25~27度が主流ですが25度が一番お勧めロフトです。

 

番手

ロフト角

ライ角

重量g

5I

25

60.5

252

6I

28

61.0

260

7I

32

61.5

268

8I

36

62.0

276

9I

40

62.5

284

PW

45

63.0

292

 

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集



メニュー

 

シャフトの硬さ、重さ

 

アイアンシャフトはカーボンシャフト、軽量スチールシャフト、スチールシャフトがラインアップされています。

 

上級者が好むスチールアイアンには、軽量スチールシャフトと重いスチールシャフトがラインアップされています。

 

ゴルフクラブは軽すぎるとスイングが不安定になってしまい、方向性が不安定でミスが出やすくなることから、振れる範囲でやや重めのクラブを使うことがベストです。

 

しかし、初心者やアイアンの苦手なゴルファーは、重めのクラブより、シャフトの柔らかいアイアンを選ぶ方が、球の捕まりが良く優しく打てクラブと言えます。

 

シャフトの種類の選択の基準は、スポーツ経験がなく体力に自信がない初心者や女性ゴルファーにはカーボンシャフトがお勧めです。

 

一方、体力は一般的だというゴルファーはまずは軽量スチールシャフトを、体力に自信がある人や上級者や競技志向で色んな球を打ち分けたいゴルファーには、重いスチールシャフトが装着されたモデルがお勧めです。

 

アイアンクラブの選択で重要なファクターにヘッド形状以外では、シャフトの重さ、シャフトの硬さが重要になりますが、シャフトの重さはシャフトの硬さと連動【ハーモナイズ】しいることから、ヘッドスピードの合うシャフト重量がポイントになります。

 


メニュー

 

アイアンシャフトの振動数管理を絶対硬度で管理する

 

ゴルフクラブの絶対硬度(G)の算出方程式は 長さ×cpm=Gで計算します。

 

ドライバーが45インチ、240cpmのシャフトの絶対硬度は10800で(45×240)になります。
今度は、同じ絶対硬度(10800)の5アイアンは、38インチで284cpm【10800(絶対硬度)÷38(5アイアンの長さ)】になります。
これが、ドライバーと5アイアンが同じフィーリングで打てるシャフトのcpm(硬さ)になります。

 

シャフトの絶対硬度10800で、クラブ長と振動数の値の乗数が、すべて10800になり、シャフトのハーモニーがされことになります。

 

45インチ 43インチ 42インチ 41.5インチ

240cpm

251cpm

257cpm

260cpm

41インチ

40.5インチ

40インチ

39.5インチ

263cpm

266cpm

270cpm

274cpm

39インチ

38.5インチ

38インチ 5I

37.5インチ

277cpm

281cpm

283cpm

288cpm

37インチ

36.5インチ

36インチ

35.5インチ

291cpm

295cpm

300cpm

304cpm

 

 

今使用ドライバーが45インチで240cpmで、5アイアンが38インチで300cpmであれば、シャフトが硬く、重い原因で間違いなく5アイアンはスライスの出やすい難しいいクラブになります。

 

 

では実際計算すれば
ドライバー   240cpm×45インチ=10800(絶対硬度)
5アイアン   300cpm×38インチ=11400(絶対硬度)
つまり、ドライバーの硬さに比べて、5アイアンのほうが約600程度硬い事がわかります。

 

適正5アイアンの硬さ」は38インチで284cpmになり、クラブ重量も約8g程度軽いシャフトが同じフィーリングでスイング出来るアイアンの硬さと重さになります。

 

 

アイアン人気商品・イチオシ商品リストはこちらから

 

この絶対硬度でクラブをセッテンした場合は、上のグラフで示された、ブルーのライン上にすべてクラブが並び、調和のとれたスイングし易いアイアンセットになります。

 

プロ、上級者のクラブは、ほぼこれに近い振動数ラインになっています。プロの場合自分のスイングや特性から、ロングアイアンを捕まりを良くすることで低めに設定したり、逆にショートアイアンは方向性重視からやや硬めに調整することもありますが、基本は最適振動数ラインに沿った調整になります。

 

アイアンセットで、納得のいくショットをしているにも関わらず、ショットが安定がしない方は、是非自分のアイアンセットの振動数管理と重量管理を行えば原因がはっきりして、解決の方法が見つけられます。

 

量販店、ゴルフ専門店やゴルフ修理店で振動計が設置されていますから、自分の使用クラブの振動数を測定できますから、一度使用クラブの振動数とクラブ重量のデータ計ってください。
もしデータが取れたらヘッドスピードと振動数の比較を参考にしてください。
ゴルフのスキルアップに必ず繋がります。

 

メニュー

 

5アイアン、7アイアンに適合するシャフトの硬さ

 

 

ヘッドスピードと5アイアンの最適振動数・7番アイアンの場合は5アイアンの値に8cpm加算してください。

ドライバー45インチでのヘッドスピードに比例したシャフトの長さ 38インチの5アイアンの最適振動数

振動数フレックス

 

38m/s

39m/s

40m/s

41m/s

270cpm ±3

280cpm ±3

290cpm ±3

300cpm ±3

42m/s

43m/s

44m./s

45m/s

305cpm ±3

310cpm ±3

315cpm ±3

320cpm ±3

46m/s

48m/s

49m/s

50m/s以上

325cpm ±3

330cpm ±3

335cpm ±3

340cpm ±3

 

ドラーバー重量から5アイアンの適正重量です 7番アイアンの場合は+14g加算してください。

ドライバー 290g  45インチ 38インチ   5アイアン 380g ±5
ドライバー 300g   〃 38インチ   5アイアン 390g ±5
ドライバー 310g   〃 38インチ   5アイアン 400g ±10
ドライバー 320g   〃 38インチ   5アイアン 410g ±10
ドライバー 325g   〃 38インチ   5アイアン 420g ±10

 



 

参考資料
大手シャフトメーカー(振動数対応シャフト)の5アイアン振動数データー

日本シャフト

品番

振動数cpm

重さg

Ns.Pro750GH

S

287

393

 

R

279

389

Ns.Pro850GH

S

300

401

 

R

291

397

Ns.Pro950GH

X

324

413

 

S

314

407

 

SR

308

406

 

R

302

404

Ns.Pro1050GH

X

321

423

 

S

314

419

 

R

302

415

Ns.Pro1150GH

X

333

430

 

S

323

425

 

R

309

421

 

ツルーテンパー 品番 振動数cpm シャフトg
DMゴールド95

S200

288

95

 

R300

277

95

DMゴールド105

X100

328

105

 

S300

315

103

     

R300

295

101

DMゴールド120

X100

340

120

 

S200

327

118

 

R300

308

110

ツルーテンパー 品番 振動数cpm シャフトg
projectXLX

6.5

342

118

 

6.0

332

113

 

5.5

320

108

 

301

103

projectX

7.0

346

118

 

6.5

340

116

 

6.0

338

111

 

5.5

333

103

 

5.0

325

105

 

フェアウエーボール


 

ポイントマーク 飛距離からヘッドスピードの比較

 

ヘッドスピードを測定されたことがない方や解らない方は、ドライバーの飛距離からヘッドスピードを選択してください。

 

180y

190y

200y

210y

38m/c ±1

39m/c ±1

40m/c ±1

41m/c ±1

220y

230y

240y

250y

42m/s ±1

43m/s ±1

44m/s ±1

45m/s ±1

260y

270y

280y

290y

46m/c ±1

47m/c ±1

48m/c ±1

49m/c ±1

 

 

飛距離を伸ばすには、スイング中に体の回転軸をしっかり安定させて、体と腕の回転をスムーズに行う必要があります。

 

シャフトが自分のヘッドスピードに比べ硬かったり、重すぎると、回転軸が不安定で軸そのものが大きくなりスイング軸の慣性モーメントが大きく働き、逆にヘッドスピードを上げることができません。

 

シャフトの硬さ、重さはクラブ選択で最も重要な要素で、飛距離、方向性に影響を及ぼすばかりか、スイングの形成にも大きな影響を与えます。

 

ゴルフ上達にはシャフトの選択は必須要素で必ずチエックされることをお勧めします。

 

 

クラブが合っているか分からない、スイングの悩みなどのご相談は遠慮なくお問合せください

メニュー



このエントリーをはてなブックマークに追加

 

参考資料 : 振動数を利用してアイアンのシャフト交換の実例はこちら

 

 

 

 

 

以下の表は、主アイアンシャフトメーカのシャフトを装着した5アイアンのクラブ重量です。7アイアンの場合は5アイアンのデータに14g加算した値になります。

 

クラブ重量

メーカー

シャフト名

5 I 重量

非常に重い

True Temper Dynamic Gold 5 Iron 38in 430g

重い

日本シャフト N.S Pro1050 5 Iron 38in 410g

日本シャフト N.S Pro1150 GH  

日本シャフト N.S Pro Modas3  

普通

True Temper GS 95 5 Iron 38in 400g

日本シャフト N.S Pro 950GH  

やや軽め

True Temper GS 85 5 Iron 38in 380g
  日本シャフト N.S Pro 850GH  

 

重いクラブは430g前後、やや重いクラブは410g前後、一般的な重さは400g前後、軽いクラブ(軽量スティール、カーボンシャフト)は380g以下となります。

 

アイアンの場合、フルスイングしても、スイングプレートがブレづ安定してスイングできる重さのクラブがベストです。

 

クラブ総重量は、シャフトの重量の違いで決定されます。アイアンクラブを選ぶ場合、シャフトの重量をチェックされることをお勧めします。

 

ただアイアンの苦手な方は、少し軽め、柔らいシャフトの方が絶対おすすめです。打ちやすさと正確なショットは何も重めのクラブでなく、振りやすいシャフトを選ぶべきです。

 

お勧めのシャフト

 

ヘッドスピードがドライバーで40~45程度のゴルファーに

 

日本シャフト  NSPR 950GH NSPR 850GH

 

ツルーテンパー GS 950  GS 850

 

ヘッドスピードがドライバーで45以上のゴルファーに

 

ツルーテンパー Dynamic Gold

 

日本シャフト NSPR 1050GH 1150GH

 

お勧めのヘッドタイプ

 

やさしく打ちたいヘッドモデル

 

ソールの厚い低重心クラブ

 

左右慣性モーメントが大きいミスの出ないキャビティアイアン

 

直進性が強く色んな球を打ち分けたい

 

ヘッドが小ぶりで操作際の良いマッスルヘッド

 

以上、アイアンクラブ選択の参考資料にしてください。

 

 

【参考資料】

 

飛距離アップの飛距離重視のアイアンセットはこちらから

 

飛びを取り戻すシニアアイアンセットはこちらから

 

 

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

 

ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

初心者向けドライバー 軽量ドライバー 標準対応ドライバー ハードヒッタ向きドライバー
アベレージ向きアイアン スタンダード向きアイアン セミハード向くアイアン ハードヒッター向きアイアン



楽天ゴルフショップ

アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。



 

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

クラブが合っているか分からない、スイングの悩みなどのご相談は遠慮なくお問合せください

メニュー



このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

マーク

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー

松山選手マスターズ優勝!!

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト