ドライバーに適合するユーティリティの重量

ドライバーに適合ユーティリティ重量



測定機

 

このページのコンテンツ

 

 

ドライバ―とユーティリティウッドの重量フロー

 

ドライバーを基準としたユーティリティの最適重量

 

ドライバーに適合する番手別クラブ重量

 

 

 


メニュー

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバ―とユーティリティウッドの重量フロー

 

重さとは、物体に作用する万有引力(重力)の大きさです。 力の大きさですから単位はN(ニュートン)です。 重さの変化でNは変化します。

 

これはゴルフクラブの重さで言えば、重いクラブ程Nが大きく遠心力も増えることで力が必要になりす。また、この重さは長さでも変化することで、長くなればなるほどNは大きく働きます。

 

逆に、クラブが短くなればNは小さくなるため、クラブ重量を増やすことでヘッドバランスを整えて、番手ごとのつながりを作り出すことになります。

 

この重さの変化は、ドライバ―からパターまでつながりが必要です。

 

例えば、クラブの中に重さのつながりと異なるクラブがあれば、振る力が他のクラブと異なり、スイングのタイミングとリズムが取れず、番手ごとリセットしなけらばならないことです。

 

その意味でも、使用クラブの重量管理がイコール、スイングのしやすさ(リズム)になります。

 

 

 

スーパー・セール

テラーメイド公式サイト

テラーメイド

 

 

ドライバーを基準としたユーティリティの最適重量

 

ユーティリティクラブ重量はドライバーウッドより50g前後重く、5アイアンよりも50g前後軽くすることが最適クラブ重量になります。特に前後のクラブ重量とのマッチングはとても重要です。

 

シャフト重量の場合は、5Wフェアウエーウッドシャフト重量より10g前後重く、アイアンシャフト重量より10g程度軽くするのが目安になります。

 

簡単な目安として、ドライバーに適合するユーティリティウッド重量は、ドライバーを基準に半インチで5g前後、振動数は半インチで4cpm前後が、重量フォロー、振動数フォローになります。

 

ユーティリテのクラブ重量も、ヘッドの重さではなく、主にシャフトの重さで決定されます。

 

 

クラブの長さ 40.25インチ  ロフト角 24度 での参考資料:上段がドライバーのシャフトが40g:下段が50gの場合

ヘッド重量

シャフト重量

グリップ

クラブ重量

217g

80g(49g)

50g

347g

217g

90g(50g)

50g

357g

以上の事から、ドライバーのシャフトが50gの場合、24度のユーティリティのシャフト重量は90g前後が最適クラブ重量になります。

 

例えば、300g程度のドライバー使用の場合、ドライバーとユーティリティのヘッド重量の差の17gとシャフト重量さ40g足した合計の57g前後重くなる考えるのが適正クラブ重量になります。

 

ユーティリティのクラブ最適クラブ重量は357g前後になる訳です。

 

但しドライバーの、ティ―アップした状態で打つのに比べ、ユーティリティの場合地面を直接を打つことから、ユーティリティが苦手なゴルファーでは10g程度軽めの重量てシャフトの硬さは維持するのが適正になると思われます。

 

このような場合、シャフト重量で調整するのがベストで、90gのシャフトを80gにするのがベストです。

 

 


アマゾンゴルフ

 

 

シャフトを10g軽くすることで、ヘッドスピードをアップでき、シャフトのシナリを感じやすくなります。
(注意点は10gシャフト重量を落とすことで、バランスを1ポイント下げ、シャフトの硬さ(振動数)も柔らかくなることです。)

 

ポイントは、90g使用のシャフトの振動数を控え、軽い80gに変えても90gの振動数と同じ状態にするのがポイントです。

 

このような場合、80gのシャフトのチップ部分をカットすることで硬さの(振動数10cpm程度】調整は可能になります。

 

そのことから、ドライバー300gのクラブに対して、357g前後のユーティリティが最適クラブ重量になります。

 

ユーティリティのクラブ適正重量はあくまで、シャフト重量で選ぶのがポイントで、あとはロフトを他のクラブの流れに合すことです。

 

最適クラブ重量

 

 

 

ドライバーに適合する番手別クラブ重量

 

通常のドライバーに適合フェアウエーウッド重量のセッテング方法は以下のシャフト重量になります。

 

1W 80g 70g 60g
3W 90g 80g 70g
5W 100g 90g 80g
7W 110g 100g 90g
U/T 120g 110g 100g
IRON 120g 110g 100g
1W 50g 40g 30g
3W 60g 50g 40g
5W 70g 60g 50g
7W 80g 70g 60g
U/T 90g 80g 70g
IRON 90g 80g 70g

 

 

ドライバー重量に適合するユーティリテウッド重量のお勧め商品はこちらから

 

こちらから各メーカクラブ情報をご覧いただけます。

 

 

売れ筋商品



楽天ゴルフ

アマゾンゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

マーク



サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト