ゴルフの精神

ゴルフの精神

 

スーパーデール

 

 

アイアンヘッド向き

 

ゴルフの精神

 

 ゴルフは、ほとんどの場合、審判の立ち会いなしに行われ、あくまで自主申告のスポールです。

 

また、ゴルフゲームは、プレーヤーの一人ひとりが他のプレーヤーに対して、心くばりをして、ゴルフ規則を守ってプレーするというその誠実さに頼っています。

 

プレーヤーは全員、どのように競い合っているときでも、そのようなことに関係なく、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら、洗練されたマナーで立ちふるまうべきである。これこそが正に、ゴルフの精神なのである。

 

「ゴルフはほとんどの場合、審判員が立ち会うことのない自律のゲームであり、プレーヤーひとりひとりが他のプレーヤーに心くばりし、ルールを守ってプレーするという誠実さに頼っている。規則はプレーヤーが故意に不正をおかす者はないということが基本的な考え方である。」

 

一般ゴルファーの多くは、プレーの規則についてはこの精神を理解しており、倫理レベルは非常に高いものであると考えています。もちろん規則違反はありますが、そのほとんどは不注意やプレー上のミス、勘違い、ルール知らずなどによるもので、故意に不正をおかすプレーヤーは極めて稀少なものです。

 

 しかし、「ゴルフの精神」の視点からハンディキャップ規定を見た時、残念ながら「誠実さ」に欠けているゴルファーも少なくありません。つまり、意図的に実力より多い、あるいは少ないハンディキャップを取得するためにスコアカードを故意に提出しないなど、自分の正確なハンディキャップを示す努力を怠っているプレーヤーが多いのではないでしょうか。正確なハンディキャップを示さなければ、他のプレーヤーに迷惑をかけ、競技意欲を喪失させてしまうことにつながってしまいます。

 

 現状では、ハンディキャップ規定に関して、プレーの規則に対する倫理観とはかなり違う意識を持っているゴルファーが多いと言えます。ただし、人によっては、「自分は家族や特定の仲間とマッチプレーしかやらないから公式のハンディキャップは不要」と考える人もおりますので、これらの人も含めて不誠実と言っているわけではありません。しかし、多くのゴルファーは、倶楽部競技や不特定多数の人達との競技に参加する機会があるわけですから、正しいハンディキャップを示す責任があると考えるべきです。

 

 JGAハンディキャップ規定では、発給に当たって10枚のスコアカードの提出を義務付けていますが、何より大切なことは「現在の自分の正しいハンディキャップを示す責任」について、プレーの責任を守ることと同じレベルの倫理観を持つことでしょう。今回のJGAハンディキャップ規定の改正では、「すべてのスコアカードの提出」を新たに加え、故意に提出を怠った場合は、JGAハンディキャップを失効することとしています。いかなるプレーヤーも自分の技量の完全な資料であるスコアカードを提出せずに、ハンディキャップを受ける権利は与えられません。このことを十分にご理解いただきたいと思います。

 

 こういった観点から考えれば、プレーヤーが規定に基づいた有効なスコアカードを提出しているのに、倶楽部委員会が観念的にハンディキャップをコントロールすることはプレーヤーの権利をスポイルするもので、認められることではありません。プレーの規則でいえば「認められないローカルルール」と同様のことと言えるでしょう。

 

 

「ゴルフ規則2005」からの抜粋

 

参照1:
「ゴルフ規則の本質と精神について」(4ページ)

 

 数あるスポーツの中でゴルフ競技の大きな特徴のひとつは、通常審判員が立ち会わないということです。それは、ゴルフがフェアプレーを重んじるスポーツであって、「ゴルファーはみな誠実であり、故意に不正をおかす者はいない」ということが基本的考え方になっているからです。また、ゴルフゲームには、予測できない事態が生じたとき、適用できる規則がないときは、公正の理念に従って解決してきたという歴史的風土があり、そこにゴルフ規則の本質と精神をうかがい知ることができます。

 

 もちろん、ゴルフ規則書の中にも罰則はありますが、それはゴルフ規則を知らなかったり、過失によってその処置を誤ったプレーヤーに対して、競技全体の公平をはかる観点から決められたものです。ですから、ゴルファー一人ひとりがゴルフ規則を知って自主的に規則を守るようにすることが大切なのです。
参照2:
「第一章エチケット ゴルフの精神」(12ページ)

 

 他の多くのスポーツと違って、ゴルフはほとんどの場合審判員の立ち会いなしに行われる。また、ゴルフゲームは、プレーヤーの一人一人が他のプレーヤーに対しても心くばりをし、ゴルフ規則を守ってプレーするというその誠実さに頼っている。プレーヤーはみな、どのように競い合っているときでもそのようなことに関係なく、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうべきである。これこそが正に、ゴルフの精神なのである。

 

 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。



 

 

 

 

ビギナーのマナー

 

初心者ゴルフストアーはこちらから

 

 

ゴルフの基本マナーに戻る

関連ページ

ゴルフの最低基本ルール
ゴルフ規則を守ってプレーし、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら、洗練されたマナーで立ちふるまうべきです。これこそが正に、ゴルフの精神なのである。 .
ティーエリア内のルール
ゴルフ用語には英語や和製英語など理解できない言葉がたくさんあります。その場その場の言葉で解らず悩む体験も多いとおもいます。そこで解りづらい意味不明なゴルフ用語を説明、解説します。
ティーイングエリアのティーの色
ゴルフは最初にショットをする場所はティーイングエリアと呼ばれています。 大抵の場合、1ホールで複数のエリアが設けられていて、色分けのティーで表示されています。 その色分けは、一般的にはゴルファーの飛距離を基準に設置されていて、女性からシニアーまでティーイングエリアの位置が異なることです。 それぞれのティーマークの色に合わせてスタートすることになるのです。
#ジェネラルエリアでの基本ルール
ゴルフ規則を守ってプレーし、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら、洗練されたマナーで立ちふるまうべきです。これこそが正に、ゴルフの精神なのである。 .
グリーン上の基本ルール
ゴルフ規則を守ってプレーし、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら、洗練されたマナーで立ちふるまうべきです。これこそが正に、ゴルフの精神なのである。 .
ハザードでのルール
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
バンカー内の水たまりの処理
バンカー内に水たまりや流水跡が出来ていることはよくあります。ただし、流水跡は基本的には 異常なグラウンド状態には 該当せず 救済の対象にならないと覚えて置いてください。 カジュアル・ウオータ内のボールである事から、バンカー内に無罰の救済を受けることが出来ます。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト