科学で100%満足! 飛距離アップ、方向性、スコア― アップ

夏場のラウンドの暑さ対策必需品

ご案内

 

 

夏場のラウンドの暑さ対策必需品

 

夏のゴルフはとても楽しいものです。しかし、近年は気温が上昇し、体温管理がとても大変で、この暑さ対策を怠れば危険な状況に陥ります。必ず暑さ対策を行い快適にプレーしてください。

 

そこで、ご紹介した服装や便利グッズ、“暑さ疲れ”の対策です。

 

真夏のゴルフウエアー

 

暑い夏ゴルフを乗り切るには服装が重要です。肌の露出を抑えて、太陽の直射を受け過ぎないことが大切で、出来るだけ肌の露出をさけたウエアーの着ることです。

 

特に直射日光による日焼けは、場合よれば火傷を同様体力に大きく影響、ゴルフ終了以降の社会生活に影響をあたえますから注意は必要です。

 

夏用の長袖アンダーウェアは紫外線カット機能もあり日焼けにはとても効果的です。素材は吸汗速乾のものならばなおいいでしょう。アンダーウェアの上からポロシャツを着れば、万全です。

 

夏の時期の綿素材は、汗の乾きが遅く、汗をかきすぎるとシャツやズボンが体にへばりつき、スイングにも影響してきますので、できれば避けるようしてください。

 

 

暑さ対策ウエアーはこちらから

 

帽子の着用

 

帽子をかぶりなれないゴルファーには、夏の炎天下でゴルフで帽子をかぶらずにプレーするのは自殺行為になり、大変危険な行為になります。

 

出来るだけ頭を直射日かカバーする意味で、頭にすっぽりと被せられるキャップやハット系がオススメです。また、最近は、後頭部を隠してくれるカバー付きのものがあります。

 

また、水に濡らしてかぶる帽子も多く出回るようになりました。気化熱で頭が少し冷んやりして、体温の冷却法として有効で、ラウンドの途中に帽子を濡らしながら快適なプレーすることが可能になります。
夏の炎天下では、熱中症対策のためにも必ず帽子をかぶり頭を守るようにして下さい。

 

夏用ゴルフ帽子はこちらから

 

 

ご案内

冷間グッズ

 

夏の熱中症対策には、首を冷やすことが大切で、冷感グッズの活用は体温の上昇を抑えてくれます。氷嚢や瞬間冷却剤などをリンパ節のある首筋や脇に当てることで体温の上昇を抑えることができます。

 

また、凍らせたスポーツドリンクや麦茶などでも氷嚢の代わりに、首筋や脇に当てるも有効な冷却方法になります。

 

頭をクリアーにしてプレーできる有効な方法です。

 

冷感グッズはこちらから

 

紫外線対策

 

紫外線は朝5時から夕方5時までは、非常に多く、まさにゴルフのラウンド中は、多量の紫外線を浴びることのなります。

 

肌を守るためには、服装の工夫や防止の着用に加えて「日焼け止めクリーム」を塗ることをおすすめします。紫外線には、UVーA波、UV−B波、UV−C波の3種類があり、AとB波が地球に届きます。

 

★紫外線のA波は、皮膚の奥にまで届くので、しわやたるみなどの原因になります。「PA+++++」と表記のあるものがA波を防いでくれます。

 

★紫外線のB波は、皮膚や目に有害です。日焼けを起こす原因になります。「SPF50+」が夏の炎天下でのレジャーやスポーツ向きです。

 

特に最近の研究では、頭皮の大きくダメージを与えることで、抜け毛や白髪の原因になることです。

 

 

 

ご案内

 

 

「 UVカット率99%以上 」「晴雨兼用」などと明記してある傘なら、紫外線対策にもなります。夏の暑さは体力を奪ってしまうため、UVカット加工のしてある傘で乗り切りましょう。また、特に女性はゴルフ焼けを避けたいもの。ゴルフ傘を活用して、しっかり日焼けを防いでください。

 

ご案内

 

サングラス

 

ゴルフによる視力低下の原因となる紫外線から目を守るためにサングラスは必須です。サングラスは紫外線から目を守る意味では90%と言われています。
夏の日差しから目を保護するために、ラウンド中はサングラスをかけるようにして下さい。

 

紫外線による目の日焼けは、白内障などの病気を誘発する可能性があります。サングラスの中でも偏向レンズなどは芝目がくっきり見えますので、グリーンの芝目もわかり読みやすくなります。

 

紫外線防止のサングラスはこちらから

 

グリップ

 

夏場のゴルフはどうしても手の汗をかきます。その結果、グリップが滑る感覚があるとグリップに余計な力が入りやすく、ミスショットの原因にもなります。夏場はグリップをタオルでこまめに拭くと汗で滑ることがなくなります。

 

グローブ

 

夏のゴルフでは、クラブをしっかり握るためにも通気性の良いものを選び使用してください。グローブは数枚あると雨の日のプレーでも濡れたら交換して使えますので役に立ちます。

 

 

 

診断ドアー


無料診断3

 

 

夏場のゴルフに戻る

 

 

 

 

真夏のゴルフ熱中症

グーグルとその情報提供者

 

真夏のゴルフの熱中症の予防と対処法

 

熱中症は日差しが強い状況下に長時間いることで、体の機能が鈍ってきます。その結果、通常なら熱を外へ逃がせるのですが、体温調節機能が低下して熱が体にこもり熱中症になるのです。

 

熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。症状が深刻なときは命に関わることもありますが、正しい知識があれば予防することができます。熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけてください。

 

日中にプレーするなら、涼しい服装で、日傘やカートを出来るだけ利用し、直射日光を避けるようにして下さい。

 

ラウンド当日の朝食は出来るだけ、塩分の補給も兼ねて味噌汁を摂るのがお勧めします。ゴルフ場で朝食を食べるなら和定食が良いかもしれませんね。また、昼食も塩分補給にもつながりますから、好きな食事をしっかり取るようにしてください。

 

真夏のゴルフ熱中症

 

 

ラウンドの前日の注事項意

プレー前日は、翌日のラウンドを左右します。十分に睡眠を確保してアルコールはほどほどに、はやめに睡眠をとるようにして下さい。

 

また、ゴルフは朝が早く、ゴルフ場まで車の移動も多いことから、特にアルコールを控えるようにして下さい。

 

ラウンド中は直射日光を避ける

頭部を守るためにサンバイザーではなく、キャップやハットを選びましょう。真夏でもツアーで戦うプロを参考に、日傘(雨用の傘でも可)をさしましょう。直射日光を避けるために通気性の良い長袖の服を着るのも良いです。

 

ラウンド中に熱中症の症状が出た場合

熱中症にかかったときは、まず体を冷やしますが、予防策としても効果的です。カートに乗ったタイミングなど、定期的に氷嚢や凍った飲み物を首筋や脇に当てて冷すことで体全体を冷やすことができます。
また、冷感スプレーは手軽で、効果の持続性を考えると補助的なグッズとして有効です。

 

また、ハーフターンで汗で濡れた下着の交換も、少しでも快適にプレーができ熱中症対策にも効果があります。

 

飲み物

その日の天候にもよりますが、ハーフで1リットル程度の飲み物(できたらスポーツドリンク 2L程度)を用意してください。喉が乾く前に水分を摂取するのが鉄則です。熱中症は暑さだけでなく湿度も関係するため、梅雨時や真夏の雨の後では、気温が下がっても気を抜かないことが肝心です。

 

 

診断ドアー


無料診断3

 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

夏場のゴルフに戻る

 

 

 

 

関連ページ

早朝ゴルフプレーと注意点
早朝ゴルフは、通常営業外の特別枠で設けられたプレープランになります。 この早朝特別スタート枠は、大抵の場合早朝5時頃からスタートとし、休憩を取らずスループレーになります。 早朝プレーの流れと注意点につていて解説します。
夏場のゴルフで最低準備するもの
ゴルフで最も重要なシャフトの振動数を電気信号に変換、分析することで従来のフィーリングや勘をデータ化する事が出来問題点や 矯正方法が明確になります。飛距離アップや方向性を安定さらにスコア―アップにつながります。
熱中症の対策とその予防
熱中症は日差しが強い状況下に長時間いることで、体の機能が鈍ってきます。その結果、通常なら熱を外へ逃がせるのですが、体温調節機能が低下して熱が体にこもり熱中症になるのです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト