コースのレイアウト

コースのレイアウト


メニュー

 

 

グラブとバック

 

 

コースのレイアウト

 

ゴルフコースは通常、前半アウト9ホール、後半イン9ホールで、1ラウンドはこの合計の18ホールが基本です。

 

それぞれのホールは、最初にボールを打つ ティーイング ボックスなどから始まり、フェアウェイ、ラフ、パッティング グリーン、バンカー、ペナルティーエリア (ウォーター ハザード)、などがあります。

 

また、日本のゴルフ場は地政学的に山岳コースが多く、コースがアップダウンや左や右にドッグレッグし、変化に富んだコースが一般的でです。

 

ゴルフ場には 加えて 受付 、ロッカールーム、ゴルフショップ、レストランなどがある クラブハウスや、駐車場、練習場、メンテナンス関連施設などがあります。

 

グラブとバック

 

 

グラブとバック

 

コースの詳しいレイアウトなどの情報は、コースホームページから閲覧できます。

 

 

 

ゴルフコースの基本知識に戻る

関連ページ

ゴルフスコアーの基礎知識
ゴルフのスコアは少ない方が勝ちになります。つまり18ホールの合計スコアの少なさを競う競技するスポーツになります。 ただし、アマチュアのゴルフの場合、「新ペリア方式(ダブルぺリア)」というハンディキャップがあります。
ゴルフコースの大きさ
ゴルフ場の大きさは、コース全体と付帯設備(クラブハウスなど)、駐車場から成り立ちます。 そこで、18 のホールのゴルフコースには 2万から 2.5万坪 (66 〜 83万平米)前後の土地が必要になり、クラブハウスや駐車場等をお入れると、約100万坪前後の土地が必要になります。
#グリーンの大きさ
ゴルファーなら何度も使用しているグリーンでありながら、言われてみると、何となく大きさを感じているだけで明確な数字は確認しないのが通常です。 では、実際のグリーンの大きさはどの程度かは、ワングリーンとツーグリーンでは変わってきますが、大体の平均値は奥行は35~40y、幅は30~35yくらいです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト