前の組にボールを打ちこんだ

前のパーティーにボールを打ちこんだ

 

テイーグラウンド

 

前のパーティーにボールを打ちこんだ

 

ゴルフの「打ち込み」とは、前の組がまだコース上に打てば届く距離にいるにも関わらず、ショットしてしまう行為のこと。これは大変危険な行為です。

 

もしもショットした打球が前の組のプレーヤーに直接当たってしまったら、これは取り返しのつかない事故につながるからです。ゴルフは自分たちの組だけでなく、前後の組への気遣いも重要なのです。

 

この「打ち込み」に関しては初心者だからと言って許されるものではありません。ゴルフ場で最も危険な行為、それが「打ち込み」であるとしっかりと胸に刻んでおきましょう。

 

コースないゴルファー

 

ゴルフはマナーのスポーツであることを自覚してプレーしてください。中には、前の組のプレーが遅いために、意識して打ち込みをしてしまうベテランゴルファーがいるようですが、それは、マナーやルール違反です。
絶対守らなければルールです。どのような場合でも、プレーする順番や時間を待つ事も、ゴルファーとして大切な心構えなのです。

 

中には、届かないと認識して打ったボールが予想以上に思わぬ飛距離が出てしまい、前の組に打ち込んでしまう場合もよくあることです。

 

飛距離表示

 

このようなことを防ぐためには、初心者の場合は芯で打てばどの程度の飛距離がでるか、練習場で自分の飛距離を把握しておくことが大切です。

 

よくラウンドで見かける光景が、同行プレーヤーからはやされ打ってしまう場合です。これは、実は一番危険な行為になります。

 

冷静に判断し、前の組が完全に見えないまで待機、同行しているプレーヤーから促されても、その時はやんわりと辞退することです。早く打ってプレーを進めなければ、という使命感は一度捨て、常に冷静に状況判断することも大切です。

 

「打ち込み」された時には冷静に対応

 

万一、打ち込みをされた時には、すみやかに後ろの組のゴルファーに申し出てください。危険な行為ですから、許せる行為ではないので、冷静を失うやすくなりますが、できるだけ冷静な対応をしてください。

 

ゴルフは、紳士、淑女のスポーツです。ゴルフ場は社交の場であり、争いをする場所ではありません。打ち込みをした相手の態度が納得いかない場合は、ゴルフ場にその趣旨を報告して裁定を仰ぐようにして下さい。

 

ゴルフの基本は前の組がいなくなってからと心得として下さい。

 

コースないゴルファー

万一前の組にボールを打ちこんだ場合、謝罪の方法として、遠くから手を上げ、声を上げるのは仮の謝罪です。出来るだけ早く表情の見えるところまで急いで行って正式に謝り、正式に許してもらうことです。そうしないと前の組の不愉快は収まらないし、自分も許されたことが分からない。許しを得てはじめて謝罪は成立するものです。

 

 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。
























 

 

 

ゴルフ場でのトラブル

 

関連ページ

ボールを人に当てた
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
クラブをぶっけられた
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
プレー中に落雷に遭遇
近年、ゴルフ場での落雷事故の報告が増えてきています。とりあえず安全な場所に避難し身の安全を確保することです。
スタートしてすぐ大雨に遭遇
スタートしてすぐにプレーが出来なくなる様な大雨に遭遇した時はプリ―を継続するか中断するかは自己判断で行わなければなりません。
プレー中にクラブを忘れた
プレー中にゴルフクラブを忘れた場合、無理に戻って探しに行くのは大変危険です。
スタートに遅れる場合
ゴルフ場に向かう途中、交通渋滞や何らかの要因で遅れる場合の処理方法。
ラウンド中に体調不良
ラウンド中に体調不良や、熱い夏のラウンドでの熱中症対策についての解説。
ラウンド中に突然足がつる
ラウンド中に突然足がつる。 その原因の多くは、水分不足、ミネラル不足、冷え、血行障害で、筋肉の硬さが調節できなくなり、いわゆる「足がつる」といった状態になります。
#シャフトが折れた場合
トタブルショットで林の中からのショット、シャフトが小枝に当たり折れる事はよくある事態です。そのような場合の処理方法について解説します。
スウイングできない場所
日本のゴルフコースの多くは、アッダウンが多く打ち込んだ場所によっては救済処置を申請できる。 その処理の仕方を解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト