ドライバーでスライスを打たない【初心者】

ドライバーでスライスを打たない

 

 

ドライバーでスライスに悩む

 

ゴルフ初心者や一般ゴルファーの多くが最初の壁として直面することが多いスライスはホールで最初に打つティーショットで出やすく、OBや2打目が打ちずらい場所に打ち込み、致命的なミスになってしまいます。

 

スライスとはどのような弾道

 

ゴルフはティーアップしたボールを打ちますが、野球やテニスのように高速で飛んでくるボールを打つのではなく、静止したボールを打つことから振り遅れでスライスになるのでなく、あくまでもインパクトでフェースが開くことで起こるのです。

 

フェースが開くスライスとは右利きのゴルファーなら、右方向に曲がる弧を描きながら飛ぶボールです。左利きのゴルファーならボールが左方向に曲がる弧を描ながら飛ぶボールになります。

 

スライスには3タイプがあります。

 

■ 初心者に最も多いスライスで、ボールは左に飛び出して途中から右にスライスする弾道で、プルスライスになります。下の図のNo3にあたります。

 

■ ゴルフ経験のあるゴルファーで、飛び出しが右方向で途中からさらに大きく右にスライスする弾道で、プッシュスライスになります。下の図のNo.9に当たります。

 

■ ボールの飛び出しは真っすぐの軌道を描きますが、先で右にスライスする弾道で、ストレートスライスになります。下の図のNo.6にあたります。

 

 

これらのスライスは以下の原因からおこります。

 

但し、スライスはスイング軌道がインサイドやアウトサイドに関わらず、フェースが開いている状態で、ボールをインパクトすることで起こることを、まず理解してください。

 

No3のプルスライス

 

初心者の場合、スイングそのものが完成されておらず、体の回転より腕に頼る手打ちのスイングになり、腕でクラブを振る結果アウトサイドの軌道になります。

 

つまりインパクトでヘッドが外側から入ることで、ボールはいったん左に打ち出しますが、フェースが開いてボールを打つことで、フェースでボールをコスル現象が起こり右回転のスピンが発生します。

 

スイング軌道通りに、左に一旦打ち出したボールは途中から大きく右に弧を描いたスライスボールになります。

 

No.5のプッシュスライス

 

ゴルフを幾分経験したゴルファーが力みや緊張で、ダウンスイングで体が飛行方向に突つ込み過ぎて起きやすいスライスで、スイング軌道がインサイドアウトの軌道で最初からボールは右に打ち出してしまいます。

 

さらに、フェースが開いて状態でインパクトすることから、右に出たボールが途中からさらに右に曲がる球筋で、最もOBしやすい弾道で打ってはいけないスライスボールになります。

 

No9.のストレートスライス

 

比較的ゴルフの経験の豊富なゴルファーが打つスライスです。スイング軌道はストレートでインパクトでフェースが開いてインパクトする場合です。

 

ダウンスイングのタイミングのズレやシャフトが硬すぎたり重すぎたりした場合に出やすいスライスです。

 

以上のように、スライスには3タイプあることは理解してください。

 

 

 

ドライバーがスライスになる原因とその修正方法

 

スライスはフェースが開いてインパクトする事で右にボールは曲がる現象で、その原因を解析し、その修正方法を解説しいきます。

 

そこで、ドライバーのスライスの原因のフェースの開きは、シャフト自体の問題やスイング自体が問題で起こります。

 

シャフトでスライスが出る原因

 

 

シャフトの硬さはインパクトのタイミング、シャフトの重さはスイングのリズムになります。

 

このタイミングやリズムが合わないと、インパクトでフェースが開きやすくなります。

 

 

シャフトの硬さは通常市販のクラブではL, A, R, S R ,S、Xの表示がされています。

 

Lは一番柔らかく軽いシャフトでXにしたがっでシャフトは硬く、重いシャフトになり、一般ゴルファーの使用が最も高い標準シャフトはR、SR, Sシャフトになります。

 

まず、シャフトの硬さはインパクトのタイミングで、フェースがボールにコンタクトする時のフェース向きに大きな影響を与えます。

 

ただ、このタイミングは時間でしか捉えることが出来ず、市販クラブのスペックR、Sでは説明がつかず、ここの記事では、振動数を用いて解説することになります。

 

シャフトの振動数は実際シャフトがスイング中にシナル時間の単位を表現でき、さらにトップスイングからインパクトまでの時間を計算できます。(Golsysシャフト分析システムを利用)

 

この振動数は固有振動数(cpm)と呼び、シャフトのシナリ速度はスピードの変化でも変わらない固有の物であり続けるという法則になります。

 

 

通常市販のシャフトスペックで説明できない理由は、シャフトの硬さの測定基準が静止状態でシャフトの先に一定の重さをかけて、その曲がり幅で硬さを決定します。

 

この測定数値では実際のスイング中のシナリ速度が分からず、またこの測定法ではRスペックにも幅ができ正確なシャフトの硬さを知ることが出来ないからです。

 

シャフトのタイミングを知るうえで、振動数は正確無比の測定方法になり、ゴルフのシャフト理論を語る上では避けて通れない測定値になります。

 

そこで、シャフトの硬さの違いで起こる、インパクトでのフェースの位置が異なることを実際の数値で捉えた表です。

 

 


特価クラブ




スイング矯正機

 

 

 

ロフトでスライスを防止

 

       

 

スライスが出る要因に、フェースロフトの大ききも関係してきます。

 

ロフト角は上の写真で、数値が大きいほどロフトが大きくなります。

 

ロフトが大きいほどボールの打ちだし角度は高くなり、ボールの捕まりも良くなります。

 

逆に、ロフト角が小さい程、打ち出し角度は低く、ボールの捕まりが悪くスライスが出やすくなります。

 

初心者のゴルファーでもショートアイアンでスライスが出る方は少ないと思います。

 

つまりショートアイアンは球の捕まりが良く高ロフトでスライスしにくい構造になっているのです。

 

このことから、クラブセットの中で最も長いドラーバーでロフトの少ないヘッドはスライスしやすく、高ロフト装着のドラーバーを使うことが、スライスのリスクを軽減できるのです。

 

 

         参考資料:ヘッドスピードと適正ロフト資料

 

 

 

 

スライス防止にフェースアングルの大きなヘッド

 

 ドライバーでスライスに悩むゴルファーには、フェースアングル(アドレスデ構えた時のフェース向き)の大きい程、左を向いたヘッドでスライス防止に役立ちます。

 

ヘッドの重心が低く、重心距離の長いヘッドは、高弾道の球が出やすい設計で、球の捕まりもよくスライスしにくいヘッドです。

 

ヘッド選択の注意点は、スライスを気にする余り、フック度が大きいヘッドでロフトの大きな場合、フックの度合が大きくねりますから、ロフト角の選択に注意してください。

 

 

 

 

スイングが原因でスライス

 

スイングが原因のスライスは、フェースが開いてインパクトすることです。

 

このフェースが開く原因はスイング軌道がアウトサイドインになっている場合と、スイング軸が飛行方向に倒れボールより左に倒れることでフェースが開く場合です。

 

この2つの原因に共通する点は、テークバッ、バックスイングでクラブを手であげることです。

 

プルスライスについて

 

プルスライスはアウトサイドのスイング軌道でフェースが開くスイングです。

 

アウトサイドのスイングは、目標ラインを直線にした場合、クラブが外からはいることです。

 

つまり、外からクラブが入るのは、スイング中クラブが体から離れていることになり、離れる原因は手打ちでスイングを行うからです。

 

手打ちの場合、腕側に慣性モーメントが大きく働き、外向きの力で右腕が伸びて外からクラブが入ります。

 

また、スイング軌道がアウトサイドになれば、クラブが寝ることからフェースは開きます。

 

クラブ軌道がアウトサイドインでフェースが開くプルスライスになります。

 

プッシュスライスについて

 

プッシュスライスは右サイドがOBの場合、最も危険な弾道になります。

 

ボールが右に出て右に曲がれば致命的なミスショットです。

 

インサイトからクラブを振り下し開いたフェースでインパクトする原因は、力みや緊張からくる体重移動がスムーズにできていないことが原因です。

 

ウエイト移動を行えないインサイドのスンイグはインパクトで左脇が開いて、右肩が下がりフェースが開いてしまいます。スイング軌道がインサイドでフェースが開くプッシュスライスになります。

 

 

 

 

 

ストレートスライスについて

 

スイング軌道はストレートで正しく行えていますが、インパクトでフェースが開く場合、ダウンスイングで回転軸が飛行方向に倒れることで起こりやすくなります。

 

回転軸が前に倒れることで、インパクトのグリップ位置が体のセンターで行えず、若干ボールより先に出るためフェースが開くのです。

 

スイング軌道はストレートでフェースが開くストレートスライスになります。

 

 

 

商品紹介:メンズドライバーはこちらから


 

 

スイングでスライス修正

 

スライスは手でクラブを上げることで、体の回転より腕の回転が先行することが主な原因です。

 

手の先行は、体の中心からクラブが離れてバックスイングでシャフトが寝て上がり、フェースが開いてしまいます。

 

この開きがダウンスイングでシャフトが寝てしまいインパクトでフェースが開いてスライスになります。

 

このようなスイングで、力みが入ればスイング軸が飛行方向に倒れ、インパクトでグリップがヘッドより先になる状態のインパクト」になります。

 

グリップがヘッドより先行することで、ファースが開いた状態でインパクト、スライスが出てしまうのです。

 

スライス防止するにはトップスイングを正しく行うことです

 

 アドレスで両肩が飛行方向に並行になっていることが基本です。

 

グリップでウイークグリップをされている方は、左手の甲が上側を向くストロンググリップの使用がスライス防止に繋がります。

 

アドレスで左肩が開いていたり、スタンスが右を向いていないかを十分チェックしてください。

 

間違ったアドレスはスイング軌道がターゲットラインにクロスすることから、インパクトでボールをこすりサイドスピンが発生するからです。

 

 

初心者向きドライバーはこちらから



初心者向きアイアンセットはこちらから


 

 

テークバックは左肩、左腕、クラブを一体化させ、最低30㎝程度クラブを真っすぐ引き、クラブが胸の面から大きく離さないテークバック、バックスイングを行うことで、クラブは自然と立って上がり、フェースが開くことはありません。

 

テークバック、バックスイングは左腕もシャフトのイメージで腕、クラブを一体化させて、左肩が右ひざの上の来るようネジルことで、自然にウエイトも右サイドに移ります。

 

この時のポイントは下半身を使わず、上半身のネジレに支える程度にして置くことです。

 

体を動かさないことも、体を使う事になります。

 

ダウンスイングは、背骨のスイング軸を動かさず腕(左腕)を振ることで、アウトサイドインのスイング軌道とスイング軸が左に倒れるずスイングできます。

 

 

ラウンド中にスライスが連続出た場合、左サイドをターゲットに正しくアドレスを取り、ボールの位置を若干センターにティーアップ、フェースをターゲットに対して若干左に向け(フェースを閉じる)て普段通りのスイングを行ってください.

 

スライス防止には非常に有効です、そのような場面になれば一度トライしてください。

 

スライサーにとりスライス防止は、スコアーアップに大きく貢献することでしょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

100を確実に切るに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

スイングで力を抜く
ゴルフで力を入れて打つ方が飛びますが、ゴルフは体の回転を使いクラブという道具を使い打つスポーツです。 つまり、クラブが良い仕事をしてくれなければボールを遠くに飛ばせないのです。そこで、クラブに良い仕事をさせる方法を解説します。
ショートホールを確実のパー3で上がる
パー3でダボやトリプルを打ってしまっているようではなかなか100切り達成とはいきません。アマチュアにとっては比較的スコアをまとめやすいパー3。 逆を言えばパー3でダボやトリプルを打ってしまっているようではなかなか100切り達成とはいきません。 パー3ホールの賢い攻め方や考え方、そして練習場で出来るショートホール攻略のための練習方法を解説していきます。
100の壁はグリーンを知ることから
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。スコアーの多くを占めるパター数は、グリーンを知ることから始まります。 特に、芝目はボールの距離や曲がりに大きく影響するからです。
初心者のクラブ選択
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
プレイング4で絶対OBを打たない
100を切るには、OBを打たないことが重要です。 ロフトの小さなクラブでは、球をこすりやすく、球の捕まりが悪くスライスが出やすくなります。OBの危険があるホールでは少しロフトのあるウッドの使用がボールの捕まりがよく、OBのリスクを軽減できます。
トップ・ダフリを減らす
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。その理由の多くにトップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リの早道道です。まず、スイングの基礎からこれらのリスクを減らす方法を解説していきます。
グリーン周りで往復びんた
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。スコアーを崩すグリーンまわりの往復びんたは、対処の経験不足から無造作に行うことです。 その対応の仕方についてクラブの選び方、打ち方について解説します。
グリーンの攻略は手前から
グリーン手前の攻略は手前から攻めるのがセオリーです。それは、日本のゴルフ場は山岳、丘陵にあり、グリーン奥のスペースが限られて敷地内に工夫して設計されていまっす。その結果グリーン奥嘉新のアプローチが難しシチュエーションになってしまうのです。
バンカーからは1回で脱出
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。バンカーショットは初心者には大きな壁になります。1発で脱出する簡単な3つのポイントを説明します。
100を切る・4パットは絶対しない
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。パターで大たたきする理由は芯でボールを打てない原因がすべてです。それは距離感、球の曲がり方は、芯でボールを打てることから始まります。
初心者のスライス病を直す
初心者のスライス病は、インパクトでフェースが開いてインパクトすることです。 フェースが開く原因は初歩的なスイングの基礎を理解することで修正できます。 その方法を解説していきます。
初心者のアドレスの取り方
初心者の最大の悩みの一つにスライス病があります。このスライスの原因の1つにアドレスの取り方に問題があります。ゴルフの基本をしっかりマスターしてこそ、ゴルフの上達が可能になります。
スイングの基礎は前傾姿勢
スイングを正しく覚えるには、いつもスイング軌道が安定していることせです。スイング軌道の安定には、アドレスで取った、頭とボールの距離をスイング中安定させなけらば正しいスイング軌道の再現ができません。
長いアドレスはミスショットを誘発
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
初心者が簡単に捻転する方法
捻転とはアドレスで構えてた、体とクラブをバックスイングを行うことで、身体に大きなネジレを作り、より遠くにボールを飛ばすヘッドスピードの向上を高める要素の一つになります。
OBを防ぐ方法
100、90を切る秘訣は1打目のティ―ショットが肝心です。 考えて下さい、初心者や中級者がスコアーを崩す大たたきは、大抵の場合ティ―ショットでOBを打つからです。また、大きく左や右に曲げ、グリーンを直接狙えなかったり、出すだけの無駄な1打を増やしてしまうからです。
ドライバーを真っすぐ打つコツ
ドライバーを真っすぐ打つには、正しいアドレスが取れていないと、話は前に進みません。 アドレスでのスタンスは両足、腰 量肩の位置がターゲットラインに対してすべて平行になる様に構えてください。また、クラブフェースはターゲットに直角になる様、正しくセットしてください。
グリップ力で飛距離アップ
グリップ力や、グリップの仕方で飛距離アップを図ることも可能です。グリップにはウイーク、ノーマル、ストロングと3種類の握り方がありますが、飛距離アップにはインパクトで球をしっかり捕まえることが重要で、ストロンググリップがその役目には最適です。
正しいアドレスの取り方
初心者の多くは無造作ティーアップをしますが、ゴルフ場は練習場と違いフラットな面ばかりではありません。また、コースも変化に富んでいるのがゴルフの醍醐味です。正しい方向のアドレスはコース戦略の基本です。
ティーエリア上の注意点
ティ―グラウドとフェアウエーの間に、谷がある場合、フェアイエーが高台になっている場合など、フェアウエーとの高低差による錯覚が原因で、どの位置にティ―アップしたら良いのかわからない場合があります。この点の注意の解説です。
グリップの仕方でスライス防止
ゴルフの入り口はグリップにあると言っても過言ではありません。 クラブと腕の支点でクラブを振る行為に大きな影響を与えるからです。 初心者のボールが曲がる原因の多くが、グリップの握り方にあります。 実際、グリップを直すことで、簡単にミスがなくなる事があります。
アドレスでグリップは柔らかく握る、強く握る
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。飛距離が出なかったり、安定して打てない原因にアドレスのグリップの握り方の強さも影響するのです。
芯でボールを捕えるアドレス
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
苦手なバンカーからの脱出
バンカーからの脱出が苦手なゴルファーの多くにボールを上げようと意識が強すぎる場合が挙げることができます。 まず、脱出だけを目標に、ヘッドが砂にめり込まないようにバンスを利用して打つことです。
オーバースイングの解消
ゴルファーは誰しも遠くに飛ばしたいと、願うのはごく当たり前のことです。その結果、スイングワークを必要以上に大きくする事で、ヘッドスピードが上がりボールを強く打て、遠くに飛ばせると考えていませんか? その、意識がオーバースイングを生む原因です。
トップスイングの力みを解消
トップの力みは決して良い結果はうまれません。この力みは意識の問題から生じています。遠くに飛ばそうとすれば誰でも力み、余分な力はスイングを硬直させミスショットに直結します。そこで、この力みの解消方法はメンタルの作りかたです。
ダフリの解消法
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。そこで解りやすくピンポイントで原因と結果、さらに矯正方法を解説し、100の壁をクリアー出来る方法を解説します。
トップの解消法
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。そこで解りやすくピンポイントで原因と結果、さらに矯正方法を解説し、100の壁をクリアー出来る方法を解説します。
アイアンのシャンク解消法
アイアンのシャンクの原因はボールと体の距離感やスイング軌道の原因でおこります。 ボールよりスイング軌道が外側になりネックよりでインパクトするからです
アウトサイドのスイングを直したい
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 それにはアウトサイドのスイングをインサイドに改善することです。 スイングでの正しい体重移動、テークバックでの捻転を正しく行う必要があります。
100を切る正しいテークバック
テ―クバックはスイングのスタート原点で、ショットの結果に影響を及ぼします。手首をねじて上げれば、インパクトでヘッドの遅れの原因でスライスが出やすくなります。
ヘッド加速の方法
ゴルフスイングにおいて、力みはヘッドスピードを減速させてしまうブレーキになります。 スイングで力を入れることは、ダウンスイングでその力みが右腕に集中し、腕のタメやシャフトのタメを活かせなくなり、ヘッドの加速を妨げてしまいます。 そこで、ヘッドを加速させる方法について解説します。
ハザードの確認
初心者は、特にハザードで大たたきする危険があります。フェアウエーバンカーや池、川など、ハザードからの脱出方法を練習して挑戦してからでも遅くありません。まずはフェアウエーをキープすることに集中しましょう。
左肩でスライス防止
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。その多くに、トップスイングで左肩が十分回らず、早打ちやアウトサイドのスイングでスライス病にかってしまいます。左肩を十分回せる方法を解説します。
体の開きでスライス
どうしても遠くに飛ばそうと、余分な力を入れる為、体が開きます。この力みは、ダウンスイングで右足のケリで体重移動が早く起こり、下半身と上半身が連動して早く開くことでおこります。
スイングのスエ―の直し方
スエ―と体重移動とはよく似ていますが、根本的にことなります。 体重移動とは、アドレスで構えた両足のスタンスの内側で、回転軸を移動させないで体をねじることで起こる体重の移動ですが、スエ―は回転軸そのものが体重移動で左右に移動することです。
ギッタン、バッタンのスイング矯正
スイングをスムーズに行うには無駄な筋肉を使わずにスイングすることで、スイング全体の流れで、部分、部分を気にしてスイングすれば、なかなか上手いきません。また、スムースな体の回転は体重移動も水平面で行えキッタン、バッタンの矯正が出来ます。
ティーエリアの傾斜に注意
全てのテイーエリアがフラットとなっているとは限りません。急いてテイ―アップした時、気づかず前下がり、前上がりになっている場合があります。 テイーエリアに上がる前に、傾斜があるかどうかを確認するのがミスショットの防止に役立ちます。
スイング軸安定させる
テイ―ショットで何時も方向性が安定せず、2打目が難しショットが残ってしまう。これは、回転軸の移動が回転を大きくして、不安定にするわけです 回転軸を安定させることで、スムーズなスイングが出来、ヘッドの加速で飛距離アップ、正確なショットができます。
頭の上下動を直す
頭を全く動かさずにスイングすれば、体が硬直してスイングできません、多少の左右移動は、かえってスイングをスムーズに行う為にも必要です。
アプローチのミスを防ぐ方法
アプローチをなくす方法は、スイング中の前傾姿勢をキープ、体の軸を動かさないでスイングすることです。
フォロースルーがうまく取れない
フォロースルーで左に乗り切らず右に倒れてしまう原因は、体重移動がうまくいってない証拠で、飛距離もあまり出ません。スイングも最後まで振りぬく意識をきっちり持ってください。
アドレスが原因でスライス
スライスの原因はいろいろ考えられますが、意外とアドレスの取り方で、スライスが出やすい構えになっている場合をよく見かけます。 目標に対してオープンに構えている場合、正しくスイング出来ても、クラブの軌道は目標に対してアウトサイドインになりスライスがでます。
ドローを打つコツ
ドローのスイング軌道はインサイドアウトになります。目標に対して、スクエアに構えますが、スタンスは右足を少し後ろに移動し、クローズドスタンスにします。
ボール初速を上げ飛距離を伸ばす方法
40M/Cのヘッドスピードでジャストミートすれば230y前後は飛びます。しかしミート率が80%の場合、約30yもロスしてしまい200y前後の飛距離になります。ミート率をあげて飛距離アップする方法です。
連続ミスショットが続いた
連続ミスが続いた場合、多くはスイングを力んでしている為、窮屈な打ち方になっているからです。焦らず、大きく息をすい上体をリラックスさせてください。
即10打縮める方法
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト