ミドルアイアンでスライスがでる

ミドルアイアンでスライスが出る


メニュー

 

メニュー

 

スイングが原因【スタンス、ボール位置、フェース向き、前傾姿勢、グリップ】

 

 

ミドルアイアンのスライスとシャフトのアンマッチ

 

シャフトのタイミングの違いで起こるスライス

 

 

シャフトのシナリのメカニズム

 

 

 

 

 

商品紹介:NEWメンズ アイアンクラブはこちらから

 

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

 

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ミドルアイアンでスライスが出る

 

 

スライスの原因は、インパクトでフェースを開いてインパクトすることで、スライスになりますが、クラブが原因の場合スイングが原因の場合と二通り考えられます。

 

 

 

スイングが原因でスライス

 

7,8,9アイアンは上手く打てるが、5,6アイアンになると急にスライスが出るゴルファーを多く見かけます。

 

ミドルアイアンでスライスが出る場合のチエック項目は、アドレス、ボールの位置、フェース向き、グリップ、前傾姿勢、体の向きが主なチエックポイントに」なります。

 

 

ミドルアイアンは、ショートアイアンに比べロフトも立っており、しっかり球を捕まえないとスライスになる構造であることをまず理解してください。

 

アドレス

 

松山選種手のアイアンアドレス

グーグルとその情報提供者

 

インパクトを正確に行なうのは、正確なアドレスが基本です。ボールの位置から体の向きを平行になるようスタンスを取り、体が右を向いたり、左を向かないように飛行線と両肩を平行に構えてください。

 

特に、右手グリップが左手グリックより下で握り、かつハンドファーストで右肩が前にでる場合です。これでは両肩が目標に開いてしまいます。必ず右肩を下に下げて両肩の向き目標ラインに平行に取るようにして下さい。

 

また、正しくは首から背筋まで伸ばし、お尻を後方へ突き出しながら25~30度の前掲姿勢をキープし、正しい前傾姿勢を取ったうえで、軽く膝を曲げて下さい。

 

ウエイトはや左に起きますが、スイング軸はやや右傾斜にしておいてください。左に倒れると色んなミスを誘発します。

 

アドレスでボールの置く位置

 

インパクトでフェースは開いた状態から閉じる開閉が行われます。そのことから、ボールの位置が体のセンターから右よりになればフェースが開いた状態でインパクトを迎えスライスボールがでます。

 

逆に、ボールの位置が体のセンターより左よりになれば、フェースが閉じる渋滞でインパクトを迎えフックボールがでます。

 

このことから、スライスで悩むゴルファーはボールの置く位置をセンターより左側に置いてみるのも、スライス防止に効果的です。余り左に置き過ぎるとスライスの原因になります。

 

 

 

フェースの合わせ方

 

アドレスでフェースの合わせ方の工夫でスライス防止ができます。

 

特に、フェース向きをリーデングエッジやスコアーラインで合わせている場合トップブレードで合すことでインパクトでフェースが閉じやすくスライス防止に役立ちます。

 

リーヂンエッジで合す方法

 

一番オーソドックスな合わせ方はアイアンのリーヂングエッジやフェースのスコアーラインを目標に直角に置く合わせ方です。

 

この場合は、シャフトが硬すぎたり重すぎたりした場合、インパクトの衝撃で若干フェースが開きやすくなりますから注意してください。

 

フェースを合す

 

写真の赤のラインを目標に直角に合わせます。

 

そのためには、ボールの真後ろから目標に線を引き、ボールの直前の動かないマーク(芝の濃い場所など)を設定して、そのラインにリーデングエッジのラインが直角になるようにセットして下さい。

 

 

スライスが出る場合はトップブレードで合す方法

 

もう一方の合わせ方はアイアンのフェースの上側のトップブレード(赤のライン)で合す方法です。

 

この合わせ方は、グリーンラインで示すように、インパクトでストレートに合すより若干フェースがカブり、スライスを防止できるフェースの合わせ方です。

 

トップブレードで合す

 

スライスの出やすいゴルファーは、トップブレードで合わす事をお勧めします。

 

トップブレードで合わせると、アイアンヘッドの重心点がシャフトの延線上より前に来るため、スライスしにくくなる点です。ミドルアイアンでスライスの出るゴルファーは、アドレスでフェースがかぶり気味で構えるのが正解です。

 

アドレスの前傾姿勢

 

アドレスでの姿勢は方向性に重要なライ角と直結することでチェックポイントの一つです。

 

前傾姿勢が深すぎても、浅すぎてもアイアンヘッドのライ角を正しく使えなくなります。

 

アドレスでヘッドのソール部分が少し浮く程度になる、姿勢を取ることでスライス防止になります。

 

グリップでスライス防止

 

スライス防止にはグリップも大きな影響します。

 

左グリップの甲面が上を向く(一指し指と薬指のくるぶしが上を向く)ストロンググリップで握る方が、インパクトで手首の可動領域が大きくヘッドが返りやすいことです。

 

さらに、パームでなくフィンガーで握ることもスライス防止に効果的です。

 

アドレスのハンドファースト

 

アイアンでスライスの出る原因に、アドレスの構え方がハンドファーストの構えになっていないことです。

 

左グリップが左太ももの内側にくるように、しっかりハンドファーストのアドレスを取るようにして下さい。

 

 

中級者・上級者がスライスをが出やすくなるのが、ダウンスイングでアームローテイションのタイミングが遅れることです。

 

ダウンスイングで左腕を引きすぎるあまり、腕のローテーションが遅れ、結果手首のローテイションでフェースが戻り切らず、スライスを打ってしまいます。

 

テークバック、バックスイング

 

バックスイングではフェースを開かず行うことが重要で、体の回転を伴ったテークバック、バックスイングが重要です。

 

特に、前傾姿勢の角度分スイングプレートがスイング軸に対して垂直に行うことです。

 

アイアンのテークバック

 

肩の回転がグリーンのライン、腕の位置は赤のラインが理想です。

 

 

クラブの不一致でスライス

 

そこで、初心者に多い使用クラブがオーバースペックになっていて、スライスがでる場合です。

 

 

以下の表は、シャフトのシナリを正確に捉えるため、一般的なシャフトスペック R,、,Sでは説明か難しくなり、シャフトのシナリを数値化した振動数で捉えています。

 

横の数値はシャフトの長さ、縦の数値はシャフトの硬さをcpmで表しています。 青、空色のラインはヘッドスピードから最適なシャフトの硬さです。オレンジラインはクラブの硬さをcpmで表示しています。

 

cpmミドルアイアン

 

上の表は5アイアンからAWまでのシャフトの硬さを振動数で捉えたグラフです。情報からミドルアイアンはスライスの出やすいクラブで難しいクラブになっています。

 

スイングが原因と勘違いしての矯正は、このシャフトに合わせた変則的なスイングになり、スイングを壊す結果を招きますからら、この様な場合は、クラブのチェックを行うことも大切になります。

 

上のグラフから、8番アイアンから上のシャフトの硬さがRですが、ミドルアイアンがSXに近い硬さになっている事がわかります。

 

このシャフトのスペックはR表示になっていますが、振動数で見るとミドルアイアンが硬くショートアイアンは打ちやすRシャフトの硬さになっています。

 

5アイアンのクラブ総重量は415gの重さで、ステイ―ルシャフトを使用されておりミドルアイアン全体も非常に重目クラブになっています。

 

ちなみに、5アイアンが415gでは重量クラブの部類になり、ヘッドスピードがドライバー基準で45m/s以上のハードヒッター向きに当たります。

 

この様に、自分のヘッドスピード以上にシャフトが硬く、クラブの総重量が重いクラブでは、シャフトのシナリ最下点がインパクト直前になるため、ヘッドが返り切らずボールの捕まりが悪くなり、フェースが開いた状態でインパクトすることで、カットして気味のスライスになります。

 

 

 

シャフトのタイミングの違いで起こるスライス

 

メニュー


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

シャフトが硬すぎる場合、フェースが実際開く状態を数値で知ることができます。

 

以下の表は、ミドルアイアン5で重い硬いシャフトで315cpmとスライス出ない柔らか目のシャフトで300cpmのインパクト時間の比較です。

5Iシャフトの硬さ

シャフト復元時間

タイミング

適合

315cpm

0.0476秒

速い

×

300cpm

0.05秒

 

重い硬いシャフトは、インパクトタイミングが0.047で、使いやすいシャフトのタイミングは0.05になります。

 

つまり、硬いシャフトのタイミングが使いやすいシャフトに比べ、003秒タイミングが早いことがわかります。

 

タイミングが速いクラブは、シャフトの最下点がインパクト直前でフェースが開いてインパクトすることになり、スライスがでてしまうのは当然といえます。

 

さらに、インパクトでタイミングの早いクラブは、当然シャフトのトルク値も低く、インパクトでヘッドが返りにくいことです。

 





無料診断3

 

結果、スライスを恐れインパクトで無理やりヘッドを返すと左に引っ掛けたり、場合によっては、チーピンがでてしまいます。

 

アイアンの場合、各クラブに番手があることから、距離でなく方向性を重視した打ち方が優先します。方向性の安定感はドライバーの様にクラブが長くない事から、少し重めのクラブが求められますが、程度の問題で余り重すぎる場合はミスショットの原因になります。

 

このような場合、5アイアンから7アイアンまで、シャフトを軽めの軟らかいシャフトに入れ替えることで、球の捕まりもよく高弾道のストレートボールが打てるようになります。クラブ重量も約400g程度で約15g程度軽くなり、軽量化の運動量の増加はヘッドスピードアップで飛距離も伸びるのです。

 

重いクラブは、方向性の安定性は確かに優れていますが、ヘッドスピードに対応できる重さを越えるクラブは、ヘッドスピードも逆に上がらず、クラブを振り切れず、スライス、トップ ダフリなどのリスクが大きくなります。

 

ゴルフクラブバック

爆飛びのダイナゴルフはこちらから


 

また、自分のパワーと比べ、シャフトが硬く、重い場合は、トップスイングで切り返しのタイミングが遅れることです。

 

結果、クラブを振りきれず、クラブの振り遅れからスイング軌道がアウトサイドインの軌道になり、カットスイングにでスライスの弾道になります。

 

また、硬いシャフトはフェースの芯でボールを捕えられず、ヒール側にボールが当たりるためスライス回転で右に飛びやすくなります。この様なクラブで、真っすぐ打とうと、力を入れてスイングすると、上体に力が入り、体の回転が止まり、左にヒッカケ球が出る場合もあります。

 

自分のスイングが悪いと無理やり、ストレートに打とうと練習すれば、間違ったフォームを作り、スイングを壊す恐れがあります。

 

スイングが悪いと勘違いせず、自分のヘッドスピードに合致っした、適正なシャフトの硬さのクラブを選んでください。

 

シャフトの不一致によるスライスの球筋の矯正は、シャフトの硬さをヘッドスピードに一致させる事で意外と簡単に矯正できます。

 

 

 

 

 

参照:スライスが出にくいキャビティアイアン資料です

 

ミスを抑えるキャビティアイアンはこちらを参照

 

構えやすくボールの捕まえやすくアイアンを苦手とされるゴルファーに

 

診断ドアー


無料診断3

 

 

 

この画面のトップに戻る

 

 


 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。
























 

 

 

 

シャフトが合わない原因に戻る

関連ページ

#ドライバーでスライスが出る
スイングでスライス原因は、カットスイングが殆どで、アウトサイドインのクラブ軌道が原因でスライスの球筋になります。 その他、インパクトでフェースが開いてボールを捕えることが原因でスライスになりますが、シャフトが原因のスライスもインパクトでフェースが開いた状態でインパクトするため、スライスやヒッカケになりやすくなります。
#ドライバーでフックが止まらない
ドライバーでフックの出る原因には、シャフトやスイングなど色んな要因でおこります。 この要因を科学的、物理的に分析することで、解決方法が見つかり、その解決手段について解説していきます。
#ロングアイアンが打てない
ロングアイアンが打てない。ロングアイアンはヘッドも小さく、重心も高く、打ってもなかなかボールが上がらないことで苦手意識が芽生えてしまいますそのためにはボールを左足近くに置き振り抜くことです。
#ショートアイアンがシックリこない
自分で、クラブをコントロールできるクラブにしておくことが大切です。そのコントロールできるクラブとは、ヘッドの重みを感じてスイングできる、シャフトの硬さとクラブ重量になります。
アイアンの距離が合わない
ゴルフで正しいスイングをしているのに、どうもしっくりこないクラブがあります。シャフトの硬さや重さがスイングに与える影響は、ゴルフ上達を阻害するといっても過言ではありません。長年のデータを集約して実例で解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト