左親指を痛める

左親指を痛める

 

ご案内

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

 

 

左親指を痛める

 

一般的なグリップ(オーバーラッピングorインターロッキング)では、左手の親指をシャフトに直角に立ててあてがいますが、これが原因で親指を痛める事がよく起こります。

 

ゴルフを始めたての初心者が、ボールを強く打とうと左グリックに親指だけに力が入り、最も怪我の多い部位の代表です。

 

しかしこの左手親指を痛める事の対処方法は極めて簡単です。

 

オーバーラッピングやインターロッキングのように親指を立てて握るのを止めて、ベースボール(テンフィンガー)グリップのように親指をたてずに巻き付けて握れば【写真右】、負傷することはありません。野球のバットを持つ握りと同じで、実に単純な話です。

 

ご案内

グーグルとその情報提供者

 

ベースボールグリップで握れば、グリップがぐらついて不安定に感じるかもしれませんが、単なる慣れの問題でそのうち安定します。

 

むしろ10本の指を全てシャフトに添えるので、グリップが安定して、スライスしにくいグリップの握り方といえます。

 

自分に合うのでであれば、ベースボールグリップの方が飛距離を伸ばすことが可能なグリップと言えます。

 

 

 

 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

ゴルフの怪我とその予防方法に戻る

関連ページ

ゴルフで怪我:足がつる【こむら返り】
.カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラルや、 ビタミンB1やタウリンといった栄養素が不足。
ゴルフカートによる怪我
.
真夏の炎天下の熱中症の予防と対処
.熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト