真夏の炎天下の熱中症の予防と対処

真夏のゴルフの熱中症の予防と対処法

 

真夏のゴルフ熱中症

グーグルとその情報提供者

 

真夏のゴルフの熱中症の予防と対処法

 

熱中症は日差しが強い状況下に長時間いることで、体の機能が鈍ってきます。その結果、通常なら熱を外へ逃がせるのですが、体温調節機能が低下して熱が体にこもり熱中症になるのです。

 

熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。症状が深刻なときは命に関わることもありますが、正しい知識があれば予防することができます。熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけてください。

 

日中にプレーするなら、涼しい服装で、日傘やカートを出来るだけ利用し、直射日光を避けるようにして下さい。

 

ラウンド当日の朝食は出来るだけ、塩分の補給も兼ねて味噌汁を摂るのがお勧めします。ゴルフ場で朝食を食べるなら和定食が良いかもしれませんね。また、昼食も塩分補給にもつながりますから、好きな食事をしっかり取るようにしてください。

 

真夏のゴルフ熱中症

 

 

ラウンドの前日の注事項意

プレー前日は、翌日のラウンドを左右します。十分に睡眠を確保してアルコールはほどほどに、はやめに睡眠をとるようにして下さい。

 

また、ゴルフは朝が早く、ゴルフ場まで車の移動も多いことから、特にアルコールを控えるようにして下さい。

 

ラウンド中は直射日光を避ける

頭部を守るためにサンバイザーではなく、キャップやハットを選びましょう。真夏でもツアーで戦うプロを参考に、日傘(雨用の傘でも可)をさしましょう。直射日光を避けるために通気性の良い長袖の服を着るのも良いです。

 

ラウンド中に熱中症の症状が出た場合

熱中症にかかったときは、まず体を冷やしますが、予防策としても効果的です。カートに乗ったタイミングなど、定期的に氷嚢や凍った飲み物を首筋や脇に当てて冷すことで体全体を冷やすことができます。
また、冷感スプレーは手軽で、効果の持続性を考えると補助的なグッズとして有効です。

 

また、ハーフターンで汗で濡れた下着の交換も、少しでも快適にプレーができ熱中症対策にも効果があります。

 

飲み物

その日の天候にもよりますが、ハーフで1リットル程度の飲み物(できたらスポーツドリンク 2L程度)を用意してください。喉が乾く前に水分を摂取するのが鉄則です。熱中症は暑さだけでなく湿度も関係するため、梅雨時や真夏の雨の後では、気温が下がっても気を抜かないことが肝心です。

 

 

 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ゴルフで怪我:足がつる【こむら返り】
.カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラルや、 ビタミンB1やタウリンといった栄養素が不足。
左親指を痛める
.一般的なグリップ(オーバーラッピングorインターロッキング)では、左手の親指をシャフトに直角に立ててあてがいますが、これが原因で親指を痛める事がよく起こります。
ゴルフカートによる怪我
.

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト