ゴルフカートによる怪我

ゴルフカートでの怪我

 

 

ご案内

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

ゴルフカートでの怪我

 

昔と違い、キャヂィーの代わりをするゴルフカートはゴルフ場は広大な敷地の中を意外と自由に運転できます。

 

一般道路と違い、どうしても気の緩みが出てしまいます。

 

広大なゴルフコースの移動には欠かせないゴルフカートですが、キャディの方が運転している分には問題ないのですが、セルフ(キャディ無し)の場合だと、人によっては思わぬ事故を引き起こしてしまうこともあります...。

 

カートが動いていると状態で、乗り降りすることです。足首の捻挫や、クラブをもったままではクラブがからみ大事故につながります。

 

また、無理な傾斜面の走行では、カート自体の転倒での怪我、溝での転落、カーブでの転倒など、様々な予期せぬ事故が待ち受けています。

 

キャディをつけない場合、ドライバーの方は常に安全運転を心がけ、乗車している方も身を乗り出したりカーブ時にカートから振り落とされないように注意しましょう。

 

 

ご案内

 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

ゴルフの怪我とその予防方法に戻る

関連ページ

ゴルフで怪我:足がつる【こむら返り】
.カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラルや、 ビタミンB1やタウリンといった栄養素が不足。
左親指を痛める
.一般的なグリップ(オーバーラッピングorインターロッキング)では、左手の親指をシャフトに直角に立ててあてがいますが、これが原因で親指を痛める事がよく起こります。
真夏の炎天下の熱中症の予防と対処
.熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト