アイアンのティークバックの取り方

アイアンのティ―クバックの取り方

 

スーパーデール

 

 



 

メンズゴルフウエアーの紹介はこちらから

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得。(第2597789号)、大手ゴルフクラブメーカ、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

正しいテ―クバックの取り方

 

アイアンとドライバ―のテークバックは若干違いがあります。

 

それは、ウッドの場合は、より遠くにボールを打つ飛距離を求めるため、遠心力を使うスイングになりますが、アイアンは重量落下を回転で上手く利用して、決められた距離を正確に打つコンパクトなスイングが求められます。

 

つまり、アイアンはドラーバーのように、遠くに飛ばすクラブとは違い、グリーンを直接狙うクラブで、何より正確な方向性と、正確な距離が求められます。

 

そのため、距離の違いを打つ、各番手があります。

 

アイアンはドライバーに比べるとクラブも短く、その分当然、バックスイングはアップライト気味の小さいスイング回転になります。

 

つまりアイアンのスイングはコンパクトする事を心掛けることが大切になります。

 

コンパクトなスイングをするには、下半身の動きは極力抑え腰、肩の回転でネジレを作ってください。アイアンの場合、出来るだけ手首を使わず、アドレスでできた手首の角度を変えず行うことがポイントになっります。

 

当然、大きなテークバックを行う必要はなく、、小さい回転軸でバックスイングを行います。

 

バックスイングの回転は、、左肩から腰の順に回転を始め、(上から下に)ワンピースにバックスイングを行うことです。ワンピースのポイントは肩、腕、腰の回転速度を調和させることを意味します。
つまり、左腕もシャフトと捉え左肩とクラブヘッドを1本のクラブの認識をもってください。

 

下の写真のオレンジラインは左肩とヘッドが一直線になり、ワンピースにスイングする基本です。

アドレスと腕

 

 

テークバックでは、クラブのシャフトだけでなく、腕もシャフト同様の役目をもっている意識をもってください。

 

左肩からヘッドの先まで、すべてシャフトの役割をすると意識を持てば、クラブと腕の一体感がうまれバックスイングで左腕が折れないワンピースで理想のテークバックを開始できるのです。

 

ワンピースのテークバックは手首の折れを防止でき、左肘にハリを持たせたタメの効いたバックスイングを作れます。さらに、テークバックで手首の折れから手でクラブを上げることを防止できます。

 

両足や両膝の回転を使った、テークバックは、ドアースイングになり、トップでの体のタメが出来ず手打ちのスイングになりますから、絶対に行わないことです。

 

その他ために、両膝が右にスエ―させないためにも、回転の始動は肩の回転から始め、フットワークの動きはおこないません。

 

ポイントはテークバッツと同時にウエイトを右足に乗せるのでなく、肩の回転で右足の乗せることです。

 

テークバックの回転で、ウエイトは自然に右サイドに移動します。

 

アイアンのアドレスでは、ハンドファーストになるため、テークバックでは、コックの始動(右腰)は若干早くなりますが、このコックを維持したまま、トップまでもっていくのがアイアンの正しいテークバックになります。

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

 

この時の注意点、テークバック始動時、少しヘッドを芝に触れるように真っすぐ引くことです。こればとても重要で、クラブ始動で起こる体が起きやすくなることを防止でき、レベルスイングを行うには重要ファクターになります。

 

ドライバ―のようにティーアップしたボールを打つのでなく、直接ボールの直下にヘッドを打ち込むことから、回転軸と体の、左右、上下動を極力抑えることが求められるからです。

 

特に、体の上下動はアイアンのミスのトップ、ダフリの原因に起因します。

 

ティークバックを少しでも真っすぐ引くことで、アドレスの前傾姿勢を維持でき体の起き上がりを抑えるのに非常に有効です。

 

正しい回転軸の作り方はこちらを参照してください。

 

コース予約ポイントアップ

 

トップスイングの位置はクラブシャフトが地面に平行になる手前で、止めるのが理想です。グリップエンドが右耳の少し上あたりに来る位置が正しいトップに位置です。

 

アイアンのダウンスイングはウッドに比べて、ダウンブローに降ろすため、スイングワークは小さめに取る方が安全です。

 

バックスイングを行う時、体とボールの距離感を変えず前傾姿勢を崩さないで行う事が大切になります。

 

バックスイングで、この前傾姿勢が崩れると体の上下動が起こり、スイング軌道が定まらず、ミスショットにつながります。

 

アイアンのミスショットのダフリ、トップはこの体の上下動でおこります。テークバック、バックスイングでは腰の回転をレベルで回すことです。

 

そのためにも、左肩を右にネジル時、レベルを維持して回転させ、どうしてもテークバック時に体が浮く場合には、右腰骨が上がらないように少し後に引くように回せば、レベルに回転できますから、一度試して見てはいかがでしょうか。

 

テークバックのポイントは、上体を力まずゆっくり行うことが、アイアンをミスなく打つコツになります。

 

 

 グーグルとデータ提供者

アイアンスイング

 

写真による解説 

 

左から2枚目3枚目4枚目がテークバックになります。

 

テークバックの始動はアドレスで作った手首の角度を変えず、ヘッドを真っすぐ引きます。

 

真っすぐ引いても肩、クラブの一体化できていれば、回転すれば自然とクラブは内側に移動し、ウエイトも右に移ります。

 

腰のあたりでの左手グリップの甲か、45度上をを向くのが正しいテークバックになります。

 

テークバックフェース面

 

この位置で、左グリップの甲が正面を向いているとフェースが閉じた状態でインパクトでフェースがカブリ、空の方向に向いているとフェースは開いた状態でインパクトでフェースが開いて遅れる状態になり、ダウンスイングを正しいリリースしても、インパクトでフェースの開閉を正確に行えず、ミスショットにつながります。

 

正しいフェース面は上の写真のように、前傾姿勢とほぼ平行になれば、フェース面を変えずにテークバックを行えていることになります。

 

 

 

 

またトップスイングに移行する時、右肘の内側が上を向く事(右肘の角度)でバックスイングで左腕のを上げる動作を邪魔せず、トップまでスムースに回転でき、理想的なバックスイングでます。

 

右肘に力が入り伸びてしまうと、クラブが外に上がりアウトサイドのスウイングになり、オーバースイングや回転軸が左に倒れる原因を作り、理想のコックを行えないことから、パワーアングルが上手くつくれません。

 

下半身は写真で見る様に、殆ど靴の裏が芝生から離れず、どっしりとしているのがわかります。

 

これは、上半身と下半身の間に捻転を作るため、下半身の動きを止めてネジレのパワーを貯めているのです。

 

この上半身と下半身の捻転の角度の差が大きい程、スイングスピードを上げるエネルギーを貯めることができます。
 
テークバックは下半身を動かさず、上半身だけをネジルのがポイント

 

正しいテークバックは、トップからボールを正確に打つ構えを作るアプローチになります。その意味ではテークバック、バックスイングの良し悪しがショットの成否を決めると言っても過言ではありません。

 

そこで、正しいテークバックをつくるために、無駄のないテークバックをする体の理論を学んでください

 

 

正しいテークバックは安定した下半身と柔軟性の高い上半身から生まれます。

 


 

 

 

 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。
























 

 

 

診断ドアー


無料診断3

 

 

 

 

 

アイアンスイング理論に戻る

 

 

 

 

関連ページ

#アドレスの取り方
アドレスの取り方はスイングの基本です。正しいアドレスで理想のスイング軌道ができヘッドスピードを高め、正確なショットを打つことができます。間違ったアドレスはゴルフの上達を妨げ、楽しいはずのゴルフ生活を台無しにしてしまいます。
#トップスイング
アイアンの場合、トップの位置はスリークオター程度がベストです。それ以上のオーバースイングは、右肩サイドが伸び、前傾姿勢をキープできなくなり、体の上下動が起こりミスショットに繋がります。
#アイアンのダウンスイング
アイアンの打ち方の基本は、ダウンブローに打つことです。ではどのようにすればダウンブローに打つことができるのでしょうか。ダウンスイングで回転速度を上げるためには、コックした手首はそのままにして、クラブヘッドと回転軸(背骨)との距離を短く(慣性モーメントを最小に)したまま、回転運動を開始しに回転速度を上げます。
インパクト
インパクトはヘッドでボールを打ちに行くのでなく、ボールがヘッドの通過点にあるぐらいにイメージしてください。 また、打った後、ボールの行方を気にしすぎてはダメです。どこかにその意識があると、無意識にボールを見に行って、打ち急ぎの原因になり、ミスショットになってしまうからです。
フォロースルー
アドレスからフィニッシュまで一連の流れの中で、フィニッシュまで綺麗に振りぬくことが基本です。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト