アドレスの取り方

アイアンの正しいアドレスの取り方

 

スーパーデール

 

アイアン

 

アイアンスイングの基本

 

アドレスの前傾姿勢

 

理想のアドレス・ボールの位置

 

理想のアドレス・スタンスの方向 ボールとの間隔

 

スイングの基本ファンドーファースト

 

 

商品紹介:NEWメンズ アイアンクラブはこちらから

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得。(第2597789号)、大手ゴルフクラブメーカ、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

プロファイル

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

正確にアイアンショットを打つ基本

 

アイアンの概念は、距離を打つクラブでなく、狙う距離に合わせて、その選択したクラブで正確なショットを打つことです。

 

ドライバーのように遠くに打つクラブでなく、距離と方向の両方を正確に合わせ、グリーンを捕まえるクラブであると、強く意識してください。

 

距離を合わせる場合は、番手を変えることで行い、スイングの強弱での距離合わせはミスに直結しますから、絶対行わないことです。

 

アイアンのショットはスイング全体を力強く打つのでなく、ダウンブローでコンパクトで強くインパクトする意識が求められます。正しいダウンスイングのためにもオーバースイングは禁物です。

 

アイアンのダウンブローの打ち方は、上からクラブを立ててインパクトすることから、トップではクラブが飛行方向と平行の状態までクラブをあげることは、クラブを下に引くことが不都合で、トップの切り返しがヘッドから始動しやすくなります。そのことから、アイアンのトップはグリップを引きやすい、クラブがやや立っている状態が理想になるのです。

 

そのためにも、アドレスでのスタンス幅やクラブの位置が重要になるのです。

 

アイアン


 

アイアンは、ドライバーと違い、派手さはありませんが、スコアーメイクはアイアンで作られると言っても過言ではありません。

 

キャディバッグの中に入っている一番多い本数のクラブが、アイアンクラブで、それだけ使用頻度も多く、その分ミスも多く出やすくなります。

 

また打つ場面も、テーグラウンドと違い、ボールのある場所が平坦な場所や芝の上にあるとは限らず、色んな場面に対応し、瞬時にミスのリスクを減らす使用クラブの選択と、それに対応できるスイングが求められます。そのように対応でききるには、やはりアドレスの基本をしっかり身につけることが必要です。

 

また、グリーンに近いショートゲームは、ショートアイアンやウエッジを多用して、ピン近くに球を寄せるる事でスコアアップを狙う大切なクラブになります。

 

結果オーライのショットでは、いつか大たたきする局面を迎えます。

 

正確な距離と、正確なショットは偶然からは、決して生まれません。そのためには、アイアンショットを正確に打つアドレスの基本をキッチリ身に付けることが、心地よいゴルフを楽しめるのです。

 

 

アイアン番手別・一般アマチュアの平均飛距離

番手別 クラブ

男性

女性

4アイアン

170y

120y

5アイアン

160y

110y

6アイアン

150y

100y

7アイアン

140y

90y

8アイアン

130y

80y

9アイアン

115y

70y

PW

105

60y

SW

80y

50y

距離の出るゴルファーの場合は約20y+
距離の出ない非力なゴルファーの場合はー10yを目安にしてください。

 

以下の表は5~PWアイアン標準ロフトになります。5Iの長さは38.0 37.5インチが基準

5アイアンは現行25~27度が主流ですが25度が一番お勧めロフトです。

 

番手

ロフト角

ライ角

ヘッド重量g

5I

25

60.5

252

6I

28

61.0

260

7I

32

61.5

268

8I

36

62.0

276

9I

40

62.5

284

PW

45

63.0

292

 

 





無料診断3

 

前傾姿勢の取り方

 

まず最初に、アドレスの前期姿勢の重要なポイント

 

前傾姿勢はイコールスイングの回転軸になり、スムースな回転を行なうには、適正な姿勢が重要です。

 

前傾姿勢の取り方の注意点は、余り前のめりに構えると、ダウンスイングでクラブの振り抜きが窮屈になり、ネックでインパクトするシャンクや、ヘッドの遅れに繋がりますから、素振りをしてスムースにスイングできる、ボールとの間隔を確認してください。

 

アドレスで前のめりになると、回転軸の背骨も曲る状態になり、正しい回転軸がつくれません。出来るだけ背骨を真っすぐ、お尻を少し後ろに引く余裕のあるアドレスを行います。

 

前傾姿勢が浅すぎれば、ウエイトがかがと側に掛かりスイング軌道を正しい位置で行えません。結果、ダウンスインでヒールアップで体とボールの距離間が遠くなり右腕が伸びきった状態で、ボールの頭を叩くトップの原因になります。

 

タイガーのアドレス

 

上の写真のアドレスの取り方は、直立に立ち背筋を伸ばして軽く会釈してください。次にお尻を下げず、両膝を軽くおり、ウエイトは土踏まずに置くようにします。

 

スイング軸と左肩の回し方

 

スイング軸に対して両肩の回転が90度の角度を持つことが、スイング軌道の再現性の安定につながり、無駄な力みのないダウンスイングを行えるコツです。

 

 グーグルとデータ提供者
アイアンスイング

 

アイアンでは下半身の安定と上半身の柔軟性が第一で、しっかりと足で地面を捕まえる様にスタンスを取り、両膝は少し曲げて、両肩、両腕の力を抜いて構えるようにしましょう。

 

力をすべて抜くことは、芯のないアドレスになりますから、体幹を感じられる程度の両腰のあたのり緊張は残してください。

 

アドレスで筋肉の使い方はスイングを始めるスタートラインで、とても重要なファクターになります。そこでアドレス時の無駄のない体の筋肉の使い方を学んで下さい。

 

無駄なくスイングするための体の使い方

 

近年アイアンクラブの進化で、極端にダウンブローを意識せずに打てるクラブが主流になってきました。

 

特にキャビティアイアンでソール幅の広いアイアンでは、無理にダウンブローに打つと、芝生の反発が強く起こりかえってミスショットに繋がります。

 

このようなアイアンを使用する場合、ボールを横から叩くイメージで打つことがベストです。ボール一個前にボールがあるイメージでインパクトゾーンを長く取るようにしてください。

 

このように、緩やかなダウンブローを打つのは、スイング軸の上下動を押さえたレベルスイングになります。前傾姿勢を深く取らず、ダウンスイングでシャフトが地面に対して垂直になればヘッドを返す打ち方になります。

 

アドレス

グーグルとその情報提供者

 

前傾姿勢は背骨を真っすぐさせてから、腰から上を少し折り、両膝を曲げることです。その姿勢で両手をぶらんと下げた位置がグリップの位置になります。

 

ただし、最も重要な前傾姿勢は、構えたヘッドのトウ部分の浮かせ方が(ライ角度)重要で、10円玉が2、3枚入る程度すき間ができることです。

 

 

 

 

アイアンの理想のアドレス

 

ボールの位置

 

アイアンのボールの位置は、7番アイアンが基準になります。7アイアンのボール位置はスタンスのセンターかボール半個分左に置くのが基本です。

 

スタンスは肩幅よりやや広いぐらいに取りますが、アイアンのスイングは特にダウンブローに打ち込むため、大きめのスタンスでは軸の移動が起こりやすく理想としては肩幅程度といえます。

 

ミドルアイアン、ロングアイアンの場合はボールの位置はそのままで、右足を少し右にスライドさせてスタンスを広げていけば、ボールの位置は自然に左寄りになります。

 

ロングアイアン程スタンスは広く、ショートアイアン程スタンスを狭く取って構えるのが基準ですが、7アイアンより短いクラブの場合は、さほど狭く取る必要はなく肩幅程度にするのがベストです。

 

 

アイアンの基準ボール位置

 

②からロングアイアン~ショートアイアン③になりますが、個人差があります。

 

スタンス

 

 

商品紹介:NEWメンズ アイアンクラブはこちらから

 

スタンスの方向・ボールとの間隔

 

スタンスは、腰、両肩が目標の飛行線に対して平行になるように構えてください。

 

特に初心者の多くが、知らず知らず右に向き過ぎてアドレスを取ってしまいます。

 

これはスタンスを目標を点で合すため、飛行線に対してスタンス、両肩が平行にならない事で起こります。スタンスのラインはボールのターゲットラインから少し左サイドのむきますが、ホールのターゲットラインと平行に構えます。これで、右を向いたアドレスを取らなくなります。

 

スタンス

 

スタンスとボールの間隔

 

アイアンの体とボールの間隔は上の写真のように、グリップエンドとこぶし1個半から2個程度が基本になります。

 

グリップの位置はベルトの下あたりが理想になります。

 

アドレスアイアン

 

 

次に、アイアンのアドレスで最も重要な要素は、前傾姿勢とハンドファーストです。

 

 

 

アイアンの基本はハンドファースト

 

ハンドファーストはダフリ、トップの防止のみならず、正確な距離とショットを打つには必要不可欠なファクターです。

 

また、ハンドファーストに構える時の注意点は、フェース面がオープンになりやすく、手首やリストを使ってのフェース面の調整は行わず、まず最初は、フェース面が飛行方向に直角になる様に構えてから、グリップすることを忘れないでください。

 

フェースの合わせ方で、スライスに悩んでいるゴルファーの場合、アイアンヘッドのトップブレードで合わす方が、球の捕まりがよくなります。

 

詳しくは、アイアンのフェース面の合わせ方がわからない方はこちらを参照してえください。

 

アドレス時のグリップ位置は、左太ももの内側に来るよう構えてください。

 

下の写真のオレンジのラインの様に、左肩、左腕 シャフトがワンピース(一直線)になる様に構えるのが理想です。

 

アイアンのアドレスはハンドファーストが基本で、インパクトではクラブをダウンブローに打つのに必要なスタイルになります。また、リリースポイントが作りやすくレイトヒッティングする為にも、欠かせない要素になります。

 

 グーグルとデータ提供者

ハンドファースト

 

ハンドファーストに構えるのは全てのアイアンの基本的な打ち方で、ハンドファーストとはグリップ位置が飛行方向に対してボールより前にくるよう構えることです。

 

但し、ロングアイアンでの極端なハンドファースとはロフトを殺してしまい、ボールの捕まりが悪くなります。個人差はありますが、球が上がらない場合はグリップ位置をセンターの近くにに置くようにしてください。

 

また、ダウンスイングも穏やかなダウンブローのスイングがロングアイアンには適したスイングです。

 

ハンドファーストの構えの場合、右グリップが遠くなり、両肩が平行にならず、右肩が前に突き出てしまい、、左肩が開いて飛行方向に対してテークバックの軌道がアウトサイドで、カットスイングになり、スライスが出やすくなり、正しい方向に打つことができません。

 

この様な場合、上の写真の様に少し右肩を下げて右手のグリップをするようにしてください。

 

ダウンブローに打つためには、頭の位置がボールより右サイドに置き、顎は背骨に対して平行にして前傾姿勢のアドレスを取ってください。

 

ボールと体の距離は、アイアンヘッドのソールのトウ部分が地面から少し浮く程度の距離間が理想です。その時、素振りをしてインパクトで両腕が窮屈にならずスムースに行る間隔を確認してください。

 

スタンスのウエイトバランスは左サイドに50% 右サイドに50%で、前傾姿勢を取るため、土ふまずのやや前にウエイトを乗せるのが、ダウンブローのスイングがしやすいウエイト配分です。

 

ショートアイアンでは、ウエイトバランスは左足55%、右足に45%程度にするのが理想です。

 

 

 

メンズゴルフウエアーの紹介はこちらから

 

 

 

 

 

診断ドアー


無料診断3

 

 

 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。
























 

マーク無駄のない上達への体の使い方

 

 

アイアンスイング理論に戻る

 

 

 

アイアンのスイングの基本はレイトヒッテグ

 

アイアンのミスの大半はトップかダフリです。ヘッドを元に戻すタイミングが早すぎ、ボール手前の芝生を叩いてダフリになったり、ボールの頭を叩いてトップになるのです。

 

これらもミスの多くは、使用クラブやスイングのミスからおこりますが、スイングではシャフトはタイミングを作る要素になり方向性。飛距離に大きく関連してきます。

 

これらの問題は、コンパクトなスイングとリリースポイントを学ぶことで解決できます。

 

その為にも、アイアン基本を下のアイアンのスイング理論から習得してください。

関連ページ

#テークバックの取り方
クラブを正確にテークバックするには、左肩を中心にワンピースに行うことです。 下半身を安定させ上から下への捻転を作ることです。股関節を安定させたうえで、左肩と胸で回転させ、左肩を右ひざの上の置くよう回転させてください。
#トップスイング
アイアンの場合、トップの位置はスリークオター程度がベストです。それ以上のオーバースイングは、右肩サイドが伸び、前傾姿勢をキープできなくなり、体の上下動が起こりミスショットに繋がります。
#アイアンのダウンスイング
アイアンの打ち方の基本は、ダウンブローに打つことです。ではどのようにすればダウンブローに打つことができるのでしょうか。ダウンスイングで回転速度を上げるためには、コックした手首はそのままにして、クラブヘッドと回転軸(背骨)との距離を短く(慣性モーメントを最小に)したまま、回転運動を開始しに回転速度を上げます。
インパクト
インパクトはヘッドでボールを打ちに行くのでなく、ボールがヘッドの通過点にあるぐらいにイメージしてください。 また、打った後、ボールの行方を気にしすぎてはダメです。どこかにその意識があると、無意識にボールを見に行って、打ち急ぎの原因になり、ミスショットになってしまうからです。
フォロースルー
アドレスからフィニッシュまで一連の流れの中で、フィニッシュまで綺麗に振りぬくことが基本です。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト