アイアンのフォロースルー

アイアンのフォロースルー/フィニッシュの取り方

 

スーパーデール

 

商品紹介:NEWメンズ アイアンクラブはこちらから

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得。(第2597789号)、大手ゴルフクラブメーカ、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

正しいフォロースルーの取り方

 

ゴルフのスイングでフォロースルーは意外と軽視されがちですが、インパクト後のスイング軌道は飛距離アップや安定したボールを打つのに、とても大切なファクターです。

 

インパクト後、ヘッドを低く長く使う事で、フェースで長い時間ボールとコンタクトでき、直進性の強いボールは打てるのです。

 

この強い遠心力は右腕と左軸を回転軸で生まれ、クラブヘッドは遠心力で大きく円をえがき、理想のフォロスルーときれいなフィニッシュを導きます。

 

グーグルとその情報提供者

スタンス

 

フォロースルーで大切な点は、インパクト後左肘の使い方です。左肘は左脇から離さず右腕が大きく円を描くフォローをすることです。

 

インパクト後、この左肘が外側に逃げる(背中側に引く)と、フォロースルーのスピードを減速しヘッド加速を有効に利用できなくなり、小さなフィニッシュになるからです。

 


今がおススメ・旬のキャンペーン特集


 

理想のフニッシュ

 

この理想のフィニッシュは、アドレスからフィニッシュまで無駄のない筋肉の使い方で可能になるのです。

 

フォロースルーの遠心力で描くスイング軌道が正しい方向に向いていないと、ヒッカケやプッシュアウトになります。
 グーグルとデータ提供者
アイアンとトップ

 

理想のフィニッシュのポイントは、インパクト後は左脇を開かず、左肘が外を向かない様に、体全体の回転を使って最後まで振り抜くことです。

 

間違ったフィニッシュは、体の全体の回転を使わず、手首を使うフォロースルーば、体の回転を伴わない、腕だけが先に回転して左肘が外側に引けた状態で、フェースのヒールでインパクトしやすく、ヒッカケやフックがでてしまいます。

 

方向性と飛距離重視の点からも、両腕はしっかり体の回転を使ったフォロースルーを取ることで長く低いクラブ軌道がとれるのです。

 

長いインパクトを行う理由は、ボールはインパクト直後にフェースを離れるのでなく、衝撃でつぶれたボールはフェースに留まっています。

 

つまり、遠心力の働きで、フォロースルーを大きく長く取る事で、ボールがフェース面に長く留まり、ボールの反発力を高め、正確な方向性を出すのに重要な役割を果たすからです。

 

さらに、きれいな大きなフィニッシュは、右腕を使った遠心力でヘッドスピ―ドを加速、伸びのある打球を打つことが出来るのです。

 

フォロースルーではテークバックと逆に左腕を折り、フィニッシュではクラブが背中にまきつくように行います。

 

つまり、スイングは回転軸を中心に、スイング軌道はバックスイングとフォロースルーでは左右の対称関係になるのが正しいスイングになります。

 

フォロスローでは頭の位置と、クラブヘッドの位置関係は下の写真のように、回転軸を境に、引っ張り合う左右対称関係になるのが理想で、インパクト直後まで、ヘッドアップしないようにするのがポイントになります。

 

インパクト

 

フォロースルー後は、ウエイトを左軸に乗せて、左腕をタタんで右腕と右肩で最後まで回転することです。この時、ヘッドアップを意識しすぎヘッドの位置をキープしすぎると、フォロースルーの回転をスムースに出来なくなりますから、インパクト後、頭は回転と同時に自然に左側に移動させます。

 

もし、ミスショットをしたと感じた場合でも、最後まで回転してフィニッシュを作ることで、大きなミスの防止に有効です。

 

トップスイングからからフィニッシュまで一連の流れの中で、一定のリズムでフィニッシュまでスイングスピードを変えずに振り抜いてください。

 

 

商品紹介:NEWメンズ アイアンクラブはこちらから

 

 

診断ドアー


無料診断3

 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。



 

 

 

 

スイング理論に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

#アドレスの取り方
アドレスの取り方はスイングの基本です。正しいアドレスで理想のスイング軌道ができヘッドスピードを高め、正確なショットを打つことができます。間違ったアドレスはゴルフの上達を妨げ、楽しいはずのゴルフ生活を台無しにしてしまいます。
#テークバックの取り方
クラブを正確にテークバックするには、左肩を中心にワンピースに行うことです。 下半身を安定させ上から下への捻転を作ることです。股関節を安定させたうえで、左肩と胸で回転させ、左肩を右ひざの上の置くよう回転させてください。
#トップスイング
アイアンの場合、トップの位置はスリークオター程度がベストです。それ以上のオーバースイングは、右肩サイドが伸び、前傾姿勢をキープできなくなり、体の上下動が起こりミスショットに繋がります。
#アイアンのダウンスイング
アイアンの打ち方の基本は、ダウンブローに打つことです。ではどのようにすればダウンブローに打つことができるのでしょうか。ダウンスイングで回転速度を上げるためには、コックした手首はそのままにして、クラブヘッドと回転軸(背骨)との距離を短く(慣性モーメントを最小に)したまま、回転運動を開始しに回転速度を上げます。
インパクト
インパクトはヘッドでボールを打ちに行くのでなく、ボールがヘッドの通過点にあるぐらいにイメージしてください。 また、打った後、ボールの行方を気にしすぎてはダメです。どこかにその意識があると、無意識にボールを見に行って、打ち急ぎの原因になり、ミスショットになってしまうからです。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト