シャフト理論

ゴルフの上達の道はシャフトメカニズムの理解から

 

ゴルフの上達はゴルフ理論でシャフトとスイングのメカニズムを理解することから!

メカニズム

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さ(cpm)を一致させる

矢印

シャフト最下点でインパクト>

矢印

高いミート効率でボール初速度が向上して飛距離アップ

 

すべてスポーツは理論が基本です。近年スポーツ界の画期的な記録更新は科学的な理論なしには達成できなかったでしょう。ゴルフもれっきとしたスポーツでスイング、道具もこの理論で目覚ましい進化を遂げてまいりました。昔に比べ驚く程の飛距離の伸び、スイングの効率など目を見張るものばかりです。これらは、何故の原因,を、さらに改善したい願望により科学的、物理的理論を基に答えを導いた積み重ねの結果です。当サイトはゴルフ理論でクラブ選定方法の特許を平成8年に取得。(第2597789号)日本で初めて振動数理論も提案、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。当サイトでは、ゴルフ理論で初心者の方や、スキル向上を図るゴルファーの方に、結果から原因を理論的に理解していただき、クラブの選び方、理想のスイング作りの分野で、迷いや、悩みを解決できるよう解説しています。,興味のある、気になる記事を是非、ご覧いただきお役にたてる事を確信し記事にしております。

 

科学的なシャフト理論で理屈がわかれば、断然ゴルフはうまくなる!
その為にも、シャフトの基本知識をまず理解する事から始めてください。

 

球技スポーツの特徴は、野球やテニス、で見られるように、高速で飛んでくるボールに反応して打ち返す競技と違って、ゴルフは止まっているボールを目標に向かって打つ競技です。

 

一見止まっているボールを打つことは簡単に思えますが、ゴルフは野球と違って、点のスポーツといえます。野球のように90度の広域なエリアに打つのでなく、4.25cmの小さな穴にボールを入れて、初めてホールアウト出来るスポーツです。

 

長い距離の先にある、点に近いカップに入れるには、飛距離と正確なショットが要求され、また、数本の道具を使わなければなりません。

 

止まっているボールをより遠くに、正確に打つには、そう簡単ではありません。道具、スイング両方でボールを打つ準備が出来ていないと、決められた回数でカップにボールを入れるこは出来ません。

 

出会い頭で打てないことから、まず、止まっているボールを遠くの目標に正確に打つための基礎知識とスキルを磨かなければなりません。

 

ゴルフ上達には、クラブとスイングの両輪を同時にスキルアップさせていくことが求められます。どちらか一方では、、ゴルフの上達は出来ないと思ってください。

 

ゴルフを始めるにあたり、上達するため、練習場にせっせと通い、レッスン書やゴルフ雑誌を読み、今度こそベストスコア―と挑み、その期待が裏切られるのがゴルフです。

 

何故、期待通りにいかないのか?それはあなたのゴルフが未熟だからではなく、クラブでボールを遠くに真っすぐ正確に飛ばすヘッドスピードとボール初速のメカニズムや、スイングスピードを上げる身体の正しい使い方について、あまり知らないことが多すぎるからです。

 

理にかなったスイングは筋肉や関節を無理なく正しく連動させ、自分の力を100%発揮できるのです。

 

確かに、ゴルフ上達は練習と経験で上手くなりますが、ダンプカー1台分のボールを打ったり、気の遠くなる時間とお金や忍耐力が必要になります。

 

この無駄を省くには、科学的見地から、スイング理論、シャフト理論、パッテング理論の物理法則や、プレッシャーにさらされた場合の対処法をしっかり学ぶことで、スイングをマスターする時間や無駄なお金をかけず、効率よくゴルフが上手くなるのです。

 

ゴルフの悩みの結果には、必ずその原因があるはずです。その原因を解消できるように分かりやすく記事にしました。

 

是非、今まで知らなかった事を参考にされて、少しでもスコアーが減ることに繋がる事を確信しています。

 

 

 

シャフトで飛距離アップ、方向性安定のメカニズム

 

記事の中でシャフトの最下点と呼ばれる言葉が多くでてきます。
この最下転はシャフトがスイング中、動的運動の過程で最も運動量が大きく発生する、いわゆるボールを飛ばす最大エネルギーを溜めた位置になります。

 

この最下点は、トップスイングのヘッドの反転で起こる、シャフトのシナリが元の位置に復元する地点で、スイングの回転軸からもっと遠い地点になり、シャフトが最もエネルギー溜める時間帯になります。

 

このシャフトの復元時間に、ヘッドスピードを一致させることでヘッドスピードのパワーとシャフトの復元パワーが合体し、最高の飛距離を生むことができるのです。

 

この最下点の時間は、シャフトの硬度、特性により異なり、またスイングのスタイルでもスイング軌道が変わっても、へっドスピードでシャフトの最下点の時間には変化はおりません。つまりシャフトは固有の振動を起こします。

 

そこで、通常メーカのシャフトスペックでは、シャフト自体の硬さ表示をしていますが、シャフトのシナリの速度を表示していません。

 

そこで、シャフトの最下点を最も理解しやすい、スイング中に起こるシナリを振動数に置き換え、ヘッドスピードに一致させる方法を解説します

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

トップページに戻る

 

年末予約

関連ページ

クラブ選択の3つのポイント
ゴルフ上達にはクラブ選択が欠かせません。あらゆるスピ―ツ゚に科学的分析が取り入れられ道具でも目覚ましい進化が認められます。ゴルフクラブも飛距離や方向性において画期的な進化を遂げてきました。ここでは、クラブ選択の重要なポイントを解説します。 .
シャフト測定の問題点
シャフトの硬さの測定には静止的測定と動的測定があります。シャフトの硬さを正確に知る事は、飛距離アップや正確なショットなど色んな悩みの原因を解決できます。それには、静止的測定の問題点が存在します。この問題点をゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
固有振動数の定義
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフトの絶対硬度
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフトとヘッドスピードの一致
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
飛距離アップのミート効率
ゴルフ理論を理解することがゴルフ上達の秘訣です。シャフト振動数の波長・波高をヘッドスピードに一致さボール初速を速めることで、飛距離アップ・方向性を向上させることが出来ます。
正確な方向に打つミート効率
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
キックポイント・トルク
シャフトには振動数と共にシャフトのキックポイントとトルクがあり、ゴルフには重要なファクターです。キックポイントは弾道の高低やスイングスタイルに、トルクはインパクトのヘッドの返りに影響をあたえます。
トルク・スパインの役割
シャフトはインパクトにかけて、複雑な動きをします。 それは、シャフトの本来の性質である直進性のシナリです。このシナリはシャフトの硬さになりますが、それとば別に直進性のシナリに同調するようにシャフトにはネジレがおこります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ シャフト理論 スイング理論 ゴルフ場予約サイト ゴルフルール