シャフトのタイミングのメカニズム

シャフトのタイミングのメカニズム

 




 

シャフトのタイミングのメカニズム

 

自分の合うシャフトを選ぶ前提に、シャフトのタイミングの本質を理解しておくことが重要です。

 

ゴルフスイングにおいてシャフトはタイミング、重さはリズムと呼ばれ、シャフトの持つ2大要素になり、これがすべていといっても過言ではありません。

 

それは、シャフトのタイミングが重要である理由は、スイング中シャフトはシナリを持ちヘッドをインパクトに誘導してます。

 

ゴルファーの多くの方は、ヘッドスピードで速度でボールを飛ばすイメージをもっていると思いますが、ヘッドスピードでシャフトのシナリを利用しボールを遠くに打つのです。

 

例えば、シナリのない鉄棒でいくら速く振れても、ボールはシャフトで打つほどは飛ばないことからも理解できるとおもいます。

 

このシナリの本質を理解できないと、シャフトの選択の意義と効果が分からないからです。

 

シャフトは他の記事でも紹介したように、固有の振動をもっています。

 

振動数(しんどうすう、英語:frequency)は、物理学において等速円運動あるいは単振動などの振動運動や波動が単位時間当たりに繰り返される回数である。振動数は、運動の周期の逆数であり、単位はヘルツになります。

 

振動の速さは単位時間に起こる往復運動の回数で表され、この回数を振動数または周波数といい単位はHz(ヘルツ)になります。

 

迷ったらこれ!超人気定番お買い得商品紹介

 

 

そこで、下の図からシャフトの固有のシナリについて説明します。

 

 

クラブのスイングでのシャフトのシナリを振動数で捕らえ周波数(ヘルツ)に置き換え、その速度を時間で換算することです。

 

このシナリの大きさから、シャフトが元の状態(ゴルフの場合はシャフトの最下点)の戻る期間が、シナリの大きさで変化しないことをまず理解してください。

 

一般常識から言って、このシナリ幅からシナリの大きいほど速いと感じるのはごく当然の事だとおもいます。

 

250cpmのクラブをAは通常のスピードでシナらせた状態で、もう一方BはAより速いスピードでくシナらた状態の図になります。

 

このシナリの幅の大きさの違いでシャフトの復元時間が変わらない、一定していることです。

 

シャフトの固有振動数は、外要因からシャフトのシナリという特性(ここではCPM)は変化しないことです。

 

つまり、1本のシャフトのシナリをスイングのタイミングの時間から捉えると、ヘッドスピードを上げてスイングで出来たとしてもシャフトの硬さは変わらないことです。

 

だだ、シナリ幅を大きくすれば、シャフトのタイミングが変わらなくてもインパクトの衝撃は大きくなり、ボール初速を上げることはできます。

 

よく言われるタメを作れたレートヒッテングがこれに当たります。

 

結果、ヘッドスピードとシャフトのcpmを一致させことが重要で、シャフトがタイミングといわれる所以です。

 

硬めのシャフトを無理やり強く振ってもシナリを柔らかくしようとすることは百害あって一利なしです。

 

シャフトのシナリからくるタイミングを十分理解して、タイミングの合うシャフトで飛距離を伸ばし、正確に打つミート率を上げることです。

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ テーラーメイドゴルフ公式直営オンラインショップ





 

 

シャフトのタイミングと時間

 

250cpmが自分に合うシャフトと仮定すれは、硬いシャフトS【260cpm】、やわらかいシャフトR【240cpm】では以下の計算でインパクト(シャフトの最下点)までの到達時間(タイミング)を計算できます。

 

計算方法は以下になります

 

振動数はシャフトの動的動きで、実際のスイング中のシャフトのシナリを測定した値です。

 

1分間で240回振動するわけですから1回の振動時間は
60秒÷240cpm=0.25秒
一回振動を波形に変換、インパクトは波形から4分1になります
0.25秒÷1/4=0.0625秒
結果、240cpmのインパクト時間0.0625秒です。
上の式で260cpmシャフトにインパクトは0.057秒です。

シャフトの硬さ

シャフト復元時間

タイミング

適合

240cpm

0.0625秒

遅い

×

250cpm

0.06秒

260cpm

0.057秒

速い

×

 

以上の表から250cpm 0.06秒と260cpmの0.057秒、この時間差がタイミングの違いで、固有振動数理論からこの時間差はいかなる負荷が加わっても変化しないことです。

 

 


今がおススメ・旬のキャンペーン特集



 

 

 

シャフトのタイミングに影響を与えるシナリの位置

 

シャフトのシナリ方を弾き系・粘り系に分類でます。

 

 

この2種類とは、弾き系シャフトと粘り系シャフトになります。

 

まず、粘り系シャフトの場合、ダウンスイングでシャフトの切り返しが粘っこく起こり、シナリを感じやすいシャフトになります。

 

この粘りは、トップからの切り返しで間が取りやすいく、タメの出来ないゴルファーには自然とタメが作れる特徴があります。

 

このため、粘り系シャフトは、ゆっくりスイングするスインガータイプに向いているといえます。

 

一方、弾き系タイプは、粘り系シャフトとは反対に、ダウンスイングでシャフトシナリが一気に復元を起こすため、比較的レイトヒッティングできるハードヒッター向きです。

 

ゴルフ・すべてのジャンルはこちらを参照



 

粘り系シャフトはシャフトのシナリ位置がセンター部分からグリップ側にに設定されている為、シナリを感じやすくゆったりスウイングするスウインガータイプのゴルファー向きで、アウトサイドインの矯正に効果があります。
シャフトがゆっくりシナル感じから初心者に向くといえます。また、シナリ地点からフェ―スまでの距離が長いのでロフトを立てて使えるのが特徴です。

 

 

先調子

中調子

元調子

粘り系

インテンショナル

フックの悩み

 

弾き系シャフトはセンター部分からシャフトの先端にかけて硬く設定されている為素早くスウイングするヒッタータイプのゴルファー向きで、インサイドアウトの矯正に効果があります。
粘り系シャフトに比べて、シャフトの先端部分の質量が軽く弾道は高く、球の捕まりは良くなります。

 

先調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


 

 

 

先調子

中調子

元調子

弾き系

スライスの悩み

インテンショナル

 

 

中調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


 

 

元調子ドライバー売れ筋人気ランキングはこちらから


 

 

粘り系シャフトと弾き系シャフトが同じ重さのシャフトの場合、弾き系のシャフトは硬く感じ、粘り系のシャフトは軟らかく感じます。

 

上の表から、粘り系と弾き系シャフトの特徴の違いで、スイングや球筋の矯正にも役立つ事がわかります。
結果、粘り系シャフトは元調子のシャフト、弾き系シャフトは先調子のシャフトといえます。

 

 

以上のように、シャフトの粘り系と弾き系もシャフトのタイミングの影響をあたえますが、シャフトの復元速度cpmを基本にして参考にするのがベストになります。

 

 

 

当サイトの著者は、振動数理論とクラブの選択で特許を取得、ゴルフシャフトの進化のパイオニアとしてシャフトの進化に大きく貢献してまいりました。

 

当時、富士通本社で世界の大手メーカを集めてセミナーを開きこの理論を開示した当時、このシステムの公示を拒まれた程シャフトの完成度は低く、現在のシャフト機能からは程遠い状態でした。

 

現在振動数でクラブを選ぶ事が当たり前の基準になり、勘の世界から数値で見える世界になり、間違いのないクラブ選択の手段になりました。

 

この理論で、自分に合うクラブを明確に行える資料として参考にしてください。

 

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

 

 

 

ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー


バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。





ゼクシオ

スリクソン

ブリジストン

ミズノ

テーラーメイド

タイトリスト

ヤマハ

キャロウェイ

コブラ

ホンマ

ヨネックス

オデッセイ

アダムス

ピン

オノフ

ロイヤルC

クリーブランド

マルマン

リンクス




ATTAS11

ゴルフクラブ最新モデル一覧はこちらから





 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 

 

 


特価クラブ




 

 

 

 

シャフト理論に戻る

関連ページ

シャフト理論の定義
ゴルフの上達はゴルフ理論でシャフトとスイングのメカニズムを理解することから。
クラブが先か?スイングが先か?
ゴルフは18ホールをいかに少ない打数で、ボールをカップに入れるかを争うゲームです。 そこで長年に渡り議論されている、スイングが先か?道具が先か?の議論です。 もちろん、クラブもスイング共に重要であることには違いはありませんが、この議論を長年のゴルフ歴史を振り返ることで、この問題点をひも解くポイントがが見つかります
シャフトの役割と基礎知識
ゴルフの話題と言うとどうしてもクラブヘッドに関心が集まりますが、ゴルフクラブに大きな要素としてシャフトがあり、むしろシャフトより重要な役割を果たしているといえます。 その理由はシャフトはスイングに直接影響を与えるものだからです。ヘッドがボールに影響を与えるものであれば、シャフトはスイングを決める重大な要因になるからです。
シャフトの重要性とメカニズム
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフト選択の3つのポイント
ゴルフ上達にはクラブ選択が欠かせません。あらゆるスポ―ツ゚に科学的分析が取り入れられ道具でも目覚ましい進化が認められます。ゴルフシャフトも飛距離や方向性において画期的な進化を遂げてきました。ここでは、シャフト選択の重要なポイントを解説します。 .
シャフト測定の問題点
シャフトの硬さの測定には静止的測定と動的測定があります。シャフトの硬さを正確に知る事は、飛距離アップや正確なショットなど色んな悩みの原因を解決できます。それには、静止的測定の問題点が存在します。この問題点をゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
固有振動数の定義
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフトの絶対硬度
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフトとヘッドスピードの一致
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
ミート効率で飛距離アップ
飛距離アップにはボール初速を上げることで可能になります。このボール初速を上げるにはインパクトでミート率を上げるです。ヘッドスピードが速いからと言う理由で飛距離が出ることにはならないのです。
正確な方向に打つミート効率
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
キックポイントの役割
シャフトには振動数と共にシャフトのキックポイントとトルクがあり、ゴルフには重要なファクターです。キックポイントは弾道の高低やスイングスタイルに、トルクはインパクトのヘッドの返りに影響をあたえます。
トルク・スパインの役割と重要性
シャフトはインパクトにかけて、複雑な動きをします。 それは、シャフトの本来の性質である直進性のシナリです。このシナリはシャフトの硬さになりますが、それとば別に直進性のシナリに同調するようにシャフトにはネジレがおこります。このねじれがトルクです。
シャフトの振動数
シャフトはダウンスイングでヘッド重量と体の回転の加速でシナリを起こします。 このシナリは一定の固有の速度で元の状態に復元特性を持っています。 このシャフトの特性は振動数で表現できヘッドスピードに大きく関係しています。
シャフト重量と重量フロー
ゴルフで重要なスイングのリズムは、スイングスピードに適したクラブ重量、すなわちシャフト重量でリズムよくスイングできることになります。 クラブの構成要素の中でシャフト重量の重さの幅が最も大きくヘッドスピードに密接に関係してきます。 また、このシャフト重量は、ウッドとアイアンの重量フローが正しくないとリズムが狂い、ミスショットを打つ原因になるのです。
メーカシャフト情報
シャフト選択の方法の一つとして、シャフト重量も大きなファクターです。 シャフト重量はクラブ総重量と比例し、シャフトの硬さ、トルクと比例していきます。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴルフ場予約サイト シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み