ヘッドスピードを上げるトップ理論

ドライバーの理想のトップスイング理論


メニュー

 

 

 

 

グラブとバック

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

 

ドライバーの理想のトップスイング

 

理想のトップスイングはアドレスから腕の使い方、肩の使い方、腰の使い方が出来てこそ理想のトップスイングが可能になることです。つまり一連の運動連鎖があって出来るのです。

 

理想のトップスイングは,、ダウンスイングでリリースがしやす下半身の安定と腕、腰、クラブの位置が重要で、理想のダウンスイング軌道をおこなう上で必要なポジションに構えることです。

 

左腕、腰のリリースが行えるトップの位置が重要で、そのためには、アドレスからスイング軸を中心に左肩の回転の仕方が、成否の分かれ目になります。

 

下の写真で、2タイプのプロのトップの位置に注目してください。スイング軸に対して両肩の傾きがスイング軸に対して90度になっています。

トップスイングの力みにのないリリースを行うには、スイング軸に対して直角かそれに近い左肩の回転が求められるのです。この角度から離れるほどインパクトにかけてスイング軌道の修正が必要になりリズム、タイミングが取りにくくなるのです。

 

 

 

上の事を踏まえて下の記事を参考にしてください。

 

トップスイングで前傾姿勢がアドレス時とほとんど変わらずキープすることが、クラブをダウンブローに降ろせるレートヒッティングが行えるスタイルになります。

 

この前傾姿勢は腰から首の背骨の角度で、この角度が上下、左右にぶれないトップスイングでスイング軸の安定に不可欠になるのでです。

 

そのためには、アドレスで両膝を少し折り、背筋の曲がらない前傾姿勢が必要です。この背筋に平行に頭を水平に置くことがヘッドアップできないトップスイングが可能になります。

 

トップでは左肩は90度、腰の回25度から40度が理想で、この回転角度差を作る事で、スイング軸にパワーを溜めることができ、ダウンスイングでクラブと体が一体となり体のセンターでインパクトできるスイングスが可能になります。

 

また、クラブと体の一体化はスイング回転軸を小さくでき、この肩と腰の回転率の位相(違い)がダウンスイングで体の回転速度を上げヘッスピードを速めるパワーになります。

 

以下の図はトップスイングとインパクトでの腰と両肩の回転位置を表しています。

 

無料診断3

 

正しい捻転のできたトップスイングでは、インパクトで腰の回転がアドレスに復元された時点、トップスイングの捻転角度差がインパクトまで維持され、クラブが遅れインサイドからクラブが振れる事を表しています。

 

 

グラブとバック

 

左グリップ・右グリップの位置が重要

 

理想のトップスイングを作る上で、アドレスでグリップ位置、腕の位置がとても重要です。

 

正しいバックストローク軌道を作るには、上であげたグリップ、腕の置き方が間違ってしまうと、理想のトップに導けない事です。

 

グリップは左グリップより右グリップの位置が下になります。当然右グリッツプの位置が左グリップより遠くなることで、通常に握れば右肩が前に出ることです。

 

結果、飛行線に対して右腕も前に出てしまい、テークバックからクラブをに上げてしまうことです。

 

また、両腕は下の写真のように、ターゲットライン平行になるように注意してください。スライサーの多くに見られるのが右腕が左より前に出すぎる事です。

 

バランスの良いアドレス

 

ドライバーのトップスイングでは、左手首の甲・右手首の角度がとても重要になります。

 

例えば、右利きの方で、ボールを投げる時、投げる手首が真っすぐ、右肘が伸びていればボールを投げることができますか?

 

ボールを投げるには、肘の折れ手首のリストを利かせないと、ボールを遠くに投げることは出来ないのです。

 

ゴルフの左手はハンドルで右手はエンジンの役目をするのです。

 

つまり、インパクトは右手で打つのです。そのためには、右手首は出前持ちのように甲側に折れていないと、インパクトでアームローテイションを使えなくなります。

 

右肘や右手首が伸びていては、インパクトでヘッドを走らせることはできません。

 

また、トップで右手のコックが伸びていれば、左手甲は甲側に向き【掌屈】フェースは下を向きフェースが開いている状態になるのです。これではインパクトではフェースが開くだけでなくヘッドスピードも上がらなくなります。

 

アドレス

 

正しい右手首の角度では、トップの左手グリップの甲は、地面に対して45度程度になります。白い円のフェース向きも45度程度にたもたれるのが正しいヘッドフェースの位置になります。

 

トップの位置で、クラブフェースが空を向いている場合は、左グリップで手のひら側【掌屈】に折れていることになり、インパクトでフェースが被り、閉じた状態のインパクトでフックになります。

 

インパクトで無理やり手首を返すと、、ヒッカケボールも出やすく、場合によってはチーピンがでてしまいます。

 

ゴルフクラブバック

爆飛びのダイナゴルフはこちらから

 

逆に、クラブフェースが地面に対して90度(正面を向いている)向いている場合は、左手首が甲側に折れていることになります。この場合、スイング軌道がアウトサイドになり、インパクトでフェースが開き、カットスイングになりやすくスライスが出やすくなります。

 

フェース面が空を向いたり、直角(正面を向いているになっている原因は、手首を使ったテークバックで、リストコックの方向が間違っているからです。

 

手首を使ったテークバックはクラブが自由に操作できるため、トップでクラブフェースの向きが不安定になりますから、リストを使ってクラブを担ぎ上げるようなテークバックは行わないようにしてください。

 

また、トップでのフェース向きが正しく行えない場合は、一度グリップをチェックし、極端なフックグリップやウイークグリップでも起こりますから、一度スクエアーグリップに戻して試してください。

 

また、手でクラブを上げてのリストコックでは、トップスイングの位置が不安定でオーバースイングの原因になりやすくなります。

 

グラブとバック

 

 

トップスイングではシャフトは地面に対して平行線程度が最大でヘッドが地面を指す状態にならないようにするには、テークバック・バックスイングは体を使った捻転を行うようにしてください。

 

トップの位置では前傾姿勢の分、右肩が左肩より低くなります。この斜めの状態になることで、クラブをインサイドで振り下ろせやすく、ヘッドスピードの加速、飛距離を伸ばす重要な要素になります。

 

左肩と右肩の高低差少ないと、テークバックで左肩が浮いていることになり、トップで体が伸びて、トップ・ダフリの可能性が高くなります。

 

この両肩の高低差こそ、アドレスで取った前傾姿勢にほかなりません。いいかえると、両肩の角度が小さければトップスイングで左肩が浮いた伸び上がりで、逆両肩の角度が大きなればく、左肩が下がった窮屈なトップスイングになっていることです。
この場合、力強いダウンスイングも出来なくなります。

 

 

 

トップの正しい位置

 





無料診断3

 

ダウンスイングの軌道は角円軌道で上からボールを叩くことになりますから、トップで左肩が下で右肩が上にくる、この斜めの上下動がクラブを下に引く大切なポイントになり、さらにトップで腰の始動をする引き金になりレートヒッテングの行う重要なポイントになります。

 

両肩の角度の傾斜が少なければ、左肩を上げてテークバックを行っていることになり、ダウンスイングはフラットなスイング軌道になり、傾斜が大き過ぎれば、左肩を下げてテークバックしている事になり、アップライトで、ウエイトが正しく右に乗り切らず、どちらも理想の角円運動を行えず、ミスを誘発してしまいます。

 

下の写真のトップスイングでも右肩と左肩の傾斜が理想通り作られているのが、確認できます。

 

トップスイングは、ボールを最大のヘッドスピードをもって、体の正面で正しく叩ける姿勢を作ることです。その為にも、上に説明したテークバックの理論を十分理解してください。

 

 

 参照: グーグルとデータ提供者

テークバック

 

トップスイングのクラブ位置はグリップの位置が右耳のやや上で、極端なアップライト、フラットなスイングでは、リリース時に両肩や手の動きが必要以上に大きくなりスイング軸が動きやすく、トップからクラブの切り返しがスムーズに行えなくなります。

 

トップスイングの大きさは、シャフト位置が地面に対して最大水平になる程度にとどめてください。

 

この時、上半身の回転で生じる、ネジレのパワーを右足の右エッジで支えるイメージになります。

 

オーバースイングはシャフと飛行線がシャフトクロスになり、ダウンスイング軌道もアウトサイドインになり、インパクトでヘッドの遅れでインパクトでフェースが開く原因を作ってしまいます。

 

さらに、無駄なオーバースイングはトップの切り返しを、手からリリースする為、腰の回転を使えず、力の入れるタイミングが早くなります。

 

この早いタイミングで力を入れることは、ダウンスイングでアーリーヒッテングになる原因を作ります。

 

シャフトメーカーの商品紹介はこちらから

シャフトスピーダー


 

このアーリーヒッティングはダウンスイングでクラブが寝て下りてくるため、タメのパワーがインパクト前に解ける原因になり、大きなパワーをロスしてしまいます。

 

この、リストが早く解かれ、ヘッドから先にダウンスイングが始まれば、右腕が伸びきった状態でインパクトをむかえるので、クラブ軌道もアウトサイドになり、スライスが出やすくなります。

 

当然、ヘッドスピードの加速も出来なくなり、打球は直進性に乏しい力のない弾道になります。

 

この様に、コンパクトな回転軸でスイングスピードを上げるには、オーバースイングは禁物です。

 

オバースイングの矯正方法はこちらから

 

 

上

 

トップで体の部位の使い方

 

参照: グーグルとデータ提供者

テークバック

 

白の縦線は、回転軸(スイング軸)の位置を示しています。首の後ろの背骨がスイング軸になり、このスイング軸は、トップスイングでの頭の位置はボールより右側に位置するのが正しい位置になります。

 

この背骨の位置は、テークバックを左肩で行い、左肩を右ひざの上に乗せるよういすれば自然に行えます。

 

ただし、背骨を中心に行うには、トップスイングで自分の体の幅程度、右に移動するイメージで回転軸がセンターに来ることになります。

 

つまり、背骨を動かさず、右サイドにネジルイメージでトップまで自然おこなうことです。
背中にある背骨が飛行方向に向きを変えるだけ

 

シャフト軸

 

スイング軸

 

 

トップスイングのスタンスのウエイト配分は右80% 左20%が理想的です。

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

トップでクラブ位置が、アップライトなトップは、クラブフェースがインパクトでカブリやすく、クラブのスイング軌道もアウトサイドになりスライス系の球が出やすくなります。

 

フラットなトップは、クラブフェースは開きく、クラブのスイング軌道もインサイドになりフックス出やすくなります。

理想のトップスイングは左グリップの甲面が左腕と左手首が一直線になるのが基本で理想的と言えます。

 

トップは、理想のダウンスイングのリリースを行う為の準備段階になり、間違ったトップは切り返しに無駄な動きや力みを生み、かえってダウンスイングを難しくしてしまいます。

 

テークバックを正しく行っているにもかかわらず、正しくトップが取れない場合、アドレスでのグリップが原因になっている事が考えられます。

 

グラブとバック

 

 

極端なフックグリップはアップライト、極端なウイークグリップはフラットなトップになりやすく、その様な場合は、グリップの握り方をスクエアーに戻して試してください。

 

それでも、正しいトップが取れない場合は、バックスイングで左肩の回転が正しくねじり上げられていない可能性もあります。右腰だけを少し後ろに引いて胸を回転させるイメージで行ってみてください。

 

 

 

さらに、バックスイングでスイング軌道がフラットすぎたりアップライトすぎる場合には、理想のトップスイングが出来なくなります。トップでグリップが右耳のやや上に来る位置が理想の高さになります。

 

トップ位置はダウンスイングをシンプルに行う上でとても重要になります。

 

上の記事をご覧になり、クラブを持って実際にスロースイングで反復し、トップスイングのクラブ軌道と体の動かし方を体で覚えるようにしてください。

 

トップスイングのチエック

 

トップスイングでは、両手首のコックのチエックを行ってください。
左手グリップ甲が腕に対して並行になっているかどうかです。左手グリップの甲面が甲側や手の平側に極端に折れないようにしてえください。

 

トップスイングで、両肘の間隔もチエックする必要があります。アドレスでの両肘の間隔がトップでも同等の間隔になっているかです。

 

前傾姿勢が崩れていないか?両肩の位置を確認することです。

 

この3点をチエックすることは正しいトップスイングを作る必須条件です。

 

正しい回転軸の作り方を詳しく知りたい方はこちらを参照してください。

 

 

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

 

 

 

 

 

 



 

 

診断ドアー


無料診断3

 

 

 

 

 

 

上

 

 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。



 

 

トップページに戻る

関連ページ

ドライバー・理想のアドレス
ドライバーでアドレスする時に正確なスタンスを決められるかどうかが、最高のパフォーマンスを出来るかどうかにつながります。自分が打ちたい方向に正しく立っているかどうかです。スタンスと目標が平行になっていない場合、クラブの軌道はアウトサイドやインサイドの軌道になり結果ミスショットの原因になるからです。スウイング理論はアドレス時に正しいスタンスを取れている上で成り立ちま
ドライバ―のテークバック理論
ドライバーのテークバックは理想のスイングを行うための準備段階です。 アドレスで作った前傾姿勢を崩さずテークバックを始めます。下半身は安定させ、背骨を中心として膝から下の動きは最小限に抑えて、左腕とクラブをワンピースして左肩を回すのがコツです。
ダウンスイング理論
トップからダウンスイングの切り替えしのポイントは、トップでためたネジレを一度止め、テークバックで上から下(左肩、腕 腰)の順に作ったネジレを、ダウンスイングではその逆に下(腰、左腕、肩)から上にネジレをほどく事になります。
インパクト理論
ヘッドを走らせるイメージを持つことです。電車の中に立っている自分をクラブヘッドと思ってください。突然電車が急停車したとすると、あなたは進行方向に倒れていきます。つまり、止めるイメージがヘッドを走らせるのです。
ヘッドスピードを加速するフォロースルー
アマチュアゴルファーの多くが、インパクトまでの重要性は理解できていますが、意外とフォロースルーが大切な事に気づいていません。 フォロスルーはヘッドをさらに加速でき、きれいなフィニッショをつくります。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト