ゴルフ理論で飛距離アップ、スコア―アップが実現!

飛ぶハイテックヘッド


メニュー

 

グラブとバック

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ハイテックヘッド(たわみ理論)

 

 

クラブの進化はチタン素材の開発により、ヘッドの大型化でスイートスポットを広げ、慣性モーメントを大きくすることで、飛距離アップやヘッドのブレを抑え、方向性の安定を実現してきました。

 

軽くて強いチタンヘッドは飛距離を伸ばし、初心者にも扱いやすい、簡単なクラブを誕生させたのです。また、ゴルファーの好む打球音も良く、ドライバーの醍醐味を得られやすくなったのです。

 

ボールを飛ばす原理は、ヘッドスピードとヘッド質量の衝撃力でボールをつぶすし、ボールのバネ効果を利用して飛ぶ原理になります。

 

最近は、この飛ばす原理をさらに進化させた、ヘッドの実用化が実現するようになりました。

 


メニュー

 

他のスポーツで、テニスやバトミントン、卓球などに見られるように、打つ道具その物に、たわみを持たせることで、より効果的なショットを打てる新たわみ理論です。

 

ゴルフの場合はヘッド自体にたわみを持たせるテクノロジーを駆使したハイテッククラブになります。

 

このテクノロジーは、ボールのバネ効果をさらにヘッドのトランポリン効果を加え、高反発と高初速を実現しているのです。

 

フェースを薄く設計しフェースのたわみを設計

 

フェースのたわみ

このハイテッククラブのたわみみ効果の一つに、フェース部分を薄くすることで、インパクト時のエネルギーロスを最小にすることです。
ボールがフェースに衝突する時、フェースが後ろにたわむことでエネルギーのロスを防ぎ、そのフェースが元に戻ろうとする力でボールの初速度を上げる原理になります。
フェースがたわみボールを包む恰好で、フェースとボールの接触面積が広くなり、方向性も正確になります。
このフェースにたわみを持たせるため、フェース面の中心を厚く、その周辺を薄く製造することで、ボールの衝撃をクッションとして受け止めています。

 

フェースを薄く

 


 

 

ヘッドのクラウンとソールに溝を作る設計

 

ヘッドのたわみ

ヘッドのクラウンとソール部分のフェース寄りに、クッションの役割をする溝を作る設計です。このクッションはインパクト時の衝撃で溝が縮小し元に戻ろうとする力で反発が生まれ高反発を起こす原理です。
また、ヘッドの溝のクッションで、フェース面のブレを防ぎ、芯を外したショットでもカバー出来る原理になっています。

 

 

 

 

ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!

 

 

 

テラーメイド公式サイト

 

 

 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。



 

 

 

 

ウッドヘッド機能・モデルに戻る

 

関連ページ

ウッドヘッドの進化
ゴルフクラブの進化は、シャフトの軽量化によりクラブを長くでき、長くなる分、視覚的にヘッド小さくなります。また、長くなることで、ヘッドが重くなりスイング出来なくなります。そこで、大きく軽いヘッドが必要になり、そのために、ヘッドを大きく、軽量化することになります。そこで、新素材の開発で衝撃に強く、軽い素材としてチタン素材が使われるようになりました。
ドライバーヘッド重量
メーカーのドライバーヘッドの重量は198g前後で製作されています。下の図に示す様に、ヘッドとボールがインパクト時に起きる反発の関係は、ヘッドが200gまではボールの反発係数は増加しますが、200gを超えるとボールの反発係数は横這いとなります。
ロフト角・ライ角度
ドライバーの選択はロフトが基本です ヘッドが最初に接触するのはボールになります。そのボールがヘッドのフェース面に当たる時、フェース面の角度(ロフト)が0°の時、ボールとフェースは正面衝突の状態になり、ボールの初速度が最も高くなります。しかしこれではボールが上がらず飛ばすことはできません。ボールの打ち出し角があることでボールが遠くにとぶのです。
重心距離
重心距離は、球の捉まりを左右する重要なファクターです。 重心距離は(図写真赤い線)シャフトの延線上から、ヘッドの重心までの距離になります。大型ヘッドでは重心距離は長く、中、小型のヘッドは重心距離が短くなって行きます。
#重心高
クラブの重心点からフェース面に直角に引いたラインがフェース面で交わる位置から、ソールのリーデングエッジからの距離が重心高になります。 一般的には、重心が低いほど球が上がりやすくやさしいクラブになり、重心が高いとほど球が上がりにくく、難しいクラブになります。 一般的には、クラブのフェース高が高いデープフェースは重心点が高くなり、フェース高の低いシャロ―フェースでは重心点が低くなります。
重心深度
ウッドヘッドの自由設計で重心深度にも、浅め、中間、深めの3種類があります。 重心の浅いヘッドはボールの球離れが早く、球筋は中低弾道になります。 重心深度が深い場合の特徴は、球が上がりやすく、ボールがつかまりやすく、方向性が安定しやすい、などがメリットととして挙げられます。
重心角
クラブを平らなテーブルに置いた時、ヘッドが下を向き、フェース面は斜めに傾き上の方を向く恰好になります。この時、オレンジ線で出来た角度が重心角度になります。
フェースプログレッション
フェースプログレッションはシャフトの中心線から、ヘッドのリーデング・エッジ部分までの距離を意味し、この距離の大きさににより、球の捕まりや弾道の高低に大きく影響していkます。
ヘッドの慣性モーメント
スイングが回転運動で、そこには慣性モーメントが発生します。そこで慣性モーメントと持つ意味や、ヘッド単体で起こる場合やヘッドとネック間で起こる場合やスイング自体で起こる慣性モーメントについて解説していきます。 .
#スルー・ブラインド・ボアの違い
ウットヘッドとアイアンヘッドにシャフトを差し込み固定する場合に、2通りの仕様があります。 シャフトをホーゼルを通して貫通させソール部分まで挿入する方法と、シャフトをヘッドの中央部分で止めて装着する方法です。これによりヘッドの重心高度に違いがでてきます。
#フェースのバルジ「ラウンド」
ウッドフェースにはバルジと呼ばれるラウンドが施されています。これは、ボールがフェースにコンタクトした時にボールの方向性に重要な役目を果たします。
ディープフェースとシャロ―フェース
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイングの練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
#ヘッドの大きさと操作性
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイングの練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト