女性・ユーティリティの打ち方編

ユーティリティクラブの打ち方【女性ゴルファー向け】

 

 


スーパーデール

 

レヂィースウエアーはこちらから

テニス構え

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

ユーティリティウッド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ユーティリティクラブの打ち方

 

ドライバーの様に、遠くに球を打つのではなく、ユーティリティクラブは狙った距離と方向性を重視したスイングが必要になり、各番手のロフトがそれぞれ異なるのは、色んな違った距離を打つためで、まずは飛ばそうとする意識を捨てることです。

 

ユーティリティはウッド系とアイアン系の2タイプがありますが、初心者や非力な方は、ユーティリティは「ウッド型」がおすすめです。

 

ウッド型のユーティリティは重心位置が深く、ソール幅も広いため、芝の上を滑らす打ち方で、ミスに強く高弾道なボールを打てます。

 

また、高慣性モーメントなど、芯を外した際のミスのリスクが少なく確実に距離を稼げることです。

 

反対に、初心者にとってアイアン型ユーティリティは比較的難易度が高く、ある程度ヘッドスピードがないと打ちこなせないことです。その点、ウッド型よりもボールが上がりにくいため中・上級者向けと言えます。

 

 

ユーティリティウッドの重要な基本

 

アドレスでのボール位置は、フェアウエーよりボールの位置を少し中に入れください。余り左に置きすぎると左にボールが出やすくなります。

 

アドレスで一番注意する点は、やはりフェースの合わせ方がポイントです。
基本的には、ソールは全体を芝にキッチリ付けて浮かないようにすることです。

 

ヘッドの置き方

 

その他の合わせ方は、ヘッドのエッジでなく、トップブレード(スコアーラインの上部)で合わせるようにしてください。
極端なハンドファーストは、ユーティリティウッドには向きません。ほどんどセンター近くに取るようにして下さい。

 

ユーティリティウッドの特徴

 

アイアンと違い、当たればそれなりに飛距離が出るクラブで、グリーンでもボールを止めやすく、女性ゴルファーにはラウンド中クラブとして強い武器になります。

 

ボールを上げようとせず、クラブを目一杯持たず、少し短く持ちコンパクトにスイングしてください。

 

ユーティリテクラブはアイアンより重く、クラブの長さも長いクラブです。

 

また、ヘッドの形状においても、アイアンのソールは薄く、ユーティリテクラブはソール幅が奥行きがあることです。

 

このユーティリテクラブの奥行きは、芝の上を滑らす上ではインパクトでボールを捕まえやすいのが特徴です。

 

反面インパクトでフェースが開いて入ると、ソールの奥行きの部分が芝に当たりエッジが浮いてトップしやすく、フェースが開いて戻りきらずスライスやトップが出やすくなります。

 

そのことから、極端なインサイドからのスイングはフェースが開きやすく、ソールの奥の部分が芝に捕まりトップしやすい点です。

 

 

アイアンのテークバック

 

ユーティリティウッドのスイング

 

このクラブの特徴から、ユーティリのスイングの仕方が見えてきます。

 

フェースが開く原因は、手でクラブを上げることですが、これはクラブが体から離れてあげることで、ダウンスイングがアウトサイドインのスイングでかつヘッドの入射角が鋭角になることです。

 

スライスやトップの原因に繋がります。

 

また、ユーティリのトップスイングでも、オーバースイングになれば、体のセンターから腕が離れ、振り遅れでクラブが寝ることです。

 

トップスイングが行き過ぎれば、トップの切り返し【振り戻し】のタイミングがズレダウンスイングの回転が鈍る原因になります。ダウンスイングは左腕でクラブを振りぬくイメージになりますから、コンパクトなスイングを心がけることです。

 

オーバースイングや力みは、ダウンスイング、インパクトでクラブフェースが開いてソールのバックソール部分が芝に当たりでミスショットが出やすいことを理解してください。

 

ユーティリウッドはアイアンに比べ、シャフトが長い分スイング軌道はフラットになりやすく、フェースが開きやすくなります。

 

また、、ユーティリのスイングは手でクラブを上げると、フェースが開きスライスやトップでボールの頭を打ってしまいます。

 

そのため、体の回転を使いクラブを上げ、テークバックからフェースが開かないよう行います。

 

正しいテークバックのフェース向きは、以下の写真のドライバーでのフェース向は、体の前傾姿勢(スイング軸)とほぼ平行になります。

 

フェースを閉じる

 

テークバックではフェースを閉じて行う方が、インパクトでフェースが開くミスを押さえることができます。
そのためには、テークバックはアドレスの手首の角度を変えず、クラブ、左腕を一体化させ30cm程度低く真っすぐ引いてください。

 

また、ユーティリのスイングはややアップライトなスイングで、クラブを体から離さない(両脇を閉めてテークバック)スイングが理想になります。

 

ユーティリティウッドでは、ボールを上げる意識が強くなれば、アッパースイングになりやすい点です。基本的にはレベルに近い穏やかなダウンブローのスイングがお勧めです。

 

テークバックは
上の写真のように、体の捻転にあわせクラブフェースを閉じて上げることが、フェースが開かないスイングになります。

 

テークバックは下半身、特に両足は地面から上げず(ベタ足)、上半身だけ右にネジルことです。左肩が右ひざの上にくるように十分ネジルことです。

 

ダウンスイングは腰の回転と下半身リードで始め、ダウンスイングではクラブを右脇を引きつけながらクラブヘッドを引きおろし、胸を右足の前に向けたまま、左腕を目標方向に振り抜いていくわけです。

 

 

クラブセット

 

 

インパクトではヘッドの底の部分(ソール)で、芝生のうえを掃くように、スベらせながら横から払って打っイメージになります。
ポイントは、前傾姿勢を維持しスイング軸をキープすることです。頭が前に流れないように。

 

ユテリティウッドは大きなロフトがあるので、自然と球が上がりがりますから、ゆっくり大きなスイングをイメージしてください。

 

掃くスイングのイメージとは

 

インパクトでは緩やかなダウンブローで、ボールの手前からヘッドを低く入れソール部分で芝の上を滑らせ、フォロースルーはヘッドを滑らせながら、すぐにクラブを上げず、体の回転で低くく左に振り抜くことです。

 


売れ筋商品


 

女性ゴルファーの番手別飛距離平均
番手 非力な女性 一般的女性 力ある女性
ドライバ―

110y

150y

190y

3W

100y

130y

160y

UT/4

90y

120y

150y

7I

80y

100y

120y

9I

60y

80y

100Yy

 

 

セカンドショットが平坦でなく傾斜のある場合のスイング

左足上がりのライ

左足下がりのライ

つま先上がりのライ

つま先下がり下がりのライ

 

【参考資料】

 

やさしく打てボールが上がるユーティリティウッドはこちらから

 

フェアウエーウッドとユーティリティの違いと使い分け

 

 

 

 

関連記事:女子プロ動画でスイングのスキルを学ぶ

 

 

 



 

 

 

売れ筋商品



楽天ゴルフ

アマゾンゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

 

 

上手くなる練習方法に戻る

 

 

女性クラブ選択に戻る



関連ページ

女性のスイング基本と基本動作
女性ゴルファーの基本アドレスや飛距離を出すためにスイング軸の作り方などを詳しく解説していきます。
女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性・ドライバーで飛距離アップできる方法
女性ゴルファーで、ドライバーの飛距離を伸ばすことはスコアーメイクに重要です。 そのためには、体の軸を使い手の振り方を覚えることがその秘訣になります。
女性ゴルファーのヘッドスピードを上げる
ヘッドスピード向上には、トップスイングで大きなタメを作ることで、やはり腕の使い方がポイントで、テークバックで左腕を曲げずにスイング軌道を大きな弧を描くことです。 ヘッドスピードを上げようと、速いテークバックでコックを作ることは避けてください。
女性の飛距離不足の原因と改善
初心者の女性ゴルファーで距離が出ない理由として、共通するスイングパターンがあります。 それは、、ドアースイングと呼ばれるスイングです。 ドアースイングとは、上の図の通りドアーの開け閉めに見られる動きで、これを、実際のスイングに当てはめると次の様になります。 下半身と、肩の回転を同じ速さで、同じ角度だけ回転し、体を回転させて作るべき捻転が全く出来ないスイングのことです。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性のハイドローの打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。
女性・ドライバーで球が上がらない
女性ドライバーが飛ばない原因は、ボールが上がらないことです。低い弾道やゴロを打って飛距離が出ないのは当然といえます。ロフトを生かしミート率を上げることが解決方法になります。
女性・フェアウエーウッド打ち方
女性ゴルファーの多くは男性に比べ非力で、芝の上にあるボールを直接打つフェアウエーウッドを苦手にしています。その非力をカバーして確実に飛距離を稼ぎ、ミスしないフェアウエーウッドについて解説します。
女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方
女性ゴルファーが苦手なショットにバンカーショットが挙げることができます。 これは女性の非力からバンカーショットがうまく打てないことが主な原因です。非力な女性でも簡単にバンカーからの脱出方法を解説していきます。
女性ゴルファー・パターの基本
女性ゴルファーが上達するのに必要なパターの練習方法をアドレス、ストロークの仕方などについて解説します。
女性ゴルファー・失敗しないアプローチ
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト