女性のスイング基本と基本動作

上手くなる基本のアドレス【女性ゴルファー向け】

 

 

スーパーデール

 

メニュー

 

 

グラブとバック

 

女性スイング編 基本のアドレス/グリップ

 

アドレス時のボールと体の距離

 

目標より右に向いてしまう

 

クラブ別の距離間がでない

 

ヘッドスピードを上げるスイングの軸の作り方

 

トップスイングでクラブヘッドの正しいポジション

 

ドライバーが良いと、アイアンが打てない

 

ドライバーで飛距離がでない

 

芯にボールに当たらず、空振りが出る

 

 

関連記事:女子プロ動画でスイングのスキルを学ぶ

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

プロファイル

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女性スイング編 基本のアドレス/グリップ

 

女性初心者ゴルファーに多い問題点が、飛距離不足や方向性が一定しないことです。これは、インパクトの瞬間グリップが緩んでしまうパターンです。

 

この、ボールを打った瞬間グリップのゆるみは、クラブフェース面が動いてしまうことです。

 

このゆるみで、大抵の場合、フェースが開いて正確にボールを捕えることができず、芯を外してミスショットになります。

 

グリップは体とクラブを結ぶ支点で、インパクトのフェース向きや、クラブのエネルギーをボールに伝達する大きな役目をもっています。

 

原因 : グリップする時、ワシずかみでクラブを握るため、暴れる原因になっている。緩まないグリップすることです。

 

対処方法 : 左手の指付け根にクラブのグリップを置き、小指、薬指、中指、の3本でしっかり握ることです。

スイング軸

グーグルと資料提供者

このグリップのゆるみを防ぐには、グリップの握り方はフィンガーグリップ(指でグリップ)やフックグリップ(ストロング)を使用することです。

 

フックグリップの握り方とは、左手の甲が上を向く(顔の方向)握り方です。

 

グリップ

グーグルとその情報提供者

 

 

また、グリップが緩みにくいバッライン有のグリップの選択もグリップの緩みを防止できます。

 

バックライングリップはグリップの裏側が少し盛り上がったグリップで、このグリップの特徴は、非力な女性ゴルファーがグリップをしっかり握れ、インパクトでヘッドの返りを良くし、またアドレスでフェースの向きを確認しやすいのがバックライングリップの特徴です。

 

 

女性ドライバー

 

アドレス時のボールと体の距離

 

前傾姿勢【背筋を伸ばして】を取りクラブを構えて、軽くスイングしてください。

 

この時、両腕が窮屈にならずスイングできる位置が、ボールと体の適正な距離です。

 

クラブと体の間隔はクリップエンドからこぶしの幅2個程度が目安になります。

 

アドレスのボールの位置は以下の図が基本になります。
アドレスのボール位置

 

 

目標より右に向いてしまう

 

ミスショットの原因に、知らず知らずのうちに、右を向いてアドレスしていることでミスショットが出やすくなります。飛行方向とスイング軌道が一致しないことでおこります。

 

アドレスは飛行方向のラインにスタンス、腰、両肩が平行になるように構えることが基本になります。

 

スライスが出る方は、ティーグラウンドの右サイドから左フェアウエーに狙うことでフェアウエーを広く使うようにしてください。

 

対処方法: フェース面を目標に対して正しく合わせてください。その上でターゲットラインにスタンスが平行に取ることがポイントです。

方向

グーグルと資料提供者

 

 

クラブ別の距離間がでない

 

ドライバ―で飛距離が伸びない方は、まず高ロフト球を上げることです。さらに、軽くて柔らかいシャフトはスイングで自然にタメが作れることから、自分に合わない硬い、重いシャフト、クラブは使わないことです。

 

初心者で7番アイアンでも9アイアンでも打った距離が変わらない方がおられます。

 

飛距離はロフトとヘッドスピードで決まりますが、距離が同じということは、ロフト角の違いが出来ていない事になります。

 

例えば、7番アイアンで距離が出ない理由は、インパクト時にフェースの向きが、上を向きすぎていること原因です。その為ロフトが9番アイアンと同じになるからです。

 

このようなスイングの原因は、球を上げようと意識すると、インパクトの瞬間にグリップよりヘッドが先に行くことで、フェ―ス面が上を向くすくい上げのスイングになるからです。

 

これでは、必要以上にロフトが寝てしまいスピン量が増えボールが高くなり飛ばなくなるからです。

 

そのための防止として、ハンドファーストですくい上げのスイングでなく、横から払うように打つことでロフト通りの距離がでます。

 

意識的にダウンブローでなく、穏やかなダウンブローでボールの横腹を払うイメージでスイングすることです。

 

修正方法

ハンドファースト

グーグルと資料提供者

アドレスではハンドファーストに構えますが、、横から払うスイングでは過度のハンドファースでなく、グリップの位置がボールから少し前に来る程度に構えてください。

 

グリップ位置はヘッドより少し左側に置くことで、インパクトでヘッドが先行することが防げ、しっかりボールを捕まえることができ、番手通りの距離が出せるようになります。

 

また、テークバックで左肘が折れていないか、トップスイングで左手首が背屈になっていないか確認してください。

 

 

レヂィースゴルフウエアーはこちらから


 

 

スイングの軸の作り方

 

女性のスイングは遠心力を利用する方法が一番距離が出やすい打ち方です。

 

ゴルフレッスン書などで体の軸を使ってスイングするように書かれていますが、初心者にとっては仮想の軸はどの部分かが理解できないのが現実です。

 

回転軸は首の後ろの背筋と首の付け根になります。この軸がアドレス、インパクト、フォロスルーの状態で常に体の中心におくことです。

 

 

上の写真でトップのスイング軸Aは右傾斜で右足全体にウエイトを置くのでなく、右足内側に掛ける感じに乗せることです。
フォロースルーではスウイング軸Bは左傾斜で左足内側で受ける感じになります。このように両足の幅内でスイングすることが大きな遠心力を得ることができます。

 

この軸が安定する事で、キレイなスイングでインパクト後のフォロースルーが大きく取れ遠心力を利用することができます。

 

修正方法: 一番長いクラブを背中に回し、右手でクラブヘッドを握り、もう一方の手でグリップを握り、ボディーターン(バックスイング、フォロースルー)を行う練習方法です。 このボディーターンを行う際、背骨の軸を意識して行ってください。
スイング軸

 

スイング軸を動かさず、左肩が右ひざの上の乗るよう右に回転することです。これで、背中の背筋が後ろから、飛行方向に正面をむく格好になりスイング軸の移動は行いません。

 

これが正しいテークバックで体の幅分自然に上半身が右に移動したことになります。

 

この場合の注意点は、左腕が折れないように、テークバッグ後右腰あたりからコックを始める事が重要です。

 

女性の多くがバックスイングでコックのタイミングが遅いため、遠心力を引き出せない点です。

 

このバックスイングで正しくコックを行えば、、自然にウエイトも右に乗るようになります。

 

この時のポイントは、フットワークを使わず両足べた足で行ってください。

 

 

動画をただ見るだけでなく、何故そのようにするのか?その重要なポイントを解説し理解しながら何度も繰り返し動画を見ることです。

 

この、イメージトレーニングは、ゴルフスイングの動画を何度も何度も繰り返して見る事の、視覚イメージトレーニングは非常に効果的です。

 

 脳は、その出来事が実際に起こっていることなのか、それともイメージなのかを判別できません。 動画を何度も見て重要なポイントを、視覚で捕らえながらイメージを繰り返し行うことによって、脳は実際に起こっていることだと錯覚し、体の反応に慣れていきます。 

 

 その結果、実際のスイングの本番でも緊張しにくくなり、脳は体の動きまでイメージの通り行おうとするのです。今回は、スイング軸と左肩、腕の使うタイミングを特に注意して見てください。

 

 

 

レヂィースウエアーはこちらから

テニス構え

 

 

トップスイングでクラブヘッドが顔の左サイドに垂れる

 

トップスイングで左にクラブヘッドが垂れることは、オーバースイングになっている事を意味します。インパクトまでのクラブ軌道が長くなり正しいインパクトができません。

 

女性で最も多いスイングで、原因はウエイト移動がスエーしているとか、左腕の折れや下半身を使いすぎることです。

 

特に、ドアースイングと呼ばれるスイングで、下半身と上半身が同時に回るスイングで、体のネジレができないことでヘッドスピードが上がらなくなります
ドアースイング

 

修正方法

コック位置

グーグルと資料提供者

 バックスイングは左ひじを折らずテークバックし、クラブが右腰あたりでコックを作り、その角度を維持したままトップポジションまで持っていくことで、オーバースイングの矯正ができます。

 

 

 

ドライバーが良いと、アイアンが打てない

 

ラウンドでドライバーが調子良いのに、アイアンが全然だめな場合と、その逆ドライバーが悪く、アイアンの調子が良い場合が良く起こります。

 

女性の場合は、圧倒的に前者の場合が多いように思えます。

 

その原因は、アイアンはクラブが短く振りやすい点です。ドライバーの場合、クラブも長くどうしても手打ちになりがちでスイング軌道の再現を正しく行えないことです。

 



上のスイング軸を中心に左肩の入れ方を再確認してください。

 

体の回転で打つ意識を強く持ち、グリップエンドを少し余してスイングすることを心掛けて下さい。

 

クラブが原因の場合

 

ウッドとアイアンのクラブ重量が異なることが原因で、リズムが合わずどちらかが良いと片方が悪くなることです。

 

シャフトの重さの違いは、シャフトの硬さの異なりにもなり、タイミングがあわないことです。ウッドが打てるのにアイアンのミスが出る場合は、アイアンクラブが重くシャフトの硬いいことが考えられます。

 

逆に、アイアンが打てるがドライバーが打てない場合、アイアンに比べて重い場合です。

 

ドライバーは、アイアンよりクラブが長く、スイング軌道はフラット(横ブリ)になります。

 

一方、アイアンはドライバーより短くスイング軌道は、アップライト(縦ブリ)になります。

 

その為、ドライバーのアドレスの前傾姿勢は浅く、アイアンのアドレスの前傾姿勢はドライバーに比べ深くなります。

 

修正方法: アドレスの前傾姿勢をチエックしましょう。次にドライバーのインパクトはスイングの最下点後にボールを捕えるでアッパースイングが基本です。その為、ボールの位置は左かかと延線上にティーアップしてください。一方、アイアンのインパトはスイングの最下転点でインパクトする為、ボール位置はセンターより1個程度左に置きます。

 

 

澁野プロドライバー

 

ドライバーで飛距離がでない

 

女性ゴルファーの最大の悩みはボールが飛ばないことです。

 

ボールが飛ばない原因は手打ちになるからです。手の力だけではボールは飛ばないと思ってください。

 

ボールを飛ばすのには、体全体でリズムよくスイングしないといけません。

 

このリズム良くとは、体の回転と腕の動きをバランス良く、スイングの捻転(ネジレ)を作ることです。

 

修正方法: 体の捻転は下半身と上半身のネジレの差を作ることです。このネジレは肩から腰、膝の順で回転を始めてください。回転率は肩90度、腰25度 膝10度の割合になります。ネジレは一方を止めることでネジレルが起こるのです。そのため、下半身の腰から下の動きは出来るだけ回転を押さえてください。

左足位置

グーグルと資料提供者

 

バックスイングでは左足を地面から大きく離さず、股関節(スエー)を動かさず首の背骨を中心に右サイドに回転を始めるのがポイントです。

 

左腕の使い方にも注意してください。テークバックからトップスイングまで左腕はハリをもたせ、左肘が折れないように。そのためにも、バックスイングで右肘を内側にネジリ折り、バックスイングでコックを確実に行えるようにして下さい。

 

左腕はスイング軌道を作るうえで重要である以上、左腕はシャフトと同じ役割をもっているからです。

 

下の写真で分かるように、テークバックで

 

 

コックのタイミングはグリップは右腰当たり手前から行います。下の写真の様に右腰では、すでに手首のコックの半分程度行っているのが分かると思います。

 

 

 

 

芯にボールに当たらず、空振りが出る

 

インパクトでボールを芯で捕えられず、力のないボールになてしまう。また、ボールに当たらず空振りをしてしまう。

 

原因:スイング軌道がテークバックのスイング軌道と異なるために起こります。ボールの上を通るスウイングは、ほとんどがヘッドアップとダウンスイングの両膝の伸びが原因です。

 

対処方法: アドレスで両膝を少し折、少しお尻が出るように背筋を真っすぐ構えることで、正しい前傾姿勢ができ、この姿勢を維持してスイング全体を行ってください。体の回転で行えば正しいスイング軌道を行えます。

 

ヘッドアップはインパクト後、ボールを速く追いかけることで頭が上がることです。

 

頭が上がらないためには、スイング軸の上に頭があるイメージを強くもってください。ヘッドアップは収まります。

 

つまりスイング軸を安定させれは、ヘッドアップが防止できます。

 

スイング軸

グーグルと資料提供者

 

スイングのテンポも重要です。バックスイングはゆっくり、ボールを打ちに行くときは、徐々にテンポを速くクラブの加速を行うことです。

 

つまり早打ち、打ち急ぎはインパクトを芯で打てない大きな原因です。

 

このリズムはボールを芯でとらえる重要な要素です。

 

 


初心者やマチュアゴルファーがコースに行くための必要なお勧めアイテムを紹介
女性クラブ全アイテム

 

 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

レディースクラブ

ゴルフクラブ

ゴルフシューズ

ゴルフボール

ゴルフバック

ゴルフウエアー

ゴルフグローブ

夏対策グッズ

防寒小物

ヘッドカバー

ラウンド用小物

ゴルフマーカー

パラソル

 

 

上手くなる練習方法に戻る

関連ページ

女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性・ドライバーで飛距離を伸ばす
女性ゴルファーで、ドライバーの飛距離を伸ばすことはスコアーメイクに重要です。 そのためには、体の軸を使い手の振り方を覚えることがその秘訣になります。
女性ゴルファーがヘッドスピードを上げる
ヘッドスピード向上には、トップスイングで大きなタメを作ることで、やはり腕の使い方がポイントで、テークバックで左腕を曲げずにスイング軌道を大きな弧を描くことです。 ヘッドスピードを上げようと、速いテークバックでコックを作ることは避けてください。
女性の飛距離不足と改善
初心者の女性ゴルファーで距離が出ない理由として、共通するスイングパターンがあります。 それは、、ドアースイングと呼ばれるスイングです。 ドアースイングとは、上の図の通りドアーの開け閉めに見られる動きで、これを、実際のスイングに当てはめると次の様になります。 下半身と、肩の回転を同じ速さで、同じ角度だけ回転し、体を回転させて作るべき捻転が全く出来ないスイングのことです。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性のハイドローの打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。
女性・ドライバーで球が上がらない
女性ドライバーが飛ばない原因は、ボールが上がらないことです。低い弾道やゴロを打って飛距離が出ないのは当然といえます。ロフトを生かしミート率を上げることが解決方法になります。
女性・フェアウエーウッド打ち方
女性ゴルファーの多くは男性に比べ非力で、芝の上にあるボールを直接打つフェアウエーウッドを苦手にしています。その非力をカバーして確実に飛距離を稼ぎ、ミスしないフェアウエーウッドについて解説します。
女性・ユーティリテショット打ち方編
グリーン直接狙うユーティリテクラブはアイアンに代わり距離とボールをグリーンで止める女性ゴルファーには無くてはならないクラブです。 スコアーメイクにはユーティリテの打ち方を覚えることです。
#女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方
女性ゴルファーが苦手なショットにバンカーショットが挙げることができます。 これは女性の非力からバンカーショットがうまく打てないことが主な原因です。非力な女性でも簡単にバンカーからの脱出方法を解説していきます。
#女性ゴルファー・パターの基本
女性ゴルファーが上達するのに必要なパターの練習方法をアドレス、ストロークの仕方などについて解説します。
失敗しないアプローチの簡単な打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト