上手くなる練習方法

女性のハイドローの打ち方

女性のハイドローで飛距離を伸ばす打ち方

 

診断ドアー

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得。(第2597789号)、大手ゴルフクラブメーカ、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女性が飛距離を出せるハイドローの高弾道を打つには

 

飛距離を伸ばす打ち方にハイドローの球筋が有効です。

 

それには、インサイドアウトのスイング軌道をイメージして、ややアッパーブローに振りぬくイメージをもつことです。

 

このアッパーブローのスイングの基本の注意点は以下ポイントになります。

 

アドレスの取り方

 

まずはアドレスが肝心です。アッパースイングの軌道でボールをとらえるために、スイング軸をやや右に倒して構えることになります。そのためには右肩をやや下げて右肩を前に突き出ないようにしてください。

 

ボール位置は左足のツマ先前に置き、同時に、ティアップも通常より高めにセットしてください。

 

ヘッドフェースは目標に対して直角にして、スタンスに平行にアドレスをとることです。これで体は右方向に、フェースは目標に向くことになります。アドレスではフェースが少しかぶっているフックフェースになるはずです。
ドローボールを打つためのインサイド・アウト軌道にするため、クローズドスタンスになりますから、右足をボール1個、2個分程度下げることで、自然にインサイドから下ろすスペースが確保できます。

 

スタンス

 

これでハイドローを打つためのアドレスが完成します。

 

ハイドローのインパクト

 

アドレスで構えたハイドローの打ち方を正しく履行することです。

 

ダウンスイングでインサイドからクラブを引き、インパクトゾーンを長くイメージ取るようにしてください。そのことでフェースにボールが長くくっついている感じになり、弾道が高くなります。

 

スイング全体としては、クラブが体から離れずスイングすることです。アドレスで取った前傾姿勢を維持してボールと体の距離をキープすることです。

 

グリップ

 

女性の場合、インパクトではフェースの開閉を大きくするためフックグリップ、左手のグリップの手の甲が上を向くフックグリップにしてください。

 

 

フィニッシュは高く取る

 

フォロースルーはできるだけ低く長くボールを押し出すイメージで、フィニッシュはグリップが頭の横に来るぐらいハイフィニッショをイメージしてください。

 

フォロスルーを長く取るには、ダウンスイング、インパクトで体を飛行方向に突っ込まないことです。体の回転で腕をふるイメージで体幹は維持できます。
手打ちは厳禁です。

 

このスイングはボールをしっかり捕まえるハイドローの弾道を打つことができ、さらに、フィニッシュを高くすることで強い球を打つことができます。

 

そのためにクラブは、シャフトが柔らか目、クラブも軽め、ロフトは高ロフトを使うことで効果が高まります。

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集



メニュー

 

 

商品紹介:レディース用クラブセットはこちらから


商品紹介:レヂィース用ドライバーはこちらから

 

 

 

クラブが合っているか分からない、スイングの悩みなどのご相談は遠慮なくお問合せください

メニュー



このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

上手くなる練習方法に戻る

 

 

女性クラブ選択に戻る

メニュー

松山選手マスターズ優勝!!

関連ページ

女性のスイング基本
女性ゴルファーの上達のためのアドレスの基本を解説
女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性・ドライバーで飛距離を伸ばす
女性ゴルファーで、ドライバーの飛距離を伸ばすことはスコアーメイクに重要です。 そのためには、体の軸を使い手の振り方を覚えることがその秘訣になります。
女性ゴルファーがヘッドスピードを上げる練習方法
ヘッドスピード向上には、トップスイングで大きなタメを作ることで、やはり腕の使い方がポイントで、テークバックで左腕を曲げずにスイング軌道を大きな弧を描くことです。 ヘッドスピードを上げようと、速いテークバックでコックを作ることは避けてください。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性・ドライバーで球が上がらない
女性ドライバーが飛ばない原因は、ボールが上がらないことです。低い弾道やゴロを打って飛距離が出ないのは当然といえます。ロフトを生かしミート率を上げることが解決方法になります。
女性・フェアウエーウッド打ち方
女性ゴルファーの多くは男性に比べ非力で、芝の上にあるボールを直接打つフェアウエーウッドを苦手にしています。その非力をカバーして確実に飛距離を稼ぎ、ミスしないフェアウエーウッドについて解説します。
女性・ユーティリテショット打ち方編
グリーン直接狙うユーティリテクラブはアイアンに代わり距離とボールをグリーンで止める女性ゴルファーには無くてはならないクラブです。 スコアーメイクにはユーティリテの打ち方を覚えることです。
女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方
女性ゴルファーが苦手なショットにバンカーショットが挙げることができます。 これは女性の非力からバンカーショットがうまく打てないことが主な原因です。非力な女性でも簡単にバンカーからの脱出方法を解説していきます。
女性ゴルファー・パターの基本
女性ゴルファーが上達するのに必要なパターの練習方法をアドレス、ストロークの仕方などについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト