女性の飛距離不足と改善

女性の飛距離不足と改善

 

スーパーデール

 

 

メニュー

 

飛距離が出ない原因

 

ドアースイングの矯正で飛距離アップ

 

飛距離を伸ばすスイングのネジレ

 

スイング軸の安定させ体幹をしっかり作る

 

飛距離を伸ばすグリップ力

 

飛距離を伸ばす適正クラブ

 

 

 

ドライバーショット女性

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

 

 

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女性ドライバーで飛距離が出ない原因

 

 

 

ドライバ―で飛距離を伸ばす要素は、一般的にヘッドスピードを上げる、インパクトでミート率を高めることです。

 

しかし、女性は男性に比べ筋力も劣ることで、ヘッドスピードを上げるより、ミート率を高めることに集中してください。

 

例えば、女子プロと比較的距離の出る男性一般ゴルファーのヘッドスピードはそれほど差はありませんが、飛距離は歴然と女子プロの方か30~50yもキャリーオーバーします。

 

この違いはミート率が違うことでこの差になるのです。

 

そこで、女性のドライバーの飛距離を伸ばすには、ミート率を高めることです。

 

 

 

そこで、スイングとクラブから、このミート率を高める方法について解説します。

 

 

ヘッドスピードが伸びずミート率が上がらな原因

 

体のネジレができず、手でクラブを上げることでスイングワークが小さい
➡手でクラブを上げず、体の捻転はシッカリ行う。手の操作のテークバックはフェースが開く

 

スイング軌道が間違っている
➡スイングはインサイドでフラット軌道でアッパー気味のスイングを行う

 

インパクトでグリップが緩む
➡インパクトでグリップが緩ないストロンググリップ

 

ボールを点で強く打ちすぎる
➡インパクトゾーンを長くしフォロースルーをしっかり行う

 

この場合の注意点:テークバックでフェースを開かず被せる!

 

ボールライン

 

上の写真で白いラインのようにフェースは閉じて行います。近年のクラブは慣性モーメントが大きく、フェースを開いて行えば、インパクトでフェースの開きが戻らないからです。ミート率を高めるためにもフェースが開かずしてください。

 

レヂィースウエアーはこちらから

テニス構え

 

クラブが原因で飛距離が出ない

 

クラブのシャフトが合っていない
➡シャフトは柔らか目、クラブ重量は軽く

 

ロフトが小さい
➡飛距離アップには高ロフト

 

ヘッドモデルに問題
➡低重心のシャロ―タイプを選ぶ

 

自分に合うクラブの長さ
➡スイングできる最長のクラブの長さ

 

以上の項目はミート率を高める要素です。

 

 

 

診断ドアー


無料診断3

 

 

アイアンショット

 

ドアースイングを矯正

 

ドアースイング

 

初心者の女性ゴルファーで距離が出ない理由として、共通するスイングパターンがあります。

 

それは、、ドアースイングと呼ばれるスイングです。

 

ドアースイングとは、上の女性のトップスイングや図の通りドアーの開け閉めに見られる動きで、これを、実際のスイングに当てはめると次の様になります。

 

下半身と、肩の回転を同じ速さで、同じ角度だけ回転し、作るべき捻転が全く出来ないスイングのことです。

 

下半身と上半身の間にネジレのないスイングは、体の回転軸を使ったスイングが出来ず、手だけでクラブを振ることで、スイングワークが大きくできず、飛距離アップするための遠心力が働かなくなります。。

 

この遠心力は何もクラブの長さだけでなく、腕の長さも含みます。

 

スイングワークを大きく使うには、手打ちで腕が縮んだスイングより、腕が伸びた大きなスイングになります。

 

 

 


 

 

 

また、ドアースイングはネジレでタメが出来ないため、バックスイングで体の右サイドが伸びてしまい、トップスイングクラブがどんどん後ろに回る極端なオーバースイングになります。

 

つまり、正しいトップの位置でクラブが止まらない状態になるのです。

 

その様な、オーバースイングではクラブの切り返しが、手の力に頼ったスイングになり、ヘッドスピードを出すコックが解け、右肘も伸びてしまい、腕が優先したアウトサイドインのスイング軌道になります。

 

アウトサイドのスイングはヘッドの遠心力が働かず、インパクトでボールを芯で打てず、飛距離のでない力のないスライスボールになります。

 

ネジレ不足とオーバースイングの原因は、芯でボールを捕らえらえずスピードの上がらないフォロースルーで、ヘッドの遠心力が働かない、飛距離が出ないスイングになります。

 

ネジレで起こるコックと右肘のタメはボールを遠くに飛ばす上で、最も重要なファクターになります。スイングは上半身と下半身のネジレが基本になります。

 

 

女性ウエアー・小物はこちらから参照


 





無料診断3

 

女性ドライバーで飛距離を出すスイング

  グーグルとデータ提供者
女性の飛距離不足と改善、初心者クラブ重量、初心者のロフト

 

体のねじれを作る方法

 

トップスイングで両足、両膝はアドレスの状態と殆ど同じ位置【4】にあるのがわかると思います。これが捻転を作る土台になります。

 

両肩は両膝に対して90度回転します。この90度【3】の捻転が出来ないとボールを遠くに飛ばすことはできません。

 

ただ、初心者の女性には90度の捻転を目指すのがベストですが、少なくとも、この捻転(ネジレ)を最低限作る努力をすることです。

 

上の図1の正しいスイングの体のねじり方を参考にしてください。

 

バックスイングは下半身を止め①のライン上に、回転軸(背骨)が来るよう、肩から腰の、順番に行ってください。

 

体のネジレを行う注意点:

 

下の写真の赤いラインに注目してください。

 

ゴルフスイングは角度を持った円運動で、かつ上下動が伴うことです。つまりクラブを上に上げるには、必ず股関節(腰)が上下動することです。

 

股関節を水平に回転させるのでなく、トップスインでは右腰骨が左腰骨より上に来ることです。

 

この股関節の可動領域を大きく使うには股関節の回転を水平に行わないことが、飛距離に大きく影響してきます。

 

是非鏡で、トップでの腰の位置を確認してください。

 

 

 

 

 

 

ボールライン

 


初心者やマチュアゴルファーがコースに行くための必要なお勧めアイテムを紹介
女性クラブ全アイテム

 

 

 

体の回転の始動で、両膝の下から回転れすばドアースイングになりやすく、絶対にボールを遠くに飛ばなくなります。

 

ドアースイングの場合、右サイドが伸びて、回転軸が赤のライン②に来てしまい、トップスイングで反り返り、これでは、ボールを打つ態勢をつくれません。

 

体のネジレは、一方を固定することで始めて出来るのです。体を使う意味は、体を動かすだけでなく、止めることでも使うことが出来る事を理解して下さい。

 

つまり下半身の動きを小さくすることで、ネジレが作れることです。

 

女性のように非力な方は、手で打つのでなく体を使ったスイングがインパクトのミート率を高まます。

 

捻転は下半身を使わず、上体の力を抜いて左肩とクラブを一体にして、右側にひねることです。

 

レヂィースウエアーはこちらから

テニス構え

 

 

遠心力を上げる

 

女性の体は男性に比べ、柔らかく、これを最大限生かすことも飛距離アップにつながります。

 

体が柔らかいことはイコールスイングワークを大きくできます。このスイングワークの大きさがボールを飛ばせる遠心力につながるのです。

 

遠心力は 半径×質量×角運動の2乗 で計算できます。

 

これをスイングに置き換えると

 

半径ーーー左肩とクラブヘッドの距離

 

質量ーーーヘッド重量

 

角運動ーーーヘッドスピード

 

になります。

 

半径を有効に使うには、体の力を抜き、バックスイングでは左腕を曲げず、大きなスイングでトップの位置まであげることです。

 

スイングのテンポはゆっくり、大きく振ることで、遠心力が大きく働き飛距離を確実に伸ばせます。

 

 

 

テラーメイド公式サイト

 

スイング中の体幹をしっかり作る

 

ゆっくり、大きく振るスイングに欠かせないのが体幹をしっかり作る事です。

 

女性は特にボールを飛ばそうと体重移動を大きく使い過ぎるとスイングスピードはかえって出なくなります。

 

下半身の動きは極力控え、上体のネジレを確実に行うことです。

 

上の写真でもわかるように、ダウンスイングで腰の角度と肩の角度の差が大きければ大きいほど、ヘッドスピードは上がるのです。

 

体のネジレがあれば、体重移動は自然と行え、自分のスタンスの幅内で行うことを心掛けてください。
したの写真でA~Bの両足の幅内で体重移動は行われます。

 

スイング軸と両足

 

スイング中の体の、左右のブレはスイング軌道を不安定にして、芯を外す可能性が高くなります。

 

トップスイングではスイング軸が右に傾斜右足の内側でウエイトを受け止め、インパクトではスイング軸は左傾斜左足の内側でウエイトを受け止めて、これが軸がぶれないスイングになります。

 

これにより、下半身を安定させ、芯でボールを捕まえミート率を上げることができるのです。

 

女性の場合は、ボールを芯で打つことが飛距離を伸ばせるかどうかの分岐点です。

 

女性プロゴルファーが250y前後の飛距離を打てる理由は、インパクトミート率が高いのが理由です。

 

ミート率と飛距離の参考資料はこちらから

 

まずは、ボールを芯でとらえることが、何より重要なファクターになります。

 

ボールを芯で捕らえるためにも、体の捻転と下半身の安定が何より重要になるのです。

 

 

 


商品紹介:レヂィース用ドライバーはこちらから


 

商品紹介:レヂィースアイアンはこちらから


 

飛距離アップできるグリップ

 

グリップ

 

飛距離アップにグリップも重要なファクターです。

 

インパクトでのグリップ力もヘッドがボールをしっかり捕まえ、ミート率を高めボール初速を上げることができます。

 

上の写真のように、左手の甲が上を向くようなストロンググリップを使用してください。

 

また、グリップの握り方はインターロッキングがおススメです。

 

また、指を絡めることで、左右の手に一体感を感じられるのが一番の特徴です。

 

非力な方、女性、年配の方、指の短い方におすすめのグリップです。

 

右手の小指を人差し指と絡めるグリップを指します。

 

 

 

飛距離アップできるクラブ

 

下の表からも、自分の現状に合ったクラブ重量とシャフトの硬さは重要です。

 

柔らか目のシャフトはダウンスイングでシャフトのタメが作れインパクトでボールの捕まりがよくなります。

 

さらに、フック系の球筋でランも稼げ飛距離アップにつながります。

 

ただし、軽すぎるクラブは手打ちになりやすく、飛距離も伸びません。女性も男性同様振り切れる最大の重さのクラブを選んで下さい。

 

飛距離アップには高弾道の球筋が必要です。それには高ロフトのヘッドでかつシャロ―フェースのフックフェースのモデルが適合します。初心者の場合はロフトは13度~18度の範囲で選択してください。

 

初心者の場合、18度程度のロフトは、インパクトで球の捕まりが良く、スライス防止にも有効です。まずはやさしく打てるドラーバーから始めてください。

 

飛距離はクラブの長さでも変わってきます。当然長いほど運動量が大きくなり、スイングできる最長のクラブを選ぶことも飛距離アップに繋がります。

 

ただし、長くなれはヘッドスピードは上がりますが、ミート率が低下することで、逆に飛距離が出なくなる場合もおこります。安定してスイングできる最長の長さを選んでください。

 

一般的な女性ドライバーの長さは、42.5インチ~44インチが基本になります。

 

ミート率を高めるには、スイングには自分がスイングできる長さのクラブに徹してください。

 

レヂィースウエアーはこちらから

テニス構え

 

番手別飛距離平均
番手 非力な女性 一般的女性 力ある女性
ドライバ―

130y

165y

190y

3W

100y

140y

160y

UT/4

90y

120y

150y

7I

80y

100y

120y

9I

60y

80y

100Yy

 

 

女性のヘッドスピードと対応クラブ

20~27m/s

28~33m/s

34~37m/s

38m/s~

LL

遅い

一般的

少し速い

速い

女性用クラブ

女性用クラブ

女性・男性シニア

男性用

 

 

体力タイプからのクラブシャフトの硬さを選ぶ

非力な女性

110y

200cpm

LL

普通の女性

150y

210cpm

少し体力のある女性

175y

220cpm

体力に自信のある女性

190y

230cpm

 

体力から最適クラブ重量を選ぶ方法
 

ドライバー重量

7アイアン重量

体力に自信がない 255g~270g 330g~350g
体力に自信がある 270g~290g 350g~385g

 

 

まとめ

 

飛距離を伸ばすには、球を上げることが飛距離アップの条件で、そのためにはティーアップの位置は左足つま先になります。

 

ヘッドが上向きでインパクトする必要があるからです。

 

これで、ロフトも最大に活かすことで、飛距離アップに繋がります。

 

スイング軌道はボールの前後をストレートに走らす軌道で、ボールを横から払う打ち方になります。そのため、トップスイングはアップライトにならずフラットなスイングプレートにすることです。
【トップスイングの左手首は背屈にならずやや掌屈にすることをお勧めします】

 

柔らかいシャフトでレベル、アッパースイングすれば高弾道のフック系のボールで大きく飛距離をの伸ばせるのです。

 

インパクトではボールの右サイドに頭が残れば、ボールを強く打つて、インパクトをゾーンを長く出来、インパクト後のフォロースルーが大きく取れ、遠心力をうまく利用できます。

 


初心者やマチュアゴルファーがコースに行くための必要なお勧めアイテムを紹介
女性クラブ全アイテム

 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

 

女性クラブ情報サイトに戻る

関連ページ

女性のスイング基本と基本動作
女性ゴルファーの基本アドレスや飛距離を出すためにスイング軸の作り方などを詳しく解説していきます。
女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性・ドライバーで飛距離を伸ばす
女性ゴルファーで、ドライバーの飛距離を伸ばすことはスコアーメイクに重要です。 そのためには、体の軸を使い手の振り方を覚えることがその秘訣になります。
女性ゴルファーがヘッドスピードを上げる
ヘッドスピード向上には、トップスイングで大きなタメを作ることで、やはり腕の使い方がポイントで、テークバックで左腕を曲げずにスイング軌道を大きな弧を描くことです。 ヘッドスピードを上げようと、速いテークバックでコックを作ることは避けてください。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性のハイドローの打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。
女性・ドライバーで球が上がらない
女性ドライバーが飛ばない原因は、ボールが上がらないことです。低い弾道やゴロを打って飛距離が出ないのは当然といえます。ロフトを生かしミート率を上げることが解決方法になります。
女性・フェアウエーウッド打ち方
女性ゴルファーの多くは男性に比べ非力で、芝の上にあるボールを直接打つフェアウエーウッドを苦手にしています。その非力をカバーして確実に飛距離を稼ぎ、ミスしないフェアウエーウッドについて解説します。
女性・ユーティリテショット打ち方編
グリーン直接狙うユーティリテクラブはアイアンに代わり距離とボールをグリーンで止める女性ゴルファーには無くてはならないクラブです。 スコアーメイクにはユーティリテの打ち方を覚えることです。
#女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方
女性ゴルファーが苦手なショットにバンカーショットが挙げることができます。 これは女性の非力からバンカーショットがうまく打てないことが主な原因です。非力な女性でも簡単にバンカーからの脱出方法を解説していきます。
#女性ゴルファー・パターの基本
女性ゴルファーが上達するのに必要なパターの練習方法をアドレス、ストロークの仕方などについて解説します。
失敗しないアプローチの簡単な打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト