女性・フェアウエーウッド打ち方

女性・フェアウエーウッドの打ち方

 

スーパーデール

 

女性プロスイング

グーグルとその情報提供者

メニュー

 

フェアウエーの特徴

 

女性フェアウエーウッドをマスター

 

フェアウエーウッドでヘッドスピードを上げる方法

 

 

関連記事:女子プロ動画でスイングのスキルを学ぶ

 

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

フェアウエーの特徴

 

フェアウエーウッドはクラブの中で、ドライバーの次に飛距離を出せるクラブです。

 

しかし、スイングの仕方に根本的な違いがあります。

 

それは、テイーアップして打つドライバーは、スイング軌道がアッパースイングが基本ですが、フェアウエーウッドはドライバーに比べてシャフトも短く、ヘッドも小ぶりになり、スイング軌道もレベルか穏やかなダウンブローのスイングになります。

 

フェアウエーを上手く打てない女性ゴルファーは、ドライバーと同じイメージで打つことで、苦手になるのです。

 

フェアウエーウッドの打ち方

 

ドライバーのイメージで、どうしても飛ばそうと、すくい上げようと意識することは理解でき当然だとおもいますが、フェアウエーではやっては行けないスイングは、アッパースイングやすくい上げる打ち方です。

 

フェアウエーはアイアンより、クラブも長くヘッドの重心も低く設定されています。すなわち、打ちやすさは逆にロングアイアンより打ちやすい点です。

 

また、ソール面も広く、ロフトも大きく、芝の上を滑らせて、フェースにボールを当てれば自然と上がるように設計されているのです。

 

フェアウエーのスイングはボールの横腹を払う様に打つことが基本ですが、多少ダウンブローのスイングのスイングでボールの頭を叩いて、ゴロが出てもランで飛距離を稼ぐ事が重要です。

 

 

 

 

メニュー


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

女性フェアウエーウッドをマスター

 

女性の場合も男性と同様、100切りが一つの目標ではないでしょうか?

 

もう少し飛距離を出せれば、2オン、3オンが可能になり、女性ゴルファーにとって、フェアウェイウッドを上手くマスターすることはスコアメイクの強い味方になります。

 

フェアウエーウッドは芝の上のボールを打つことから、インパクトゾーンを長く取る必要があります。

 

それには、テークバックはソールで芝をこするように、体主導でゆっくり30cm程度真っすぐ引くことです。

 

テークバック

 

この真っすぐ引くことで、両脇が閉まり腰の位置が安定し、バックスイングのスイングアークを大きく取れ、インパクトで遠心力が大きく働くことでインパクトゾーンを長く取れることです。

 

これは女性スイングで一番問題の、インパクトで体が伸びる欠点の防止に繋がります。

 

さらに、アドレスは右肩を少し下げ、スイング軸を右傾斜させます。インパクトでスイング軸が安定し前に倒れず、レベルスイングがしやすくなります。

 

 

女性フェアウエーウッド

 

テークバックは下半身を安定させ、上半身をネジながらクラブを真っすぐ引きます。おへそ中心に左肩が右にきっちり回転でき、ウエイトも右サイドに自然と移動できるのです。これでタメができヘッドスピードを上げる原動力になります。

 

また、ダウンスイングはボールを打ちに行く意識を押さえて、インパクトゾーンの過程でボールがある意識で、インパクトを長くとれば、フェースのロフトを使い楽にボールが上がり飛距離を伸ばす事ができます。

 

力で打つのでなくクラブに仕事をさせるイメージを強く持つことです。

 

ボールを強く叩こうと意識をしないことが、女性ゴルファーに多いインパクトで体が伸びたり、反り返りが抑えることができるのです。

 

結果、フェアウエーウッドのミスショットのスライス、ダフリ、トップを防止できるのです。

 

 

まず、構えでスタンスは自分の肩幅より少し広くと、ボールの位置はセンターより少し左に置くようにしてください。

 

グリップはフックグリップで目一杯握らず、グリップエンドを少し余して持つことです。短く持っても距離にはあまり影響ありません。

 

レヂィースウエアーはこちらから

テニス構え

 

次に、多いのが女性ゴルファーのスライスです。

 

女性のスライスの原因はインパクトでフェースが開いているのが原因です。

 

そのため、グリップはストロンググリップで握ることが重要です。ハーフバックではフェースを少し閉じた状態でバックスイングを行うことで、スライスのリスクを大幅に減らすことができます。

 

また、スイングをコンパクトにすることです。大振りやオーバースイングは、ダウンスイングでスイング軸が飛行方向に倒れやすく、クラブの振り遅れでフェースが戻りきらなず開く原因になります。

 

下の写真は、フェース面を閉じたテークバックでスライス防止に役立ちます。

グーグルとその情報提供者

 

是非、グリップはストロンググリップで、バックスイングはフェースを少し被せて行うことを試してください。

 

近年ゴルフヘッドの進化で、飛距離アップや方向性の機能アップは慣性モーメントの理論が大きく寄与しています。

 

つまり、打ちやすいクラブがスライスしやすいヘッドになっている点です。つまりいったん開いたフェースが戻りにくいことです。

 

言い換えるとテークバックで開いたフェースは戻りにくく、テークバックではフェースを閉じて行なわなければなりません。【上の写真参照】

 

フェアウエーは芝の上にあるボールを打つ訳ですから、ドライバーの様にアッパースイングでなくレベルスイングが求められるます。

 

そこで、テークバックにおて、体を浮かないように、ヘッドで芝をこするように低く長く行うこおなうことです。

 

つぎに、トップスイングで右足内側にしっかりウエイトを乗せることですが、意識して右足にウエイトを乗せると、スエーしやすくなります。そのため、バックスイングで左肩をしっかり回転させて、その回転で引っ張られるようにウエイト移動させて下さい。

女性ゴルファースイング軸

トップのスイングスイング軸Aは右足内側で、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーのスウイング軸Bは左足内側でウエイトを受け止めます。

 

フェアウエーを確実に打つには、やはり体幹をシッカリさせるため、下半身、特に股関節にハリを待たせ、テークバックを行う時右膝が右にスライドさせないように注意してください。

 

右膝の移動は体のスエ―になり正しいスイングを行うことができなくなります。

 

トップからの切り返しでは腕を振る意識を強く持ち、インパクトでフェースが真っすぐ向くイメージで、振り抜いてください。

 

つまり、インパクトで終わりでなく、フォロースルーではクラブをインサイドに振りぬくことでヘッドの加速度が出来るのです。

 

女性ゴルファーの飛距離アップ、特にフェアウエーの飛距離を出すには腹筋の強化が意外と効果があります。普段から腹筋の強化に心がけてください。

 

 

女性フェアウエーウッドの飛距離の標準 単位ヤード±10y

 

3W

5W

7W

9W

150y

130y

120y

100y

 

 

 

 

 

フェアウエーウッドでヘッドスピードを上げる方法

 

女性は男性に比べ、体の柔軟性は優れています。その柔軟性はムチのようなしなりでクラブを振り抜くことでヘッドスピードがグンと上がってきます。

 

つまり、ダウンスイングでクラブを遅らせてスイングすることで、スイングアークを大きくとることで可能になります。

 

トップからダウンスイングにかけて左腕が曲がると、スイングアークも小さくなり、腕のシナリも活用できず、ヘッドスピードを上げる遠心力を高める事ができません。

 

クラブを遅らせるには、、トップスイングでは上半身と下半身の捻転をしっかり行うことがポイントです。

 

スイングで振り切る女性ゴルファー

 

このトップスイングで上半身と下半身のネジレでできた捻転は、ダウンスイングでレートヒッティングが行え、インサイドからクラブを振り下ろせ、右肘、右手首のコックをインパクト直前まで我慢することで可能になります。

 

ここでのポイントは、ボールを叩きにいかないことです。ボールだけを強く叩こうとすれはスイングはボールを叩いて終わりになり、遠心力が生まれなくなるからです。

 

スイングはインパクト後のフォロースルーからフィニッシュまで振り切る事で、遠心力が生まれヘッドスピードが上がるのです。

 

スイングで振り切る女性ゴルファー

 

このように、最後まで振り切る癖がつけば、結果、ボールの頭を叩いても、ボールのランで飛距離を稼ぐ事ができるのです。

 

最後に、以上のスイングはスイング軸を動かさない事で可能になります。女性の場合、男性にくらべ腹筋力が弱くインパクトで伸びあがるリスクがあります。できるだけ、お腹に力を入れてスイング軸を中心に遠心力を使うイメージを養ってくさい。

 

お腹に力を入れることで、スイング中の前傾姿勢も保たれ良い結果が出ると思います。

 

 

【参考資料】

 

フェアウエーウッドとユーティリティの違いと使い分け

 

 

 

最後に、女性のゴルフで重要なクラブと体を一体化させるスイングを挿画でイメージづけしてください。
ドライバーのスイングでもフェアウエーのスイングでも基本は同じです。ボールの置く位置で変わるだです。
女子プロの動画を是非参考にしてくさい。

 

 

売れ筋商品楽天

 

 

商品紹介:レディー用ユーティリティはこちらから


 

 

 

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集


 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

 

上手くなる練習方法に戻る

 

 

女性クラブ選択に戻る

関連ページ

女性のスイング基本と基本動作
女性ゴルファーの基本アドレスや飛距離を出すためにスイング軸の作り方などを詳しく解説していきます。
女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性・ドライバーで飛距離を伸ばす
女性ゴルファーで、ドライバーの飛距離を伸ばすことはスコアーメイクに重要です。 そのためには、体の軸を使い手の振り方を覚えることがその秘訣になります。
女性ゴルファーがヘッドスピードを上げる
ヘッドスピード向上には、トップスイングで大きなタメを作ることで、やはり腕の使い方がポイントで、テークバックで左腕を曲げずにスイング軌道を大きな弧を描くことです。 ヘッドスピードを上げようと、速いテークバックでコックを作ることは避けてください。
女性の飛距離不足と改善
初心者の女性ゴルファーで距離が出ない理由として、共通するスイングパターンがあります。 それは、、ドアースイングと呼ばれるスイングです。 ドアースイングとは、上の図の通りドアーの開け閉めに見られる動きで、これを、実際のスイングに当てはめると次の様になります。 下半身と、肩の回転を同じ速さで、同じ角度だけ回転し、体を回転させて作るべき捻転が全く出来ないスイングのことです。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性のハイドローの打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。
女性・ドライバーで球が上がらない
女性ドライバーが飛ばない原因は、ボールが上がらないことです。低い弾道やゴロを打って飛距離が出ないのは当然といえます。ロフトを生かしミート率を上げることが解決方法になります。
女性・ユーティリテショット打ち方編
グリーン直接狙うユーティリテクラブはアイアンに代わり距離とボールをグリーンで止める女性ゴルファーには無くてはならないクラブです。 スコアーメイクにはユーティリテの打ち方を覚えることです。
#女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方
女性ゴルファーが苦手なショットにバンカーショットが挙げることができます。 これは女性の非力からバンカーショットがうまく打てないことが主な原因です。非力な女性でも簡単にバンカーからの脱出方法を解説していきます。
#女性ゴルファー・パターの基本
女性ゴルファーが上達するのに必要なパターの練習方法をアドレス、ストロークの仕方などについて解説します。
失敗しないアプローチの簡単な打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト