女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方

バンカーからの脱出【女性ゴルファー向け】

 

メニュー

 

バンカーの脱出を簡単に行う方法

 

バンカーショットが苦手な原因

 

バンカーショットのスイング

 

 

 

グーグルとその情報提供者

メニュー

楽天ゴルフショップ

アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

 

 

バアンカー脱出の重要なポイント

 

バンカーの脱出を簡単に行う方法

 

女性ゴルファーの誰もが苦手なバンカーショットを1回で出す3つのポイント。

 

【1】アドレス時の手首の角度

 

クラブを短く持ち通常のグリップ位置より低い位置のハンドダウンに構えます。
ロフトを殺さないように、ハンドファーストの構えを取りません。、これはバンカーショットの絶体必要な入射角をつける意味でとても重要。
ハンドダウン
グーグルとその情報提供者

 

【2】グリップの握り方

 

左手グリップはストロンググリップで、右グリップを上からかぶせるのがポイントです。テークバックでコックを作りやすく、やはりクラブが砂に入る入射角をつけるためです。

 

グリップ
グーグルとその情報提供者

 

【3】スイング円弧のイメージです

 

テークバックはハンドダウンからアーリコックを行いますが、体の回転を伴って行い手首だけでアーリコックは避けてください。

 

グリップで円を描くようにテークバックを行うことです。これでボールの手前にダフルようにスイングするだけです。

 

バンカーの場合、クラブヘッドで円を描くテークバックでなく、グリップで円を描くようにテークバックを行うことで、バンカーショットに必要なアーリーコックのバックスイングが作れます。これでボールの手前にダフルようにスイングするだけです。

 

最後に、円を描くスイングはインパクトでスイングが終わりでなく、インパクト後は開いたフェースを閉じるように返すことです。

 

この3つさえ押さえてしまえばバンカーの苦手意識なんてすぐになくなるかもしれません。

 

以上の3点を頭に入れて下の記事を参考にしてください。

 

 

優しく打てるレヂィースウエッジはこちらから

 

女性のゴルファーがバンカーショットが苦手な原因

 

最大の理由は、バンカーショットは砂の中にヘッドを打ち込み、その衝撃で砂と共にボールを打ち出すため力が必要になり、女性は非力で難しいショットになってしまいます。

 

ヘッドが砂の中に潜ることは、想像以上の抵抗があり、砂に潜れば急激にクラブヘッドは減速してしまい、なかなかボールが出ないことです。

 

この抵抗に打ち勝つには、場合によって、一般的な女性のサンドウエッジは軽すぎ、男性のシニア使用のサンドウエッジの方が、重さがありバンカーから球の脱出は簡単になります。

 

サンドウエッジでバンカーからの脱出には、衝撃に耐えれるために上記の写真のようにストロンググリップでしっかり握り、スイングでは、手打ちや球を上げようとする意識は捨てて、胸の回転と腰の回転で打つことが必須になります。

 

バンカーショットの基本は、ボールを直接打つのではなくて、ボールの少し手前の砂にヘッドを落とし、砂と一緒にボールを飛ばして脱出させます。

 

ボールの手前何センチに、ヘッドを入れようなどと考えすぎれば、ヘッドが鋭角に打ち込みやすくなり、砂の中にヘッドが潜り込み、振り抜けずに脱出できなくなります。

 

バンカーからの脱出は、クラブの入射角度を緩やかな鋭角で入れ、ソールのバンスを利用すれば、非力な女性ゴルファーのバンカーショットを容易におこなえます。

 

 

 

【必見!】ゴルフグラブ・ボール・ウエア・アクセサリ特集



メニュー

 

 

バンカーショットを上手く打つスイング

 

 

重要なことは、ボールを飛ばすのでなく、飛ばすのは砂で、砂の上にあるボールを一緒に飛ばすと考えてください。

 

ボールをあまり意識せず、ボールの手前から、バンスを利用して砂の中を滑らすイメージが大切になります。
バンス

 

具体的には、サンドウェッジのバンスを大きく使うためフェースは必ず開きます。当然、フェースを開くと打ち出されたボールは目標より右へ飛ぶので、その分左にアドレスを取らなければなりません。
バンス
グーグルとその提供者

 

 

両足は、しっかりと砂に埋めて、クラブは短く握り、ダフりやすくするためにボール位置も左足寄りにセットしてください。

 

テークバックはスタンスラインにあわせて上げますが、目標ラインに対して自然とスイングはアウトサイドインになります。

 

トップ、ダフリなどミスが出る方の多くは、テークバックが目標合わせたラインで行う事で、インサイドの軌道になりミスが出やすくなります。

 

バンスを上手く利用するには、テークバックでコックは早めに行うことが理想です。

 

スタンスとテークバックを正しく行えば、ヘッドはボールの手前に入り、インパクトで力を抜かず振る抜いてください、意外と簡単にバンカーから脱出ができます。

 

 

商品紹介:レディース用クラブセットはこちらから


商品紹介:レヂィース用ドライバーはこちらから

 

商品紹介:レヂィース用フェアウエーウッドはこちらから

 

商品紹介:レディー用ユーティリティはこちらから

 

商品紹介:レヂィースアイアンはこちらから

 

 

 

 

 

 

クラブが合っているか分からない、スイングの悩みなどのご相談は遠慮なくお問合せください

メニュー



このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

上手くなる練習方法に戻る

 

 

女性クラブ選択に戻る

 

 

メニュー

松山選手マスターズ優勝!!

関連ページ

女性のスイング基本
女性ゴルファーの上達のためのアドレスの基本を解説
女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性・ドライバーで飛距離を伸ばす
女性ゴルファーで、ドライバーの飛距離を伸ばすことはスコアーメイクに重要です。 そのためには、体の軸を使い手の振り方を覚えることがその秘訣になります。
女性ゴルファーがヘッドスピードを上げる練習方法
ヘッドスピード向上には、トップスイングで大きなタメを作ることで、やはり腕の使い方がポイントで、テークバックで左腕を曲げずにスイング軌道を大きな弧を描くことです。 ヘッドスピードを上げようと、速いテークバックでコックを作ることは避けてください。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性のハイドローの打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。
女性・ドライバーで球が上がらない
女性ドライバーが飛ばない原因は、ボールが上がらないことです。低い弾道やゴロを打って飛距離が出ないのは当然といえます。ロフトを生かしミート率を上げることが解決方法になります。
女性・フェアウエーウッド打ち方
女性ゴルファーの多くは男性に比べ非力で、芝の上にあるボールを直接打つフェアウエーウッドを苦手にしています。その非力をカバーして確実に飛距離を稼ぎ、ミスしないフェアウエーウッドについて解説します。
女性・ユーティリテショット打ち方編
グリーン直接狙うユーティリテクラブはアイアンに代わり距離とボールをグリーンで止める女性ゴルファーには無くてはならないクラブです。 スコアーメイクにはユーティリテの打ち方を覚えることです。
女性ゴルファー・パターの基本
女性ゴルファーが上達するのに必要なパターの練習方法をアドレス、ストロークの仕方などについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト