女性ゴルファー・パターの基本

パターの打ち方基本【女性ゴルファー向け】

 

スーパーデール

 

レヂィースウエアーはこちらから

テニス構え

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女性のパット

 

パットで重要なことは2つあります。

 

その1つは、どの程度の強さでボールを打てばいいのか? 2つ目は、ボールがどの様な曲がりをするのか、その強さ加減の曲がりぐ具合は? がポイントになります。このポイントこそが想像力で、パッティングする時に求められるのです。

 

この2つが、合致しなければ、結果の出ないのパッテングになります。もちろんラインを読む力は経験があれば、この想像力を補うことは出来ますが、初心者にはこのような想像力は経験不足で補う事はできません。

 

女性のパター選択の基本

 

パターはフルスイングするクラブでなく、ボールも空気中を飛ばない事からボールも曲がらないことがいえます。

 

その点から、パタークラブの選択は自由度が高く、ヘッドの形とパターの長さ、グリップの3点を抑えることです。

 

パターの長さ
は、ボールが目の真下にくる長さが基準です。一般女性であれば33~32インチ程度、小柄な女性女性なら32インチ以下を選ぶようにして下さい。

 

バランスの良いアドレス

 

ヘッドの形
は、以下のピン型とマレット型の2タイプがありますが、初心者であればマレット型が無難ですが、一度試してどちらか十分に合うか確認して下さい。

 

バランスの良いアドレス

 

女性パターマレット型はこちらから

 

グリップの選択

 

女性の場合は、やや細めのグリップがお勧めです。

 

パターの基本練習方法

 

すべてのゴルファーにいえる事ですが、練習場でドライバーやアイアンの打ち込みはたくさん行いますが、パターは意外と練習不足になっていないでしょうか。

 

パターの練習は、自宅でもちょっとしたスペースであれば、いつでも出来るのが、パッティングの良いところです。

 

まず、2m程度の距離のパッテングを徹底して行う方法です。2m転がるふり幅で何球を打っても転がる距離が一定になればOKです。

 

構えて1、バックストローク2、フォワードストローク3 というように1,2,3,のリズムで打つことを覚えてください。

 

あとは、距離の調整は振り幅を変えて、上のリズムで色んな距離を試して下さい。

 

そこでヘッド真っすぐ引く練習です。真っすぐ引くコツは、パターヘッドの底を地面から少し浮かして構えることです。

 

パター

 

次に、テークバックを行う際の注意点は、テークバックでヘッドを真っすぐ低く引くとアウトサイドに引いてします。それでは、インパクトでカット打ちになり、ボールに順回転が起こらずボールは真っすぐ転がりません。

 

パターストローク

 

スイングと同じ様に少し上の方向に引くのが正しいテークバックになり、インパクトでボールに順回転を与えることができます。

 

このテークバックを習得できれば、実際2.3回の素振りで(ストローク)で1回球を打つ練習を飽きずに続けてください。

 

このストロークを行う時、体の軸(脊髄)を安定させて両肩の上下動で行います。パターの軸の安定は体の中心のへそのあたりで、そこに力を入れてスイング軸の安定を図るのが、最善の方法になります。

 

2メートルのパットが入る自信がついてくれば、2メートル以内のパットが入る確率もぐんと上がり、自然とロングパットも気が楽になって2メートル以内に寄る確率が高くなるのです。

 

練習機

ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください

 

 

ゴルフ場で

 

ゴルフ場に行って、ラウンドする場合、練習グリーンでは、必ず打つ前にボールのラインを読んでから打ちます。その結果、自分の想像ラインから外れる場合は、調整を行い再度打つことで、ラインを正しく把握できる事になります。

 

この時、ラインに設定した目標に正しくアドレスが出来ているかどうかをチエックして、正しいストロークを行えるように心掛けて下さい。

 

ドライバーやアイアンの練習に加えて、パターの練習にも少し時間を割くことです。
200yも1mのパットも同じ1打で、自宅で簡単に練習でき、初心者にとって効率の良い練習ができるのではないでしょうか。

 

 

パッテングでさらに詳しい情報は下の項目より参考にしてください。役立つ情報が満載です

 

パッテング理論を参考にしてください。パット理論はこちらから

 

 

商品紹介:レディース用パター

 

 

商品紹介:レディース用パラウエッジ

 

 

関連記事:女子プロ動画でスイングのスキルを学ぶ

 

 

 

 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

 

 

上手くなる練習方法に戻る

 

 

 

 

関連ページ

女性のスイング基本と基本動作
女性ゴルファーの基本アドレスや飛距離を出すためにスイング軸の作り方などを詳しく解説していきます。
女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性・ドライバーで飛距離を伸ばす
女性ゴルファーで、ドライバーの飛距離を伸ばすことはスコアーメイクに重要です。 そのためには、体の軸を使い手の振り方を覚えることがその秘訣になります。
女性ゴルファーがヘッドスピードを上げる
ヘッドスピード向上には、トップスイングで大きなタメを作ることで、やはり腕の使い方がポイントで、テークバックで左腕を曲げずにスイング軌道を大きな弧を描くことです。 ヘッドスピードを上げようと、速いテークバックでコックを作ることは避けてください。
女性の飛距離不足と改善
初心者の女性ゴルファーで距離が出ない理由として、共通するスイングパターンがあります。 それは、、ドアースイングと呼ばれるスイングです。 ドアースイングとは、上の図の通りドアーの開け閉めに見られる動きで、これを、実際のスイングに当てはめると次の様になります。 下半身と、肩の回転を同じ速さで、同じ角度だけ回転し、体を回転させて作るべき捻転が全く出来ないスイングのことです。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性のハイドローの打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。
女性・ドライバーで球が上がらない
女性ドライバーが飛ばない原因は、ボールが上がらないことです。低い弾道やゴロを打って飛距離が出ないのは当然といえます。ロフトを生かしミート率を上げることが解決方法になります。
女性・フェアウエーウッド打ち方
女性ゴルファーの多くは男性に比べ非力で、芝の上にあるボールを直接打つフェアウエーウッドを苦手にしています。その非力をカバーして確実に飛距離を稼ぎ、ミスしないフェアウエーウッドについて解説します。
女性・ユーティリテショット打ち方編
グリーン直接狙うユーティリテクラブはアイアンに代わり距離とボールをグリーンで止める女性ゴルファーには無くてはならないクラブです。 スコアーメイクにはユーティリテの打ち方を覚えることです。
#女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方
女性ゴルファーが苦手なショットにバンカーショットが挙げることができます。 これは女性の非力からバンカーショットがうまく打てないことが主な原因です。非力な女性でも簡単にバンカーからの脱出方法を解説していきます。
失敗しないアプローチの簡単な打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト