女性・ドライバーで球が上がらない

ドライバーショットで球が上がらない【女性ゴルファー向け】

 

スーパーデール

 

メニュー

 

女性の飛距離不足はボールが上がらない

 

スイングで球を上げる打ち方

 

 

関連記事:女子プロ動画でスイングのスキルを学ぶ

 

 

澁野ひなこ

 

 

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女性の飛距離不足はボールが上がらない

 

女性初心者の殆どが、飛距離不足に悩んでいるのではないでしょうか。

 

この飛距離不足はボールが十分上がらずキャリーを稼げないことや、、ゴロや低い弾道で地面を這うことから起こります。

 

この原因は、女性特有のヘッドスピード不足やミート率の悪さからでもおこります。

 

ボールが上がらない主な原因はクラブからも改善が可能です。

 

 

女性ゴルファー

 

クラブが原因・その改良法

 

球が上がらない現因は、シャフトが硬すぎる、重すぎる、ミート率が悪い、ロフト不足です。

 

まず、シャフトが硬すぎれば、シナリ不足でヘッドスピードが上がらず手打ちになります。

 

クラブが重すぎれば振りきれず、ミート率も悪く、インパクトでフェースが戻りきらず弱い球しか打てません。

 

シャフトのシナリにはシャフトの最下点があり、シナリが反転するポイントで、シャフトが自分のヘッドスピードより硬い場合は、その最下点がインパクトの手前に来るのでシャフトのシナリを生かせず芯を外し球はあがりません、

 

女性ドライバー

 

 

そこで、シャフトの最下点がインパクト後にすることで、シャフトのシナリが上向きになることでフェースのロフトを有効に使え、ボールが上がりやすくなります。

 

そのため、ボールの上がらない方は、キャリーを伸ばすには、シャフトのタメが絶対必要で、そのために必ず軽めの柔らかいシャフトを使ってください。

 

次に、ロフト不足も、インパクト後のボールの打ちだし角度が低くなり、ボールのスピン量不足でボールが上がりません。

 

またロフトが合わないとボールに揚力がつかず高い弾道のボールを打てないことです。

 

球を上げるには、シャフトのシナリ戻りが必要で、柔らかいシャフトでかつ、軽いクラブが必要不可欠になります。

 

一般女性ゴルファーの適正クラブ重量は280g前後が平均ですが、球の上がらない女性ゴルファーには240g~270gの選択がお勧めです。また、ロフトも11度~13,5度になりますが、やはり球を上げるには13,5度以上をお勧めします

 

球を上げるのはクラブを軽く、ロフトを大きくすることで、ミート率も上がり理想の高弾道の球を打てるようになります。

 

レヂィースウエアーはこちらから

テニス構え

 

グリップの握り方

 

グリップの握り方でも、ボールを上げるヘッドスピードを上げることができます。

 

非力で飛距離の出ない女性ゴルファーの方は、インパクトでグリップは緩みがちです。左手グリップを深く握るストロンググリップや、指で握るフィンガーグリップ、さらにバックラインのあるグリップはインパクト時のグリップ力を強くできます。

 

グリップを深く握る「ストロンググリップ」は、インパクトでヘッドの返りが自然に良くなり、ヘッドがスムースに抜けボールをしっかり捕まえることで、ヘッドスピード向上に役立ちます。

 

下の資料でクラブ選ぶの参考にしてください。

 

女性のヘッドスピードと対応クラブ

 

女性のヘッドスピードと対応クラブ

20~27m/s

28~33m/s

34~37m/s

38m/s~

LL

遅い

一般的

少し速い

速い

女性用クラブ

女性用クラブ

女性・男性シニア

男性用

 

 

体力タイプからのクラブシャフトの硬さを選ぶ

非力な女性

120y

200cpm

LL

普通の女性

150y

210cpm

少し体力のある女性

175y

220cpm

体力に自信のある女性

190y

230cpm

 

ビギナーガイド

 

 

体力から最適ロフトを選ぶ
体力非力な女性 13度以上
一般的な女性 12度~12.5度
体力に自信のある女性 11度~11.5度

 

 

体力から最適クラブ重量を選ぶ
 

ドライバー重量

5アイアン重量

体力に自信がない 255g~270g 320g~340g
体力に自信がある 270g~290g 340g~365g

 

 

 

 

商品紹介:レヂィースセットはこちらから


 

 

スイングで球を上げる打ち方

 

いくら高ロフトヘッドでも、アドレスを正しく取らないと、インパクトでロフトを殺す(小さくなる)結果で、ボールは上がってくれません。

 

アドレスの構え方

 

澁野ひなこ

 

① ドライバーのアドレスは、グリップエンドが左太ももの右サイドで構えてください。センターやセンターより右で構えるとフェースが閉じ高い球を打つのは不向きです。

 

  ボールの位置は左かがと延線上に置き、テイーアップはやや高めにしてください。
女性ドライバーのアドレス

 

 

② テークバックはクラブと体を一体化させ真っすぐ引い(クラブ、左腕、左肩)て下さい。特にバックスイングは右肘を早く折らず、(右腰でクラブが地面に水平になる時にコックの開始)大きなスイングアークを取ってください。

 

③ トップスイングはできる限り左肩を90度まで回転させることです。

 

下半身を安定させて、腰はあまり回す必要はありません。上半身をネジルことに集中してください。

 

飛距離不足はいわゆるドアースイングと呼ばれる、腰と肩のネジレの差がないスイングでヘッドスピードの上がらない手打ちのスイングになりますから、必ず捻転を十分作れるよう、下半身を止めて上半身をネジルことです。ボールを余り凝視せずまずは体を回すことです。

 

ドアースイングはオーバースイングを引き起こし、ヘッドスピードを上げる一番の障害です。手の操作でトップスイングは厳禁です。

 

また、手打ちのスイングはインパクトでフェース面が鋭角なりりやすく、ボールが上がりにくいことです。

 

テークバッ、クバックスイングでは左肩をやや下げて、スイング軸に対して垂直になるようにレベルに回転さることです。

 

女性ドライバ回転軸

 

次に、ダウンスイングで体が飛行方向に倒れることです。このような場合、ヘッドが入射角が鋭角になり、ロフトを正しく使えず、ボールは上がりません。場合によってはボールの下にヘッドが入りテンプラさえ出てしまいます。

 

ダウンスイングで頭がボールより前に行かないように、出来ればボールの位置より後に来るよう左の壁を意識してスイングして下さい。

 

ダウンスイングの左の壁は、下の写真のB(赤のライン)のスイング軸になり、左足内側にパワーを貯める事で、ヘッドと頭に位置が対比するかたちになります。

 

女性ゴルファーアドレス

 

そのためにも、捻転の効いたトップスイングをつくることです。

 

インパクト後は、ボールを打って終わるスイングでなく、フォロースルーをしつかり取れば、ヘッドの加速が増し、球は高弾道で打てることができます。

 

スイング全体のイメージはレベルかややアッパースイングを心がけるといいでしょう。

 

【注意点】

 

アドレスで前かがみなるような、深い前傾姿勢を取らないことです。

 

テークバック、バックスイングで左腕を曲げて行わないこと。

 

ダウンスイングでは穏やかなダウンブローでフェースのロフトを活かして低く長く使うようにしてください。

 

女性ドライバー

 

 

 

グリップの握り方はこちらから

 

レディースドライバーおすすめ人気ランキング

 

 

 

商品紹介:レディース用クラブセットはこちらから



商品紹介:レヂィース用ドライバーはこちらから


 

売れ筋商品楽天

 

商品紹介:レディー用ユーティリティはこちらから


 

商品紹介:レヂィースアイアンはこちらから


 

 


楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

 

 

 

上手くなる練習方法に戻る

 

女性クラブ選択に戻る

関連ページ

女性のスイング基本と基本動作
女性ゴルファーの基本アドレスや飛距離を出すためにスイング軸の作り方などを詳しく解説していきます。
女性・ティ―アップの仕方
女性ゴルファーのティーアップエリアや適正なティーアップの高さをウッド、フェウエーウッド、アイアンについて解説します。
女性・ドライバーで飛距離を伸ばす
女性ゴルファーで、ドライバーの飛距離を伸ばすことはスコアーメイクに重要です。 そのためには、体の軸を使い手の振り方を覚えることがその秘訣になります。
女性ゴルファーがヘッドスピードを上げる
ヘッドスピード向上には、トップスイングで大きなタメを作ることで、やはり腕の使い方がポイントで、テークバックで左腕を曲げずにスイング軌道を大きな弧を描くことです。 ヘッドスピードを上げようと、速いテークバックでコックを作ることは避けてください。
女性の飛距離不足と改善
初心者の女性ゴルファーで距離が出ない理由として、共通するスイングパターンがあります。 それは、、ドアースイングと呼ばれるスイングです。 ドアースイングとは、上の図の通りドアーの開け閉めに見られる動きで、これを、実際のスイングに当てはめると次の様になります。 下半身と、肩の回転を同じ速さで、同じ角度だけ回転し、体を回転させて作るべき捻転が全く出来ないスイングのことです。
女性のスライス原因と防止
ライスの原因の多くの一つに、女性特有のオーバースイングがあります。オーバースイングはインパクトでヘッドを返すことができないことです。 これは、男性の体格にくらべて、一般女性は少し貧弱な体格から起こります。その防止を開設。 テークバックからトップスイングにいたる過程で、右サイドが伸びてしまい、上体が飛行方向に傾き、正しいと思われるトップの位置から大きくオーバースイングしてしまいます。
女性のハイドローの打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。
女性・フェアウエーウッド打ち方
女性ゴルファーの多くは男性に比べ非力で、芝の上にあるボールを直接打つフェアウエーウッドを苦手にしています。その非力をカバーして確実に飛距離を稼ぎ、ミスしないフェアウエーウッドについて解説します。
女性・ユーティリテショット打ち方編
グリーン直接狙うユーティリテクラブはアイアンに代わり距離とボールをグリーンで止める女性ゴルファーには無くてはならないクラブです。 スコアーメイクにはユーティリテの打ち方を覚えることです。
#女性ゴルファー・バンカーショットの簡単な打ち方
女性ゴルファーが苦手なショットにバンカーショットが挙げることができます。 これは女性の非力からバンカーショットがうまく打てないことが主な原因です。非力な女性でも簡単にバンカーからの脱出方法を解説していきます。
#女性ゴルファー・パターの基本
女性ゴルファーが上達するのに必要なパターの練習方法をアドレス、ストロークの仕方などについて解説します。
失敗しないアプローチの簡単な打ち方
女性ゴルファーが上達するのに必要な練習方法をアドレス、ドライバー アイアン、アプローチなどについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト