パッテングの打ち方

パット理論を理解する4つのポイント

 

 

スーパーデール

 

メニュー

 

パット理論で4つの重要な要素とは

 

ストロークが目標ラインに正しく行えているか

 

インパクトでフェースの向きが正しく向いているかどうか

 

描いたイメージの強さでボールを打てているか

 

ボールを芯で打っているか

 

パッティングのグリップの種類と特徴

 

 

メニュー

商品紹介:NEW パターはこちらから

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

 

パッテング

 

パット理論で4つの重要な要素とは

 

パットを上手く打つのも、それなりにパット理論を理解した上で、練習する事です。

 

そこで、パットをラインに合わせて打った時、ボールが狙った方向に転がらない理由は 4つあります。

 

① ストロークが目標ラインに正しく行えているか。

 

②インパクトでフェースの向きが正しく向いているかどうか。

 

③ 描いたイメージの強さでボールを打てているか。

 

④ボールを芯で打っているか。

 

上の4項目が 正しい動きをすれば、ボールは 狙い通りにカップに向かって転がります。

 

 

ストロークを正しく行う

 

そのためには、アドレスで、スタンスのライン、肩のラインがボールを打ちだすラインと平行にかまえます。

 

その時の最大の注意点は、振り子のように振れる前傾姿勢を取ることです。深すぎるとストロークは外に出やすく、浅すぎればインに入りやすくなることでです。

 

通常、パターのストロークは真っぐ引いて、真っすぐヘッドを出すのが基本です。両肩、腕を振り子の様に振るのが基本です。

パターライン

 

一番多いパターンがフェースは正しく目標に対して真っすぐ構えているに、左肩が開いているため、アウトサイドのストロークをしてしまうパターンです。

 

この様な場合、ボールは左方向に出て最後にスライスするラインになります。カップの左を抜けるパターになるのです。

 

逆に、フェースは正しく目標に対して真っすぐ構えているに、左肩が前に突き出ている場合は、スイング軌道がインサイドアウトで、ボールが右方向に転がり最後フックがかかる球筋で、カップの右を抜けるラインになってしまいます。

 

 

メニュー

インパクトでフェースをボールに直角に当てる

 

パッティングはインパクトでフェース面をボールに直角にあてることさえできれば、ボールはほぼフェース角度通りに転がります。しかしフェースをボールの直角に合すのはバックストロークが正しく行われないとヘッドが正しい軌道で再現ができないのです。

 

アドレスで狙いのラインに肩、スタンスが平行にして、ボールの真上に目を置き肩で、腕を振り子のように振ることです。

 

振り子のストロークは、首の付け根をストロークの軸として両肩の上下動で腕を使い、アドレスでの手首の角度はキープしたまま、無駄な動きを防止し、正しいストロークに誘導することです。

 

 

イメージ通りの強さでボールをヒットする

 

ストロークの速さ、強さは、転がりの長さを決定する要素になります。この球の強さはストロークの大きさ、速さで決定されますが、このストロークを行う際はスピードをフォロースルーまで平均的なスピードで行うことが重要です。

 

インパクトの強弱で飛距離を合すパッティング(タップ式)は、距離感が取りづらく、インパクトでグリップの強弱でフェースが微妙に変わります。

 

現在の速いグリーンでは、インパクトの強弱で距離感を合すのには難易度が高く一般ゴルファーには向いていません。やはり、ストロークの大きさや、速さでイメージ通りにボールをインパクトする練習が重要です。

 

 

芯でボールを捕らえる

 

パターはヘッドの芯でボールを打つことが絶対条件で、正しい球の回転が生まれ、イメージ通りの距離とラインに打ち出すことができるのです。

 

もし、芯を外ずして打ってしまった場合、ボールは思った程距離が出なかったり、直進性の弱いボールで、ボールが決めたラインに乗らずミスパットに繋がります。

 

芯を外したボールは、順回転にならず、サイドスピンがかかります。そのため直進性が弱くなるとライン通りに転がらず曲がりの大きなボールになります。

 

距離感、方向性の安定には、常に芯でボールを打つことが必須条件になります。

 

パターヘッドに輪ゴムを巻く

 

芯で打つ練習方法として、パターのフェース面の中心を2~3センチ空けてテープを貼ったり、輪ゴムを巻き付けます。 芯を外してテープや輪ゴムの部分でボールをヒットしてしまうと、打感や音に違和感を感じますので、芯に当たったかどうかが直感的に判断できます。

 

メニュー

 

 

パッティングのグリップの種類と特徴

 

逆オーバーラッピング

 

一番オーソドックスなパッティングのグリップは「逆オーバーラッピング・グリップ」になります。

 

この握り方は、利き腕というのは感性に優れているので、繊細なタッチを出しやすく、いい感じでボールを転がせます。

 

ショットのオーバーラッピンググリップをもとに、指の重ね方だけが逆になり左手の人さし指を右手の指にかけるグリップ。両手の一体感が生まれミスが出にくいので、プロの間でも圧倒的にこのグリップが多いです。

 

逆オーバーラッピングで握ると手首の動きを抑えられ、ヘッドが低いところから下りてきてボールをとらえることができ、グリーン回りからの転がしにも適しています。

 

 

逆オーバーグリップ

 

 

オーバーラッピング

 

一般的な握り方であり、オーソドックスなのでゴルフを始めたばかりの人などに向いているグリップです。

 

特徴・・・ショットの時のグリップとほぼ同じであり、ショットの流れでパターも出来ると言った最大のメリットがあります。

 

また手首もある程度自由に動かすことが出来るので、しっかりと打ちたい人やロングパットも打ちやすくなります。

 

ショットのオーバーラッピンググリップと同じ持ち方。ショットとの流れを大切にするゴルファーはこの持ち方が無難な握り方です。

 

オーバーグリップ

 

クロスハンド

 

 

右手が上、左手が下で持つグリップ。右手の余計な動きを抑えて、左手首が甲側に折れるのを防ぐことができます。それにより、フェース面の向きが安定することで方向性を高めることができるグリップで、早いグリーンには最適なグリップ、特にショートパットで直進性の高いパッティングができるのです。

 

 

クロスグリップ

 

 

クロウグリップ

 

左手は通常通り握り、右手を手の甲を前に向け横から添えるグリップ。

 

右手を横に使うので、ヘッドを走らせやすくつかまえやすい。右へのミスが多い人にオススメ。また、右腕を回さずそのまま添えるので、フェースの過度な開閉も防げます

 

右手が上、左手が下で持つグリップ。右手の余計な動きを抑えて、方向性を高めることができるグリップで、早いグリーンには最適なグリップ

 

 

クロウグリップ

 

さらに詳しく見るにはグリップに握り方を参照してください

 

 

グリップの重さ

 

クラブ自体の重さに着目されがちですが、実はグリップを選ぶ際に重量も非常に大事なポイントとなってきます。

 

①軽いパターグリップ

 

軽いパターグリップの場合、ヘッドの重さを感じやすくなります。

 

そのため、自然と安定したストロークが出やすくなっています。

 

ヘッドの重さを感じながら、オートマチックに打ちたい方には軽いグリップがおすすめです。

 

②重いパターグリップ

 

一方で重いパターグリップの場合は、ヘッドの部分が軽く感じられるので手元でパターのコントロールすることが可能です。

 

そのため、ヘッドの部分に任せるのではなく自分でコントロールをしたい方におすすめです。ゴルフグリップが重いとコントロールするのが難しいと思われがちですが、実は重い方がコントロールしやすいのです。

 

 

 

 

 

パター練習機はこちらから参照してくださいださい

パター練習機

 

診断ドアー


無料診断3

 

 

パッティング理論に戻る

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。
























関連ページ

パッテイングのストローク、正しい軌道とは
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パッテングのストロークには2説があり、その一つが真っすぐ引いて、真っすぐ出す方法、他方もう一方は、イントゥインでヘッドをインに引いてインパクト後インにヘッドを出すこの二通りがパッテングの主流と言えます。
芯で打てるアドレス
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。
距離感はヘッドの芯で打つ
どの形状のパターであれ、またどのような打ち方スタイルであれ、パターを上手く打つゴルファーの共通点はボールを芯で打っていることです。 パターでボールを芯で打つことは、ボールの回転が順回転になり、傾斜や芝目に負けない、球足の長い転がりの良いパットができます。
ストロークの振り幅で距離感を養う
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。
ショートパット・ロングパットをミスしない
パターも、スイングと同様、ヘッドの加速状態でヘッドの芯でボールを打つことで、正しい球の転がりが生まれ、イメージ通りの距離とラインに打ち出すことができます。もし、芯を外ずした場合、ボールは思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットに繋がります。
パット数を40~50に抑えるパッティング
パットを正しく行う必須条件には重要なポイントが3つあります。 1点はグリップの握り方 2点はストロークの仕方、3点目はスタンスの取り方になります。この3点に共通する事は共に、パターヘッドのフェース面をボールに正しく当てることになります。 そのためには、インパクトの瞬間に左手グリップの甲部分が甲側に折れたり、右手グリップのコックが伸びることを防止しなければパッテング技術の向上は期待できません。
3パットしないライン読み、距離感
1打目をフェアウエーに置き、ショートゲームを正確に打ち、3パットしないゴルフは理想ですが、そう上手く行かないのがゴルフです。 ところが、1打を理論で考えることで、意外と解決策が見つかることがあります。それは、その解決方法を見つけるノウハウを持っていない場合が多く見受けられます。
#下りパット・上がりパットを上手く打つ
距離感を掴むのが非常に難しく、カップを何メートルもオーバーし、返しのパットをは外したり、最悪の場合カップを行ったり来たりしてしまいます。 この距離感の狂いは、目の錯覚が原因でおこるのです。自分の立つ位置から、目線がボールの上にくる場合、平らな距離より長く感じてしまい、その距離に合してストロークしてしまい、大きくカップをオーバーしてしまうのです。
パターでアドレスの正し目の位置
パッテングの構えで、ボールと想定したラインの真上に両目がくる構えが基本になります。しかし、真っすぐ打てない原因に目の位置が間違って行っているゴルファーは以外に多くおられます。
スネークラインの狙うライン
グリー上でのスネークラインに球が残った対処方法は、まずスライスの傾斜部分とフックの傾斜ラインとに2つに分けてラインを考える必要があります。
2段グリーンの攻略方法
2段グリーンの攻略方法は、3パットしないことです。下段から上段に打つ場合、上段にボールを確実に乗せることです。 上段と下段のつなぎ目の傾斜を確実に読み、あとは迷わず打ち切ることです。
グリーンの順目、逆目の見極め方
グリーン上の芝の生え方に「順目」と「逆目」について、パターの距離感や曲がり方に大きく影響を及ぼします。
芯で打てるグリップの仕方
パターも、スイングと同様、シンプルな安定性の高いパッテングフォームが求められます。パターはヘッドの芯でボールを打つことが、もっと重要になります。芯を外すと、思った程距離が出なかったり、決めたラインに乗らずミスパットになります。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト