100切りできない原因と練習メニュー

100切できない原因と練習メニュー

 

目    次

 

 

100切りできなドライバ―の使い方

 

無謀なプレーの無駄打ちをなくす

 

アプローチの無駄打ちを減らす

 

パターの無駄打ち

 

目的を持った練習

 

 

 

 

 

ドライバー

 

ゴルフの100切りは、アマチャアからレギュラーゴルファーになる通過点んですが、意外と100を切れないゴルファーが多いことです。
ゴルファー全体の70%が100ラインをウロウロし達成できず悩んでいる方が多いことです。

 

100切り出来ないのには、それなりの原因があります。この原因は思考法で解決でき、即100切りの成果につながります。

 

そこで、100切りを目指す練習方法と思考法について、100切りの最短コースとしてドライバー、アプローチ、パターについて解説します。

 

100切りできなドライバ―の使い方

 

100を切れないゴルファーは、どのホールもパーを取ろうと考えていませんか。

 

100を切れないゴルファーがパーを取る確率は非常に低いのです。

 

その結果、飛ばそうと何が何でもドライバ―を選択する方です。フェアウエーにはバンカーや林など障害物やOBもあり、危険が一杯設けられています。

 

ゴルファーミスのを誘うコース作りをしているのです。

 

そのような危険なホールは、スプーンや場合によってはアイアンで刻むことは決して悪い選択では」ありません。

 

ロフトが大きいほどボールが上り曲がりにくいのです。

 

ドライバ―で不幸にしてOBを打ってしまった場合、同じクラブで同じスイングをすることは、再びOBを打つ確率が高くなりまあす。

 

2度のOBは、その日のゴルフが終わってしまいます。

 

この様な場合、気持ちを切り替え力一杯スイングして飛ばそうとする気持ちから、方向性を重視したスイングの切り替えが必要です。

 

必ず、方向性をだせるドライバーよりロフトのあるスプーンの使用に切り替えることで、連続のOBを防げるのです。

 

ボールが大きく曲がる原因は、サイドスピンが掛かることで、ロフトを上げバックスピンを増やすことでサイドスピンを軽減してくれるのです。

 

さらに、クラブを少し短く持ちコンパクトにスイングできれば、より正確にフェアウエーにボールを運べるのです。

 

思考1 距離ばかり考えず、無理せずフェアウエーを確実に捕らえるクラブ選択です。

 


ドライバー

 

 

無謀なプレーの無駄打ちをなくす

 

難し場所にボールを入れたり、トラブルショットを打ってしまった場合です。

 

100を切れないゴルファーは、この処理の仕方に問題があります。つまり無謀な無駄打ちをすることです。

 

林の中から木の間をすり抜け、距離を出そうと、直接グリーンを狙い、大叩きすることです。まだ技術的にも経験的にも、そのようなミラクルショットを打てる状態でないことです。

 

急な斜面から見えないグリーンを狙い、意味のないスイングでダフリやチョロを打つ。

 

バンカー超えのアプローチでボールを柔らかく高く上げてピン側に止めようと、ダフリで再度バンカーショット。

 

これらは、すべて自分のスキル以上のことを本番でやろうとすることです。

 

思考2 無駄打ちをしないクラブ選択と、更に打数を増やさない安全策の選択

 

 


ドライバー

 

 

アプローチの無駄打ちを減らす

 

初心者の方に多いのがグリーン周りでの行ったり来たりの往復ビンタではないでしょうか。

 

残り数10ヤードからトップしてグリーン奥に、奥から下のアプローチが止まらずグリーンをこぼれてしまうケースです。

 

こんな形でグリーン周りを行ったり来たりしている覚えはありませんか?

 

いかに、ドライバーショットで240y打っても、残り10yのアプローチショットも同じ1打です。

 

初心者の場合、パターで転がせないか、9番アイアンかピッチングウェッジで転がせないか、全て無理ならサンドウェッジという優先順位で考える様にしてください。

 

サンドウエッジというクラブは、ボールをあげようとすれば、意外とタイミングがにくいクラブです。

 

特にアイアンでのランニングアプローチはパター感覚でうて、リスクの少ないショットが打てます。

 

まずは、3パット4パットでも良いと思い、グリーンオンを目指して転がす選択を取り入れてください。

 

 

思考3 アプローチをサンドウエッジだけに頼るのでなく、安全に転がせるクラブ選択をすることです。それが逆にグリーンオンでき結果打数を減らすことになります。

 

 

100切りできない原因と練習メニュー

 

パターの無駄打ち

 

100を切るのに、一番打数を減らせるのがパター数です。ダブルボギーをボギーにかえるだけで確実にスコアーは縮めることができます。

 

パターにスタイルがないと良く言われますが、基本がしっかりしていなけれは、いつまでもパター数は減りません。

 

その基本とは、自分の狙った方向と距離を打てることです。

 

そのため、パターのストローク方法を理解してください。

 

ポイントは、振り子のようにクラブを振ることで、退幹をしっかりさせて、背中の首ネッツを支点の両肩の上下動でストロークすることです。

 

あとは、ストローク中のスピードを変えないで、ストローク幅とストロークのスピ―ドの変化で距離感を覚えてください。

 

思考4 パターの1打を大切に考えてください。ラインを気にせず距離だけに集中して、カップを狙わず寄せることに徹してください。

 

 

目的を持った練習

 

ドライバ―の練習メニュー

 

普段ドライバーの練習は、ゴルフ練習でボールを打ちますが、打席ではいつもマットのラインに合わせて打つのではなく、ラインに逆らって方向性を変えて打つ練習をしてください。

 

また、同じリズムでフルスイングばかりするのでなく、コントロールショットを練習してください。コースで出て普段練習していない事を行えばミスショットになります。

 

20%程度は方向性重視のコントロールショットを練習することをお勧めします。

 

アイアンの練習メニュー

 

アイアンに必要なのは正確な方向性と距離感です。

 

力一杯入れてスイングするのでなく80%程度のスイングで練習することです。

 

これは正確な距離と方向性を出すには、インパクトを芯で捕らえる練習が必要なるからです。

 

アイアンは様々な長さの違いの番手がありますが、すべて練習が必要と思っている方が多いかもしれませんが、打ち方はすべてのクラブに共通しています。

 

一本のクラブを得意にしておけば、苦手な番手でも安定したスイングができるようになります。、

 

ただ、連続して打つのでなく、方向性や距離感の違いの原因が分かるように、同じスタンスで連続打たないように注意してください。

 

 

ゴルフ練習場で効果の上がる練習方はこちらを参照してください。

 

 

グリーン周りのアプローチ

 

残り50y以内にアプローチは、ボールを上げるより転がすアプローチを多用することです。

 

グリーン周りで何打も打つことは、1打、2打を無駄にしてスコアーを崩す原因です。

 

ボールを上げるアプローチは、グリップとヘッドの運動量が大きく異なることから、タイミングが難しくダフリ、トップの原因になります。

 

その点、パター感覚で打てるランニングアプローチは、大叩きやトップ、ダフリのリスクも少なく、大たたきは殆ど起きません。

 

100を切る第1歩は、どの場所でもいいからグリーンに乗せることです。

 

PW、9,8アイアンで転がす練習も、ドライバー同様に普段から練習しておいて下さい。

 

 

50y前後のアプローチ方法を参照する場合はこちらから

 

 

ドライバー

 

100切りをするためにはパッティング練習が特効薬

 

ロングパットの練習より、まず1メートルほどの短い距離を確実に沈められるように練習することです。

 

パターの練習はパターマットを設置すれば自宅でいつでも手軽に練習ができ、お金もかからずおすすめの練習方法です。

 

パッテングの自信は、短い距離を1パット、2パットで確実に入れることで、本番でも焦らず打てることです。

 

そのためにも、次の2点を養うことです。まずパッテングの固定です。つまり体幹を養いストローク中にスイング軸を動かさずストロークできることです。

 

そうすることで、芯でボールを打てることです。

 

100を切るには、ラインより距離感を養うことで、インパクトで芯でボールを捕まえることで、距離感を養えることです。

 

もう1点は、パットの目的をはっきり持ち行うことです。

 

それは、「入れる」 「寄せる」の目標をはっきりさせてパッテングを行うようにしてください。

 

目的が中途半端にになれば3、4パットの危険性が増すことです。

 

ロングパットではピンに焦点を合わせ、ピンの周りに円を仮想して打つことでカップを直接狙う必要はありません。

 

ピンに近づければ、家で練習しているパターマットの感覚とは余り違いなく、自信を持って行えるはずです。

 

 

 


 


楽天ゴルフ

アマゾンゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ



ブランド別ゴルフクラブはこちらから

ロフト角とヘッドスピード



メーカ別シャフト装着はクラブこちらから

グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


aaa

ゴルフジャンル一覧と売れ筋ランキング



ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

グリップ

GPSナビ

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。






ラウンド中のコース戦略のための対応やクラブ選択についての情報


難し状況での打ち方





全国ゴルフ練習場検索


00切りできない人②:ラウンド中に無謀なプレーをする
林の中から木の間をすり抜け、グリーンを狙う

 

バンカー超えのアプローチでふんわり高く上げてピン側に止める

 

ティーショットは必ずドライバー

 

上記の様に10回やって1回成功するかどうかのプレーをラウンド中にしていませんか?
初心者の時ほどついついやってしまいますが、
90台、80台でプレーするゴルファーは絶対に無理をしません。
ほとんどの場面で最も安全なショットを選択します。

 

ゴルフはメンタルスポーツとも言われ、ミスショットを挽回しようと興奮状態でプレーしがちです。そんな時は冷静になって最も安全な策を取る様にしましょう。

 

林に入ったら真横のフェアウェイに出す

 

バンカーを超えることだけを考える

 

狭いホールはアイアンやユーティリティで刻む

 

安全策を取ればミスは1打だけ。しかし無謀なプレーによりミスにミスが重なれば3打も4打も損することがあります。
常に安全な位置にボールを出すということを頭に入れておきましょう。

 

100切りできない人③:全てのホールでパーを目指している
100切りをできない人の特徴として、全てのホールでパーを目指している傾向があります。
実は、100切りにパーは全く必要ありません。

 

全てボギーで回ったとして1ラウンドで+18
トータルスコア90です。
前後半で4つずつならダブルボギーをとっても98です。
そう考えると急に100切りができる気がしてきませんか?

 

ミドルホールで無理に2打でグリーンオンさせる必要はありません。
3オン2パットのボギーで目標達成です。
3オン3パット、4オン2パットでも全然許容範囲です。

 

また下記の計算式を見てもらうと100切りに飛距離が必要ないことも明らかです。

 

アマチュアがプレーするゴルフ場の総距離:約6300yrd
7番アイアンの飛距離:140yrd
6300yrd÷140yrd=45打
平均2パット×18ホール=36打
合計:81打

 

パーを目指さず、短めのクラブで着実に前進してボギーを狙う。ダブルボギーでもOKという意識が持てれば100切りは目前です。

 

100切りできない人④:アプローチが苦手
初心者の方に多いのがグリーン周りでの往復ビンタ。
残り数十ヤードからトップしてグリーン奥→奥から下のアプローチが止まらずグリーンをこぼれる。
こんな形でグリーン周りを行ったり来たりしている覚えはありませんか?
200yrd超えのドライバーショットも、50yrdのアプローチショットも同じ1打です。
練習場に行った時はアプローチの練習に最も時間を費やすようにしましょう。

 

また、アプローチ=サンドウェッジと決めつけていませんか?
サンドウェッジはダフったりトップが出やすい難しいクラブなので、サンドウェッジを使うのは最終手段です。
パターで転がせないか→9番アイアンかピッチングウェッジで転がせないか→全て無理ならサンドウェッジという優先順位で考える様にしましょう。
パターやショートアイアンを使った方が距離感が出しやすいだけでなく、ダフりやトップのミスにも寛容なメリットがあります。

 

100切りできない人⑤:パターが狙った方向に打てない
100切りをするための最短の方法は、パット数を減らすこと。
100切りできないと悩んでいる方は、3パットや4パット以上叩いている方も多いのではないでしょうか?
まずは毎ホールを2パット以内の1ラウンド合計36パットに抑えるようにしましょう。

 

パット数を減らす手っ取り早い方法は、真っ直ぐ打ちたい時に真っ直ぐ打てる様になることです。100切りができないほとんどのゴルファーは自分の狙った方向に打つことができていません。

 

まずはパターマットを購入し、白いラインの上を真っ直ぐ転がすことができる様に反復練習をしましょう。パターマットで打ってみると、自分が狙った方向に打てていないことに驚くはずです。

 

100切りできない人⑥:目的のない練習をしている
練習量が多ければ多いほど上達するとは限りません。問題は練習の中身です。
闇雲に200球以上も打っていないでしょうか?

 

アプローチでは目標地点に落とせているか、アイアンやウッドは鉄塔を目印に狙った方向に飛ばせているかなど、打つ前に目標を設定し一球一球丁寧に打つ様にしましょう。
テーマと目標を意識しながら練習すれば100球も打てば十分疲れるはずです。
実際のラウンドでミスしたシーンを思い浮かべてショットを打つという練習は効果的です。

 

 

 

 

100切りの練習方法とコツ①:コースマップでイメトレ
楽天GORAやGDOでゴルフ場を調べると各ホールを真上から見たコースマップを見ることができます。このコースマップを見て、距離、ハザードの位置からティーショットは何番で打つか頭の中でイメージトレーニングをしましょう。

 

ラウンド際にどのクラブで打とうか迷うことはミスの元になります。
ティーグランドで距離とハザードの位置を確認したときに使用するクラブを瞬時に判断できる様コースマップを使って訓練しておきましょう。

 

100切りの練習方法とコツ②:正しくアドレスできているか確認
100切りに近づくコツはアドレスを正しく取ることです。アドレスが正しく取れていれば左右のミスが減ります。
しかし、初心者ゴルファーのほとんどが
正しい方向を向いてアドレスを取ることができていません。多くの人は目標よりやや右を向いてしまっています。

 

アドレスを正しくとる練習方法は下記になります。

 

クラブを持って狙う鉄塔を決める

 

ゴルフ場でのルーティーン通りアドレスをする

 

クラブを両足の爪先ラインに沿って置く

 

後方からクラブのラインが正しく目標方向に向いているか確認

 

置いてあるクラブの方向を修正し構え直して打つ

 

この繰り返しでご自身の感覚と実際に向いている方向のずれを確認し修正する様にしましょう。

 

100切りの練習方法とコツ③:左足重心でアプローチの練習
ゴルフで100切りできない初心者のほとんどがグリーン周りを行ったり来たりしています。
練習場ではアプローチの練習に最も時間をさくようにしましょう。
練習するクラブはサンドウェッジと9番アイアンの2種類で構いません。
50yrd・30yrd・10yrdを打ち分けられる様に反復練習し、振り幅を体に覚えさせましょう。

 

また、アプローチで失敗しないコツは常に左足重心にすることです。
8対2ぐらいの割合で左足重心にします。
アドレスからテークバック、フォロースルーまで常にこの左足重心を維持しましょう。
左足重心にしておくと、自然とダウンブローで打つことができダフリやトップと行った大きなミスを自然に防ぐことができる様になります。

 

100切りの練習方法とコツ④:パターマットで方向性と距離感を養う
簡単そうに見えるパターマットですが、
意外にもパターマットだけで距離感と方向性を養う練習ができます。

 

【方向性を養う】

 

パターマットのラインの上を通してカップの中央から入れる

 

パターマットの左右の端から打ち、カップの中央から入れる

 

パターマットの中央から打ち、カップの左端、右端から入れる

 

【距離感を養う】

 

カップインを狙って強さを調整

 

カップ手前からジャストタッチで入れる

 

カップ奥の壁に当てて強めに入れる

 

この方向性と、距離感を養う練習を自宅のパターマットで実践すれば
パターはかなり上達するはずです。

 

100切りの練習方法とコツ⑤:ドライバーは方向性を意識する
OBが多いというのも、100切りができない理由の1つです。
その多くは「遠くに飛ばそう」という意識が強すぎて、力みすぎたり、身体の軸がズレてしまったりすることで起こります。

 

ドライバーでスライスやフックするという方は、まずアドレスの際に立ち位置が正しいかをチェックしましょう。

 

次に身体の軸を安定させるために、以下の横振りの練習で真っ直ぐに飛ばす意識を養うことが大切です。

 

足幅をひと足分より5cm程度広い程度に、狭く取る

 

やや前傾姿勢になり、膝を軽く曲げる

 

2の姿勢を崩さず、クラブヘッドが腰位置より下になるように横に引く

 

お腹の捻りを使って、右腰から左腰に体重移動をするイメージでクラブを振る

 

このときに大切なのが、腕の力でクラブを振らず、肩と腰が捻られたパワーで振るという意識です。この練習をするだけで、遠心力で腕が振られている感覚が身につきます。

 

ボールを真横から捕らえられるになったら、振り幅・スタンス幅を徐々に大きくしていきましょう。フルショットの場合も、真っ直ぐボールを飛ばせるようになるはずです。

 

なお、正しい立ち位置については、以下の記事で詳しく説明をしているので、ぜひ読んでみてください。

 



関連ページ

初心者のクラブ選択【100切り】
100を確実に切るためには、クラブが重要な要素です。 自分の体格や体力に合わないクラブでは、どれだけ頑張っても良いショットを打つことはできません。自身に合ったスペックのクラブを使う必要があります。
100を切る 間違った練習方法
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100切りに必要なコース戦略(コースマネージメンント)
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を切る・ヘッドスピードは必要ない
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を切る、スイング軸、・腕の振り
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100切りる・ボールをコントロール(安定】する
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を確実に切る・練習方法と考え方
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を確実に切る・自宅で出来るゴルフ上達の素振りとは
素振りでスイングが上達出来るのは、実際にクラブを握りスイングすれば、当然ボールに意識がいきます。ゴルフを経験されているゴルファーには問題がありませんが、初心者の場合、ボールに意識が集中すると無駄な力がはい、正しいスイングを作れないことです。
100を切る・ドライバーでスライスを打たない【初心者】
ゴルフはティーアップしたボールを打ちますが、野球やテニスのように高速で飛んでくるボールを打つのではなく、静止したボールを打つことから振り遅れでスライスになるのでなく、あくまでもインパクトでフェースが開くことで起こるのです。 その修正方法について解説していきます。
100を確実に切る・グリップはストロンググリップで
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を確実に切る・ドライバーで万振りをやめ飛距離を捨てる
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を切る・スイングで力を抜く
ゴルフで力を入れて打つ方が飛びますが、ゴルフは体の回転を使いクラブという道具を使い打つスポーツです。 つまり、クラブが良い仕事をしてくれなければボールを遠くに飛ばせないのです。そこで、クラブに良い仕事をさせる方法を解説します。
100を確実に切る・クラブを短く緩まず握る
100を確実に切るには、すべてのホールとは言いませんが、ある程度フェアウエーにボールを打ち、2打目でグリーンの近くまでボールを運ぶ必要があるのです。 クラブを目一杯握り、力一杯スイングすれば、どのようなプロでも、方向性は定まりません
100を確実に切る・ティーショットを確実にフェアウエーに置く
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善する方法に、ティーショットをスプーンを使う方法です。ミート率が高く方向性に優れているからです。
100を確実に切る・スコアーの目標を大きく持つ
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。自分のスキルを自覚することです。 すべてのホールでパーを狙うことで、自然とプレッシャーがかかり、逆にミスショットを打ってしまいます。
100を確実に切る・ショートホールを確実のパー3で上がる
パー3でダボやトリプルを打ってしまっているようではなかなか100切り達成とはいきません。アマチュアにとっては比較的スコアをまとめやすいパー3。 逆を言えばパー3でダボやトリプルを打ってしまっているようではなかなか100切り達成とはいきません。 パー3ホールの賢い攻め方や考え方、そして練習場で出来るショートホール攻略のための練習方法を解説していきます。
100切りの壁はグリーンを知ることから
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。スコアーの多くを占めるパター数は、グリーンを知ることから始まります。 特に、芝目はボールの距離や曲がりに大きく影響するからです。
100を確実に切る・アイアンの選択
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を確実に切る・プレイング4で絶対OBを打たない
100を切るには、OBを打たないことが重要です。 ロフトの小さなクラブでは、球をこすりやすく、球の捕まりが悪くスライスが出やすくなります。OBの危険があるホールでは少しロフトのあるウッドの使用がボールの捕まりがよく、OBのリスクを軽減できます。
100を確実に切る・アイアンのトップ・ダフリを減らす
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。その理由の多くにトップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リの早道道です。まず、スイングの基礎からこれらのリスクを減らす方法を解説していきます。
100を確実に切る・グリーン周りで往復びんた
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。スコアーを崩すグリーンまわりの往復びんたは、対処の経験不足から無造作に行うことです。 その対応の仕方についてクラブの選び方、打ち方について解説します。
100を確実に切る・グリーンの攻略は手前から
グリーン手前の攻略は手前から攻めるのがセオリーです。それは、日本のゴルフ場は山岳、丘陵にあり、グリーン奥のスペースが限られて敷地内に工夫して設計されていまっす。その結果グリーン奥嘉新のアプローチが難しシチュエーションになってしまうのです。
100を確実に切る・バンカーからは1回で脱出
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。バンカーショットは初心者には大きな壁になります。1発で脱出する簡単な3つのポイントを説明します。
100を切る・4パットは絶対しない
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。パターで大たたきする理由は芯でボールを打てない原因がすべてです。それは距離感、球の曲がり方は、芯でボールを打てることから始まります。
100を確実に切る・初心者のスライス病を直す
初心者のスライス病は、インパクトでフェースが開いてインパクトすることです。 フェースが開く原因は初歩的なスイングの基礎を理解することで修正できます。 その方法を解説していきます。
100を確実に切る・初心者のアドレスの取り方
初心者の最大の悩みの一つにスライス病があります。このスライスの原因の1つにアドレスの取り方に問題があります。ゴルフの基本をしっかりマスターしてこそ、ゴルフの上達が可能になります。
100を確実に切る・スイングの基礎は前傾姿勢
スイングを正しく覚えるには、いつもスイング軌道が安定していることせです。スイング軌道の安定には、アドレスで取った、頭とボールの距離をスイング中安定させなけらば正しいスイング軌道の再現ができません。
100を確実に切る・長いアドレスはミスショットを誘発
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
100を確実に切る・初心者が簡単に捻転を作る
捻転とはアドレスで構えてた、体とクラブをバックスイングを行うことで、身体に大きなネジレを作り、より遠くにボールを飛ばすヘッドスピードの向上を高める要素の一つになります。
100を確実に切る・OBを防ぐ方法
100、90を切る秘訣は1打目のティ―ショットが肝心です。 考えて下さい、初心者や中級者がスコアーを崩す大たたきは、大抵の場合ティ―ショットでOBを打つからです。また、大きく左や右に曲げ、グリーンを直接狙えなかったり、出すだけの無駄な1打を増やしてしまうからです。
100を確実に切る・ドライバーを真っすぐ打つコツ
ドライバーを真っすぐ打つには、正しいアドレスが取れていないと、話は前に進みません。 アドレスでのスタンスは両足、腰 量肩の位置がターゲットラインに対してすべて平行になる様に構えてください。また、クラブフェースはターゲットに直角になる様、正しくセットしてください。
100を確実に切る・グリップ力で飛距離アップ
グリップ力や、グリップの仕方で飛距離アップを図ることも可能です。グリップにはウイーク、ノーマル、ストロングと3種類の握り方がありますが、飛距離アップにはインパクトで球をしっかり捕まえることが重要で、ストロンググリップがその役目には最適です。
100を確実に切る・正しいアドレスの取り方
初心者の多くは無造作ティーアップをしますが、ゴルフ場は練習場と違いフラットな面ばかりではありません。また、コースも変化に富んでいるのがゴルフの醍醐味です。正しい方向のアドレスはコース戦略の基本です。
100を確実に切る・ティーエリア上の注意点
ティ―グラウドとフェアウエーの間に、谷がある場合、フェアイエーが高台になっている場合など、フェアウエーとの高低差による錯覚が原因で、どの位置にティ―アップしたら良いのかわからない場合があります。この点の注意の解説です。
100を確実に切る・グリップの仕方でスライス防止
ゴルフの入り口はグリップにあると言っても過言ではありません。 クラブと腕の支点でクラブを振る行為に大きな影響を与えるからです。 初心者のボールが曲がる原因の多くが、グリップの握り方にあります。 実際、グリップを直すことで、簡単にミスがなくなる事があります。
100を確実に切る・アドレスでグリップは柔らかく握る、強く握る
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。飛距離が出なかったり、安定して打てない原因にアドレスのグリップの握り方の強さも影響するのです。
100を確実に切る・芯でボールを捕えるアドレス
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 クラブやスイングの物理的、科学的根拠を学習することで、無意味な練習や無駄なクラブ選択での時間浪費をなくし、効率良く飛距離アップや方向の安定を習得できます。
100を確実に切る・苦手なバンカーからの脱出
バンカーからの脱出が苦手なゴルファーの多くにボールを上げようと意識が強すぎる場合が挙げることができます。 まず、脱出だけを目標に、ヘッドが砂にめり込まないようにバンスを利用して打つことです。
100を確実に切る・オーバースイングの解消
遠くに飛ばそうとする意識がオーバースイングを生む原因です。ゴルファーは誰しも遠くに飛ばしたいと、願うのはごく当たり前のことです。その結果、スイングワークを必要以上に大きくする事で、ヘッドスピードが上がりボールを強く打て、遠くに飛ばせると考えていませんか?
100を確実に切る・トップスイングの力みを解消
トップの力みは決して良い結果はうまれません。この力みは意識の問題から生じています。遠くに飛ばそうとすれば誰でも力み、余分な力はスイングを硬直させミスショットに直結します。そこで、この力みの解消方法はメンタルの作りかたです。
100を確実にきる・ダフリの解消法
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。そこで解りやすくピンポイントで原因と結果、さらに矯正方法を解説し、100の壁をクリアー出来る方法を解説します。
100を確実に切る・トップの解消法
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。そこで解りやすくピンポイントで原因と結果、さらに矯正方法を解説し、100の壁をクリアー出来る方法を解説します。
100を確実にきる・アイアンのシャンク解消法
アイアンのシャンクの原因はボールと体の距離感やスイング軌道の原因でおこります。 ボールよりスイング軌道が外側になりネックよりでインパクトするからです
100を確実に切る・アウトサイドのスイングを直したい
飛距離アップや安定したショットを打つにはゴルフ理論を理解することが重要です。 それにはアウトサイドのスイングをインサイドに改善することです。 スイングでの正しい体重移動、テークバックでの捻転を正しく行う必要があります。
100を確実に切る・正しいテークバック
テ―クバックはスイングのスタート原点で、ショットの結果に影響を及ぼします。手首をねじて上げれば、インパクトでヘッドの遅れの原因でスライスが出やすくなります。
100を確実に切る・ヘッドスピードを加速する方法
ゴルフスイングにおいて、力みはヘッドスピードを減速させてしまうブレーキになります。 スイングで力を入れることは、ダウンスイングでその力みが右腕に集中し、腕のタメやシャフトのタメを活かせなくなり、ヘッドの加速を妨げてしまいます。 そこで、ヘッドを加速させる方法について解説します。
100を確実に切る・ハザードの確認
初心者は、特にハザードで大たたきする危険があります。フェアウエーバンカーや池、川など、ハザードからの脱出方法を練習して挑戦してからでも遅くありません。まずはフェアウエーをキープすることに集中しましょう。
100を確実に切る・左肩でスライス防止
ビギナーのほとんどがスライスやスイングの方法に悩みを抱えています。その多くに、トップスイングで左肩が十分回らず、早打ちやアウトサイドのスイングでスライス病にかってしまいます。左肩を十分回せる方法を解説します。
100を確実に切る・上半身の開きでスライス
どうしても遠くに飛ばそうと、余分な力を入れる為、体が開きます。この力みは、ダウンスイングで右足のケリで体重移動が早く起こり、下半身と上半身が連動して早く開くことでおこります。
100を確実に切る・スイングのスエ―の直し方
スエ―と体重移動とはよく似ていますが、根本的にことなります。 体重移動とは、アドレスで構えた両足のスタンスの内側で、回転軸を移動させないで体をねじることで起こる体重の移動ですが、スエ―は回転軸そのものが体重移動で左右に移動することです。
100を確実に切る・ギッタン、バッタンのスイング矯正
スイングをスムーズに行うには無駄な筋肉を使わずにスイングすることで、スイング全体の流れで、部分、部分を気にしてスイングすれば、なかなか上手いきません。また、スムースな体の回転は体重移動も水平面で行えキッタン、バッタンの矯正が出来ます。
100を確実に切る・ティーイングエリアの傾斜に注意
全てのテイーエリアがフラットとなっているとは限りません。急いてテイ―アップした時、気づかず前下がり、前上がりになっている場合があります。 テイーエリアに上がる前に、傾斜があるかどうかを確認するのがミスショットの防止に役立ちます。
100を確実に切る・ティーイングエリアでテイーアップする位置
ゴルフは、自然のありのままの状態でプレーするのが原則えすが、唯一自分で打つ位置を決めることができるティーショットは、ティーイングエリアから打たなければなりません。 初心者の場合、2つのティーマークを結んだ線付近の真ん中あたりで、なんとなくティーアップしているゴルファーが多くおられます。
100を確実に切る・スイング軸を安定させる
テイ―ショットで何時も方向性が安定せず、2打目が難しショットが残ってしまう。これは、回転軸の移動が回転を大きくして、不安定にするわけです 回転軸を安定させることで、スムーズなスイングが出来、ヘッドの加速で飛距離アップ、正確なショットができます。
100を確実に切る・ヘッドアップできないスイング
ヘッドアップしにくいスイングすることです。 頭の上下、左右の動きは、スイング軸が動くことが原因。頭を動かさないスイングは逆に、スイングを硬直させ、リズムの良いスイングはできないことです。
100を確実に切る・アプローチのミスを防ぐ方法
アプローチのミスをなくす方法は、スイング中の前傾姿勢をキープ、体の軸を動かさないでスイングすることです。 特に左膝の高さを変えないことです。 また、コックを大きく使うほど、インパクトのタイミングが取りづらくなります。パター感覚の振り子原理のアプローチはミスをなくすポイントです。
100を確実に切る・短いアプローチのテークバック
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。特にグリーン近くのアプローチショットで大たたきする傾向が見られます。 そこで、正しいアプローチ方法を解説します。
100を確実に切る・ランニングアプローチの距離感
初心者の場合、ランニングアプローチの選択をした場合、キャリーとランの両方をイメージするのでなく、キャリーだけに神経を集中させることです。
100を確実に切る・フォロースルーがうまく取れない【取り方】
フォロースルーで左に乗り切らず右に倒れてしまう原因は、体重移動がうまくいってない証拠で、飛距離もあまり出ません。スイングも最後まで振りぬく意識をきっちり持ってください。
100を確実に切る・アドレスが原因でスライス
スライスの原因はいろいろ考えられますが、意外とアドレスの取り方で、スライスが出やすい構えになっている場合をよく見かけます。 目標に対してオープンに構えている場合、正しくスイング出来ても、クラブの軌道は目標に対してアウトサイドインになりスライスがでます。
100を確実に切る・ドローを打つコツ
ドローのスイング軌道はインサイドアウトになります。目標に対して、スクエアに構えますが、スタンスは右足を少し後ろに移動し、クローズドスタンスにします。
100を確実に切る・ボール初速を上げ飛距離を伸ばす方法
40M/Cのヘッドスピードでジャストミートすれば230y前後は飛びます。しかしミート率が80%の場合、約30yもロスしてしまい200y前後の飛距離になります。ミート率をあげて飛距離アップする方法です。
100を確実に切る・連続ミスショットが続いた
連続ミスが続いた場合、多くはスイングを力んでしている為、窮屈な打ち方になっているからです。焦らず、大きく息をすい上体をリラックスさせてください。
100を確実に切る・ユーティリティをうまく使いこなす
100を切れないゴルファーに多いパターンです。 フェアウエーにあるボールをグリーンに近づけることでスコアーをよくするポイントです。 つまり100を切るには、ユーティリティをうまく使いこなすことがが重要になるのです。
100を確実に切る・ナイスショットの直後のスイング
100を切れないゴルファーは、ナイスショットの直後のショットに問題があります。道です。これらについて解説します。
100を確実に切る・フェアウエーウッドとユーティリティの使い分け
フェアウエーウッドとユーティリティの使い方が、スコアーメイクに、3,4打の差が出てしまいます。 テイーショットのミスで、長い距離が残った場合や、ロングホールの2打目や3打目に使用度が多いのが、このフェアウエーウッドとユーティリティになります。
100を確実に切る・コースマネージメント
100を切りたいと思うには、まず数値化で理解することが重要です。 何の数値目標を持たず、がむしゃらにスコアーを縮めることは、非常に効率の悪い100切りになります。それには、テイーアップしてからグリーンオンまで何打、パッテングを何打で行うか数値で捕まえて、その目標設定に向かいプレーすることです。
100を確実に切る・パターの打ち方とクラブ選択
100を確実に切るパターには、ファーストパットをいかにカップに寄せるかです。 ラインを読むことより、距離感をしっかりつかみ、2m以内に寄せることに集中することです。
100を確実に切る・大型ドライバーの打ち方
100を確実に切るにはドライバー次第といえます。 大型ヘッド460ccは、「飛んで曲がらない」が歌い文句になっていますが、実のところ扱い方次第で難しいクラブになります。 大型ヘッドのミスのほとんどがスライスかドフック(チーピン)になりやすいことです。
100を確実に切る・ロングホールの2打目の攻め方
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。ロングホールではOBがよくでやすく、ダフリ、トップに十分注意するこです。 4オン狙いで得意クラブで刻む方法もリスクの少ない戦略になります。
100を確実に切る・ドライバーが飛ばない原因
100を確実に切るには、やはりテイーショットのドライバーで距離を伸ばすことが重要です。 ここでは、ドライバーの飛距離を伸ばす方法として3点、ヘッドスピード、ウエイト移動、インパクトのフェース向きについて解説します。
100を確実に切る・クラブ選択の注意点
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を確実に切る・絶対曲げたくないティーショット
絶対曲げたくないホールは必ずあるはずです。 フェアウエーが狭く、ラフが深いとか、左右がOBとかなど、フェアウエーキープが難しいホールです。 そのようなホールの対処方法は絶対低い球を打つことです。
100を確実に切る・ドラバーが当たらない
ゴルフ最大の魅力は、ドライバーの飛距離出た時の醍醐味ではないでしょうか? しかし、100を切れないゴルファーには、このドライバーが上手く当たらずスコアーアップの邪魔になっているゴルファーも少なくありません。 ドライバーはクラブの長さも一番長く、ロフトも小さいことから、OBや球が上がらず飛距離が出ないなど、悩みも多いはずです。
100を確実に切る・ショートアイアン程ボヂィーターンを意識
初心者の多くがショートアイアンでは、距離を合わそうと手打ちでスイングする傾向があります。 ショートアイアン程左に行きやすい構造になっており体の回転不足でさらに左に行きやすくなります。 そのためにも、ショートアイアンのスイングはボヂィーターンを意識することが重要です。
100を確実に切る・パッティングはアドレスの前傾姿勢で決まる
初心者でパターが苦手な方は、ほとんどにおいて下半身を安定させようと膝を折って構えています。つまり膝を深くおれば骨盤の前傾姿勢が取りにくくなることです。 これは、前傾姿勢が取りにくくなることです。 肩を縦回転させるパターストロークは骨盤から上半身に十分な前傾姿勢が必要になります。
100を確実に切る・オーバースイングの修正
普段スイングしていても意外と気づかないのがスイングにオーバースイングあります。 ある機会で、自分のスイングの動画を見てイメージと全く違うスイングであることに、気づかれるゴルファーも多いと思われます。 その原因と修正方法を解説します。
100を確実に切る・手打ちのスイングを直す
スイングは角度を持った円運動で、この運動量を最大に使うには遠心力を上手く利用してスイングスピードを上げる必要があります。 そのため、その遠心力を発揮できるスイングが求められます。これは腕の力が上半身とクラブに同調させることです。
100を確実に切る・フェアウエーバンカーでウッドを使う
グリーン回りのガードバンカーと違い、距離を打たなければならないフェアウエーバンカー、結構ハードな場面になり、スコアーを崩す一因になります。 意外と練習環境も少なくミスが出やすく、経験の少ないゴルファーには難し局面の一つではないでしょうか?
100を確実に切る・ラウンド前の準備
ラウンドする前のパター練習は、100切りを目指すゴルファーには、最大の敵ボギーやダブルボギーをできるだけ減らすことを目的にしてください。
100を確実に切る・アプローチでトップ・ダフリを減らす
アプローチはグリーン手前からピンに寄せる大切なショットで、いかにドライバーで200y打てたとしても、残り50yからトップ・ダフリでは話になりません。 つまりスコアーをまとめるには、とても大切な1打といえます。そのための解決方法を解説。
100を確実に切る・左腕の使い方をマスター
100を切るには絶対練習していただきたいスイングがあります。それはインパクト時の両肩の使い方でです。 インパクトゾーンをストレートに振るには、両肩が正面を向いていないと、ストレートのスイング軌道を描かないことです。
100を確実に切る・順目逆目のアプローチ
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。
100を確実に切る:初心者がグリーンを狙う距離は
100を切れない初心者の多くが、グリーンを狙うクラブ選択に問題があります。またグリーンの狙い方にも問題があり、スコアーを崩す原因になります。
即10打縮める方法
100を切れないゴルファーはそれなりの理由があります。OBがよくでる、パターで大たたきする、トップ、ダフルがよくでる方ではないでしょうか。 これらを、少しでも改善することが100切リのはや道です。これらについて解説します。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト