ミート効率を高めるシャフト振動数とライ角

ミート率を高める振動数とライ角


メニュー

 

メニュー

 

ヘッドスピードと適合シャフトで正確な方向性

 

振動数とライ角の重要性はヘッドスピードのミート率

 

ヘッドスピードと振動数の不一致で起こる問題

 

シャフトの硬さとインパクト時のライ角度

 

データから読み取るシャフトの硬さとライ角度の関連

 

シャフト不一致を波動から見たスライス フックの原因

 

 

グラブとバック

 

当サイト筆者は、ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。

 

プロファイル

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ヘッドスピードと適合シャフトで正確な方向性

 

ボールを正確に打つには、インパクトのミート率を高めることで、そのためには条件があります。

 

それは、インパクトする時のフェース向きが方向性に対して直角であること、さらにヘッドので打つことです。

 

さらに、すべて番手には、弾道の高さを決めるロフトと、もう一点は打球の方向性に重要な役割をするのがライ角度です。

 

ライ角度は方向性を決める大きな要素になります。このライ角がシャフトの硬さが合わない場合、インパクト時正しく機能しないことです。

 

 

ビギナーガイド

 

振動数とライ角の重要性はヘッドスピードのミート率

 

ヘッドスピードとシャフトのシナリが一致することで、ミート率が高まり飛距離と安定した方向に球を打つことが可能になります。

 

ヘッドスピードとシャフトの硬さが不一致の場合、ミート効率は低下、その結果、芯でボールを捕らえられず、ボールに無駄なサイドスピンが発生、飛距離ロスと正確な方向性にボールを打てなくなります。

 

理論的には、シャフトが硬い場合、ヘッドスピードに比べシャフトのシナリ速度が速く、シャフトの最下点がインパクト前になりフェースは開きます。

 

結果、フェースはフラット気味になりロフトが寝る状況でインパクトします。

 

逆に、シャフトが軟らかい場合、ヘッドスピードに比べシャフトのシナリ速度が遅く、シャフトの最下点がインパクト直後で、フェースは閉じてインパクトします。

 

結果、フェースはカブリ、ロフトは立つ状態でインパクトします。

 

ドライバーショット

 

つまり、シャフトのシナリを正しく使えないと、インパクトでフェース向きが正しく行えず、ボールに左右のサイドスピンを起こし、球が曲がり、直進性の高い球を打てなくなり飛距離を伸ばすこが出来ません。

 

これがボールを正確に打てないシャフトとヘッドスピードの不一致によるもので、ヘッドスピードとシャフトのシナリが一致して初めてインパクトでフェース向きが正しく行え、ミート効率の高い正確なボールを打てるのです。

 

以下のアイアンヘッドの写真は、ゴルフクラブは偏重心(シャフトの中心線からヘッドが外についていること)で起こるシャフトとヘッド重心の違いで起こります。

 

シャフトの最下点

 

ゴルフコース

 

飛距離ロスはシャフトのタメで生まれたシャフトの復元速度とヘッドスピードが一致せず、ヘッドスピードが走っているにも関わらず、シャフトに溜まったエネルギーをヘッドを通して十分ボール伝達でません。

 

つまり、インパクトのミート率が下がりボール初速が上がらず飛距離が伸びません。

 

 

メニュー

 

 

ヘッドスピードと振動数の不一致で起こるライ角の問題

 

ヘッドスピードとシャフト不一致で起こる方向性の不安定は、インパクトでボールの重心とヘッド重心が飛行方向に対して一直線にならず、角度のついた重心位置になり、ボールの回転軸が左右に傾く事で、サイドスピンが掛かり方向性が不安定になります。

 

 

メニュー

シャフトよりヘッドの重心より後側でインパクトすれば、フェースは開きボールの回転軸は右に傾きスライス

シャフトよりヘッドの重心より前側でインパクトすれば、フェースは閉じボールの回転軸は左に傾きフック

 

ボールの回転軸

 

 

 

メニュー

上のヘッドとボールの関係で、ボールの重心よりヘッドの重心が必ず下に来るように打たなければいけません

 

 

 

メニュー

 


メニュー

 

シャフトの硬さとインパクト時のライ角度

 

さらに、スイングスピードに比較してシャフトの硬い場合、スイング軌道にも影響してきます。硬いシャフトは必然的に重いクラブで、スイングもアウトサイドインで、インパクトがカットスイングになりスライスがでます。

 

スイング的にも、重すぎるクラブの場合トップで切り返しのタイミングが遅れ、やはりフェースが開き、正しいライ角でインパクト出来ないことです。

 

また柔らかすぎるシャフトでは、インサイドからクラブを引きすぎた場合、シャフトのシナリやトルクが大きく働き、インパクト時でフェース向きにが安定せず、基本的にはフェースがかぶり、タイミングの違いではフェースが開いたり閉じたりするため、ボールが散り方向性が安定しません。

 

スイング的にも、手打ちのスイングで、インパクトで腰の回転が止まることで、手首が返えることからフェースがかぶり正しいライ角でインパクト出来ないのです。

 

アイアンフェース開く

 

フェースが開いた状態でボールを打てば、開いた分ロフトが寝て高弾道のスライス、一方フェースが閉じてロフトが立つた場合、ボールの打ち出し角度が低い弾道で左に飛び、場合によっては、さらにそこからフックになります。

 

大型ヘッドでは更にヘッドの慣性モーメントが大きいため、開いたフェースが戻り切らずドスライスや無理やり手首を返す事でチーピンも出やすくなります。

 

このように、シャフトの硬さの違いや大型ヘッドの特徴から、スイング軌道やインパクトでのフェース向きが異なることです。
このように、インパクトでフェース向きが変わることは、ライ角度に変化が起こていることになります。

 

 





無料診断3

 

データから読み取るシャフトの硬さとライ角度の関連

 

下のクラブは実際のクラブを振動数測定で分析した各番手のクラブデータです。

 

振動数グラフ

 

縦軸のAはシャフトの硬さをcpmで表示しています。数値の小さい方がシャフトが軟らかく、数値の大きい方がシャフトが硬くなります。

 

横軸のBはクラブの長さを表しています。

 

ブルーの太い線は、コンピューターで分析した使用者クラブのシャフトの最適振動数ラインで、ブルーラインは長さに比例して短くなるほど硬くなります。これはシャフトの絶対硬度の法則で、表示されている番手のシャフトの硬さが同じでフィーリングが一致するラインを表します。

 

 

グラブとバック

 

 

ウッドデータの読み方

 

Aのクラブは45インチの1W、Bのクラブはは41.5インチの5Wです。

 

Aのクラブシャフトは最適ラインより約15cpm硬く、シャフトを鉄棒のように感じてボールを打つ感覚になります。

 

これではシャフトのシナリを使えず、慣性力やヘッド遠心力を効果的に利用できず飛距離を伸ばすシャフトではありません。

 

球の捕まりは悪く、球も上がらず力のない球で飛距離も伸びないでしょう。もしこの様なクラブを使用しているのであれば、スイングが原因でスライスボールが出やすいのでなく、シャフトに原因があるからです。

 

この様な硬さのシャフトでボールを正しく打てるなら、それは真っすぐ打つための間違ったスイングをしていることです。

 

この様な癖は、必ずゴルフの上達の妨げになるだけでなく、関節や腰を壊す原因にもなります。シャフトを軟らかくすることで、問題解決は難しくありません。

 



 

 

シャフトが硬い=クラブ総重量が重いと起こる現象

 

重いクラブでのスイングは、クラブに振られスイングの回転軸が安定せず遠心力で体が振られてヘッドスピードが上がらなくなります。

 

クラブが重い場合、ダウンスイングで慣性力がクラブヘッド側に大きく働き、手打ちのスイングを引き起こします。

 

そのことから、ダウンスイングでタメが解たアーリインパクトになり、ヘッドスピードがあがらずミート率低下で芯でボールを捕まえることができなくなります。

 

 

ウエイトグラフ
クラブ重量も番手事に比例して増加するのが理想です。赤の縦ラインは適正重量より重い事を表しています

上のグラフの紫のラインは、番手ごとに変化する最適重量です。
ウッドは0,5インチ短くなるごとに4g前後、アイアンでも0.5インチ短くなるごとに7g前後増加します

 

上の使用クラブ(A,C)と最適ラインから、シャフトの硬さの違いは、クラブ重量でも10g以上重くなり、その結果オーバースペックになっています。

 

クラブ重量が重すぎる場合は、トップの切り返しで両腕に力が入り、クラブの反転で切り返しが遅れ手でクラブを下すことから、ヘッド側に慣性力が早く移動してしまいます。

 

結果、インパクトで左肩が早く開き、手振りのスイングで正しいスイング軌道より外側から、アウトサイドインのスイング軌道になります。

 

インパクトではフェースが開いてボールを捕まえることから、ボールに時計周りと逆のスピンが掛かります。これが硬すぎたり重も過ぎたりするシャフトが原因で起こるスライスです。

 

 


 

Bのクラブは最適振動数より約5cpm軟らかいクラブでインパクトでヘッドの抜けも良く、しっかり球を捉まえる事ができるクラブです。

 

クラブヘッドの最下点がインパクト直後で球の捕まりはよく、低い弾道のドローの球筋になります。

 

球が捉まりすぎてフックの度合いが大きい場合は、4cpm程度シャフトを硬くすることで、ヘッド最下点がインパクト手前になります。4cpm程度硬くする簡単な方法は、グリップを0.5インチ程度余して握ることで調整できます。インパクトでフェースがカブらずフック系の球筋は収まります。

 

アイアンフェース開く

 

ただ、ドライーバー(A)とフェアウエーウッド(B)の機能(シャフトの硬さ)がこれほど違ってくれば、ティ―ショットを打った直後のフェアウエーの使用は、ドライバーのイメージが残っていて、シャフトが軟らかく軽いため、タイミングが合わずミスショトが出やすくなります。
一旦リセットしてスイングしなければならなくなります。ドライバーのシャフトを軟らかいシャフトに、早急に交換されることをお勧めします。

 

シャフトはタメでシナリを起こしますが、ドライバーのシナリの復元速度が速く、5Wのシナリ速度の遅いためインパクトのタイミングが合いません

 

ドライバーに比べフェアウエーウッドのシャフトが硬い場合

 

シャフトが硬く、重いとヘッドフェースはインパクトでロフトが寝る状態でフラット気味にインパクト。その結果スライス系
シャフトが軟らかく軽いとヘッドフェースはインパクトでロフトは立ちアップライト気味にインパクトします。その結果フック系になりやすくなります。

 





無料診断3

 

 

 

 

アイアンデータの読み方

 

アイアンのクラブセットとしは、最適振動数より全体に硬めでインパクトでフェースはフラット気味でインパクトします。シャフトの最下点がインパクト直前に来るため、ヘッド重心がシャフトより後になるため、フェースが開きスライス系やフェード系の球筋になります。

 

しかし、各番手のシャフトは比較的CPMの調和はされて全体の使用感は違和感もなくスイングできますが、少し硬めアイアンクラブです。

 

実際、このアイアンセットはカーボンシャフを装着しているので、硬さの割にはクラブは軽く振りやすいクラブで、あまり硬さは感じませんが、もしスチールシャフトの装着の場合は、相当硬く感じると思われます。

 

このアイアンセットはシャフトが硬めで方向性には優れていると思いますが、シャフトが硬い分、強くインパクトできないと打ちづらいクラブになっています。

 

グラブとバック

 

 

ミスショットではひっかけが多く出やすいクラブです。

 

ショートアイアンでは、シャフトが硬い分、芯でボールを打っても左に引っ掛けやすいクラブです。また、シャフトのシナリ感やヘッドの重みを感じにくく、距離感の調整が難しいクラブになります。

 

また、元来ショートアイアンなクラブも短く、設計上左に出やすいクラブ構造になっています。

 

アイアンの基本は正確なショットを打つことです。距離の違いは番手で調整すれば良いわけですから、ブルーのラインの硬さに調整して、楽にスイングできるクラブにするのが理想です。

 

最近のメジャープロ場合でも、硬めのアイアンより打ちやすさを追求して柔らか目のアイアンクラブに注目されています。

 



ゴルフ5 Pick UP All Item

 

これがステールーシャフトの場合は、球筋はスライス系で、しっかり打たないとミートしづらく、ベストショットしても左に引っ掛ける球筋になります。

 

可能であればシャフト交換でワンランク下のスペックにシャフト交換すべきセットと思われます。

 

アイアンフェース開く

 

ロングアイアンの場合、ヘッドはソールが薄く、重心も高く、ヘッドスピードのない方や、初心者の方には難しいクラブです。

 

その上、シャフトが硬すぎる場合、ヘッドスピード不足から、ダウンスイングでシャフトのタメを作るのが難しく、ミスショットの繰り返しで、何度も失敗を繰り返すうちに苦手なクラブになってしまいます。

 

ロングアイアンのシャフトが硬い場合、球をしっかり捉まえるために、シャフトを軟らかくすることで、球筋や方向性が安定しますが、飛距離はミドルアイアンと同じ程度しか飛ばないと思います。

 

ロングアイアンの代わりとして、ユーティリテーの様な比較的容積のあるクラブは、ソール面が大きく、低重心、重心深度も長く、打ちやすく球も上がりやすいので、ロングアイアンの代替えとして、使用されることをお勧めします。

 

シャフト重量が重い程、スイング中の体感は硬く感じます。ヘッドスピードにシャフト重量を一致させる事も重要です。

 

アイアンセット

 

アイアン番手の前後の硬さが逆転している場合

 

ミドルアイアンの5アイアンと6アイアンのシャフトの硬さが逆転しています。
この様な場合以下の事が起こります

 

5アイアンと6アイアンの飛距離が変わらない。
6アイアンが5アイアンに比べてドローが出やすい。
6アイアンのシャフトが逆に軟らかい為インパクトでヘッドがアップライトにインフェーズするので球筋はフックになります

 

これは、シャフトが折れて、シャフト交換した場合に良くあるパターンです。シャフト交換は前後の番手の硬さをチエックして交換するのがベストです。

 

 

 

シャフト不一致を波動から見たスライス フックの原因

 

振動数グラフ

 

シャフトの硬さをスイングの1ヘルツに置き換えたグラフです。

 

波形による、インパクト瞬間でのフェースアングル
最大値はシャフトの最下点でインパクトの最大パワーが出る地点です。
A地点はヘッドスピードに比べてシャフトが硬い場合、シャフトの最下点の位置がインパクト前A地点になり、その結果、インフェーズする時フェースがオープンになりスライスの原因になります。

 

B地点は、ヘッドスピードに比べてシャフトが軟らかい場合、シャフトの最下点の位置がインパクト直後B地点になり、その結果、インフェーズする時フェースが閉じる状態でフックの原因になります。

 

 

結論 方向性の安定にもシャフトの硬さと重さをヘッドスピードに一致させることが重要です。結果、インパクトでヘッドとボールのミート率を高め、正確な方向にボールを打てることになります。

 

 

 

メニュー

ゴルフ場予約・一人予約・コンペ予約・海外予約・キャンペーン・ショートコース

 

 

 

ゴルフふるさと納税はこちらから





売れ筋商品


楽天ロゴド


クラブ用品【クラブ・ウエア―・シューズ・グローブ・ボールなど検索】


無料診断3



yahooゴルフショップ




楽天ゴルフ


アトミックゴルフ

ゴルフダイジェスト

ヤフーゴルフショップ

ゴルフ5

ビクトリアスポーツ


ロフト角とヘッドスピード



グラファイトデザイン

フジクラ

三菱レーヨン

USAマミヤ

トウルーテンパー

日本シャフト


ゴルフクラブ

 

メンズクラブ

レディースクラブ

キッズ・ジュニア―用クラブ

クラブ用パーツ・シャフト



ウエアー

 

メンズウエア―

レディーウエアー

キッズ・ジュニア用ウエアー

 

シューズ

 

メンズシューズ

レディーシューズ

キッズ・ジュニア用シューズ

シューズ用アクセサリー

バッグ・グローブ・ボール・その他

のアイテム

グローブ

バッグ・ケース

ヘッドカバー

ラウンド用ボール

トレーニング用具

ラウンド用品・小物

コンペ用品

その他


人気の新作クラブ・シューズ・ウェア・バッグ・グローブ・ボール・ゴルフナビなどが大集合!レディース・メンズ・子供用も品数豊富に取り揃え。口コミ・ランキング・各種特集ページから簡単にお選びいただけます。



 

 

 

 

 

次の項目:キックポイントの役割に進む

 

 

 

 

トップページに戻る

関連ページ

シャフト理論の定義
ゴルフの上達はゴルフ理論でシャフトとスイングのメカニズムを理解することから。 ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカマミヤOPに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。
クラブが先か?スイングが先か?
ゴルフは18ホールをいかに少ない打数で、ボールをカップに入れるかを争うゲームです。 そこで長年に渡り議論されている、スイングが先か?道具が先か?の議論です。 もちろん、クラブもスイング共に重要であることには違いはありませんが、この議論を長年のゴルフ歴史を振り返ることで、この問題点をひも解くポイントがが見つかります
シャフトの役割と基礎知識
ゴルフの話題と言うとどうしてもクラブヘッドに関心が集まりますが、ゴルフクラブに大きな要素としてシャフトがあり、むしろシャフトより重要な役割を果たしているといえます。 その理由はシャフトはスイングに直接影響を与えるものだからです。ヘッドがボールに影響を与えるものであれば、シャフトはスイングを決める重大な要因になるからです。
#シャフトの重要性とメカニズム
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフト選択の3つのポイント
ゴルフ上達にはクラブ選択が欠かせません。あらゆるスポ―ツ゚に科学的分析が取り入れられ道具でも目覚ましい進化が認められます。ゴルフシャフトも飛距離や方向性において画期的な進化を遂げてきました。ここでは、シャフト選択の重要なポイントを解説します。 .
#シャフト測定の問題点
シャフトの硬さの測定には静止的測定と動的測定があります。シャフトの硬さを正確に知る事は、飛距離アップや正確なショットなど色んな悩みの原因を解決できます。それには、静止的測定の問題点が存在します。この問題点をゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
#シャフト固有振動数の定義
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。それにはシャフトの振動数を理解し、無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
#固有振動と長さ、バランスの関係
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
#シャフトの絶対硬度
絶対硬度と言う言葉は聞きなれない言葉だとおもいますが、シャフトを選択、クラブの調和には絶対必要な原理原則理論です。
シャフトのタイミングのメカニズム
シャフトのタイミングは直接飛距離、方向性に大きな影響をあたえます。このタイミングとはシャフトのシナリの時間であり、ヘッドスピードに比例関係にあります。シナリのメカニズムを知ることで自分に合うクラブの選択が明確になってきます。
#シャフトとヘッドスピードの一致
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
#ミート効率で飛距離アップ
飛距離アップにはボール初速を上げることで可能になります。このボール初速を上げるにはインパクトでミート率を上げるです。ヘッドスピードが速いからと言う理由で飛距離が出ることにはならないのです。
シャフトのスイートスポット
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
#シャフトの キックポイントの役割
シャフトには振動数と共にシャフトのキックポイントとトルクがあり、ゴルフには重要なファクターです。キックポイントは弾道の高低やスイングスタイルに、トルクはインパクトのヘッドの返りに影響をあたえます。
#シャフトのトルクとヘッドスピード
シャフトはインパクトにかけて、複雑な動きをします。 それは、シャフトの本来の性質である直進性のシナリです。このシナリはシャフトの硬さになりますが、それとば別に直進性のシナリに同調するようにシャフトにはネジレがおこります。このねじれがトルクです。
#シャフトの振動数
シャフトはダウンスイングでヘッド重量と体の回転の加速でシナリを起こします。 このシナリは一定の固有の速度で元の状態に復元特性を持っています。 このシャフトの特性は振動数で表現できヘッドスピードに大きく関係しています。
シャフトのシナリ
ゴルフクラブで最も重要な役目を持っ理由は、シャフトはインパクトまでクラブを導くことです。つまり、インパクトまでの仕事はシャフトが行うことです。 シャフトのシナリは、スイングの振る速さ(ヘッドスピード)とヘッドの重さで起こるシャフトの歪みで、その歪みはパワーになります。このシナリは速度を持ち、ヘッドスピードとマッチングすることが、シナリを生かせることになるのです。
シャフトのフレックスと振動数
.一般的なシャフトのフレックスの決め方は、素材の硬さであって、シナリの硬さではないことです。 その素材の硬さに一定の負荷をかけた場合に、シャフトのシナリ幅(ABOUT)で決めていることです。 振動数はシャフトの素材の硬さでなく、シャフトの素材や長さで変化するシナリを測定した値です。
#スチールシャフトとカーボンシャフトの違い
スチールシャフトとカーボンシャフトの選択は、シャフトの重さが基準になります。 スチールシャフト、カーボンシャフトのメリット、デメリットをシャフトの重さや、シャフトのシナリ、トルクから解説します。
#シャフト重量と重量フロー
ゴルフで重要なスイングのリズムは、スイングスピードに適したクラブ重量、すなわちシャフト重量でリズムよくスイングできることになります。 クラブの構成要素の中でシャフト重量の重さが最も重要でえヘッドスピードに密接に関係してきます。 また、このシャフト重量は、ウッドとアイアンの重量フローが正しくないとリズムが狂い、ミスショットを打つ原因になるのです。
メーカシャフト情報
シャフト選択の方法の一つとして、シャフト重量も大きなファクターです。 シャフト重量はクラブ総重量と比例し、シャフトの硬さ、トルクと比例していきます。

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト