スチールシャフトとカーボンシャフトの違い

スチールシャフトとカーボンシャフトの違い

テイーグラウンド


メニュー


カーボンシャフトとステールシャフトの違い


カーボンシャフトの特徴


スチールシャフトの特徴


シャフトは重さとしなりが重要




ドライバースイング

商品紹介:メンズアイアンセットはこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール


カーボンシャフトとステールシャフトの違い


ゴルフスイングはシャフトの素材、性能により大きく影響されます。

スチールシャフトとカーボンシャフトでは、平均500g程度シャフト重量が異なります。

スチールシャフトの重量が110g前後と平均とすると、カーボンシャフトの重量は60g前後でスチールシャフトのほうが重くなりますが、近年カーボンシャフトでも100g程度の重量感のあるシャフトも発売されています。

ドライバーの場合ほとんどカーボンシャフト装着で、アイアンの大半はスチールシャフトになりますが、中には「カーボンシャフト」と「スチールシャフト」の両方が装着されているモデルがあるので、どちらを選んでいいか迷ってしまうことがあると思います。

これは、スチールシャフト、カーボンシャフトにもメリットとデメリットがあるということになります。

スチールシャフトとカーボンシャフトのメリット、デメリットについて以下のことが挙げることができます。





カーボンシャフトの特徴


カーボンシャフトとは、設計されたカーボンシートを軸に巻き付けて製造されます。

カーボンシャフトの特徴
■ 芯でボールを打っても、その打感が伝わりにくい
■ カーボンでできているため、インパクトの衝撃が少なく、ひじ・手首の負担が少ない
■ 先調子でクラブが軽量でボールが上がりやすい
■ スチールシャフトに比べ値段が高い

「軽くて飛ばせるカーボンシャフト」が作られたことで、シニアーゴルファーは女性ゴルファーなどで幅広い人々が楽しめるスポーツになりました。

カーボンシャフトは「軽く、しなりやすい」ため、非力な女性や年配の人に打ちやすいクラブになります。

カーボンシャフトは平均重量が60g前後でトルク値は4.5~5.5とヘッドがインパクトで返りやすくボールの捕まりがいいのが特徴です。

また、多くのカーボンシャフトは軽量で、シナリ(キックポイント)は先調子に設計されていることから、ボールを上げやすく打ちやすいシャフトです。

逆に、ヘッドスピードが速い方には、クラブの軽さと、トルクが大きい分、インパクト時のヘッドの開閉が大きくなりヘッドが暴れ、方向性が安定しなくなります。


ボールバーナ

お買い得各メーカラウンドボールはこちらから参照!


また、クラブが軽い分、トップからの切り返しが早くなり、スイングのリズムが壊れ、ミスショットが出やすくなります。

ハードヒッターにはカーボンシャフトは、しなりやすい分、「方向性が悪くなる」とか「前後の距離感が合いづらい」くなります。

しかし、現在シャフト重量が100g前後でトルクもスチール並みの1.5~2.9で中調子のシャフトもあり、現在のカーボンシャフトは、ハードヒッターでも十分使用できるようになりました。

そのことで、カーボンシャフトは、振動を吸収しやすいので、インパクトの際の衝撃を和らげることから、ひじ、手首を痛めやすいゴルファーにはメリットもありますので、積極的に使ってみる価値はあります。



優しいアイアン 振動数対応クラブ 人気売れ筋商品

Aデザイン ゴルフ Aグラインド ハイブリッド アイアン単品 NSプロ 950GH スチールシャフト A DESIGN GOLF GRIND HYBRID 振動数対応クラブ

Aデザインアイアン振動数



スチールシャフトの特徴


スチールシャフトとは、スチール素材で作られているシャフトで金属になります。

スチールシャフトの特徴
■ 芯を外して打った場合の打感が伝わりやすい
■ 衝撃が強いため、身体やひじ、手首に大きな負担がでる
■ インテンショナルでおさえた球を打ちやすい、操作性が良い
■ 値段が安くリーズナブルな価格

基本的に重くて硬いスチールシャフトは、アスリートや上級者向きになります。

スチールシャフトを使いこなせるゴルファーは、カーボンシャフトより飛距離を伸ばすことができ、番手通りの距離を正確に打つことができます。

なた、トルク(1.7~2.9程度)が少ない分、インパクトでヘッドの開閉が少なく曲がらない球を打つことができ、筋力のある男性やヘッドスピードのあるゴルファーはスチールシャフトの使用が向いています。

現在では「軽いスチールシャフト」もあるので、一般男性ゴルファーでも問題なく使うことはできるでしょう。





メニュー

商品紹介:メンズアイアンセットはこちらから


シャフトは重さとしなりが重要


重いクラブと軽いクラブ、どちらが遠くにボールを飛ばせるでしょうか。長いクラブと短いクラブ、どちらがボールを遠くに飛ばせるでしょうか。

結論は長くて重いクラブになります。

長さはヘッドスピードに、重さは質量として飛距離に大きく関係してきます。
F=M(重さ)×ヘッドスピード(2乗

しかし、重くて長いクラブは振りづらいため、ミスショットにつながり、結果的には飛距離が出ません。

自分がスイングできるクラブの長さ、重さの選択が重要になるのです。

また、シャフトの硬さも重要で、硬すぎても柔らかすぎても飛距離は出ません。


グラブとバック

硬すぎてもシャフトのシナリがなく、シャフトのパワーが十分起きず飛距離が出なくなります。

しなりすぎて球の捕まりはよくなりますが、クラブヘッドが暴れ、左右に大きく曲げてしまいます。

適度な重量で適度にしなるシャフト、これが最も飛ばせるシャフトになります。

このシナリはヘッドスピードに大きく関係してきます。シャフトの素材選択には欠かせないのがシャフトの硬さであること理解してください。

下の表では、ヘッドスピードとシャフト素材の選択基準になります。

参考にしてください。


メニュー


ヘッドスピード

振動数cpm

スペック

シャフト素材

38m/s以下

240以下

カーボン

38m/s±2

235±5

カーボン

40m/s±3

245±5

スチール・カーボン

44m/s±3

255±5

SR

スチール・カーボン

47m/s±3

265±5

スチール

50m/s±5

275±5

スチール

50m/s以上

280以上

XX

スチール


結論

カーボンシャフトが合う人
□ ドライバーのヘッドスピードが40m/s以下のゴルファーに

スチールシャフトが合う人
□ ドライバーのヘッドスピードが47m/s以上あるゴルファーに

テイーグラウンド








ゴルフ豆情報に戻る














































関連ページ

シャフト理論の定義
ゴルフの上達はゴルフ理論でシャフトとスイングのメカニズムを理解することから。 ゴルフ理論でクラブ選定方法、製造方法として振動数理論並びに重量管理理論を提案、平成元年に発明その後、日本で初めて特許を平成6年に取得(第2597789号)、富士通FMRシリーズゴルシスとして、大手ゴルフクラブメーカブリヂストンスポーツや、大手シャフトメーカマミヤOPに情報提供、この分野においてはパイオニアとして貢献してまいりました。その資料を基に当サイトは構成されています。
クラブが先か?スイングが先か?
ゴルフは18ホールをいかに少ない打数で、ボールをカップに入れるかを争うゲームです。 そこで長年に渡り議論されている、スイングが先か?道具が先か?の議論です。 もちろん、クラブもスイング共に重要であることには違いはありませんが、この議論を長年のゴルフ歴史を振り返ることで、この問題点をひも解くポイントがが見つかります
シャフトの役割と基礎知識
ゴルフの話題と言うとどうしてもクラブヘッドに関心が集まりますが、ゴルフクラブに大きな要素としてシャフトがあり、むしろシャフトより重要な役割を果たしているといえます。 その理由はシャフトはスイングに直接影響を与えるものだからです。ヘッドがボールに影響を与えるものであれば、シャフトはスイングを決める重大な要因になるからです。
シャフトの重要性とメカニズム
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
シャフト選択の3つのポイント
ゴルフ上達にはクラブ選択が欠かせません。あらゆるスポ―ツ゚に科学的分析が取り入れられ道具でも目覚ましい進化が認められます。ゴルフシャフトも飛距離や方向性において画期的な進化を遂げてきました。ここでは、シャフト選択の重要なポイントを解説します。 .
シャフト測定の問題点
シャフトの硬さの測定には静止的測定と動的測定があります。シャフトの硬さを正確に知る事は、飛距離アップや正確なショットなど色んな悩みの原因を解決できます。それには、静止的測定の問題点が存在します。この問題点をゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフト固有振動数の定義
ドライバーの飛距離アップはヘッドスピードのミート率を高める事で、ボール初速度を速め飛距離アップや方向性の安定に繋がります。この仕組みを、ゴルフ理論・スイング理論で科学的、物理的に理解する事でゴルフの上達は驚く程早くなります。それにはシャフトの振動数を理解し、無駄のないクラブ選択、効果的なスイング練習ができます。ノウハウなくて決して上達はありません。 .
シャフトの絶対硬度
絶対硬度と言う言葉は聞きなれない言葉だとおもいますが、シャフトを選択、クラブの調和には絶対必要な原理原則理論です。
シャフトのタイミングのメカニズム
シャフトのタイミングは直接飛距離、方向性に大きな影響をあたえます。このタイミングとはシャフトのシナリの時間であり、ヘッドスピードに比例関係にあります。シナリのメカニズムを知ることで自分に合うクラブの選択が明確になってきます。
シャフトとヘッドスピードの一致
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
ミート効率で飛距離アップ
飛距離アップにはボール初速を上げることで可能になります。このボール初速を上げるにはインパクトでミート率を上げるです。ヘッドスピードが速いからと言う理由で飛距離が出ることにはならないのです。
シャフトのスイートスポット
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さを一致させる事は絶対条件です。
ミート効率を高めるシャフト振動数とライ角
ヘッドスピードとシャフトの硬さの不一致は飛距離ロスや方向性を不安定にします。飛距離アップや正確なショットはミート率を上げボール初速度をあげることです。そのためにも、ヘッドスピードとシャフトの硬さ、適正なライ角を一致させる事は絶対条件です。
シャフトの キックポイントの役割
シャフトには振動数と共にシャフトのキックポイントとトルクがあり、ゴルフには重要なファクターです。キックポイントは弾道の高低やスイングスタイルに、トルクはインパクトのヘッドの返りに影響をあたえます。
シャフトのトルクとヘッドスピード
シャフトはインパクトにかけて、複雑な動きをします。 それは、シャフトの本来の性質である直進性のシナリです。このシナリはシャフトの硬さになりますが、それとば別に直進性のシナリに同調するようにシャフトにはネジレがおこります。このねじれがトルクです。
シャフトの振動数
シャフトはダウンスイングでヘッド重量と体の回転の加速でシナリを起こします。 このシナリは一定の固有の速度で元の状態に復元特性を持っています。 このシャフトの特性は振動数で表現できヘッドスピードに大きく関係しています。
シャフトのシナリ
ゴルフクラブで最も重要な役目を持っ理由は、シャフトはインパクトまでクラブを導くことです。つまり、インパクトまでの仕事はシャフトが行うことです。 シャフトのシナリは、スイングの振る速さ(ヘッドスピード)とヘッドの重さで起こるシャフトの歪みで、その歪みはパワーになります。このシナリは速度を持ち、ヘッドスピードとマッチングすることが、シナリを生かせることになるのです。
シャフトのフレックスと振動数
.一般的なシャフトのフレックスの決め方は、素材の硬さであって、シナリの硬さではないことです。 その素材の硬さに一定の負荷をかけた場合に、シャフトのシナリ幅(ABOUT)で決めていることです。 振動数はシャフトの素材の硬さでなく、シャフトの素材や長さで変化するシナリを測定した値です。
シャフト重量と重量フロー
ゴルフで重要なスイングのリズムは、スイングスピードに適したクラブ重量、すなわちシャフト重量でリズムよくスイングできることになります。 クラブの構成要素の中でシャフト重量の重さが最も重要でえヘッドスピードに密接に関係してきます。 また、このシャフト重量は、ウッドとアイアンの重量フローが正しくないとリズムが狂い、ミスショットを打つ原因になるのです。
メーカシャフト情報
シャフト選択の方法の一つとして、シャフト重量も大きなファクターです。 シャフト重量はクラブ総重量と比例し、シャフトの硬さ、トルクと比例していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページに戻る シャフト理論 スイング理論 ゴルフ豆情報 ゴルフの悩み ゴルフ場予約サイト